Associate Professor, Division of Public Policy, Hong Kong University of Science and Technology (HKUST)

Honorary Reader, Department of Science, Technology, Engineering and Public Policy (STEaPP), University College London

東京大学 公共政策大学院(GraSPP) 客員准教授

国際協力機構(JICA)研究所 招聘研究員

 
line decor
  
English
line decor

?
 
 
 

Linkedin

Gooble Scholar

Amazon.co.jp



 
 
最新情報

最近の状況に関しましては、 English 版をご覧ください。

 

2016年7月8日:

Dr. Carolin Kaltofen at the Department of Science, Technology, Engineering and Public Policy (STEaPP) in University College London と研究ミーティングを行いました。

 

2016年7月7日:

Na Jiao, a researcher specializing in industrial sustainability at the Institute for Manufacturing (IfM) in the University of Cambridge と研究ミーティングを行いました。

 

2016年7月5日:

R&D Management Conference 2016 - From Science to Society: Innovation and Value Creation が、現在 Churchill College in the University of Cambridge で開催されています。スマート・シティのイノベーション・システムに関して、国際比較の観点から発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Innovation Systems of Smart Cities: A Comparative Analysis of Japan and the United States," R&D Management Conference 2016 - From Science to Society: Innovation and Value Creation, Churchill College, University of Cambridge, Cambridge, United Kingdom, July 3-6 (2016).

 

2016年7月2日:

Dr. Carlos Lopez Gomez at the Centre for Science, Technology & Innovation Policy (CSTI) in the University of Cambridge とディスカッションを行いました。現在、製造業におけるアップグレーディングのプロセスとメカニズムに関するフレームワークと、科学技術イノベーション政策に関する意思決定システムへの戦略的なインプリケーションについて、共同研究を行っています。

 

2016年6月28日:

C40 参加の10都市におけるエネルギー効率向上に向けた革新的な政策について分析した論文が、学術誌 Environmental Science & Policy に受理され、近く出版される予定です。

Trencher, Gregory Patrick, Vanesa Castán Broto, Tomoko Takagi, Zoe Sprigings, Yuko Nishida, and Masaru Yarime, "Innovative policy practices to advance building energy efficiency and retrofitting: Approaches, impacts and challenges in ten C40 cities," Environmental Science & Policy, forthcoming.

 

2016年6月25日:

書籍 Technology Assessment in Japan and Europe が、 Karlsruhe Institute of Technology (KIT) Scientific Publishing から ITAS-KIT (Germany), RISTEX-JST (Japan) and FCT-UNL (Portugal) のサポートを受けて出版されました。

Yarime, Masaru, "Implementing Technology Assessment through Stakeholder Platforms: Strategic Resource Logistics for Socially Robust Models of Sustainability Innovation," in Antonio Moniz and Kumi Okuwada, eds., Technology Assessment in Japan and Europe, Karlsruhe: Karlsruhe Institute of Technology (KIT) Scientific Publishing, 129-145 (2016).

 

2016年6月21日:

The 47th Session of the Working Party on Innovation and Technology Policy (TIP) が現在、パリの Organisation for Economic Co-operation and Development (OECD) で開催されています。 Policy Instruments for System Transformation/Innovation に関して、 Industry 4.0, Green Growth, Smart Cities などのケース・スタディーを踏まえて議論しました。

Yarime, Masaru, "Japanese Case Study on System Transformation: Smart Communities," 47th Session of the Working Party on Innovation and Technology Policy (TIP), Organisation for Economic Co-operation and Development (OECD), Paris, France, June 20-22 (2016).

 

2016年6月18日:

日本における太陽光発電市場に関する特集記事が、PV Magazine に掲載されました。電力市場の自由化とスマート・シティへのインプリケーションについてコメントをしました。

"A platform for reform: Japan has made it again," PV Magazine, 78538 (2), 16-19 (2016).

 

2016年6月16日:

書籍 Japan: The Precarious Future, Frank Baldwin and Anne Allison, eds., New York University Press (2015) のレビューが、 Foreign Affairs に掲載されました。

Yarime, Masaru, "Integrated Solutions to Complex Problems: Transforming Japanese Science and Technology," in Frank Baldwin and Anne Allison, eds., Japan: The Precarious Future, New York: New York University Press and United States Social Science Research Council (SSRC), 213-235 (2015).

 

2016年6月10日:

HKU-USC-IPPA Conference on Public Policy: Coping with Policy Complexity in the Globalized World が、現在 University of Hong Kong (HKU) で、University of Southern California (USC) and the International Public Policy Association (IPPA) との共催で開催されています。 Session on Asian Cities as Policy Innovation Hub で、以下の論文を発表しました。

Sakai, Nobuyuki, and Masaru Yarime, "The Development and Implementation of Smart Cities as a Policy Innovation: A Comparative Analysis of Public-Private Partnerships in Asia," HKU-USC-IPPA Conference on Public Policy: Coping with Policy Complexity in the Globalized World, University of Hong Kong, Hong Kong, June 10-11 (2016).

 

2016年6月8日:

Science, Technology, and Innovation Governance (STIG) Program では、6月10日(金)10:00から、 The 46th STIG Policy Platform (PoP) Seminar on Bayesian and Non-Bayesian Methods for the Assessment of the Risks of Major Nuclear Accidents を開催致します。フランス Mines ParisTech の Professor François Lévêque が、原子力発電に関する不確実性と評価手法に関して議論する予定です。

The 46th STIG Policy Platform (PoP) Seminar

Date: Friday, June 10, 2016, 10:00-11:30

Venue: Seminar Room 2, Economics Research Annex (Kojima Hall), The University of Tokyo

Title: Bayesian and Non-Bayesian Methods for the Assessment of the Risks of Major Nuclear Accidents

Speaker: Professor François Lévêque, CERNA, Centre d’Economie Industrielle, Mines ParisTech, France

 

2016年2月29日:

持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則・第3回運用・証券・投資銀行業務ワーキンググループ主催のシンポジウムが、3月4日(金)に東京で開催されます。近年、国連責任投資原則 (PRI) や国連環境計画金融イニシアティブ (UNEP FI) などの活動を通じて、環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)に配慮している企業を重視・選別して行うESG投資が世界的に盛んになってきております。今回のシンポジウムでは、日本におけるESG投資の普及・定着に向けた現在の取り組みと将来の可能性と課題について、大学、政府、金融機関の専門家が議論する予定です。

持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則・第3回運用・証券・投資銀行業務ワーキンググループ主催シンポジウム

日時:平成28年3月4日(金)14:30〜16:45(13:50受付開始)

会場:イイノカンファレンスセンター Room B(千代田区内幸町2−1−1)

〜プログラム〜

【開会挨拶】14:30〜14:35 ・環境省 総合環境政策局長 三好 信俊 氏

【基調講演】14:40〜15:00 「ESG検討会における議論の状況 ― 基本的なメッセージと今後の取組 」 青山学院大学大学院国際マネジメント研究科 教授(ESG検討会座長) 北川 哲雄 氏

【パネルディスカッション】15:05〜16:45(うち10分は質疑応答) 「いわゆるESG投資における“E”の重要性 ― COP21と世界の潮流 」

<パネリスト>

・東京大学公共政策大学院 特任准教授、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン科学技術工学・公共政策学科 Honorary Reader 鎗目 雅

・(株)レスポンスアビリティ 代表取締役(ESG検討会委員) 足立 直樹 氏

・NPO法人 社会的責任投資フォーラム(JSIF)会長 国連責任投資原則(PRI)前理事(ESG検討会委員) 荒井 勝 氏

・アムンディ・ジャパン(株)運用本部 リサーチ・グループ ESGリサーチ部長(ESG検討会委員) 近江 静子 氏

・タクティカル・アセット・コンサルティング(株) 代表取締役社長 兼 年金投資研究所長(ESG検討会委員) 飛田 公治 氏

<モデレーター> ・アライアンス・バーンスタイン(株)(当WG座長機関) 執行役員、AB未来総研所長 遠藤 勝利 氏

【開 会】16:45

申込先:21世紀金融行動原則事務局 (kankyo_kinyu@gef.or.jp) 宛に、メール の件名を「運用 WG 第3回シンポジウム参加希望」として頂いた上で、 @お名前、Aご所属、Bお役職、C懇親会参加の有無、をご連絡下さい。

 

2016年2月21日:

Science and Technology Indicators Conference 2016 が、 Annual Event of the European Network of Indicator Designers (ENID) として、9月14日−16日に INGENIO (CSIC‐UPV) in València, Spain で開催されます。この会議には、 Scientific Committee Member として参加しており、科学技術指標の開発と活用に関する様々な議論を行う予定です。

 

2016年2月20日:

スマート・シティに関する特集記事が、ドイツの新聞 Hannoversche Allgemeine Zeitung に掲載されました。その中で、スマート・シティの発展のインプリケーションや、潜在的な可能性と懸念に関してコメントしました。

"Die Stadt der Alleswisser: Besuch in der Smart City," Hannoversche Allgemeine Zeitung, February 19 (2016).

 

2016年2月19日:

Global Leader Program for Social Design and Management (GSDM) は、 Third GSDM International Symposium "Global Governance and Innovation in the Fields of Medicine and Health" を、2月23日(火)に東京大学で開催します。大学、産業、政府、 World Health Organization (WHO) and the Global Health Innovative Technology (GHIT) Fund などから参加する専門家が、医療・健康イノベーションの推進に向けて、研究開発、現場での応用、産学官連携の観点から議論する予定です。

 

2016年2月18日:

PV Magazine の2月号に、日本の太陽光発電市場に関する特集記事が掲載されました。その中で、電力市場の自由化とスマート・シティの発展へのインプリケーションについてコメントしました。

"A platform for reform: Japan has made it again," PV Magazine, 78538 (2), 16-19 (2016).

 

2016年2月15日:

Japan International Cooperation Agency (JICA) Research Institute の個人ページがアップされました。現在 Visiting Scholar として、 Policy Measures for Improving Urban Air Quality in Asia and Transformative Innovation for Sustainable Development and Poverty Reduction の研究プロジェクトに参加しています。

 

2016年2月14日:

LKY-GraSPP Conference が、2月23日(火)に東京大学で開催されます。 Lee Kuan Yew (LKY) School of Public Policy of the National University of Singapore and the Graduate School of Public Policy (GraSPP) of the University of Tokyo の学生と共に、高齢化、財政、教育、安全保障などの現在の政策課題に関して議論する予定です。

LKY-GraSPP Conference

Date: Tuesday, February 23, 2016

Venue: School of Law Bldg, University of Tokyo Hongo Campus

Program:

14:00-14:10 Opening

14:10-15:40 Presentation & Discussion × 2 topics

15:40-15:50 Break

15:50-17:20 Presentation & Discussion × 2 topics

17:20-17:30 Break

17:40-18:20 Lecture of Prof. Suzuki

Policy Topics: Aging Population, Fiscal Policy, Education, National Security, and Industrial and Economic Development

Lecturers: Professor SUZUKI Kan, Professor NISHIZAWA Toshiro, Professor FUJIWARA Kiichi, and Professor YARIME Masaru

 

2016年2月12日:

The Fourth Neureiter Science Diplomacy Roundtable on Science & Technology Advice to Foreign Ministries が、2月11日(木)に米国・ワシントンDCで、 American Association for the Advancement of Science (AAAS) Center for Science Diplomacy in partnership with the Office of the S&T Adviser to the U.S. Secretary of State and the U.S. National Academy of Sciences の主催により開催されました。約30名の専門家、外交官、科学技術アドバイザーが招待され、科学コミュニティーと科学技術アドバイザー・ネットワークの連携、外務省内部における科学技術能力の構築、科学技術アドバイザー・ネットワークのグローバルな展開などの課題について議論しました。

 

2016年2月10日:

米国・アトランタの Georgia Institute of Technology で、 Science, Technology and Public Policy の授業で講義を行いました。 National Innovation System のアプローチの歴史的な発展を踏まえ、 Japanese Innovation System の特徴と将来に向けた課題に関して、米国や中国などとの比較を行いながら議論しました。

Yarime, Masaru, "Japan's National Innovation System and Its Challenges in the Future," Lecture for the Course on Science, Technology and Public Policy, School of Public Policy, Georgia Institute of Technology, Atlanta, Georgia, United States, February 9 (2016).

 

2016年1月30日:

SciREX Project Seminar が、2月24日(金)16:00より東京大学本郷キャンパスで、 Science, Technology, and Innovation Governance (STIG) program の主催で開催されます。Professor John P. Walsh of the Georgia Institute of Technology in the United States が、 Authorship Norms and Project Structures in Science というテーマで講演し、科学技術政策へのインプリケーションを議論する予定です。

 

2016年1月29日:

The UNISDR Science and Technology Conference on the implementation of the Sendai Framework for Disaster Risk Reduction 2015-2030 が、1月27日ー29日にジュネーブで開催されました。議論の一つの焦点は、災害リスク削減の意思決定において、どのように科学技術の知識の入手と活用を促進し支援するかでした。この会議の共催団体の一つが、 International Council for Science (ICSU) でしたが、現在その中の Committee on Data for Science and Technology (CODATA) によって設置された Task Group on Linking Open Data for Global Disaster Risk Research (LODGD) に参加しています。 LODGD は Knowledge Hub の一つとして提案されており、 First White Paper on Gap Analysis on Open Data Interconnectivity for Global Disaster Risk Research and the Second White Paper on Next Generation Disaster Data Infrastructureを発表する予定です。

 

2016年1月28日:

スマート・シティやスマート・コミュニティーの発展と電気自動車 (EVs) の促進に関するコメントが、太陽光発電の専門誌 PV Magazine に掲載されました。

"UK awards £40 million in funding to boost EVs," PV Magazine, News, January 27 (2016).

 

2016年1月27日:

Science Diplomacy and Science Advice 研究プロジェクトに関して、 Department of Science, Technology, Engineering and Public Policy (STEaPP) of University College London の共同研究者とミーティングを行いました。この国際研究を通じて、 science diplomacy and science advice を科学と政策の実践が密接に連携した学際領域として発展させることを目指しています。

 

2016年1月26日:

Sustainable Development Goals (SDGs) の文脈において、貿易財に体化したエネルギーを考慮してエネルギー・システムのレジリエンスを検証した論文が、学術誌 Global Environmental Research に掲載されました。

Sato, Masahiro, Ali Kharrazi, Hirofumi Nakayama, Steven Kraines, and Masaru Yarime, "The Resilience of Embodied Energy Networks: A Critical Dimension for Sustainable Development Goals (SDGs)," Global Environmental Research, 19 (2), 187-198 (2016).

 

2016年1月24日:

ドイツ・メディアの Die Zeit and Der Spiegel のジャーナリストから取材を受けました。世界中、特に日本におけるスマート・シティ・プロジェクトに関する関心が高まっており、現在指摘されている多くの問い、例えば、機械による人間の自律性の代替、収集されたデータの取り扱い、予期しない社会的帰結などについて議論しました。

 

2016年1月23日:

PV Magazine のジャーナリストから取材を受けました。この雑誌は、太陽光発電に関する最新の技術動向や世界のマーケット状況をカバーしており、日本におけるエネルギー・セクターの自由化の流れと再生可能エネルギーへの影響を議論しました。

 

2016年1月20日:

White Paper Team Meeting of the Task Group on Linked Open Data for Global Disaster Risk Research (LODGD) が、1月18日ー19日に中国・北京の Institute of Remote Sensing and Digital Earth (RADI) of the Chinese Academy of Sciences in Beijing で、 Committee on Data for Science and Technology (CODATA) of the International Council for Science (ICSU) の主催により開催されました。現在 First White Paper on Gap Analysis on Open Data Interconnectivity for Global Disaster Risk Research を作成している最中で、今年末に出版される予定です。

 

2016年1月15日:

The Association for Asian Studies (AAS) Annual Meeting 2016 が、3月31日から4月3日にかけて Seattle, United States で開催されます。 Japan's Possible Futures に関するラウンドテーブルがでは、社会的課題に向けた科学技術の転換について議論する予定です。

Japan's Possible Futures – Sponsored by U.S. Social Science Research Council (SSRC)

Organizer: Frank P. Baldwin

Date: Thursday, March 31, 2016, 7:30 PM - 9:30 PM

Panel Abstract: The purpose of this roundtable is fourfold: introduce research on Japan’s possible futures, look beyond the disasters of 2011 at new developments in the years ahead, serve as a book launch for Japan: The Precarious Future, and enable the contributors to interact with an audience of scholars and students in a Q & A discussion. The edited volume was published by New York University Press in December 2015. The theme of the roundtable is the near-term outlook for Japan as seen by eighteen scholars (five will attend) and the scope is broad. The essays range from grim demographic constraints, employment patterns, and the rivalry between China and Japan to the legacy of Prime Minister Abe Shinzo. Some authors see gloom (but not doom) while others foresee a successful muddling through. The consensus is summed up in the book’s title: a precarious future. Each discussant will address an aspect of Japan’s future based on her/his chapter in the book. Ayako Kano will discuss gender issues. Saori Katada will discuss Abenomics and financial revival. Lawence Repeta will discuss the controversy over Japan’s constitution. William Siembieda will discuss post-Fukushima preparation for mega-disasters. Masaru Yarime will discuss the transformation of science and technology to meet social challenges. This is a committed effort to present multidisciplinary social science research at the AAS conference. Researchers in Japan are showing greater interest in the country’s future. Two public symposia in Tokyo this year have looked at where Japan will be circa 2030. Each was narrow in scope, basically limited to one discipline. This roundtable will demonstrate the benefits of a wider focus.

 

2016年1月14日:

1月13日(水)に、現在協力教員として参加している東京大学レジリエンス工学研究センターで研究セミナーを行いました。

Yarime, Masaru, "Understanding and Implementing Resilience in Energy Systems: Implications for Network Governance for Global Sustainability," Research Seminar Resilience Engineering Research Center, University of Tokyo, January 14 (2016).

 

2016年1月13日:

近く Springer から出版される書籍 Engaging Stakeholders in Education for Sustainable Development at University Level で、大学におけるサステイナビリティに向けた知識の共創と社会実験について、日本、スウェーデン、アメリカのケース・スタディを通じて議論した論文を執筆しました。

Trencher, Gregory, Daniel Rosenberg Daneri, Kes McCormick, Toru Terada, John Petersen, Masaru Yarime, and Bernadett Kiss, "The Role of Students in the Co-creation of Transformational Knowledge and Sustainability Experiments: Experiences from Sweden, Japan and the USA," in Walter Leal Filho and Luciana Brandli, eds., Engaging Stakeholders in Education for Sustainable Development at University Level, Berlin: Springer, 191-215 (2016).

 

2016年1月11日:

ORCID にページを作成しました。このシステムによって、各研究者に対して固有の識別番号が与えられ、研究活動の記録を管理することが可能になります。

 

2015年12月31日:

Google Scholar に、2015年末での論文の引用状況に関する情報が提供されています。

 

2015年12月30日:

Amazon's Author Page をアップデートしました。2015年には、書籍が2冊出版され、もう1冊がもうすぐ出版される予定です。

 

2015年12月29日:

Publons のページをアップデートしました。2015年には、 18 reviews を行いました。

 

2015年12月25日:

書籍 Engaging Stakeholders in Education for Sustainable Development at University Level, edited by Walter Leal Filho and Luciana Brandli が、 Springer から来年初めに出版される予定です。この本の一章では、サステイナビリティに向けた知識の共創と社会実験について、日本、スウェーデン、アメリカの先進的な大学における経験に基づきながら議論しました。

Trencher, Gregory, Daniel Rosenberg Daneri, Kes McCormick, Toru Terada, John Petersen, Masaru Yarime, and Bernadett Kiss, "The Role of Students in the Co-creation of Transformational Knowledge and Sustainability Experiments: Experiences from Sweden, Japan and the USA," in Walter Leal Filho and Luciana Brandli, eds., Engaging Stakeholders in Education for Sustainable Development at University Level, Berlin: Springer, forthcoming.

 

2015年12月22日:

大学、産業、公的機関が連携して、 Internet of Things (IoT) に関する技術の開発・実証や新たなビジネスモデルの創出を推進するため、IoT推進コンソーシアムが2015年10月に設立されました。このコンソーシアムに有識者会員として参加することになりました。

 

2015年12月17日:

The 5th Asian Conference on Innovative Energy and Environmental Chemical Engineering (ASCON-IEEChE) が、2016年11月13日−16日に横浜で開催されます。 Organizing Committee に参加することになり、化学工学に関して特にエネルギー、環境保全、サステイナビリティに焦点を当てて、アジアにおける大学や産業の研究者・実務家の間の科学技術の知見の交換をサポートする予定です。アブストラクトの提出の締め切りは、2016年1月31日です。

 

2015年12月15日:

The Graduate School of Public Policy (GraSPP) of the University of Tokyo では、2016年4月より新しく Ph.D. Program を開始します。主な研究分野は、 International Finance and Development and International Security で、 Energy Security, Global Health, Risk and Resilience, and Science, Technology, and Innovation Policy and Governance などが含まれる予定です。12月17日(木)19:00-20:00に東京大学本郷キャンパス・第2本部棟6階会議室610で説明会がありますので、ご関心のある方は是非ご参加ください。

 

2015年12月14日:

学術研究の全ての分野に関する論文を扱うオープン・アクセス・ジャーナル SpringerPlus の Editorial Board に参加することになりました。最初の Impact Factor が2016年6月に発表されるため、今後論文の投稿が大幅に増加する見込みです。

 

2015年12月12日:

書籍 Japan: The Precarious Future, edited by Frank Baldwin and Anne Allison が、 New York University Press and United States Social Science Research Council (SSRC) から出版されました。これは SSRC のイニシアティブで経済学、政治学、法律学、社会学、公共政策の専門家が参加して行われたプロジェクトの成果に基づくもので、日本の起こりうる様々な将来に関して検証しました。扱われているテーマは、national security, political leadership, manufacturing prowess, diplomacy, population decline, gender equality, and science and technology など多岐にわたります。日本の現在の状況、及び将来の見通しに関して理解し、またこの国の持続可能性について考える上で、有意義な知見を提供すると思います。

Frank Baldwin and Anne Allison, eds., Japan: The Precarious Future, New York: New York University Press and United States Social Science Research Council (SSRC), (2015).

Introduction: Japan's Possible Futures - Frank Baldwin and Anne Allison

1. Demography as Destiny: Falling Birthrates and the Allure of a Blended Society - Sawako Shirahase

2. Precarity and Hope: Social Connectedness in Postcapitalist Japan - Anne Allison

3. Risk and Consequences: The Changing Japanese Employment Paradigm - Machiko Osawa and Jeff Kingston

4. The Future of Gender in Japan: Work/Life Balance and Relations between the Sexes - Ayako Kano

5. After Fukushima: Veto Players and Japanese Nuclear Policy - Jacques E.C. Hymans

6. Japan’s Megadisaster Challenges: Crisis Management in the Modern Era - William J. Siembieda and Haruo Hayashi

7. Fiscal Survival and Financial Revival: Possible Futures for the Japanese Economy - Saori N. Katada and Gene Park

8. Manufacturing in Japan: Factories and National Policy - Takahiro Fujimoto with Frank Baldwin

9. Integrated Solutions to Complex Problems: Transforming Japanese Science and Technology - Masaru Yarime

10. Military Cooperation and Territorial Disputes: The Changing Face of Japan’s Security Policy - Hiroshi Nakanishi

11. Economic and Strategic Leadership in Asia: The Rivalry between China-Japan - Claude Meyer

12. Possible Futures of Political Leadership: Waiting for a Transformational Prime Minister - Ellis S. Krauss and Robert J. Pekkanen

13. State Power versus Individual Freedom: Japan’s Constitutional Past, Present, and Possible Futures - Lawrence Repeta and Colin P.A. Jones

 

2015年12月11日:

The Gathering of Japan Foundation Fellows 2015 が、12月11日(金)に東京で開催されました。 Abe Fellow として会議に参加し、 Japanese language and literature to international politics and public policy など多岐にわたる Presentation Sessions で他のフェローの方々と非常に有意義な議論を行うことができました。

Yarime, Masaru, "University-Industry-Government Collaboration for Innovation to Tackle Grand/Societal Challenges: Implications and Opportunities for Science and Technology Policy," The Gathering of Japan Foundation Fellows 2015, Japan Foundation, Tokyo, Japan, December 11 (2015).

 

2015年12月10日:

The International Conference on Social Research on Off-Grid Solar が、 University College London (UCL) and the University of Edinburgh の共催により、12月9日(水)−10日(木)に UCL で開催されました。研究者、実務家、政策担当者がそれぞれの知識や専門に基づきながら、オフ・グリッド太陽光発電に関して、技術デザイン、ビジネス・モデル、ユーザーとのインタラクション、公共政策など様々な観点から議論しました。

Yarime, Masaru, "Assessing the Sustainability of Off-Grid Solar: Environmental, Economic, and Social Impacts of Solar LED Lanterns," International Conference on Social Research on Off-Grid Solar, organized by University College London (UCL) and the University of Edinburgh, UCL, London, United Kingdom, December 9-10 (2015).

 

2015年12月9日:

The Observer Research Foundation (ORF) が、 Technology and Climate Change: Innovation and Partnership for Transitional Change, organized by ORF in New Delhi, India in September 2015 のコンファレンス・レポートを発表しました。この会議にはスピーカーの一人として招待されましたが、グローバルなエネルギー・システムに革新的な変化を起こすようなイノベーションに向けた戦略と政策がテーマでした。 Intellectual property rights (IPRs), adaptive and absorptive capacities, and bilateral opportunities for joint R&D などについて、現在パリで開かれている COP 21 に向けた議論が行われました。

 

2015年12月3日:

The EcoDesign 2015 Conference: Sustainability through Innovation in Product Life Cycle Design が12月2日−4日に東京で開催されています。 Session on Future Design for Sustainability では、 future design に関する概念、方法論、実践、特に participatory deliberation, stakeholder platform, uncertainty assessment, backcasting, and virtual future generations などについて議論を行いました。

Yarime, Masaru, "Stimulating Innovation for Sustainability Transitions: The Role of Stakeholder Platforms for University-Industry-Government Collaboration on Smart Communities," EcoDesign 2015 Conference: Sustainability through Innovation in Product Life Cycle Design, Tokyo, Japan, December 2-4 (2015).

 

2015年12月2日:

Science, Technology, and Innovation Governance (STIG) Program of the University of Tokyo では、 The 40th Policy Platform (PoP) Seminar を12月17日(木)に開催します。 Dr. Carlos López-Gómez of the Centre for Science, Technology and Innovation Policy (CSTI) in the University of Cambridge が、イギリスと日本における産業イノベーション政策に関して、製造業のデジタル化や産業サステイナビリティなど最近のグローバルな課題を踏まえて議論する予定です。

The 40th Policy Platform (PoP) Seminar

Date: Thursday, December 17, 2016, 17:00-18:30

Venue:Seminar Room 2, Economic Research Annex (Kojima Hall), The University of Tokyo

Title: International Approaches to Industrial-Innovation Policy: A Focus on UK and Japan

Speaker: Dr. Carlos López-Gómez, Research Associate, Centre for Science, Technology and Innovation Policy (CSTI), University of Cambridge, United Kingdom, and Visiting Researcher, Center for Research and Development Strategy (CRDS), Japan Science and Technology Agency (JST), and the Graduate School of Public Policy (GraSPP), University of Tokyo

Abstract: The role of innovation policies in supporting manufacturing-based economic growth is the subject of much debate internationally. Particularly in the context of potentially disruptive developments such as the "digitisation of manufacturing" and rapid advances in related emerging technologies, countries around the world are developing new strategies and policies to help their industries overcome current and future competitiveness challenges. Approaches adopted across countries vary considerably, owing to differences in national policy tradition and priorities, industrial strengths and institutional infrastructure. This talk will discuss recent developments in the industrial-innovation policy agenda in the UK and Japan. Emphasis will be placed on key industrial challenges recently identified in both countries and new institutional approaches aimed at supporting manufacturing innovation. Examples will be drawn from the 'digitisation of manufacturing' policy agenda in both countries.

Short Bio: Carlos López-Gómez is the head of knowledge exchange at the Centre for Science, Technology and Innovation Policy (CSTI), University of Cambridge. His work explores the interfaces of industrial and innovation policy with particular emphasis on how countries capture value through manufacturing innovation. Carlos has advised regional and national governments as well as international institutions, including the UK Department for Business, Innovation and Skills (BIS), the United Nations Industrial Development Organisation (UNIDO), the European Commission as well as regional governments in Mexico and Spain. Carlos is currently a visiting researcher at the Center for Research and Development Strategy (CRDS), Japan Science and Technology Agency (JST); and at the Graduate School of Public Policy (GraSPP), University of Tokyo.

Organizer: Science, Technology, and Innovation Governance (STIG) Program, The University of Tokyo

Contact: YARIME Masaru

 

2015年12月1日:

Japan International Cooperation Agency (JICA) Research Institute に、 Visiting Scholar として参加することになりました。 Policy Measures for Improving Urban Air Quality in Asia and Transformative Innovation for Sustainable Development and Poverty Reduction に関する研究プロジェクトに従事する予定です。

 

2015年11月30日:

The International Energy Forum (IEF) and and King Abdullah Petroleum Studies and Research Center (KAPSARC) の共催で、持続可能な交通技術に関するセミナーが11月10日(火)にサウジアラビア・リヤドで開催されました。大学、産業、公的機関から招待された専門家が、最近の新しい交通技術の開発と実施、さらに持続可能な交通システムに向けた将来の研究の方向性を議論しました。

Yarime, Masaru, "Implementing Innovation on Smart Cities through Stakeholder Collaboration: International Comparative Analysis," Seminar on Driving Adoption of Sustainable Transport Technology: What Policy and Business Strategies are Effective?, King Abdullah Petroleum Studies and Research Center (KAPSARC), Riyadh, Saudi Arabia, November 10 (2015).

 

2015年11月27日:

China-Japan Interdisciplinary Science and Technology Innovation Forum 2015 が、11月25日(水)−26日(木)、中国・北京の China National Convention Center で、 China Association for Science and Technology (CAST) and the Japan Science and Technology Agency (JST) の主催により開催されました。日本と中国の大学、産業、公的機関から専門家が参加し、スマート社会に向けたイノベーション駆動型の発展に関して、技術、経済、社会を含めた様々な観点から検討し、日本と中国の協力に向けた議論を行いました。

Yarime, Masaru, "Innovation on Smart Cities through Stakeholder Collaboration: Opportunities and Challenges in Japan-China Cooperation," China-Japan Interdisciplinary Science and Technology Innovation Forum 2015: Innovation-Driven Development for Establishing Smart Societies, organized by the China Association for Science and Technology (CAST) and the Japan Science and Technology Agency (JST), China National Convention Center, Beijing, China, November 25-26 (2015).

 

2015年11月21日:

貿易財に体化したエネルギーを考慮してエネルギー・システムのレジリエンスを評価し、 Sustainable Development Goals (SDGs) へのインプリケーションを議論した以下の論文が、学術誌 Global Environmental Research に受理され、近く掲載される予定です。

Sato, Masahiro, Ali Kharrazi, Hirofumi Nakayama, Steven Kraines, and Masaru Yarime, "The Resilience of Embodied Energy Networks: A Critical Dimension for Sustainable Development Goals (SDGs)," Global Environmental Research, forthcoming.

 

2015年11月20日:

The Graduate School of Public Policy (GraSPP) of the University of Tokyo では、2016年4月から Ph.D. Program を開始します。主な研究領域は、 International Finance and Development and International Security で、 Science, Technology, and Innovation Policy and Governance もその中で議論されます。 Information sessions は、 Thursday, November 26 at 12:20-13:20 at Room 710 and Thursday, December 17 at 19:00-20:00 at Room 610 in the Administration Bureau Building 2 in the Hongo Campus で開催予定です。

 

2015年11月19日:

東京大学 Science, Technology, and Innovation Governance (STIG) Program では、11月25日(水)に、 STIG International Symposium 2015 "Using Behavioral Science Insights to Design Innovative Public Policy and Business" STIG International Symposium 2015 "Using Behavioral Science Insights to Design Innovative Public Policy and Business" を開催致します。省エネルギー、健康衛生、防災などに向けて、個人の生活における行動を変えていくことが非常に重要な役割を果たしますが、近年世界的に行動科学の知見を利用したアプローチ(「ナッジ」と呼ばれる)によって、人々の行動を「より望ましい」方向に導こうとすることが注目を集めています。本シンポジウムでは、公共政策やビジネスにおいてナッジを活用していく上での可能性と課題について議論する予定です。

STIG International Symposium 2015 "Using Behavioral Science Insights to Design Innovative Public Policy and Business"

Behavioral changes in daily life are essential for saving energy, preventing diseases, and reducing damages from natural disasters. However, it is often difficult to set in place laws and other regulatory measures that are directly targeted at individual behavioral changes. That is why there is an increasing interest in using behavioral science insights, which are called "nudges." They utilizes the psychological biases of people in an attempt to lead their behaviors toward "good" outcomes. This symposium will look into innovative approaches for public policy and business utilizing nudges, focusing on energy savings and health promotion.

Date: Wednesday, November 25, 2015, 13:00-16:00

Venue: Yayoi Auditorium Annex, Hongo Campus, University of Tokyo

Keynote Lectures: Dr. Ken Haig, Director of Regulatory Affairs, Opower Japan Professor Alberto Alemanno, Jean Monnet Professor of Law, HEC Paris

Organizer: Science, Technology, and Innovation Governance (STIG) Program, University of Tokyo

 

2015年11月18日:

The 11th SciREX Seminar "An Agenda for Science and Technology Policy in The Netherlands" が、11月17日(火)に、 Science for Redesigning Science, Technology, and Innovation Policy (SciREX) Center の主催で開催されました。 Mr. Jan Staman, Former Director of the Rathenau Institute in the Hague から、近年オランダにおいて環境問題を始めとして科学技術が様々な論争に関わっている状況について紹介がありました。その後のディスカッションではファシリテーターを務め、どのようにして大学、政府、市民社会におけるステークホルダーが科学技術に対する信頼を回復し、持続可能性の課題に向けてイノベーションを進めていくことができるのか、参加者と一緒に議論しました。

Yarime, Masaru, "Questions and Discussions on Contested Science: Public Controversies about Science and Policy," The 11th SciREX Seminar "An Agenda for Science and Technology Policy in the Netherlands," Expert Club Kasumigaseki Knowledge Center, Tokyo, Japan November 17 (2015).

 

2015年11月13日:

Green Technology Center が、11月12日(木)にソウルで、 GTC International Symposium 2015: Korea's Opportunities in Response to Major Countries' Climate Change and Green Technology Policy を開催しました。 United States, Germany, China, Japan, and South Korea から招待された専門家が、気候変動に対応した各国のグリーン技術政策を紹介し、特にアジアを含めた国際協力の可能性と課題について議論しました。

Yarime, Masaru, "Japan’s Experience of Implementing Green Innovation and Strategies for Tackling Climate Change," Green Technology Center (GTC) International Symposium 2015: Korea's Opportunities in Response to Major Countries' Climate Change and Green Technology Policy, Seoul, South Korea, November 12 (2015).

 

2015年11月10日:

King Abdullah Petroleum Studies and Research Center (KAPSARC) が、11月9日(月)−10日(火)に Riyadh, Saudi Arabia で、 Workshop "Drivers of Transportation Fuel Demand: Is Policy Expanding the Reach of Alternative and Fuel Efficient Vehicles?" and Seminar "Driving Adoption of Sustainable Transport Technology: What Policy and Business Strategies are Effective?" を開催しました。大学、産業、公的機関から招待された30人以上の専門家が、持続可能な交通システムに向けた新たな知見と将来の研究の方向性を議論しました。

Yarime, Masaru, "Implementing Innovation on Smart Cities through Stakeholder Collaboration: International Comparative Analysis," Seminar on Driving Adoption of Sustainable Transport Technology: What Policy and Business Strategies are Effective?, King Abdullah Petroleum Studies and Research Center (KAPSARC), Riyadh, Saudi Arabia, November 10 (2015).

 

2015年11月7日:

11月5日(木)にフランスの École Polytechnique を訪問し、東京大学との研究・教育活動における協力・連携の強化に向けて議論を行いました。 Dr. Elena Mure and Ms. Gaelle Le Goff in charge of International Development and Professor Yukio Koriyama in the Department of Economics と、学生や教員の交流を促進することに向けて努力したいと思います。

 

2015年11月6日:

The Sustainable Mobility Institute (IMD) は、 Renault, Renault Foundation, and ParisTech によって2009年に設立され、持続可能な将来に向けた交通と移動に関する研究を行っています。 École Polytechnique の澤村治基さんや他の研究者と一緒に、インド・バンガローにおける電気移動システムの導入に関する可能性と課題に検討する研究プロジェクトを始めました。

 

2015年10月27日:

The First National Meeting in 2015 of Experts for the Intergovernmental Science-Policy Platform on Biodiversity and Ecosystem Services (IPBES) が、10月27日(火)に環境省の主催で開かれ、専門家委員会に関する情報交換・共有を行いました。 Expert Group on Deliverable 4c には、 United Nations Educational, Scientific, and Cultural Organization (UNESCO) の推薦により参加していますが、現在 Proposal for a catalogue of policy support tools and methodologies (IPBES/3/INF/8 Annex III) and Guidance on how the further development of policy support tools and methodologies could be promoted and catalysed in the context of the Platform (IPBES/3/5 Annex II) を作成しているところです。

Yarime, Masaru, "Current State of Activities and Discussions in the Expert Group on Catalogue of Policy Support Tools and Methodologies (Deliverable 4c)," First National Meeting in 2015 of Experts for the Intergovernmental Science-Policy Platform on Biodiversity and Ecosystem Services (IPBES), organized by the Ministry of the Environment, Tokyo, Japan, October 27 (2015).

 

2015年10月26日:

9月23日(木)、インド・ニューデリで、The Observer Research Foundation (ORF) の主催により開催された Conference on Technology and Climate Change: Innovation and Partnership for Transitional Change のレポートが掲載されました。この会議では、 UK Secretary of State for Energy and Climate Change Amber Rudd and the Indian Minister for Environment, Forests and Climate Change Shri Prakash Javadekar を含めたスピーカーが招待され、今年12月にパリで開催される予定の COP21 に向けて、サステイナビリティへの転換を促進するためのイノベーションとパートナーシップの創出に求められる政策フレームワークを議論しました。 Panel 2 on Technological Transitions and Innovation: Learning from New Centers and Sectors では、エネルギーに関する日本のイノベーションの経験と、気候変動への対応に向けた教訓とインプリケーションについて話しました。

 

2015年10月23日:

The Science, Technology, and Innovation Governance (STIG) Program of the University of Tokyo では、11月6日(金)に、 The 38th Policy Platform (PoP) Seminar on the Ethos of Science Advice を開催します。 Professor Arthur Petersen of the Department of Science, Technology, Engineering and Public Policy (STEaPP) at University College London (UCL) が、公的な意思決定における科学的助言の役割とそのプロセスに関して、 Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC) and Netherlands Environmental Assessment Agency (PBL) における経験を踏まえて議論する予定です。

The 38th Policy Platform (PoP) Seminar

Date: Friday, November 6, 2015, 17:00-18:30

Venue: Seminar Room 404, School of Law Building, The University of Tokyo

Title: The Ethos of Science Advice

Speaker: Professor Arthur C Petersen, Department of Science, Technology, Engineering and Public Policy (STEaPP), University College London (UCL), United Kingdom

Abstract: There are many theories that can inform analysis of how science advice is done or should be done. Here I define “science advice” as “practices involving individuals, organisations and structures that mobilise natural and social scientific and engineering knowledge into public decision-making”. In this seminar, I will demonstrate that although some theories are well elaborated, empirical proof for the described changes, roles and processes in scientific advice is limited. After reviewing literature and outstanding questions on roles of scientific advisors at local, national and international levels, I will offer a pragmatist analysis of the Intergovernmental Panel on Climate Change. Subsequently, I will assess capacity-building needs in science advice across a range of cultural and political contexts, and governance scales: What skills do future science advisors and recipients of science advice need to deal responsibly with their tasks? I will conclude with presenting elements of an ethos of scientific advice, which are based on experiences with implementing post-normal science at the PBL Netherlands Environmental Assessment Agency.

Biography: Professor Arthur C Petersen (DPA PhD MA MSc) joined UCL STEaPP fulltime in September 2014 after more than 13 years’ work as scientific adviser on environment and infrastructure policy within the Dutch Government. Most recently he served as Chief Scientist of the PBL Netherlands Environmental Assessment Agency (2011–2014). Arthur is also Adjunct Professor of Science and Environmental Public Policy at the VU University Amsterdam (since 2011) and Research Affiliate at the Massachusetts Institute of Technology (since 2009), and has been Visiting Professor at the London School of Economics and Political Science (2009–2014) and at UCL STEaPP (January–August 2014). Arthur studied physics and philosophy, obtained doctorate degrees in atmospheric sciences (Doctor of Philosophy – PhD, Utrecht University, 1999) and philosophy of science (Doctor of Public Administration – DPA, VU University Amsterdam, 2006), and now also finds disciplinary homes in anthropology and political science. Most of his research is about managing uncertainty.

Organizer: Science, Technology, and Innovation Governance (STIG), The University of Tokyo

Contact: YARIME Masaru

 

2015年10月20日:

The Routledge Handbook of Higher Education for Sustainable Development, edited by Matthias Barth, Gerd Michelsen, Marco Rieckmann, Ian Thomas, が、来週出版される予定です。このハンドブックでは、持続可能な開発に向けた教育とサステイナビリティ・サイエンスに関する第1章を Dr. Yoko Mochizuki と執筆しました。

Mochizuki, Yoko, and Masaru Yarime, "Chapter 1 - Education for Sustainable Development and Sustainability Science: Re-purposing Higher Education and Research," in Matthias Barth, Gerd Michelsen, Marco Rieckmann, and Ian Geoffrey Thomas, eds., Routledge Handbook of Higher Education for Sustainable Development, London: Routledge, 11-24 (2015).

 

2015年10月19日:

Top Downloaded Papers of Science and Public Policy from 2014 and 2015 に、サステイナビリティに向けた共創に関する大学の新しい機能を議論した我々の論文がリストされました。

Trencher, Gregory, Masaru Yarime, Kes McCormick, Christopher Doll, and Steven Kraines, "Beyond the third mission: Exploring the emerging university function of co-creation for sustainability," Science and Public Policy, 41 (2), 151-179 (2014).

 

2015年10月17日:

The 34th Policy Platform (PoP) Seminar が、10月22日(木)に東京大学で開催されます。

The 34th Policy Platform (PoP) Seminar

Date/Time: Thursday, October 22, 2015, 15:00-16:30

Venue: Seminar Room 102, School of Law Building, Hongo Campus, The University of Tokyo

Title: Contested Science

Speaker: Jan Staman, Former Director of Rathenau Institute, The Hague, The Netherlands

Abstract: Scientific evidence for new innovation, such as shale gas exploitation, carbon capture and sequestration (CCS), and human papilloma virus (HPV) vaccination, nanotechnology, and synthetic biology, is often contested in society. In this seminar, Jan Staman, who until last was the Director of Rathenau Institute, the leading institution in the field of technology assessment in Europe, will discuss a wide range of recent developments on such topics as the nexus of science and society and the contested science.

Organizer: Science, Technology, and Innovation Governance (STIG) Program, University of Tokyo

Contact: YARIME Masaru

 

2015年10月15日:

The Graduate School of Public Policy (GraSPP) at the University of Tokyo では、2016年4月から新しい Ph.D. Program を開始します。主な研究領域は、 International Finance and Development and International Security, including science, technology, innovation policy and governance です。応募期間は、2016年1月を予定しています。

 

2015年10月14日:

10月14日(水)、政策研究大学院大学 (GRIPS) で、科学技術イノベーション政策研究センター(SciREXセンター) 発足1周年記念シンポジウム 「科学技術イノベーションにおける「政策のための科学」と 「政策形成プロセス」の共進化にむけて:課題と展望」 が開催されました。東京大学の科学技術イノベーション・ガバナンス (STIG) プログラムにおける教育・研究活動を紹介し、現在の様々な課題 (globalization, grand/societal challenges, transdisciplinarity, emerging technologies, big data, behavioral sciences, impact assessment, and responsible research and innovation) の SciREX へのインプリケーションを議論しました。

鎗目雅、「 科学技術イノベーション政策の科学と政策形成プロセスの連携における可能性と課題」、科学技術イノベーション政策研究センター(SciREXセンター)発足1周年記念シンポジウム「科学技術イノベーションにおける『政策のための科学』と 『政策形成プロセス』の共進化にむけて:課題と展望」 、政策研究大学院大学、10月14日 (2015).

 

2015年10月10日:

大学におけるサステイナビリティに向けた知識の共創と社会実験について、日本、スウェーデン、アメリカのケース・スタディを通じて議論した論文が、書籍 Engaging Stakeholders in Education for Sustainable Development at University Level の一章として近く出版される予定です。

Trencher, Gregory, Daniel Rosenberg Daneri, Kes McCormick, Toru Terada, John Petersen, Masaru Yarime, and Bernadett Kiss, "The Role of Students in the Co-creation of Transformational Knowledge and Sustainability Experiments: Experiences from Sweden, Japan and the USA," in Walter Leal Filho and Luciana Brandli, eds., Engaging Stakeholders in Education for Sustainable Development at University Level, Berlin: Springer, forthcoming.

 

2015年10月9日:

10月14日(水)、政策研究大学院大学 (GRIPS) におきまして、科学技術イノベーション政策研究センター(SciREXセンター) 発足1周年記念シンポジウム 「科学技術イノベーションにおける「政策のための科学」と 「政策形成プロセス」の共進化にむけて:課題と展望」 が開催されます。第2部:パネル・ディスカッション・セッション 「『政策のための科学』と『政策形成プロセス』をいかに繋ぐか:課題と展望」 では、パネリストとして参加する予定です。

 

2015年10月5日:

Professor Aaron Levine and Dr. Jason Borenstein, Director of Graduate Research Ethics Program, at the School of Public Policy of the Georgia Institute of Technology と、倫理、責任ある研究行為、及びイノベーションに関してディスカッションを行いました。研究における誠実性に関する明確で適切なルール、ガイドライン、政策を整備することによって、研究者が産業界や他のステークホルダーとの連携おいて利益相反などの問題などに過剰に懸念を抱かずに、リスクを取ってイノベーションに向けた研究を行えるようにすることが非常に重要だと思います。

 

2015年10月3日:

The Center for International Strategy, Technology, and Policy (CISTP) は、 Sam Nunn School of International Affairs at the Georgia Institute of Technology の中で、分野横断的な政策研究を行っているセンターです。現在の研究プログラムでは、国際安全保障に関して、核、エネルギー、環境、サイバー・セキュリティーを含めて多面的な研究を行っています。科学技術イノベーションと外交政策が交差する現在の様々な問題に関して、 Professor Jarrod Hayes と有意義なディスカッションをすることができました。

 

2015年10月2日:

貿易ネットワークのグローバル化の文脈において、各国のエネルギー・システムのレジリエンスを生産ベース及び消費ベースの電力の多様性の測定を通じて検証しました。その研究の結果が、学術誌 Energy Policy に掲載されました。

Kharrazi, Ali, Masahiro Sato, Masaru Yarime, Hirofumi Nakayama, Yadong Yu, and Steven Kraines, "Examining the resilience of national energy systems: Measurements of diversity in production-based and consumption-based electricity in the globalization of trade networks," Energy Policy, 87, 455-464 (2015).

 

2015年9月29日:

Professor Diana Hicks at the School of Public Policy of the Georgia Institute of Technology と非常に有意義なディスカッションをすることができました。近年、日本、欧州、米国を含めた多くの国々の科学技術政策においては、社会的課題、もしくはグランド・チャレンジと呼ばれるものの影響力が増しつつあります。どのようにしてこうした課題が捉えられ理解されるかは、歴史的な背景や社会的な文脈によって大きく異なると考えられるため、過去のフォーサイト・スタディーズで描かれた将来ビジョンの変遷と、それが政策決定プロセスにおいてどのように反映されたかを検証することは非常に興味深いと思います。

 

2015年9月28日:

The 10th Conference on Sustainable Development of Energy, Water and Environment Systems (SDEWES) が現在、 Dubrovnik, Croatia で開催されています。 Session on the Future of Sustainability: From Crisis to Abundance? では、航空産業における代替ジェット燃料のイノベーション・システムの構築に向けた最近のイニシアティブを議論した論文を、中村裕子さんが発表しました。

Nakamura, Hiroko, and Masaru Yarime, "The Aviation Industry's Initiatives to Build up an Innovation System for Alternative Jet Fuels," The 10th Conference on Sustainable Development of Energy, Water and Environment Systems (SDEWES), Dubrovnik, Croatia, September 27-October 2 (2015).

 

2015年9月26日:

生態学的情報論アプローチをグローバル貿易ネットワークの構造の分析に応用し、意思決定における戦略的レジリエンス評価を議論した論文が、学術誌 Journal of Industrial Ecology のオンライン版に掲載されました。

Kharrazi, Ali, Steven Kraines, Elena Rovenskaya, Ram Avtar, Shuichi Iwata, and Masaru Yarime, "Examining the Ecology of Commodity Trade Networks Using an Ecological Information-Based Approach: Toward Strategic Assessment of Resilience," Journal of Industrial Ecology, forthcoming.

 

2015年9月25日:

Professor John Walsh of the School of Public Policy at the Georgia Institute of Technology と、どのようにして産学連携を通じて責任ある研究・イノベーションを実行することができるのかに関して、非常に有益なディスカッションをすることができました。大学は現在、ステークホルダーと連携してイノベーションの創出に貢献することが期待される一方で、利益相反や倫理的考慮、サステイナビリティなどの社会的課題解決を含めた様々なリスクや懸念をマネージする必要に迫られています。このような要素が実際にどのように研究者の行動や研究・イノベーションのプロセスや結果に影響を及ぼしているのかを理解するには、慎重な調査と検討が求められると思います。

 

2015年9月24日:

The Observer Research Foundation (ORF) は、 Conference on Technology and Climate Change: Innovation and Partnership for Transitional Change を9月23日(木)にインド・ニューデリーで開催しました。 UK Secretary of State for Energy and Climate Change Amber Rudd and the Indian Minister for Environment, Forests and Climate Change Shri Prakash Javadekar を含めたスピーカーが招待され、今年12月にパリで開催される予定の COP21 に向けて、サステイナビリティへの転換を促進するためのイノベーションとパートナーシップの創出に求められる政策フレームワークを議論しました。 Panel 2 on Technological Transitions and Innovation: Learning from New Centers and Sectors では、エネルギーに関する日本のイノベーションの経験と、気候変動への対応に向けた教訓とインプリケーションについて話しました。

Yarime, Masaru, "Japan’s Experience of Energy Innovation and Lessons for Tackling Climate Change," Observer Research Foundation (ORF) Conference on Technology and Climate Change: Innovation and Partnership for Transitional Change, New Delhi, India, September 23 (2015).

 

2015年9月23日:

The Mahatma Gandhi Institute of Education for Peace and Sustainable Development (MGIEP) は、 UNESCO がインド政府と協力して設立した研究機関で、革新的な授業・学習方法を開発することによって、現在の教育政策や実践を変革することを目指しています。 Dr. Yoko Mochizuki が主導するプロジェクトでは、アジア太平洋地域の国々における学校カリキュラムを検証し、サステイナビリティを主要科目の中に統合することによって、生徒や教員がこの問題により真剣に取り組むようになる可能性を探っています。

 

2015年9月22日:

Professor K.V. Kesavan and Ms. Vindu Mai Chotani と、インド・ニューデリーの Observer Research Foundation (ORF) でミーティングを行いました。最近の日本の外交政策の動きとアジア太平洋地域の将来へのインプリケーション、さらに日本とインドの協力の可能性向けて、経済発展、気候変動、国際安全保障など様々な領域を含めて議論しました。

 

2015年9月19日:

Atlanta Conference on Science and Innovation Policy 2015 が、9月17日(木)−19日(土)に School of Public Policy at the Georgia Institute of Technology で開催されました。 Program Committee のメンバーとして、投稿された論文のレビューを担当しました。今回の会議では、社会的課題の解決に向けて大学とステークホルダーが連携してイノベーションを促進することについて、スマート・シティーのケースを通じて議論しました。

Yarime, Masaru, "Collaboration between University and Stakeholders for Promoting Innovation to Address Societal Challenges: A Case Study of Smart Cities," Atlanta Conference on Science and Innovation Policy 2015, Georgia Institute of Technology, Atlanta, Georgia, United States, September 17-19 (2015).

 

2015年9月18日:

各国のエネルギー・システムのレジリエンスを、貿易ネットワークのグローバル化における生産ベース及び消費ベースの電力の多様性で検証した論文が、近く学術誌 Energy Policy に掲載される予定です。

Kharrazi, Ali, Masahiro Sato, Masaru Yarime, Hirofumi Nakayama, Yadong Yu, and Steven Kraines, "Examining the resilience of national energy systems: Measurements of diversity in production-based and consumption-based electricity in the globalization of trade networks," Energy Policy, forthcoming.

 

2015年9月17日:

サステイナビリティに向けた知識の共創と社会実験について、日本、スウェーデン、アメリカの大学における経験を通じて議論した論文が、近く出版される書籍 Engaging Stakeholders in Education for Sustainable Development at University Level in the World Sustainability Series edited by Walter Leal Filho に掲載される予定です。

Trencher, Gregory, Daniel Rosenberg Daneri, Kes McCormick, Toru Terada, John Petersen, Masaru Yarime, Bernadett Kiss, "The Role of Students in the Co-creation of Transformational Knowledge and Sustainability Experiments: Experiences from Sweden, Japan and the USA, in Walter Leal Filho and Luciana Brandli, eds., Engaging Stakeholders in Education for Sustainable Development at University Level, Berlin: Springer, forthcoming.

 

2015年9月13日:

社会的課題に対応するための日本の科学技術の将来に関して議論した論文が、書籍 Japan: The Precarious Future, edited by Frank Baldwin and Anne Allison の一章として、近く New York University Press から出版される予定です。

Yarime, Masaru, "Integrated Solutions to Complex Problems: Transforming Japanese Science and Technology," in Frank Baldwin and Anne Allison, eds., Japan: The Precarious Future, New York: New York University Press, forthcoming.

 

2015年9月12日:

現在、 School of Public Policy (SPP) of the Georgia Institute of Technology, Atlanta にVisiting Scholar として滞在しています。 SPP's Chair Professor Kaye Husbands Fealing は、 National Science Foundation’s Science of Science and Innovation Policy (SciSIP) program の立ち上げ時のディレクターでした。日本の Science of Redesigning Science, Technology, and Innovation Policy (SciREX) program と共同プロジェクトや研究者交流を通じた連携の可能性を議論しました。

 

2015年9月10日:

The United Nations University Institute for the Advanced Study of Sustainability (UNU-IAS) は現在、 Intensive Core (IC) Courses for Master of Science in Sustainability and Doctoral Degree in Sustainability Science を提供しています。 Course on Human Development and Global Sustainability の一環で、サステイナビリティ・サイエンスに関する講義を行いました。

Yarime, Masaru, "Implementing Sustainability Science: Knowledge, Institutions, and Transdisciplinarity," Course on Human Development and Global Sustainability, Intensive Core (IC) Courses, United Nations University Institute for the Advanced Study of Sustainability (UNU-IAS), Tokyo, Japan, September 10 (2015).

 

2015年9月3日:

知識の協創と社会実験における学生の参加に関して、東京大学における経験を議論した以下の論文が、学術誌 Current Opinion in Environmental Sustainability に掲載されました。

Trencher, Gregory, Toru Terada, and Masaru Yarime, "Student participation in the co-creation of knowledge and social experiments for advancing sustainability: Experiences from the University of Tokyo," Current Opinion in Environmental Sustainability, 16, 56-63 (2015).

 

2015年8月31日:

The International Sustainability Transitions 2015 Conference (IST 2015) が、8月25日(火)ー28日(金)にイギリス・ブライトンの Science Policy Research Unit (SPRU) of the University of Sussex で開催されました。フィリピンにおける地熱発電技術の展開のダイナミックスに関して、JICA の濱口勝匡さんと共著した論文を発表しました。

Hamaguchi, Katsumasa, and Masaru Yarime, "The Dynamics of Geothermal Energy Technology Deployment in the Philippines – A Case Study from a Socio-Technical Transitions Perspective," International Sustainability Transitions 2015 Conference (IST 2015), Science Policy Research Unit (SPRU), University of Sussex, Brighton, United Kingdom, August 25-28 (2015).

 

2015年8月26日:

自然資本に関して、大学、企業、政府、NGOの研究者や実務家と一緒に自然資本研究会を通じて過去2年間に亘って議論を続けてきました。このたびその成果を基にして、書籍 自然資本入門:国、自治体、企業の挑戦 が出版されました。

自然資本研究会(委員長:鎗目雅) 編著、自然資本入門:国、自治体、企業の挑戦、東京:NTT出版、270 pages (2015).

鎗目雅、「なぜ自然資本に関する議論が高まってきたか」、自然資本研究会 編著、自然資本入門:国、自治体、企業の挑戦、東京:NTT出版、1-12 (2015).

 

2015年8月23日:

SciREX Summer Camp 2015 が、8月21日(金)−23日(日)に愛知県犬山市で開催されました。東京大学 Science, Technology, and Innovation Governance (STIG) Program が企画・運営し、政策研究大学院大学 (GRIPS) 、一橋大学、大阪大学、京都大学、九州大学と協力して、 Science for Redesigning Science, Technology, and Innovation Policy (SciREX) Program の支援を受けて開催しました。私がグループワークを指導した International Student Group は、Food Security in India に向けた科学技術イノベーション政策の提案を行い、最優秀賞を受賞しました。

 

2015年8月19日:

Workshop on the Risk of Climate Change が、8月19日(水)に東京の PricewaterhouseCoopers Aarata で開催されました。主催は Transformation and Resilience on Urban Coasts (TRUC) プロジェクトで、世界の研究助成機関の代表者の集まりである Belmont Forum の支援を受けており、 R!SE Japan Collaboration Committee が共催しました。気候変動が東京に及ぼす様々なリスクの現状とその適応に向けた対策に関して、大学の研究者と公的・民間セクターの実務家と議論しました。

Yarime, Masaru, "Resilience in Climate Change Mitigation," Transformation and Resilience on Urban Coasts (TRUC) Workshop on the Risk of Climate Change in Tokyo, organized in collaboration with R!SE Japan Collaboration Committee, PricewaterhouseCoopers Aarata, Tokyo, Japan, August 19 (2015).

 

2015年8月17日:

学術論文のレビュアーの貢献を認知するシステムである Publons に参加することにしました。最近はジャーナルに投稿される論文が増え、そのためのレビュアーを探すのが困難になってきていますが、その貢献を正当に評価することによって、研究者に対して適切なインセンティブを与えることが期待されます。

 

2015年8月12日:

Leave a Nest の大柴行人さん、秋永名美さんと、人材育成に関するディスカッションを行いました。現在高等教育機関における大きなテーマは、どのようにして自然科学、社会科学、人文学における様々な知識や知見を統合し、直面している社会的な課題への対応に向けて活用することができるかです。 Global Leader Program for Social Design and Management (GSDM) and Science, Technology, and Innovation Governance (STIG) Program at the University of Tokyo and the Department of Science, Technology, Engineering and Public Policy (STEaPP) at University College London は、こうした問題に対して大学が最近始めたイニシアティブで、公的・民間セクターのステークホルダーとの緊密な連携を通じて機会と可能性を探求しています。

 

2015年8月10日:

Open Research Area (ORA) in Europe for the Social Sciences への研究プロポーザルのレビューを行いました。 ORA は、 Agence Nationale de la Recherche (ANR) in France, Deutsche Forschungsgemeinschaft (DFG) in Germany, Economic and Social Research Council (ESRC) in the UK, and the Nederlandse Organisatie voor Wetenschappelijk Onderzoek (NWO) in the Netherlands が運営しており、社会科学の分野における国際協力を推進するため、共通の募集を通じて共同研究プロジェクトへの助成を行っています。

 

2015年8月7日:

8月11日(火)17:00より、東京大学・第2本部棟6階会議室610におきまして、Sustainability Innovation Seminar Series 50 を開催致します。イギリス・オックスフォード大学 Environmental Change Institute の Dr. Kathryn Janda が、エネルギー使用の削減に向けた政策的な介入における Social Potential の概念とその可能性に関して議論する予定です。

Sustainability Innovation Seminar Series 50

Date: Tuesday, August 11, 2015, 17:00-18:30

Venue: Meeting Room 610, Sixth Floor, Administration Bureau Building 2, Hongo Campus, University of Tokyo

Title: New Ways to Reduce Energy Demand: Self Regulation, Voluntary Initiatives, and Social Potential

Speaker: Dr. Kathryn Janda, Senior Researcher, Lower Carbon Futures, Environmental Change Institute (ECI), University of Oxford, United Kingdom

Abstract: Much of the people-centered attention in current work on building energy use focuses on changing the behavior of individuals around a fixed set of things and energy services. This work envisions policy interventions for reducing energy use that rest on motivating people to act on potential monetary savings or to prioritize contributing to the global good. These perspectives largely omit consideration of higher scale and more intricate social contexts, professional cultures, and expectations that shape the activities, habits, and practices behind energy use. Below we discuss a notion of “social potential” that affords a broader possible contribution of social sciences to improved understanding of building energy use and how policies might reshape this use. We begin with an overview of the basic genres of research on people and building energy use and outlines three common missed understandings evident in the energy efficiency industry's attention to people: (1) “If only they knew”; (2) “If only they could be made to care”; and (3) “If only they stayed home.” Beyond individuals, communities, and organizations, we suggest social potential as a formulation that complements and transcends the technical and behavioral savings potential concepts underpinning much of today's building energy efficiency policies, programs, and research.

Reference: Moezzi, M., & K. B. Janda. 2014. "From "if only" to "social potential" in schemes to reduce building energy use." Energy Research and Social Science, 1 (March), 30-40.

Bio: Kathryn B. Janda is an interdisciplinary, problem-based scholar and senior researcher at the Environmental Change Institute at the University of Oxford. Her research focuses on how organizations and professions (re)design, use, own, and manage non-domestic buildings. Her approach builds on literature in technological innovation, organizational decision-making, and energy policy. Her work has been supported by the UK Engineering and Physical Science Research Council, the UK Economic and Social Research Council, Electricité de France, the US Environmental Protection Agency, the UN Department of Economic and Social Affairs, and the World Bank. She currently serves as an advisor to the UK Department of Energy and Climate Change. She earned undergraduate degrees in electrical engineering and English literature from Brown University (USA) and her M.S. and Ph.D. from the Energy and Resources Group at the University of California, Berkeley. She has worked in the Energy Analysis Program at Lawrence Berkeley National Laboratory (USA) and served as an American Association for the Advancement of Science Environmental Policy Fellow at U.S. Environmental Protection Agency. Prior to her position at Oxford, she served as an assistant professor of Environmental Studies at Oberlin College (Ohio, USA), where she taught courses on energy production and consumption; interdisciplinary building analysis; environment and society; a practicum on ecological design; and qualitative research methods.

Contact: YARIME Masaru

 

2015年8月6日:

First Workshop on the Research Project on Urban Air Quality Improvement in Asia が、8月6日(木)に Japan International Cooperation Agency (JICA) Research Institute で開催されました。日本、中国、韓国から参加した研究者と共に、アジアの異なる場所・文脈において大気汚染に対応してきたこれまでの経験を検証し、特に PM2.5 のような微小な粒子による大気汚染の緩和に向けた政策手段のデザインと実施に関して議論しました。

Yarime, Masaru, "Tackling Air Pollution in Asia: Possibilities and Challenges in Stakeholder Collaboration for Sustainability Innovation," First Workshop on the Research Project on Urban Air Quality Improvement in Asia, Japan International Cooperation Agency (JICA) Research Institute, Tokyo, Japan, August 6 (2015).

 

2015年8月5日:

世界の先進的な大学では、サステイナビリティに向けたイノベーションに関する社会実験を通じて、知識、経験、専門性を共創するためのステークホルダー連携に取り組んでいます。学生参加に関する様々なモードと高等教育機関に対する可能性と課題に関して、近く学術誌 Current Opinion in Environmental Sustainability に掲載される予定の論文で議論しました。

Trencher, Gregory, Toru Terada, and Masaru Yarime, Student participation in the co-creation of knowledge and social experiments for advancing sustainability: Experiences from the University of Tokyo, Current Opinion in Environmental Sustainability, forthcoming.

 

2015年7月31日:

Task Group on Linked Open Data for Global Disaster Risk Research (LODGD) は、2012年に Committee on Data for Science and Technology (CODATA) in the International Council for Science (ICSU) によって立ち上げられ、バラバラに存在している災害関連の科学データを容易かつ迅速に発見、探索、活用するために、それらを互いに結びつけるメカ二ズムを検討しています。2015年から始まった第2期の LODGD Task Group の活動に参加することになりました。

 

2015年7月30日:

特集号 Sustainable Use of Phosphorus in Asia が、学術誌 Global Environmental Research で、大竹久夫教授、松八重一代准教授と私の編集により出版されました。 日本における下水道システムからのリンのリサイクルのケースについてステークホルダー分析を行い、公共政策に関する教訓とインプリケーションを議論しました。

Shiroyama, Hideaki, Makiko Matsuo, and Masaru Yarime, "Issues and Policy Measures for Phosphorus Recycling from Sewage: Lessons from Stakeholder Analysis of Japan," Global Environmental Research, 19 (1), 67-76 (2015).

 

2015年7月28日:

書籍 Modeling Complex Systems for Public Policies が、 Institute for Applied Economic Research (IPEA) in the Secretariat of Strategic Affairs of the Presidency of the Republic, Federal Government of Brazil から出版されました。この本の中では、環境を複雑自然・社会システムとして捉えることで、その公共政策における可能性と課題へのインプリケーションを議論しています。

Yarime, Masaru, and Ali Kharrazi, "Understanding the Environment as a Complex Natural-Social System: Challenges and Opportunities for Public Policies," in Bernardo Alves Furtado, Patrícia A. M. Sakowski, and Marina H. Tóvolli, eds., Modeling Complex Systems for Public Policies, Brasilia: Institute for Applied Economic Research (IPEA), Secretariat of Strategic Affairs of the Presidency of the Republic, Federal Government of Brazil, 127-140 (2015).

 

2015年7月27日:

The Singapore-ETH Centre for Global Environmental Sustainability (SEC) は、2010年に ETH Zurich and Singapore’s National Research Foundation (NRF) がシンガポールに設立した共同イニシアティブで、 SEC Director and Professor Peter Edwards と非常に有意義なディスカッションを行うことができました。彼は以前、 Alliance for Global Sustainability (AGS) between ETH, MIT, Chalmers University of Technology, and the University of Tokyo のコーディネーターを務めており、AGS を通じて我々と一緒に行ってきた活動をさらに発展させて、 SEC では Future Cities Laboratory (FCL) and Future Resilient Systems (FRS) などのプログラムを進めているようです。

 

2015年7月26日:

Dr. Jansen Wee and Dr. Wan Ping Bay at the Risk Assessment and Horizon Scanning (RAHS) Programme Office in the National Security Coordination Secretariat of Prime Minister’s Office of Singapore とミーティングを行いました。 RAHS Think Centre は、 Horizon Scanning を通じて安全保障に関わりのあるリスクの同定を行い、特に複雑で多面的なリスクがある領域横断的な問題に関する研究と分析を行っています。

 

2015年7月25日:

Professor Asit K. Biswas at the Lee Kuan Yew School of Public Policy at the National University of Singapore とミーティングを行いました。シンガポールでは、"Global Hydrohub" の形成に向けて、海外からの投資を積極的に受け入れ、シンガポールを "Living Laboratory" として活用することで、水に関する科学技術の開発、テスト、商業化を進めています。産学官を含めたステークホルダーの連携を通じて水のSustainable Innovation Ecosystem を構築するプロセスとメカニズムに関して、研究を行っていく予定です。

 

2015年7月23日:

Sustainability Innovation Seminar Series 49 を、8月7日(金)17:00 より東京大学で開催します。 Paula Fernandez-Wulff of Université catholique de Louvain が、トランスディシプリナリー研究の観点から、食料システムにおけるエンパワーメントとエージェンシーに関して議論する予定です。 Louvain Open Platform on Ecological and Social Transition (LPTransition) は、Professor Tom Dedeurwaerdere (the author of Sustainability Science for Strong Sustainability) がリーダーとして進めている新しいイニシアティブで、私も2015年3月4日に開催された LPTransition Open Seminar Series 2 にスピーカーとして参加しました。

Sustainability Innovation Seminar Series 49

Date: Friday, August 7, 2015, 17:00-18:30

Venue: Meeting Room 610, Sixth Floor, Administration Bureau Building 2, Hongo Campus, University of Tokyo

Title: Triggering Agency in the Food System: Transdisciplinary Research and the Role of Local Food Organizations in Japan and Abroad

Speaker: Paula Fernández-Wulff, Research Fellow, Research Unit on Biodiversity Governance (BIOGOV), Louvain Open Platform on Ecological and Social Transition (LPTransition) and the Interdisciplinary Institute of Legal Sciences (JUR-I), Université catholique de Louvain, Louvain-la-Neuve, Belgium

Abstract: Our food system is more globalized than ever: exotic products from distant countries, available all-year round, now populate the shelves of our supermarkets and convenience stores. Yet a parallel phenomenon is also taking place at the local level – citizens organized in collective and collaborative endeavors, sometimes through improving the food system, sometimes fighting it, and sometimes building a parallel one, are innovating in ways that aim at relocalizing the food chain in a sustainable manner. These citizens are agents of change, empowered to collectively bring about the necessary consequences that will mend the food system from the bottom-up. However, we know very little about the organizational mechanisms that favor (directly or indirectly) the active involvement of people in the transition towards a more sustainable food system. This seminar, after briefly describing the work of the BIOGOV Unit of the University of Louvain on the issue of transdisciplinary research, will present some preliminary results of the Japanese chapter of an ongoing international research project on the question of empowerment and agency in the food system.

Bio: Paula Fernández-Wulff is a multi-disciplined researcher with training in food and agriculture, biodiversity, and law. She is currently a PhD research fellow at the University of Louvain, under the supervision of Olivier de Schutter, former UN Special Rapporteur on the Right to Food (2008-2014). Her current research focuses on socio-ecological transitions towards sustainable food systems and the question of agency. She holds an MSc in Environmental Governance from the United Nations University (Tokyo), where she specialized on food legal frameworks and their impact on agrobiodiversity in Mexico and Ecuador. She trained as a lawyer in France and Spain, specializing in European and International law at Complutense University and Paris 1 Panthéon-Sorbonne.

Contact: YARIME Masaru

 

2015年7月21日:

2013年4月に私が委員長、三井住友信託銀行が事務局となり、自然資本研究会を立ち上げました。産官学からの参加者と一緒に議論した成果を基にした書籍 自然資本入門:国、自治体、企業の挑戦 が、近くNTT出版より出版される予定です。

鎗目雅、「なぜ自然資本に関する議論が高まってきたか」、自然資本研究会 編著、自然資本入門:国、自治体、企業の挑戦、東京:NTT出版、 forthcoming.

 

2015年7月20日:

World Congress on Risk 2015 が、7月18日ー23日にシンガポールで、 Society for Risk Analysis (SRA) の主催により、 Risk Analysis for Sustainable Innovation のテーマで開催されています。Symposium: An Integrative Approach to the Framing and Design of Sustainability Projects を、 Clark University in the United States, University of Stuttgart in Germany, and the University of Malaya in Malaysia の研究者と共同でオーガナイズしました。

Yarime, Masaru, "University-Driven Stakeholder Platforms for Sustainability Innovation," World Congress on Risk 2015, Singapore, July 19-23 (2015).

 

2015年7月19日:

Dr. Carlos López-Gómez of the Centre for Science, Technology & Innovation Policy (CSTI) of the University of Cambridge とミーティングを行いました。Manufacturing Foresight の実際の活用とその課題に関して、日本とイギリスを含めた国際比較分析を行う予定です。

 

2015年7月18日:

Okinawa Workshop on the Sustainable Development Goals (SDGs) が、7月17日ー18日に沖縄尚学高等学校で開催されました。SDGs における環境問題に関して、特に気候変動、エネルギー問題について高校生にお話しました。

Yarime, Masaru, "International Trends in Discussions on the Sustainable Development Goals (SDGs): Environmental Fields with a Focus on Climate Change and Energy Issues," Okinawa Workshop on the Sustainable Development Goals (SDGs), Okinawa Shogaku Senior High School, Naha, Okinawa, Japan, July 17-18 (2015).

 

2015年7月16日:

Dr. Robert Phaal and Mr. Yuta Hirose at the Institute for Manufacturing (IfM) of the University of Cambridge とミーティングを行いました。 Roadmapping, Foresight, and Horizon Scanning などの将来に向けた概念・方法論に関して、公的・民間セクターにおける戦略的意思決定へのインプリケーションを検討する予定です。

 

2015年7月15日:

Dr Jonny Wentworth at the Parliamentary Office of Science and Technology (POST) of the UK Houses of Parliament in Westminster, London とミーティングを行いました。 POST は、科学技術、社会、政策における動向を調査し、そのインプリケーションを分析して議会へ報告しており、 Horizon Scanning はその全ての活動のコアになっています。

 

2015年7月14日:

レジリエンスに向けた投資に関する金融機関・手法をレジリエンス原則の観点から議論した以下の論文が、学術誌 Sustainability に掲載されました。

Hill Clarvis, Margot, Erin Bohensky, and Masaru Yarime, "Can Resilience Thinking Inform Resilience Investments? Learning from Resilience Principles for Disaster Risk Reduction," Sustainability, 7 (7), 9048-9066 (2015).

 

2015年7月13日:

Science Diplomacy Workshop が、7月12日ー13日に Exeter College in Oxford で開催されました。東アジアにおける大気汚染、資源探索、エネルギー安全保障、感染症、サイバー・セキュリティー などの課題に対して、Science Diplomacy は非常に大きな役割を果たすことができると思います。

 

2015年7月11日:

The International Scientific Conference "Our Common Future under Climate Change" が、7月7日ー10日にパリの UNESCO Headquarters で、約100か国から2,000人が参加して開催されました。

Yarime, Masaru, "University-Industry-Government Collaboration for Innovation to Tackle Sustainability Challenges: Functions and Mechanisms of Stakeholder Platforms on Smart Cities," International Scientific Conference "Our Common Future under Climate Change, UNESCO Headquarters, Paris, France, July 7-10 (2015).

 

2015年7月7日:

レジリエンス原則は長期的でシステム的な観点にフォーカスしていますが、それをどのように活用して災害リスク削減に向けた投資を金融機関・手法の性質に基づきながら評価、促進していくことができるのか検討しました。以下の論文が、近く学術誌 Sustainability に掲載される予定です。

Hill Clarvis, Margot, Erin Bohensky, and Masaru Yarime, "Can Resilience Thinking Inform Resilience Investments? Learning from Resilience Principles for Disaster Risk Reduction," Sustainability, forthcoming.

 

2015年7月6日:

The Department of Science, Technology, Engineering and Public Policy (STEaPP) of University College London では、 Seminar and Roundtable, Towards a Theory of Energy Access, by Daniel Kammen, Professor of Energy at the University of California, Berkeley を7月6日(月)に開催しました。

 

2015年7月3日:

Editorial Board Meeting 2015 of the journal Sustainability Science が、7月2日(木)に世界各国から editors and staff members が参加して開催されました。ジャーナルの現状に関して、論文の内容・量、レビューのプロセスとパフォーマンス、ジャーナルのインパクトを含めて議論しました。新たに導入された試みとして、 special features and topical collections があり、ジャーナルの知名度と影響力をさらに高めることが期待されます。

 

2015年7月1日:

6月30日(火)に、イギリス Oxfordshire にある出版社 Routledge で、現在編集を行っている Handbook of Sustainability Science を出版するためのプロセスを議論しました。 Senior Editorial Assistant からのサポートが非常に重要になると思います。

 

2015年6月30日:

東京大学の The Global Leader Program for Social Design and Management (GSDM) では、3月11日(水)に Second GSDM International Symposium "Four Years after the Great East Japan Earthquake: Recent Trends in Innovation, Resilience, and Security and Their Implications for the Future" を開催しました。会議における議論をまとめた報告書が公開されました。この会議では、 Session 2 "Stimulating Innovation in an Information-Intensive Environment: Opportunities and Challenges for Social Design and Management" をオーガナイズしました。

 

2015年6月25日:

Research Seminar Series on Behaviour Change - Evidence into Policy が、 Centre for Behaviour Change (CBC) of University College London のオーガナイズにより開催されています。6月25日(木)に行われた First Seminar "What is Policy-Relevant Evidence?" では、エビデンスと政策の間の複雑な関係における様々な課題について議論しました。

 

2015年6月24日:

The Circling the Square 2 Conference: Universities, the Media, Citizens and Politics が、6月22日ー23日に University of Nottingham の Science, Technology and Society Priority Group の主催により開催されました。自然科学・社会科学の研究者、科学と政策のインターフェースの実務家、メディア、市民グループなどが参加し、政策決定における科学の役割に関して、科学的助言、不確実性、科学アドボカシー、レスポンシブル・イノベーション、大学の役割などについて議論を行いました。

 

2015年6月22日:

Revista Desafios do Desenvolvimento に、2月12日にブラジル・ブラジリアの Institute for Applied Economic Research (IPEA), Secretariat of Strategic Affairs of the Presidency of the Republic, Federal Government of Brazil で開催された私のセミナー Modeling Complex Systems for Public Policies: The Environment as a Complex Object の記事が掲載されました。

 

2015年6月18日:

Workshop on Empirical Studies of Roles of Scientific Advisors が、6月18日(木)に Department of Science, Technology, Engineering and Public Policy (STEaPP) of University College London で開催されました。20人以上の研究者・専門家が参加し、科学と政策の相互作用の空間において何が機能するのかに関して、理論的な視点を超えて実証に基づいた理解を構築していくことを目指しました。その成果は、学術誌 Science and Public Policy の特集号への掲載を目的としています。このワークショップでは、フォーサイトのこれまでの経験と、知識を公的な意思決定に活用するための将来の課題について議論しました。

Yarime, Masaru, "Foresight as a Methodology for Mobilizing Knowledge in Public Decision Making: Lessons and Implications for Science Advice," Workshop on Empirical Studies of Roles of Scientific Advisors, Department of Science, Technology, Engineering and Public Policy (STEaPP), University College London, United Kingdom, June 18 (2015).

 

2015年6月16日:

Public Seminar on Taking a stance or calming the waters – A view from a Chief Scientific Adviser が、6月16日(火)に University College London (UCL) Public Policy の主催で開催されました。 Professor Ian Boyd, Chief Scientific Adviser at the Department of Environment, Food and Rural Affairs (DEFRA) of the UK government が、政策への科学的助言において必要となる重要な属性とは何か、科学的助言を行うためには科学者はどのようにふるまうべきか、科学的助言に関してどのような成果や期待があるべきか、などの重要な問題を議論しました。

 

2015年6月15日:

Workshop "Science Diplomacy: What Role of 'Science' for International Relations and Diplomatic Theory?" が、6月15日(月)、 University College London で、 Department of Science, Technology, Engineering and Public Policy (STEaPP) and Global Governance Institute (GGI) の共催で開催されました。15人の国際的な専門家が参加したラウンド・テーブルでは、 Science in International Relations Practice and Theory and Science in Diplomatic Practice and Theory のテーマについて議論しました。 Science in Diplomacy, Science for Diplomacy, and Diplomacy for Science を含めた Science Diplomacy に関わるアクターと活動の体系的なマッピングと、貿易、安全保障、サステイナビリティ、サイバー・ガバナンスなど様々な分野におけるケース・スタディーを行う予定です。

 

2015年6月12日:

The 2015 Naples Forum on Service が、6月9日(火)−12日(金)にイタリア・ナポリで開催されました。知識の共創に関する共通のフレームワークにむけて、サービス・サイエンスとサステイナビリティ・サイエンスの連携の可能性についてイタリアの研究者と共同で執筆した論文を発表しました。

Golinelli, Gaetano Maria, Sergio Barile, Marialuisa Saviano, Francesca Farioli, and Masaru Yarime, "Towards a Common Framework for Knowledge Co-creation: Opportunities of Collaboration between Service Science and Sustainability Science," The 2015 Naples Forum on Service, Naples, Italy, June 9-12 (2015).

 

2015年6月11日:

The 2015 Annual Conference of the European Forum for Studies of Policies for Research and Innovation (EU-SPRI) "Innovation Policies for Economic and Social Transitions: Developing Strategies for Knowledge, Practice and Institutions" が現在、フィンランド・ヘルシンキで開催されています。サステイナビリティ・イノベーションに向けた産学官連携に関して、スマート・シティに焦点を当てて分析している研究の成果を発表しました。

Yarime, Masaru, "University-Industry-Government Collaboration for Sustainability Innovation: Functions and Mechanisms of Stakeholder Platforms on Smart Cities," The 2015 Annual Conference of the European Forum for Studies of Policies for Research and Innovation (EU-SPRI), Helsinki, Finland, June 10-12 (2015).

 

2015年6月9日:

都市メタボリズム研究を通じて中国における持続可能な都市変革を議論した論文が、学術誌Environmental Technology and Innovation に掲載されました。

Huang, Wei, Shenghui Cui, Masaru Yarime, Seiji Hashimoto, and Shunsuke Managi, "Improving Urban Metabolism Study for Sustainable Urban Transformation," Environmental Technology and Innovation, 4, 62-72 (2015).

 

2015年6月6日:

The Third Future Earth Networking Conference on Integrated Science: Future Sustainability - The Role of Science and the Sustainable Development Goals (SDGs) が、 International Council for Science (ICSU), International Social Science Council (ISSC), and the German Research Foundation (DFG) の主催により、5月24日(日)−30日(土)に Villa Vigoni, Italy で開催されました。グローバルなレベルにおけるエネルギーシステムのネットワーク分析と、持続可能な開発目標へのインプリケーションに関する研究について発表を行いました。

Kharrazi, Ali, and Masaru Yarime, "Examining the Resilience of National Energy Systems: Measurements of Diversity in Production- and Consumption-Based Electricity in the Globalization of Trade Networks," The Third Future Earth Networking Conference on Integrated Science: Future Sustainability - The Role of Science and the Sustainable Development Goals (SDGs)," Villa Vigoni, Italy, May 24-30 (2015).

 

2015年5月26日:

生態学的ネットワーク指標を使ってフィリピンのミルクフィッシュに関わる経済資源システムのサステイナビリティを評価した論文が、学術誌 Aquaculture, Aquarium, Conservation & Legislation に掲載されました。

Tumilba, Victor, and Masaru Yarime, "Ecological Network Metrics in Assessing Sustainability of the Philippine Milkfish (Chanos Chanos) Economic Resource System," Aquaculture, Aquarium, Conservation & Legislation, 8 (3), 253-264 (2015).

 

2015年5月25日:

東京大学公共政策大学院 (GraSPP)

平成28(2016)年度入学者選抜試験に関する説明会

日時: 2015年5月28日(木) 14:30-16:00(開場 14:00)

場所: 東京大学本郷キャンパス 法文1号館25番教室(地図)

※申込、参加費は不要です。当日会場まで直接お越しください。

 

2015年5月22日:

Japan Science and Technology Agency (JST) and Chinese Academy of Sciences (CAS) の主催により、4月18日(土)に山梨・富士吉田で開催された Second Japan-China Workshop on New Environmentally Sustainable Systems for China and Japan の開催報告が、 JST のウェブサイトに掲載されました。この会議では、サステイナビリティ・イノベーションの創出に向けたステークホルダー・プラットフォームの機能とメカニズムに関して議論し、将来の日本と中国との連携の可能性と課題を検討しました。

 

2015年5月17日:

中国における持続可能な都市変革に向けて、都市メタボリズム研究の可能性と課題を議論した論文が、学術誌 Environmental Technology and Innovation のオンライン版に掲載されました。

Huang, Wei, Shenghui Cui, Masaru Yarime, Seiji Hashimoto, and Shunsuke Managi, "Improving Urban Metabolism Study for Sustainable Urban Transformation," Environmental Technology and Innovation, forthcoming.

 

2015年5月15日:

5月28日(木)に東京大学で、 Sustainability Innovation Seminar Series 47 を開催します。 Dr. Ingvild Bode of the United Nations University Institute for the Advanced Study of Sustainability and the University of Tokyo が、 Altering the Playing Field: The United States' Redefinition of the Use-of-Force というテーマで議論する予定です。

Sustainability Innovation Seminar Series 47

Date: Thursday, May 28, 2015, 16:30 - 18:00

Venue: Meeting Room 610, Sixth Floor, Administration Bureau Building 2, University of Tokyo

Title: Altering the Playing Field: The United States' Redefinition of the Use-of-Force

Speaker: Dr. Ingvild Bode, JSPS Postdoctoral Research Fellow, Institute for the Advanced Study of Sustainability (IAS), United Nations University, and the University of Tokyo

Abstract: The article will interrogate the degree to which the Obama administration has continued, even at times inadvertently, the Bush administration’s challenge on international law. Notwithstanding the Obama administration’s bold pronouncements pertaining to reversing its predecessor’s policies, little has actually changed when it comes to how the United States considers using military force. As a means to unpack this transition and apparent gap, the article will firstly, consider the apparent continuum of US use-of-force policies from the Bush to the Obama administration, specifically: the conflation in the line between pre-emptive and preventive self-defense options; the sustained post-9/11 legacies that continue to lower thresholds towards using military force; and how this ultimately contributes to the erosion of international law. Secondly, the article presents a critical contextualization of Obama’s drone program and its legal arguments in relation to his administration’s overall use-of-force policy, focusing on jus ad bellum standards. In light of the centrality of targeted killing under Obama, our article will pay particular attention to the apparent contradiction this poses with regard to his reluctance to use military force in relation to ongoing conflicts in Libya and Syria, while also looking at recent adjustments pertaining to use-of-force pronouncements against the Islamic State (IS). The article lastly considers what this will mean for international use-of-force thresholds and the future of the general prohibition on the use-of-force in the context of new and emerging technologies and theaters should the United States continue to skew and adjust its use-of-force policies on when, how, against who and where to use such force.

Bio: Ingvild Bode is a Japan Society for the Promotion of Science (JSPS) International Research Fellow (postdoc) with joined affiliation at the Institute for the Advanced Study of Sustainability, United Nations University, Tokyo and the University of Tokyo. Her research interests include the human element in international relations, UN peacekeeping, state recourse to the use-of- force and conflict narratives. At UNU, Ingvild works primarily on a research project (2 years) funded through a JSPS grant-in-aid for scientific research (kakenhi), which is entitled ‘Individual Agency and Policy Change in the Area of Peace and Security’. Ingvild’s work has been published in journals such as Global Governance and she is also the author of two research monographs, Individual Agency and Policy Change: The People of the United Nations (Routledge, March 2015), Governing the Use-of-Force in International Relations: The Post-9/11 US Challenge on International Law (with Aiden Warren, Palgrave Macmillan, 2014), and the textbook Key Concepts in International Relations (with Thomas Diez and Aleksandra Fernandes da Costa, Sage, 2011). Previously, Ingvild was a PhD fellow and lecturer at Eberhard Karls University Tübingen, Germany where she taught on a range of subjects including International Relations theories, the United Nations system, humanitarian assistance and political science methods. She also served as the Tübingen delegations’ faculty advisor to the National Model United Nations New York from 2009 to 2012. Before this position, Ingvild was employed at Friends of Europe in Brussels, Belgium, and worked for the Office for the Coordination of Humanitarian Affairs (OCHA) at the UN Office in Geneva, Switzerland as well as for the Goethe-Institute Ottawa, Canada. Ingvild holds a PhD in Political Science/International Relations from Eberhard Karls University Tuebingen. Her thesis entitled ‘The People of the United Nations: Individual Agency and Policy Change in the United Nations’ was recognized with the “Outstanding PhD Dissertation Award” by the Faculty of Social Sciences in 2012. Previously, she graduated with a M.A. in Political Science and English Literature from Leibniz University Hannover, Germany.

Contact: YARIME Masaru

 

2015年5月14日:

6月5日(金)16:30より、東京大学におきまして、 33rd Policy Platform (PoP) Seminar/Sustainability Innovation Seminar Series 48 を開催致します。スピーカーは、東京大学・オックスフォード大学の Dr. Roy Nyberg で、現在行っている日本におけるスマート・シティの概念化と実践に関する研究を踏まえて、グローバルな観点からサステイナビリティに向けた政策へのインプリケーションと課題について議論する予定です。

The 33rd Policy Platform (PoP) Seminar/Sustainability Innovation Seminar Series 48

Date: Friday, June 5, 2015, 16:30 - 18:00

Venue: Seminar Room 2, Economic Research Annex Building (Kojima Hall), Hongo Campus, The University of Tokyo

Title: Smart Cities in Japan - Reflections on Policy Implications

Speaker: Dr. Roy Nyberg, Canon Foundation Fellow, Graduate School of Public Policy, University of Tokyo, Japan, and Research Associate, Institute of Science, Innovation and Society, University of Oxford, United Kingdom

Abstract: In this presentation I will consider the emergence of the concept of ‘smart cities’, through the efforts of various types of organisations active in this area, and what are some of the policy implications that this phenomenon may have. I will ground the main discussion by first describing some of the conceptualisations of smart cities. Although there is no one widely accepted definition, this concept is frequently seen as a way to achieve efficiencies in utility services such as energy, water, waste and transport. I will also briefly summarise some of the main concerns discussed in smart cities literature. I will then describe my on-going project on smart cities and what are the more prominent findings so far. In the last part of the presentation I will relate these findings and insights to first some of the organisation theory frameworks, and then to policy research frameworks, and consider what are possible policy implications. I conclude by reflecting on possible contributions to policy research, organisation theory and research methods.

Bio: Dr Roy Nyberg is a social scientist focusing on issues of management and organisations. He completed his doctoral studies at the University of Oxford in 2015. He currently holds a Visiting Research Fellowship funded by the Canon Foundation Europe at the Graduate School of Public Policy of the University of Tokyo, and a Research Associate post at the University of Oxford. His prior working career, in his native Finland, consists of project management positions in the airline industry and in regional government in technology and strategy development areas. He also has experience as an entrepreneur in Internet and mobile services, as well as in advertising and in design. His research interests are in innovation, technology management, and entrepreneurship, and his current work at the University of Tokyo focuses on smart cities in Japan.

Organizer: Science, Technology, and Innovation Governance (STIG) Program, Graduate School of Public Policy, University of Tokyo

Contact: YARIME Masaru

 

2015年5月2日:

書籍 Modeling Complex Systems for Public Policies が、 Institute for Applied Economic Research (IPEA) in the Secretariat of Strategic Affairs of the Presidency of the Republic of the Federal Government of Brazil から近く出版される予定です。この本の中では一章を執筆し、環境を複雑自然・社会システムとして捉えて、公共政策における可能性と課題を議論しました。

Yarime, Masaru, and Ali Kharrazi, "Understanding the Environment as a Complex Natural-Social System: Challenges and Opportunities for Public Policies," in Bernardo Alves Furtado, Patrícia A. M. Sakowski, and Marina H. Tovolli, eds., Modeling Complex Systems for Public Policies, Brasilia: Institute for Applied Economic Research (IPEA), Secretariat of Strategic Affairs of the Presidency of the Republic, Federal Government of Brazil, forthcoming.

 

2015年4月30日:

グローバル貿易ネットワークの構造の分析に対する生態学的情報論アプローチを探求し、意思決定における戦略的レジリエンス評価を議論しました。その結果を報告した論文が、 Journal of Industrial Ecology に受理され、近く掲載される予定です。

Kharrazi, Ali, Steven Kraines, Elena Rovenskaya, Ram Avtar, Shuichi Iwata, and Masaru Yarime, "Examining the Ecology of Commodity Trade Networks using an Ecological Information-Based Approach: Towards Strategic Assessment of Resilience," Journal of Industrial Ecology, forthcoming.

 

2015年4月27日:

4月27日(月)に Indian Institute of Technology Hyderabad を訪問しました。インドにおける再生可能エネルギー技術とスマート・グリッド・システムの導入に向けた連携について、共同研究者と議論を行いました。

 

2015年4月26日:

インド・バンガローから約100キロ離れた Thollapalli village へのフィールド・ビジットが、 The Energy and Resources Institute (TERI) のオーガナイズにより開催されました。 TERI は農村の若者を Rural Energy Entrepreneurs としてトレーニングしており、その中の一人が Uttam Urja shop を立ち上げて、クリーン・エネルギー技術の販売と普及を Bagepalli 地域で行っています。既にいくつかの Integrated Domestic Energy System (IDES) が設置され、農村の家庭での基本的なエネルギー・ニーズである照明、調理、通信を満たすための、二つの照明灯、携帯電話充電器、換気扇付き調理コンロがある太陽光システムが提供されています。

 

2015年4月25日:

Third International Conference on Micro Perspectives for Decentralized Energy Supply (MES 2015) が、4月23日(木)−25日(土)にインド・バンガローで、 Microenergy Systems Research Group at the Technische Universität Berlin, the BMS College of Engineering, and the Berkeley Rural Energy Group at the University of California at Berkeley の主催により開催されました。この会議では、ケニヤ農村部の無電化地域へ導入された太陽光LEDランタンが及ぼす環境、経済、社会的なインパクトのサステイナビリティ・アセスメントの結果について、報告を行いました。

Yarime, Masaru, Jacob Kithinji Peters, and Samuel Wanjohi Kiru, "Introducing Solar LED Lanterns to Rural Kenya: Sustainability Assessment of Environmental, Economic, and Social Impacts," Third International Conference on Micro Perspectives for Decentralized Energy Supply (MES 2015), Bangalore, India, April 23-25 (2015).

 

2015年4月20日:

中国の日本の共同研究者と一緒に、中国における持続可能な都市変革に向けて都市メタボリズム研究のインプリケーションを議論した論文が、学術誌 Environmental Technology and Innovation に受理され、近く掲載される予定です。

Huang, Wei, Shenghui Cui, Masaru Yarime, Seiji Hashimoto, and Shunsuke Managi, "Improving Urban Metabolism Study for Sustainable Urban Transformation," Environmental Technology and Innovation, forthcoming.

 

2015年4月19日:

Second Japan-China Workshop on New Environmentally Sustainable Systems for China and Japan が、 Japan Science and Technology Agency (JST) and the Chinese Academy of Sciences (CAS) の主催により、4月18日(土)に山梨・富士吉田で開催されました。サステイナビリティ・イノベーションの創出に向けたステークホルダー・プラットフォームの機能とメカニズムに関して議論し、将来の日本と中国との連携の可能性と課題を検討しました。

Yarime, Masaru, "Stakeholder Platforms for Sustainability Innovation: Potentials and Challenges for Japan-China Collaboration," Second Japan-China Workshop on New Environmentally Sustainable Systems for China and Japan, organized by the Japan Science and Technology Agency (JST) and the Chinese Academy of Sciences (CAS), Fuji-Yoshida, Yamanashi, Japan, April 18 (2015).

 

2015年4月18日:

Public Forum on Transdisciplinary Education for Disaster Risk Reduction: Launching the International Network for Advancing Transdisciplinary Education に関するレポートが掲載されました。この会議は、 United Nations University Institute for the Advanced Study of Sustainability (UNU-IAS) の主催により、3月15日(日)に仙台で、 United Nations World Conference on Disaster Risk Reduction (WCDRR) の公式行事の一つとして開催されました。この中では、サステイナビリティ・サイエンスにおける研究・教育の経験を踏まえてトランス・ディシプリナリティを議論し、レジリエンスと災害リスクへ向けた知識統合とステークホルダー連携のインプリケーションを考えました。

 

2015年4月14日:

4月16日(木)15:00から、東京大学本郷キャンパス・第2本部棟6階会議室 610 で、 Big Data and Public Policy に関するディスカッション・ミーティングを行います。特に社会科学・政策研究におけるデータに対する工学的な手法・アプローチの可能性と課題を議論する予定です。エネルギー安全保障、環境保護、公衆衛生、レジリエンスなどの分野に関して、 Global Leader Program for Social Design and Management (GSDM) などとも連携しながら、検討していく予定です。

 

2015年4月13日:

東京大学公共政策大学院 (GraSPP) では、2016年4月から博士課程を設置する予定です。主要研究分野は国際金融・開発と国際安全保障で、その中で科学技術イノベーション政策も取り扱う予定です。この分野にご関心のある方は、是非ご検討ください。

 

2015年4月9日:

書籍 Japan: The Precarious Future, edited by Frank Baldwin and Anne Allison が、今年後半に New York University Press から出版される予定です。この本の中では、不確実な将来において日本の科学技術が直面する重要課題を議論した一章を執筆しました。

Yarime, Masaru, "Integrated Solutions to Complex Problems: Transforming Japanese Science and Technology," in Frank Baldwin and Anne Allison, eds., Japan: The Precarious Future, New York: New York University Press, forthcoming.

 

2015年4月3日:

東京大学・公共政策大学院と大学院工学系研究科が中心になって運営している Science, Technology, and Innovation Governance (STIG) program では、4月9日(木) にガイダンスを行う予定です。ご関心のある方は是非ご参加ください。

日時:2015年4月9日(木) 17:00〜19:00 (開場は16時50分予定)

会場:東京大学本郷キャンパス 法学政治学系総合教育棟203教室

ゲスト講師:大竹 暁(さとる)氏(独立行政法人科学技術振興機構理事)

「科学技術イノベーション政策の課題と期待される担い手」(仮題)

 

2015年4月1日:

Abe Fellowship 2014 の受賞者が、米国 Social Science Research Council (SSRC) から発表されました。このフェローシップでは、産学官連携を通じたグランド・チャレンジ、社会的課題に向けたイノベーションの創出に関して、日本、欧州、米国を比較しながら、科学技術政策へのインプリケーションを検証する予定です。

 

2015年3月29日:

2014年度 Abe Fellow に選ばれました。 The Abe Fellowship は、 United States Social Science Research Council (SSRC), Japan Foundation Center for Global Partnership (CGP), and the American Council of Learned Societies (ACLS) based in New York によって授与されるフェローシップで、喫緊のグローバルな課題に向けた政策に関連する国際的な分野横断型の研究を促進することを目的としています。

Yarime, Masaru, "University-Industry-Government Collaboration for Innovation to Address Grand/Societal Challenges: Comparative Analysis of Science and Technology Policy in Japan, Europe, and the United States," Abe Fellow 2014, Abe Fellowship Program, United States Social Science Research Council (SSRC), Japan Foundation Center for Global Partnership (CGP), and the American Council of Learned Societies (ACLS), New York, United States.

 

2015年3月28日:

イギリス University of Cambridge Institute for Manufacturing (IfM) にある Centre for Science, Technology and Innovation Policy (CSTI) で、3月27日(金)に研究ミーティングを行いました。 Industrie 4.0 and Cyber-Physical Systems などで概念化されている製造業のデジタル化と、製品、製造プロセス、サプライ・チェーンに関わる科学技術イノベーション政策へのインプリケーションも含めて、次の International Science, Technology and Innovation Policy Forum に向けて議論しました。

 

2015年3月26日:

新しいプロジェクト Charting Science Advice at Local, National and International Levels のキックオフ・ミーティングが、現在 Honorary Reader として参加している Department of Science, Technology, Engineering and Public Policy (STEaPP) of University College London のイニシアティブにより、3月26日(木)に開催されました。このプロジェクトは、科学と政策のより適切な相互作用に向けて、実務家に役に立つような実証的なフレームワークを構築することを目指しています。

 

2015年3月23日:

東京大学「社会構想マネジメントを先導するグローバルリーダー養成プログラム (GSDM) 」(公共政策大学院 (GraSPP) 、工学系研究科などが参加)では、4月3日(金)本郷キャンパスで、2015年度春プログラム生募集説明会を開催します。ご関心のある方は、是非ご参加下さい。

Information Session for GSDM, Spring 2015

Date: Friday, April 3, 2015, 18:00-19:00

Venue: Large Conference Room, Second Floor, Sanjo Conference Hall, Hongo Campus, University of Tokyo

 

2015年3月19日:

Korean Institute of Energy Research (KIER) (韓国・大田)のオーガナイズにより、3月19日(木)にセミナーを行いました。スマート・シティの技術イノベーション・システムに関して、国際的な比較と協力の可能性と課題を踏まえながら議論しました。

Yarime, Masaru, "Technological Innovation Systems of Smart Cities: Opportunities and Challenges for International Comparison and Cooperation," Research Seminar, Korean Institute of Energy Research, Daejeon, Republic of Korea, March 19 (2015).

 

2015年3月17日:

3月17日(火)に、韓国の Jeju National University Department of Nuclear and Energy Engineering で、サステイナビリティに向けたイノベーションについてのセミナーを行いました。

Yarime, Masaru, "Stimulating Innovation for Sustainability: Co-evolution of Technology and Institutions," Department of Nuclear and Energy Engineering, Jeju National University, Jeju, Republic of Korea, March 17 (2015).

 

2015年3月15日:

The Official Public Forum of the United Nations World Conference on Disaster Risk Reduction (WCDRR) on Transdisciplinary Education for Disaster Risk Reduction: Launching the International Network for Advancing Transdisciplinary Education が、 United Nations University Institute for the Advanced Study of Sustainability (UNU-IAS) and the University Network for Climate and Ecosystems Change Adaptation Research (UN-CECAR) の共催により、3月15日(日)に仙台で開催されました。サステイナビリティ・サイエンスにおけるトランスディシプリナリー教育の経験を踏まえて、レジリエンスと災害リスク削減に向けた知識統合とステークホルダー連携の重要性を議論しました。

Yarime, Masaru, "Transdisciplinarity in Sustainability Science: Knowledge Integration and Stakeholder Collaboration for Resilience and Disaster Risk Reduction," Official Public Forum on Transdisciplinary Education for Disaster Risk Reduction: Launching the International Network for Advancing Transdisciplinary Education, United Nations World Conference on Disaster Risk Reduction (WCDRR), Sendai, Japan, March 15 (2015).

 

2015年3月14日:

2015年9月17日ー19日に、米国・アトランタの Georgia Institute of Technology で開催される Atlanta Conference on Science and Innovation Policy Program Committee に参加することになりました。

 

2015年3月13日:

日本における下水道システムからのリン資源リサイクルに関するステークホルダー分析と、それに基づいた戦略と公共政策へのインプリケーションが、学術誌 Global Environmental Research に受理され、近く掲載される予定です。

Shiroyama, Hideaki, Makiko Matsuo, and Masaru Yarime, "Issues and Policy Measures for Phosphorus Recycling from Sewage: Lessons from Stakeholder Analysis of Japan," Global Environmental Research, forthcoming.

 

2015年3月11日:

The Second GSDM International Symposium "Four Years after the Great East Japan Earthquake: Recent Trends in Innovation, Resilience, and Security and Their Implications for the Future" が、 Global Leader Program for Social Design and Management (GSDM) Graduate School of Public Policy (GraSPP) の主催により、3月11日(水)に東京大学で開催されました。 Session 2: Stimulating Innovation in an Information-Intensive Environment: Opportunities and Challenges for Social Design and Management では、省エネルギーや水資源確保から、個別化医療や災害リスク削減まで、様々な分野における大量かつ多様なデータ・情報に基づくイノベーションの最近の動向を踏まえて、どのような戦略、公共政策、制度設計が必要になり、それをどのようにしてステークホルダーと連携して実現していくことができるのか、大学、産業、公的機関の専門家と共に議論しました。

Yarime, Masaru, "Introduction to Session 2: Stimulating Innovation in an Information-Intensive Environment: Opportunities and Challenges for Social Design and Management," Second GSDM International Symposium "Four Years after the Great East Japan Earthquake: Recent Trends in Innovation, Resilience, and Security and Their Implications for the Future," organized by the Global Leader Program for Social Design and Management (GSDM) and the Graduate School of Public Policy (GraSPP), University of Tokyo, March 11, 2015.

 

2015年3月10日:

Workshop on Future Strategies for Science and Technology: Social Sciences and Humanities (SSH) and Ethical, Legal, and Social Issues (ELSI) of Emerging Technologies for a Super-Cyber Society が、科学技術振興機構 (JST) 研究開発戦略センター (CRDS) の主催、国立情報学研究所 (NII) の共催により、3月10日(火)に東京で開催されました。超サイバー社会の理解・分析に向けて、ビッグ・データの経済学・政策研究の可能性と課題について議論しました。

Blackstock, Jason, and Masaru Yarime, "Understanding a Super Cyber Society: Towards Economics and Policy Studies of Big Data," Workshop on Future Strategies for Science and Technology: Social Sciences and Humanities (SSH) and Ethical, Legal, and Social Issues (ELSI) of Emerging Technologies for a Super-Cyber Society, organized by the Center for Research and Development Strategy (CRDS) of the Japan Science and Technology Agency (JST) in cooperation with the National Institute of Informatics (NII), Tokyo, March 10 (2015).

 

2015年3月9日:

3月9日(月)、日本学術会議で、第8回情報学シンポジウムが開催されました。 Department of Science, Technology, Engineering and Public Policy (STEaPP) of University College London (UCL) における活動を紹介しながら、グランド・チャレンジや社会的課題に向けた科学技術政策の最近の動向を踏まえて、超サイバー社会においてリスクとイノベーションをマネージすることについて議論しました。

Blackstock, Jason, and Masaru Yarime, "Science and Technology Policy for Grand/Societal Challenges: Managing Risks and Innovation for a Super-Cyber Society," The Eighth Symposium on Informatics, Science Council of Japan, Tokyo, Japan, March 9 (2015).

 

2015年3月8日:

日本学術会議が主催して、3月9日(月)に情報学シンポジウムが開催されます。 Department of Science, Technology, Engineering and Public Policy (STEaPP) of University College London の同僚である Dr. Jason Blackstock の代理で、情報が加速度的に集約・連結されつつある環境の下で、社会的課題への対応に向けたイノベーションを促進するための科学技術政策へのインプリケーションを議論する予定です。

 

2015年3月6日:

Second European Sustainable Phosphorus Conference が、 European Sustainable Phosphorus Platform と、今回の会議で正式に発足した German Phosphorus Platform (DPP) の主催により、.3月5日(木)−6日(金)にドイツ・ベルリンで開催されました。将来のアクションに向けた重要な課題として、社会における認知の促進、政策や規制を含めたガバナンス・システムの改革、ステークホルダーとの連携を通じた革新的な技術のデモンストレーションと実施などを議論しました。

Yarime, Masaru, "Establishing Global Stakeholder Platforms for Sustainable Phosphorus Governance," Second European Sustainable Phosphorus Conference, Berlin, Germany, March 5-6 (2015).

 

2015年3月5日:

Public Forum on Transdisciplinary Education for Disaster Risk Reduction: Launching the International Network for Advancing Transdisciplinary Education が、 United Nations University Institute for the Advanced Study of Sustainability (UNU-IAS) and the University Network for Climate and Ecosystems Change Adaptation Research (UNCECAR) の主催により、3月15日(日)に仙台で、 UN World Conference on Disaster Risk Reduction の公式サイド・イベントとして開催されます。この中では、サステイナビリティ・サイエンスの文脈におけるトランスディシプリナリティを検討し、レジリエンスと災害リスク削減に向けた可能性と課題を議論する予定です。

 

2015年3月4日:

Louvain Open Research Platform on Ecological and Social Transition (LPTransition) は、 Professor Tom Dedeurwaerdere, Université catholique de Louvain, Belgium が先導しているイニシアティブで、トランスディシプリナリティの観点から、我々の社会の環境・社会的な転換に向けた道すじを探求することを目指しています。3月4日(水)に行われた LPTransition Open Seminar Series 2 では、トランスディシプリナリティを通じた知識統合とマルチ・アクター連携に関して、ステークホルダー・プラットフォームの機能に着目しながら、サステイナビリティ・トランジションへのインプリケーションを議論しました。

Yarime, Masaru, "Transdisciplinarity for Knowledge Integration and Multi-Actor Collaboration: Functions of Stakeholder Platforms and Implications for Sustainability Transitions," LPTransition Open Seminar Series 2, Louvain Open Research Platform on Ecological and Social Transition, Université catholique de Louvain, Louvain-la-Neuve, Belgium, March 4 (2015).

 

2015年3月2日:

東京大学人工物工学研究センター (RACE) は、1992年の設立以来、社会における人間と人工物との複雑でダイナミックな相互作用に関して、先進的な研究を行ってきています。今度、 RACE の客員研究員へ着任の依頼があり、2015年4月から参加する予定です。

 

2015年3月1日:

The Global Leader Program for Social Design and Management (GSDM) and the Graduate School of Public Policy (GraSPP) の主催により、 International Symposium "Four Years after the Great East Japan Earthquake: Recent Trends of Innovation, Resilience, and Security and Implications for the Future" が、3月11日(水)に東京大学で開催されます。 Session 2: Stimulating Innovation in an Information-Intensive Environment: Opportunities and Challenges for Social Design and Management では、 Dr. Timothy Dalton of IBM Research in the United States による基調講演があり、それに引き続いて、エネルギー安全保障、公衆衛生、環境保護、サステイナビリティなど社会的課題に向けたイノベーションをどのように促進していくかについて、大学、企業、公的機関からの専門家とのパネル・ディスカッションをモデレートする予定です。

 

2015年2月27日:

Professor Miranda Schreurs のオーガナイズにより、2月27日(金)に、 Environmental Policy Research Centre (FFU), Freie Universität Berlin, Germany でセミナーを行いました。環境政策が技術変化に与える影響を考慮しながら、サステイナビリティに向けたイノベーションのガバナンスにおいて、知識統合と複数アクター連携が重要な役割を果たすことを議論しました。

Yarime, Masaru, "Governing Science, Technology, and Innovation for Sustainability: Knowledge Integration and Multi-Actor Collaboration through Stakeholder Platforms," Research Seminar, Environmental Policy Research Centre (FFU), Freie Universität Berlin, Germany, February 27 (2015).

 

2015年2月25日:

Second European Technology Assessment (TA) Conference: The Next Horizon of Technology Assessment が、2月25日(水)−27日(金)にかけてドイツ・ベルリンで開催されています。この会議は、 EU FP7-funded project Parliaments and Civil Society in Technology Assessment (PACITA) の枠組みで行われており、科学技術イノベーションが関わる課題に向けて、知識に基づいた政策決定を行うための能力の向上と制度基盤の強化を目指しています。 Session on Technology Assessment in East Asia: Experiences and New Approaches では、サステイナビリティに向けたイノベーションのためのステークホルダー連携に関する最近の経験と実践と、グローバルなコンテクストにおけるテクノロジー・アセスメントへのインプリケーションを議論しました。

Yarime, Masaru, "Emerging Experiences and Practices of Stakeholder Collaboration on Innovation for Sustainability: Implications for Technology Assessment in a Global Context," Session on Technology Assessment in East Asia: Experiences and New Approaches, Second European Technology Assessment (TA) Conference: Next Horizon of Technology Assessment, Berlin, Germany, February 25-27 (2015).

 

2015年2月24日:

UCL Energy Seminar "Exploring the Social Life of Smart Grids: Insights from the CLNR Project" が、2月24日(火)に Energy Institute of University College London (UCL) で開催されました。 Customer-Led Network Revolution (CLNR) Project を通じたエネルギー・ユーザーの行動に関する研究結果が紹介され、取りうる介入・政策手段について議論しました。 Flexibility Capital の概念は、消費者の行動を変える可能性を追究する上で、単純に経済的なインセンティブを与えることを超えて、非常に有意義であると思われます。

 

2015年2月19日:

International Seminar on Modeling Complex Systems for Public Policies: The Environment as a Complex Object (2月12日(木)、 Institute for Applied Economic Research (IPEA) of the Secretariat of Strategic Affairs of the Presidency of the Republic (SAE/PR) in Brasilia, Brazil 主催)が、 YouTube にアップロードされました。

Yarime, Masaru, "Modeling Complex Systems for Public Policies: The Environment as a Complex Object," International Seminar, Institute for Applied Economic Research (IPEA), Secretariat of Strategic Affairs of the Presidency of the Republic (SAE/PR), Brasilia, Brazil, February 12 (2015).

 

2015年2月18日:

The Department of Science, Technology, and Policy Studies (STePS) at the University of Twente in Enschede, the Netherlands のオーガナイズにより、2月18日(水)にセミナーを開催しました。異なった種類の組織に跨るハイブリッド型・境界型組織の役割や、ステークホルダー連携のプロセスにおける関連するステークホルダーの同定と参加の問題などに関して、有意義なディスカッションを行うことができました。レア・アースのケースと比較検討を通じて、戦略的、制度的、地政学的なインプリケーションをさらに深めることが可能になると思います。

Yarime, Masaru, "Governing Sustainability Innovation through University-Stakeholder Collaboration: The Case of Emerging Initiatives on Phosphorus across the Globe," STePS Colloquium, Department of Science, Technology, and Policy Studies (STePS), Faculty of Behavioural, Management and Social Sciences (BMS), University of Twente, Enschede, the Netherlands, February 18 (2015).

 

2015年2月15日:

大学とステークホルダーとの連携を通じたサステイナビリティ・イノベーションのガバナンスに関する STePS Colloquium を、2月18日(水)に Department of Science, Technology, and Policy Studies (STePS) in the Faculty of Behavioural, Management and Social Sciences (BMS) at the University of Twente in Enschede, the Netherlands で開催する予定です。

 

2015年2月14日:

開発援助における再帰性に関して、二重アカウンタビリティとコミュニケーション非対称性の概念を通じて議論した論文が、 International Journal of Sustainability Policy and Practice に掲載されました。

Karlsson, Martin, and Masaru Yarime, "Reflexivity in Development Assistance: The Obstacles of Dual Accountability and Communicative Asymmetry in Achieving Reflexive Governance," International Journal of Sustainability Policy and Practice, 10 (1), 17-27 (2015).

 

2015年2月13日:

International Seminar on Modeling Complex Systems for Public Policies: The Environment as a Complex Object を、2月12日(木)に、ブラジル・ブラジリアの Secretariat of Strategic Affairs of the Presidency of the Republic (SAE/PR) の研究機関である Institute for Applied Economic Research (IPEA) で開催しました。 Dr. Bernardo Alves Furtado, Deputy Director of the Directorate for Regional, Urban and Environmental Policies and Studies (DIRUR), Dr. Julio Cesar Roma, Coordinator of Sustainability Studies of DIRUR, and Dr. Fabiano Pompermayer, Researcher of the Directorate for Sectoral Studies and Policies, Innovation, Regulation and Infrastructure (DISET) at IPEA から私の発表に対するコメントを頂いたのに引き続き、参加者と非常に有意義なディスカッションを行いました。

 

2015年2月8日:

3月14日(土)−18日(水)に仙台で行われる United Nations World Conference on Disaster Risk Reduction (WCDRR) の期間中に、 Public Forum on Transdisciplinary Education for Disaster Risk Reduction が、 United Nations University Institute for the Advanced Study of Sustainability (UNU-IAS) の主催で3月15日(日)に開催されます。他の専門家と共にパネス・ディスカッションに参加し、これまでの経験や理論的なフレームワークの議論を踏まえて、 International Network for Advancing Transdisciplinary Education (INATE) の立ち上げを行う予定です。

 

2015年2月5日:

The Institute for Applied Economic Research (IPEA) のオーガナイズで、2月12日(木)にブラジル・ブラジリアで、 International Seminar on Modeling Complex Systems for Public Policies: The Environment as a Complex Object を開催します。 Dr. Bernardo Alves Furtado, Deputy Director of the Directorate for Regional, Urban and Environmental Policies and Studies (DIRUR), Dr. Julio Cesar Roma, Coordinator of Sustainability Studies of DIRUR, and Dr. Fabiano Pompermayer, Researcher of the Directorate for Sectoral Studies and Policies, Innovation, Regulation and Infrastructure (DISET) at IPEA とディスカッションを行う予定です。

 

2015年2月4日:

Journal of Sustainable Finance & Investment に掲載された以下の論文が、 Routledge journals が2014年に出版した中で、 Most Read Social Science Articles Accounting 分野の一つになりました。

Hill Clarvis, Margot, Martin Halle, Ivo Mulder, and Masaru Yarime, "Towards a new framework to account for environmental risk in sovereign credit risk analysis," Journal of Sustainable Finance and Investment, 4 (2), 147-160 (2014).

 

2015年2月3日:

The Global Leader Program for Social Design and Management (GSDM) and the Graduate School of Public Policy (GraSPP) の主催により、 International Symposium "Four Years after the Great East Japan Earthquake: Recent Trends of Innovation, Resilience, and Security and Implications for the Future" が、3月11日(水)に東京大学で開催されます。 Session 2 on Stimulating Innovation in an Information-Intensive Environment: Opportunities and Challenges for Social Design and Management では、 Dr. Timothy Dalton of IBM Research in the United States による基調講演があり、それに引き続いて、エネルギー安全保障、公衆衛生、環境保護、サステイナビリティなど社会的課題に向けたイノベーションについて、専門家のパネル・ディスカッションをモデレートする予定です。

 

2015年2月2日:

日本学術会議から、情報学委員会国際サイエンスデータ分科会 CODATA (Committee on Data for Science and Technology of the International Council for Science, ICSU, Paris) 小委員会、及び WDS (World Data System of ICSU) 小委員会委員の任命を受けました。

 

2015年2月1日:

United Nations Office for Disaster Risk Reduction (UNISDR) and PricewaterhouseCoopers (PwC) がリードしてレジリエンスと災害リスク削減に向けた公的・民間セクターのグローバル・アライアンスである R!SE Initiative の日本グループに参加することになりました。 R!SE Japan Launch は、3月12日(木)に東京で開催される予定です。それに引き続き、 UN World Conference on Disaster Risk Reduction が、3月14日(土)−18日(水)に仙台で開催され、私も3月15日(日)に United Nations University (UNU) がオーガナイズする Public Forum on Transdisciplinary Education for Disaster Risk Reduction に参加する予定です。

 

2015年1月31日:

マレーシア・クアラルンプールにある University of Malaya Department of Science and Technology Studies (STS) に在籍している大学院生の博士論文の External Examiner を引き受けることになりました。

Kasthoory Rajalingam, "Analysing Technology, Provisions and Knowledge Capital Barriers in Commercialising Nanotechnology Research and Development in Malaysia," Doctoral Dissertation (Supervisor: Ng Boon Kwee; External Examiner: Masaru Yarime), Department of Science and Technology Studies, Faculty of Science, University of Malaya, Kuala Lumpur, Malaysia, expected in June 2015.

 

2015年1月30日:

2月18日(水)に、オランダ・エンスヘーデにある University of Twente Department of Science, Technology, and Policy Studies (STePS) でセミナーを行います。大学とステークホルダーとの連携を通じたサステイナビリティ・イノベーションのガバナンスに関して、近年グローバルなレベルで行われているリン資源の持続可能なマネジメントに向けた様々な試みのケースを通じて、議論する予定です。

 

2015年1月23日:

The Fifth International Conference on Sustainability Science (ICSS) が、1月22日(金)−24日(土)に東京・国連大学で開催されました。 Session 3 on Co-design and Co-creation of Knowledge for Sustainability, organized by the Sapienza University of Rome and the Italian Association of Sustainability Science (IASS) では、イノベーション促進のための産学官連携の過去の取り組みを踏まえながら、サステイナビリティに向けた展開における可能性と課題について議論しました。

Yarime, Masaru, "Science, Technology, and Innovation Governance for Sustainability: Opportunities and Challenges in University-Industry-Government Collaboration," Fifth International Conference on Sustainability Science (ICSS), United Nations University, Tokyo, Japan, January 22-24 (2015).

 

2015年1月22日:

LPTransition は、ベルギーの Université catholique de Louvain (UCL) が立ち上げた、学際的で異分野にまたがる科学研究プラットフォームです。3月4日に開催されるオープン・セミナー Towards Transdisciplinary Research on Social and Ecological Transition では、 Professor Tom Dedeurwaerdere of UCL and Dr. Jérôme Pelenc of Université Libre de Bruxelles と一緒に、トランスディシプリナリーな研究の理論的・実証的な課題と、社会イノベーションの促進に向けたインプリケーションを議論する予定です。

 

2015年1月18日:

The Tokyo Conference on International Study for Disaster Risk Reduction and Resilience: Towards a new science and technology to consolidate disaster risk reduction and sustainable development が、1月14日(水)−16日(金)、東京大学で、 United Nations International Strategy for Disaster Reduction (UNISDR), Integrated Research on Disaster Risk (IRDR), and the Science Council of Japan の主催で開催されました。現在の研究において、グローバルなエネルギーシステムにおけるレジリエンスと災害リスク削減を通じたサステイナビリティに向けたネットワーク・ガバナンスを探求しており、その成果を発表しました。

Yarime, Masaru, Ali Kharrazi, Masahiro Sato, Hirofumi Nakayama, and Steven Kraines, "Toward Network Governance for Sustainability: Resilience and Disaster Risk Reduction in Global Energy Systems," Tokyo Conference on International Study for Disaster Risk Reduction and Resilience: Towards a new science and technology to consolidate disaster risk reduction and sustainable development, jointly organized by the United Nations International Strategy for Disaster Reduction (UNISDR), Integrated Research on Disaster Risk (IRDR), and the Science Council of Japan, University of Tokyo, Japan, January 14-16 (2015).

 

2015年1月13日:

Swiss National Science Foundation (SNSF) は、スイスのもっとも重要な研究助成機関で、研究プロポーザルの学術的な評価を行っています。今度 SNSF external expert として、研究プロポーザルのレビューをすることになりました。

 

2015年1月12日:

2009年−2015年の間 Editorial Board of Sustainability Science に参加してきましたが、引き続き2015年−2017年も Editor を務めることになりました。

 

2015年1月11日:

The Fifth International Conference on Sustainability Science (ICSS) が、1月22日(木)−24日(土)に東京の United Nations University で開催されます。 Sapienza University of Rome and the Italian Association of Sustainability Science (IASS) によってオーガナイズされる Session 3 on Co-design and Co-creation of Knowledge for Sustainability では、 サステイナビリティに向けた科学技術イノベーション・ガバナンスについて、特に産学官連携に焦点を当てて議論する予定です。

 

2015年1月6日:

The Institute for Applied Economic Research (IPEA) (ブラジル・ブラジリア)は現在、 Modeling Complex Systems for Public Policies プロジェクトを Inter-American Development Bank (IDB) と共同で行っています。2月12日(木)に、 Environment as a Complex Object に関するセミナーを IPEA で開催する予定です。

 

2015年1月4日:

United Nations World Conference on Disaster Risk Reduction (WCDRR) が、3月14日(土)−18日(水)に仙台で開催されます。3月15日(日)には、 United Nations University Institute for the Advanced Study of Sustainability が主催する Public Forum on Transdisciplinary Education for Disaster Risk Reduction: Launching the International Network for Advancing Transdisciplinary Education (INATE) にパネル・メンバーの一人として参加する予定です。

 

2015年1月3日:

The Tokyo Conference on International Study for Disaster Risk Reduction and Resilience: Towards a new science and technology to consolidate disaster risk reduction and sustainable development が、1月14日(水)−16日(金)、東京大学で、 United Nations International Strategy for Disaster Reduction (UNISDR), Integrated Research on Disaster Risk (IRDR), and the Science Council of Japan の主催で開催されます。グローバルなエネルギーシステムにおけるレジリエンスと災害リスク削減を通じたサステイナビリティに向けたネットワーク・ガバナンスに関して、ポスターを発表する予定です。

 

2015年1月2日:

Research Seminar on Case Studies of Transdisciplinary Research を、3月4日(水)にベルギーの Université catholique de Louvain (UCL) で、 Professor Tom Dedeurwaerdere, Director of the Biodiversity Governance (BIOGOV) Unit of the Centre for Philosophy of Law (CPDR) at UCL, and Dr. Jérome Pelenc of Free University of Brussels (ULB) と共同で開催します。このセミナーでは、最近グローバルなレベルで行われつつあるステークホルダーの参画を通じた持続可能なリン資源ガバナンスのケースについて議論する予定です。

 

2015年1月1日:

Second European Technology Assessment (TA) Conference が、2月25日(水)−27日(金)にドイツ・ベルリンで、 FP7 funded project Parliaments and Civil Society in Technology Assessment (PACITA) の一環で開催されます。 PACITA は、科学技術イノベーションが関わる課題に向けて、知識に基づいた政策決定を行うための能力の向上と制度基盤の強化を目的としたプロジェクトです。この会議では、 Session on Technology Assessment in East Asia: Experiences and New Approaches, chaired by António Moniz, Go Yoshizawa, and Michiel Van Oudheusden に参加する予定です。

 

2014年12月31日:

Amazon's Author Page をアップデートしました。今年は2冊の書籍が出版され、2015年6月には新しい書籍が出版される予定です。

Mochizuki, Yoko, and Masaru Yarime, "Education for Sustainable Development and Sustainability Science: Re-purposing Higher Education and Research," in Matthias Barth, Gerd Michelsen, Marco Rieckmann, and Ian Geoffrey Thomas, eds., Routledge Handbook of Higher Education for Sustainable Development, London: Routledge, forthcoming.

Yarime, Masaru, Cynthia Carliell-Marquet, Deborah T. Hellums, Yuliya Kalmykova, Daniel J. Lang, Quang Bao Le, Dianne Malley, Kazuyo Matsubae, Makiko Matsuo, Hisao Ohtake, Alan Omlin, Sebastian Petzet, Roland W. Scholz, Hideaki Shiroyama, Andrea E. Ulrich, and Paul Watts, "Dissipation and Recycling: What Losses, What Dissipation Impacts, and What Recycling Options?" in Roland W. Scholz, Amit H. Roy, Fridolin S. Brand, Debbie T. Hellums, and Andrea E. Ulrich, eds., Sustainable Phosphorus Management: A Global Transdisciplinary Roadmap, Dordrecht: Springer, 247-274 (2014).

Gomes, Catarina, and Masaru Yarime, "Diversity of Human Capital as a Driver for Corporate Responsibility Engagement: The Case of the Luxury Industry," in Miguel Angel Gardetti and Ana Laura Torres, eds., Sustainable Luxury: Managing Social and Environmental Performance in Iconic Brands, Sheffield, United Kingdom: Greenleaf Publishing, 148-162 (2014).

 

2014年12月30日:

International Energy Policy Roundtable for Smart Communities: Promoting Synergies and Accelerating Innovation (12月12日(金)、 Japan Smart Community Alliance (JSCA) 主催、東京 Foreign Correspondents' Club of Japan (FCCJ) で開催)のレポートが掲載されました。この会議では、日本と米国の大学、産業、公的機関から参加した専門家や実務家とのディスカッションをモデレートしました。今後両国間の連携を推進していく際の可能性と課題に関して、特に相補的なビジネス・モデル、大学のリーダーシップ、制度的なコーディネーション・標準化、人的資本の開発などについて議論しました。

 

2014年12月27日:

The Department Science, Technology and Policy Studies (STePS) at the University of Twente (オランダ・エンスヘーデ)で、2015年2月18日にセミナーを開催する予定です。サステイナビリティ・イノベーションのガバナンスに関して、リン資源の使用とリサイクルに関わるサプライチェーン上のステークホルダー連携のケース・スタディーを通じて議論する予定です。

 

2014年12月25日:

Third Session of the Plenary of the Intergovernmental Science-Policy Platform on Biodiversity and Ecosystem Services (IPBES-3) が、2015年1月12日(月)−17日(土)にドイツ・ボンで開催されます。そこでは、 Expert Group のメンバーとして関わっている Information on work related to policy support tools and methodologies (deliverable 4 (c)) も議論される予定です。

 

2014年12月22日:

自然資本の持続可能な利用と管理に向けて、公益財団法人トラスト未来フォーラムの助成により、2013年4月に自然資本研究会を立ち上げました。この研究会の委員長として、三井住友信託銀行と一緒に、大学、企業、政府、自治体、研究機関、NGOなどの専門家・実務家と定期的に研究会を開催し、公共政策、企業戦略、制度設計などに関する議論を行っています。

 

2014年12月12日:

International Energy Policy Roundtable for Smart Communities: Promoting Synergies and Accelerating Innovation が、12月12日(金)、東京の Foreign Correspondents' Club of Japan (FCCJ) で、 Japan Smart Community Alliance (JSCA) の主催により開催されました。 Session I on Smart Community Vision from Japan のチェアを務め、産業界から参加した専門家や実務家と一緒に、確固としたビジネス・モデルの構築、コミュニティーの積極的な関与、様々なセクターにおけるステークホルダーとの緊密な連携などに関して議論を行いました。

Yarime, Masaru, "Introduction to Session I on Smart Community Vision from Japan," International Energy Policy Roundtable for Smart Communities: Promoting Synergies and Accelerating Innovation, organized by the Japan Smart Community Alliance (JSCA), Foreign Correspondents' Club of Japan (FCCJ), Tokyo, Japan, December 12 (2014).

 

2014年12月8日:

12月9日(火)、東京大学で Sustainability Innovation Seminar 46 を開催します。 Professor Matthew A. Shapiro of Illinois Institute of Technology が、東アジアにおけるグリーンR&Dに関する国際連携について議論する予定です。ご関心のある方は、是非ご参加ください。

Sustainability Innovation Seminar Series 46

Date: Tuesday, December 9, 13:00-14:00

Venue: Room 625 (Exercise Room 8), Sixth Floor, Administration Bureau Building 2, Hongo Campus, University of Tokyo

Title: International Collaboration and Green Technology Generation: Assessing the East Asian Environmental Regime

Speaker: Dr. Matthew A. Shapiro, Associate Professor of Political Science, Lewis College of Human Sciences, Illinois Institute of Technology, United States

Abstract: This paper considers the extent to which the Northeast Asian countries — China, Japan, S. Korea, and Taiwan — are collaborating as a legitimate group to produce “green” R&D. Forcing a revision of traditional institutional analysis, such collaboration efforts can overlap with existing policies of regional coordination, but they can also pave the way for future, formal coordination efforts. Employing a mixed methods approach which triangulates data based on expert interviews as well as green patenting output over the last 33 years, it is confirmed here that the presence of the Northeast Asian environmental regime is strongly associated with the development of green R&D among countries in the region. It can be further confirmed that Northeast Asia is on the cusp of becoming a genuine counterweight to the existing dominance of the U.S. and Western Europe.

Bio: Matthew A. Shapiro is an Associate Professor of Political Science, Lewis College of Human Sciences, Illinois Institute of Technology. He was trained in political science, economics, and public policy at the University of California at San Diego (B.A.) and the University of Southern California (M.A. & Ph.D). He also earned an M.A. in Korean Studies at Yonsei University’s Graduate School of International Studies in Seoul, having won a Woojung Scholarship to study there. Dr. Shapiro’s published and ongoing research lies at the intersection between economics and public policy. More specifically, he attempts to understand how national innovation systems are formed and contribute to sustainable development, how climate change is addressed and impacted by relevant policies and political forces, and how communications from politicians, scientists, and the media impact both of these areas. In political science, these concerns fall under the purview of science, technology, and environmental politics (STEP), information technology and politics (ITP), and East Asian politics. Dr. Shapiro’s work has been published in The Pacific Review, American Politics Research, Environment & Planning, International Journal of Public Policy, and Scientometrics among others. He teaches courses in research methods, public policy, political economy, and Asian politics for the Department of Social Sciences.

Contact: YARIME Masaru

 

2014年12月5日:

12月5日(金)環境省で、 Intergovernmental Science-Policy Platform on Biodiversity and Ecosystem Services (IPBES) の平成26年度第2回国内連絡会が開催されました。 United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization (UNESCO) の推薦により、 IPBES Expert Group on Catalogue of Policy Support Tools and Methodologies (Deliverable 4c) に参加しており、現在までの活動と議論の状況を報告しました。

鎗目雅、「Expert Group on Catalogue of Policy Support Tools and Methodologies (Deliverable 4c) 専門家報告書」、平成26年度第2回 Intergovernmental Science-Policy Platform on Biodiversity and Ecosystem Services (IPBES) 国内連絡会、環境省、東京、12月5日 (2014).

 

2014年12月4日:

Routledge Handbook of Higher Education for Sustainable Development, edited by Matthias Barth, Gerd Michelsen, Marco Rieckmann, and Ian Geoffrey Thomas が近く出版される予定です。このハンドブックでは Chapter 1 の執筆を担当し、教育、研究、社会関与の統合という文脈の中で、 Education for Sustainable Development (ESD) and Sustainability Science の関係性が多面的で進化していることを議論しました。

Mochizuki, Yoko, and Masaru Yarime, "Chapter 1. Education for Sustainable Development and Sustainability Science: Re-purposing Higher Education and Research," in Matthias Barth, Gerd Michelsen, Marco Rieckmann, and Ian Geoffrey Thomas, eds., Routledge Handbook of Higher Education for Sustainable Development, London: Routledge, forthcoming.

 

2014年11月28日:

東京大学公共政策大学院科学技術イノベーション・ガバナンス (STIG) プログラムは、11月28日(金)に、 International Symposium on Science, Technology, and Innovation Governance: Making the Most of Science and Innovation through Better Governance を開催しました。社会的課題に向けた科学技術イノベーションのガバナンスにおけるステークホルダー・プラットフォームと社会実験の役割に関して議論しました。

Yarime, Masaru, "Governing Science, Technology, and Innovation for Societal Challenges: Stakeholder Platforms and Social Experimentation," International Symposium on Science, Technology, and Innovation Governance: Making the Most of Science and Innovation through Better Governance," University of Tokyo, Tokyo, Japan, November 28 (2014).

 

2014年11月18日:

東京大学の公共政策大学院と大学院工学系研究科が主導して行っている Global Leader Program for Social Design and Management (GSDM) に教員として参加することになりました。現在、社会的課題に向けた科学技術イノベーションに関わる政策・制度的な問題に取り組んでいる4人の博士課程学生の副指導教員をしています。

 

2014年11月15日:

Smart City Innovations Roundtable が、12月12日(金)に東京で、 Japan Smart Community Alliance (JSCA) and the Foreign Correspondents Club of Japan (FCCJ) のホストにより開催されます。この中で、日本の産業界の専門家とスマート・シティーに向けたビジョンと技術に関する議論のモデレーターを務める予定です。

 

2014年11月14日:

書籍 Automobility in Transition? A Socio-Technical Analysis of Sustainable Transport (Frank Geels, Rene Kemp, Geoff Dudley, and Glenn Lyons, eds., London: Routledge) のレビューが、モビリティに関する研究・議論を行っている Mobile Lives Forum に掲載されました。この本では、モビリティの電化に関する一章を執筆しました。

Orsato, Renato J., Marc Dijk, Rene Kemp, and Masaru Yarime, "The Electrification of Automobility: The Bumpy Ride of Electric Vehicles towards Regime Transition," in Frank Geels, Rene Kemp, Geoff Dudley, and Glenn Lyons, eds., Automobility in Transition? A Socio-Technical Analysis of Sustainable Transport, London: Routledge, 205-228 (2012).

 

2014年11月13日:

社会的課題の解決に向けたイノベーションを創出するためのステークホルダー連携と社会実験に関して、ケース・スタディーを通じて分析した以下の論文が、学術誌・研究 技術 計画 に掲載されました。

鎗目雅、グレゴリー・トレンチャー、「社会的課題の解決に向けたイノベーションの創出:ステークホルダー連携と社会実験の分析」、研究 技術 計画29 (2/3), 118-131 (2014).

 

2014年11月12日:

中国・四川省政府直属の専門機関である成都の四川行政学院で、11月11日(火)にセミナーを行いました。中国におけるサステイナビリティに向けた科学技術イノベーションを推進するにあたっての公共政策・行政の役割について議論しました。

Yarime, Masaru, "The Role of Public Policy and Administration for Promoting Science, Technology, and Innovation for Sustainability in China," Sichuan Administration Institute (SAI), Chengdu, Sichuan, China, November 11 (2014).

 

2014年11月12日:

The 9th Trilateral Science and Technology Policy Seminar が、11月10日(月)−11日(火)、 Chinese Academy of Science and Technology for Development (CASTED), Chinese Academy of Sciences, Institute of Policy and Management (CAS/IPM), National Institute of Science and Technology Policy (NISTEP) of Japan, Science and Technology Policy Institute (STEPI) of Korea, and the Korea Institute of Science and Technology Evaluation and Planning (KISTEP) の共催により、中国・成都で開催されました。 Session on S&T Innovation for Green Development では、サステイナビリティに向けた科学技術イノベーションのガバナンスに関して、日本、中国・韓国の公共政策と国際協力の可能性と課題を議論しました。

Yarime, Masaru, "Governing Science, Technology, and Innovation for Sustainability: Opportunities and Challenges in Public Policy and International Cooperation in East Asia," The 9th Trilateral Science and Technology Policy Seminar, Chengdu, China, November 10-11 (2014).

 

2014年11月9日:

International Conference on Higher Education for Sustainable Development: Higher Education Beyond 2014 が、11月9日(日)、名古屋大学におきまして、 United Nations University (UNU) の主催、 UNESCO, UN Department of Economic and Social Affairs (UN DESA), UN Environment Programme, UN Global Compact Principles for Responsible Management Education initiative and the International Association of Universities の共催により開催されました。 Group 5 on Sustainability Science and Engagement with Society では、サステイナビリティ・サイエンスにおける教育、研究、社会へのエンゲージメントの統合の可能性について議論しました。

Yarime, Masaru, "Higher Education for Sustainable Development (HESD) and Sustainability Science: Integrating Education, Research, and Engagement with Society," Session 5 on HESD: Sustainability Science and Engagement with Society, International Conference on Higher Education for Sustainable Development: Higher Education Beyond 2014, Nagoya University, Nagoya, Japan, November 9 (2014).

 

2014年11月7日:

International Symposium on Science, Technology, and Innovation Governance: Making the Most of Science and Innovation through Better Governance が、11月28日(金)に東京大学・公共政策大学院科学技術イノベーション・ガバナンス (STIG) の主催により開催します。サステイナビリティを含めた社会的課題に向けて、どのようにして科学的な知識を公的な意思決定において効果的に活用することができるのかなど、科学技術イノベーション・ガバナンスにおける重要な課題について議論する予定です。

 

2014年11月6日:

Institute for Science and Society (ISS) of the University of Nottingham で行ったセミナーの映像が ISS のウェブサイトにアップロードされました。

Yarime, Masaru, “Challenges and Opportunities in Sustainability Science: Academic Development, Institutionalization, and Stakeholder Collaboration,” ISS/STS Seminar Series, Institute for Science and Society (ISS), University of Nottingham, United Kingdom, October 16 (2014).

 

2014年11月5日:

The 29th Policy Platform (PoP) Seminar on Theory and Practice of Governance for Urban Sustainability Transitions: Cases from Europe, Latin America and the Pacific が、11月13日(木)に東京大学科学技術イノベーション・ガバナンス (STIG) の主催で開催致します。オランダの Dutch Research Institute for Transitions (DRIFT) Professor Niki Frantzeskaki が、サステイナビリティ・トランジションに向けたガバナンスに関して、エネルギー、水、生態系などの分野における政策変化への制度的な課題や可能性を含めて議論する予定です。ご関心のある方は、是非ご参加頂けましたら幸いです。

The 29th Policy Platform (PoP) Seminar

Date: Thursday, November 13, 10:30-12:00

Venue: Second Floor, Economics Research Annex (Kojima Hall), Hongo Campus, The University of Tokyo

Speaker: Dr. Niki Frantzeskaki, Associate Professor, Dutch Research Institute for Transitions (DRIFT), Erasmus University Rotterdam, The Netherlands

Title: Theory and Practice of Governance for Urban Sustainability Transitions: Cases from Europe, Latin America and the Pacific

Abstract: Participatory models for policy design and institutionalization are at core of current research. The identification and verification of the institutional barriers and drivers for policy change are being researched with a focus on the energy, water and ecosystems governance at urban and regional scales.

Scientific Coordinator of EU FP7 Research Project ARTS, Accelerating and Rescaling Transitions to Sustainability (2013-2016)

Organizer: Science, Technology, and Innovation Governance (STIG) Program, University of Tokyo

 

2014年11月4日:

The Dutch Research Institute For Transitions (DRIFT) at the Erasmus University of Rotterdam in the Netherlands から、ワーキング・ペーパー Studying sustainability transitions in welfare states: A research agenda for Japan and the Netherlands が発行されました。これは、 Netherlands Organisation for Scientific Research (NWO) and the Japan Society for the Promotion of Science (JSPS) の支援を受けて開催された、福祉国家におけるサステイナビリティ・トランジションの可能性と課題に関するオランダと日本の研究者の共同セミナーの成果に基づくものです。

Julia Wittmayer, Katharina Hölscher, Niki Frantzeskaki, Derk Loorbach, Hideaki Shiroyama, Kyoko Ohta, PJ Beers, Bram Bos, Eefje Cuppen, John Grin, Satoko Hotta, Shinya Kajiki, Masahiro Matsuura, Satoru Mizuguchi, Akihisa Mori, Rob Raven, Yohei Yamaguchi, and Masaru Yarime, "Studying sustainability transitions in welfare states: A research agenda for Japan and the Netherlands," Working Paper, Dutch Research Institute For Transitions (DRIFT), Erasmus University of Rotterdam, The Netherlands, October (2014).

 

2014年11月3日:

International Symposium on Science, Technology, and Innovation Governance (STIG): Making the Most of Science and Innovation through Better Governance が、11月28日(金)に東京大学で開催されます。基調講演者は、 Dr. Kenneth Oye (Associate Professor of Political Science and Engineering Systems, Massachusetts Institute of Technology), Dr. Michael Rogers (former Adviser in Science and Ethics, Bureau of European Policy Advisers, the European Commission), Dr. David Laws (Senior Lecturer, Department of Political Science, University of Amsterdam), Dr. Jason J Blackstock (Head, Department of Science, Technology, Engineering and Public Policy (STEaPP), University College London) です。科学技術イノベーション・ガバナンスにおける重要課題と可能性に関して議論する予定です。

 

2014年11月2日:

書籍 Sustainable Luxury: Managing Social and Environmental Performance in Iconic Brands が、イギリスの Greenleaf Publishing から出版されました。この本では、人的資本の多様性が企業責任に取り組む推進力となることを検証した一章を執筆しました。

Gomes, Catarina, and Masaru Yarime, "Diversity of Human Capital as a Driver for Corporate Responsibility Engagement: The Case of the Luxury Industry," in Miguel Angel Gardetti and Ana Laura Torres, eds., Sustainable Luxury: Managing Social and Environmental Performance in Iconic Brands, Sheffield, United Kingdom: Greenleaf Publishing, 148-162 (2014).

 

2014年11月1日:

The 9th Trilateral Science and Technology Policy Seminar が、日本、中国、韓国の間での科学技術政策やイノベーション研究に関する情報共有を目的として、11月10日(月)−11日(火)に中国・成都で開催されます。 Session on S&T Innovation for Green Development でプレゼンテーションをする予定です。

 

2014年11月1日:

Transportation@MIT でのセミナーがウェブサイトにアップされました。

Yarime, Masaru, "Towards Network Governance for Sustainability: Promoting Resilience in Energy Systems," Transportation@MIT Seminar Series, Massachusetts Institute of Technology (MIT), Cambridge, MA, Untied States, September 22 (2014).

 

2014年10月31日:

Transdisciplinary Education for Disaster Risk Reduction (Te-DRR) Conference 2014 が、 United Nations University Institute for the Advanced Study of Sustainability (UNU-IAS) and the University Network for Climate and Ecosystems Change Adaptation Research (UNCECAR) のオーガナイズにより、10月31日(金)に東京で開催されました。この中で、災害リスク削減に向けたトランスディシプリナリー教育の可能性と課題について、サステイナビリティ・サイエンスにおける知識統合とステークホルダー連携の経験を検証しながら議論しました。

Yarime, Masaru, "Experiences of Knowledge Integration and Stakeholder Collaboration in Sustainability Science: Challenges and Opportunities for Transdisciplinary Education for Disaster Risk Reduction," Transdisciplinary Education for Disaster Risk Reduction (Te-DRR) Conference, United Nations University, Tokyo, Japan, October 31 (2014).

 

2014年10月29日:

International Conference on Higher Education for Sustainable Development: Higher Education Beyond 2014 が、 United Nations University (UNU) の主催、 UNESCO, the UN Department of Economic and Social Affairs (UN DESA), the UN Environment Programme, the UN Global Compact Principles for Responsible Management Education initiative and the International Association of Universities の共催により、11月9日(日)に名古屋大学で開催されます。 Session 5 on Higher Education for Sustainable Development (HESD) - Sustainability Science and Engagement with Society では、サステイナビリティ・サイエンスの課題について、学問的な概念や方宇論の開発、制度化、社会のステークホルダーとの連携を含めて議論する予定です。

 

2014年10月27日:

The Manchester Institute of Innovation Research のオーガナイズにより、10月27日(月)に Manchester Business School でセミナーを開催しました。大学とステークホルダーとのプラットフォームを通じてサステイナビリティ・イノベーションを創出することの可能性と課題について、アジア、欧州、北米の大学による先進的なケースを踏まえながら議論しました。

Yarime, Masaru, "Stimulating Innovation for Sustainability: Functions, Organizations, and Strategies of Stakeholder Collaborations in Society," Manchester Institute of Innovation Research, Manchester Business School, University of Manchester, United Kingdom, October 27 (2014).

 

2014年10月25日:

マレーシアの University of Malaya から、 External Assessor in the field of Economics and Policy Studies of Technological Change のアポイントメントを頂きました。

 

2014年10月24日:

International Alliance of Research Universities (IARU) のオーガナイズにより、10月22日(水)−24日(金)にかけて、 Sustainability Science Congress Copenhagen, Denmark で開催されました。 Session on Sustainable Nutrient Management in the Anthropocene では、日本、欧州、北米において形成されつつある国・地域レベルのリン資源マネジメントに向けたイニシアティブを検証しながら、グローバルなレベルでのステークホルダー・プラットフォームを通じたサステイナビリティ・イノベーションのガバナンスの可能性と課題について議論しました。

Yarime, Masaru, "Governance of Sustainability Innovation through Stakeholder Platforms: Global Initiatives for Managing Phosphorus within the Planetary Boundary," Session: Sustainable Nutrient Management in the Anthropocene, International Alliance of Research Universities (IARU) Sustainability Science Congress, Copenhagen, Denmark, October 22-24 (2014).

 

2014年10月24日:

Ms. Rethabile Bonang Melamu, supervised by Professor Harro von Blottnitz of Environmental & Process Systems Engineering, Department of Chemical Engineering, University of Cape Town, South Africa の博士論文 "Waste-Based Bioenergy - Beyond Assessments of Potential into Implementation" External Examiner になりました。

 

2014年10月23日:

2013年4月に東京大学に設立されたレジリエンス工学研究センターに、協力教員として参加しました。ここでは、 Resilience に関して、サステイナブルな社会へ向けてよりダイナミックな観点から学問的な概念と方法論を検討していく予定です。

 

2014年10月21日:

10月20日(月)に、 Honorary Reader のアポイントメントがある Department of Science, Technology, Engineering and Public Policy (STEaPP) of University College London (UCL) で、 Dr. Jason Blackstock, Dr. Michele Acuto, and Professor Arthur Petersen とミーティングを行いました。効果的な科学アドバイスに向けたキャパシティー・ビルディングを含めて、科学知識のパブリックな意思決定における活用に関する研究・教育について議論しました。

 

2014年10月20日:

Transdisciplinary Education for Disaster Risk Reduction (Te-DRR) Conference 2014 が、10月31日(金)に、 United Nations University Institute for the Advanced Study of Sustainability (UNU-IAS) and the University Network for Climate and Ecosystems Change Adaptation Research (UNCECAR) の主催により、東京で開催されます。サステイナビリティ・サイエンスにおける知識統合とステークホルダー連携の経験を踏まえながら、災害リスク削減に向けたトランスディシプリナリー教育の可能性と課題について議論する予定です。

 

2014年10月19日:

Sustainability Science Congress 2014 が、10月22日(水)−24日(金)にかけて、 International Alliance of Research Universities (IARU) の主催によりデンマーク・コペンハーゲンで開催されます。 Session on Sustainable Nutrient Management in the Anthropocene で、ステークホルダー・プラットフォームを通じたサステイナビリティ・イノベーションのガバナンスに関して、最近のリン資源に対するグローバルなイニシアティブを検討しながら議論する予定です。

 

2014年10月18日:

人的資本の多様性が企業責任に取り組む推進力となることに関して高級ブランド産業のケース・スタディーを通じて検討した論文が、書籍 Sustainable Luxury: Managing Social and Environmental Performance in Iconic Brands の一章として、今月 Greenleaf Publishing から出版される予定です。

Gomes, Catarina, and Masaru Yarime, "Diversity of Human Capital as a Driver for Corporate Responsibility Engagement: The Case of the Luxury Industry," in Miguel Angel Gardetti and Ana Laura Torres, eds., Sustainable Luxury: Managing Social and Environmental Performance in Iconic Brands, Sheffield, United Kingdom: Greenleaf Publishing, 148-162 (2014).

 

2014年10月17日:

10月17日(金)にロンドンで、 Professor Tom Dedeurwaerdere, Director of the Biodiversity Governance Unit at the Centre for Philosophy of Law of the Université catholique de Louvain, Belgium とミーティングを行いました。 Transdisciplinarity における科学と実践、およびパブリックな意思決定へのインプリケーションに関して、気候変動、生物多様性、リン資源などの様々な問題の検討を踏まえて議論するワークショップを一緒にオーガナイズする予定です。

 

2014年10月16日:

10月16日(木)に、イギリス University of Nottingham Institute for Science and Society (ISS) でセミナーを開催し、サステイナビリティ・サイエンスの可能性と課題について議論しました。

Yarime, Masaru, "Challenges and Opportunities in Sustainability Science: Academic Development, Institutionalization, and Stakeholder Collaboration," ISS/STS Seminar Series, Institute for Science and Society (ISS), University of Nottingham, United Kingdom, October 16 (2014).

 

2014年10月16日:

Future Earth のウェブサイトに、サステイナブルなリン資源のガバナンスに向けた可能性と課題に関する記事を執筆しました。

Yarime, Masaru, "Can we build sustainable phosphorus governance?," Future Earth: Research for Global Sustainability, October 16 (2014).

 

2014年10月10日:

Dr. Shuan S.Ghazi, Research Fellow on Innovation Studies and Development of the United Nations University-Maastricht Economic and social Research institute on Innovation and Technology (UNU-MERIT) の訪問があり、 Bottom of the Pyramid (BOP) に向けたイノベーションとビジネス戦略に関する非常に有意義なディスカッションを行うことができました。

 

2014年10月6日:

The 27th Policy Platform (PoP) Seminar/The 31st GSDM Seminar

Title: Black Swan Start-ups and the Role of Government Policy

Speaker: Dr Sami Mahroum, Academic & Executive Director, INSEAD Innovation and Policy Initiative, Fontainebleau, France

Date: Tuesday, October 7, 14:00-15:30

Venue: Faculty of Engineering Bldg. No.14, Room 429-433, Hongo Campus, University of Tokyo

Organizers: Science, Technology, and Innovation Governance (STIG) program and the Global Leader Program for Social Design and Management (GSDM), University of Tokyo

 

2014年10月3日:

2010年10月に米国・カリフォルニア州バークレーで開催された Microsoft Research eScience Workshop で私が行った研究発表が、 Microsoft Research Video のアーカイブに収録されました。

Yarime, Masaru, "Analyzing the Process of Knowledge Dynamics in Sustainability Innovation: Towards a Data-Intensive Approach to Sustainability Science," Microsoft Research eScience Workshop, Berkeley, California, United States, October 11-13 (2010).

 

2014年9月29日:

The 26th Policy Platform (PoP) Seminar on Social Spaces in Governance – For the Future of Fukushima が、10月1日(水) 10:00-13:00 に東京大学・本郷キャンパス法学政治学系総合教育棟404教室で開催されます。オランダ University of Twente Department of Science, Technology, and Policy Studies (STePS) Professor Arie Rip が、 Spaces as an Approach for Policy and Governance というタイトルでキーノート・スピーチを行い、他の研究者による発表に続いて、パネル・ディスカッションが行われる予定です。

 

2014年9月28日:

イギリス University of Nottingham Institute for Science and Society (ISS) and the Science, Technology and Society (STS) Priority Group Winter Semester 2014 に開催する ISS/STS Research Seminar Series の一環として、10月16日(木)に、サステイナビリティ・サイエンスの可能性と課題に関して、学問的な発展、制度化、ステークホルダー連携を含めて議論する予定です。

 

2014年9月27日:

東京大学大学院横断型教育プログラム「科学技術イノベーション政策の科学 (STIG) 」教育プログラムの必修科目「科学技術イノベーション政策研究」開講にあたり、担当教員によるSTIG教育プログラムのガイダンスを行います。イノベーション、科学技術政策、根拠に基づく政策、科学の社会的影響、R&D投資の効果計測などに関心のある学生は、是非参加してください。

日時:2014年10月1日(水)16:40-17:10

会場:法学政治学系総合教育棟(ガラス棟)203教室

使用言語:英語

 

2014年9月26日:

東京大学 Graduate Program for Mechanical Systems Innovation (GMSI) and the Global Leader Program for Social Design and Management (GSDM) が、9月26日(金)−28日(月)にかけて、 2014 GMSI-GSDM Summer Camp を開催しています。世界中の19の有力大学から工学のバックグラウンドを持つ 64 の大学院生が参加しています。この中で Plenary Lecture を行い、エネルギー、健康、環境などの社会的課題への対応に向けた科学技術イノベーションの創出と公共政策へのインプリケーションを議論しました。

Yarime, Masaru, "Science, Technology, and Innovation for Tackling with Societal Challenges: Knowledge, Networks & Public Policy," Plenary Lecture, 2014 GMSI-GSDM Summer Camp, Graduate Program for Mechanical Systems Innovation (GMSI) and the Global Leader program for Social Design and Management (GSDM), University of Tokyo, Tokyo, Japan, September 26-29 (2014).

 

2014年9月23日:

9月23日(火)に米国・マサチューセッツ州にある Clark University の George Perkins Marsh Institute で、ゲスト・レクチャーを行いました。サステイナビリティに向けたイノベーションを創出するというテーマに関して、世界における大学主導のイニシアティブのケース・スタディーに基づいて、社会におけるステークホルダーとの連携の可能性と課題について議論しました。

Yarime, Masaru, "Encouraging Innovation for Sustainability: Opportunities and Challenges in Collaborating with Stakeholders in Society." Guest Lecture, Department of International Development, Community, and Environment (IDCE) and the George Perkins Marsh Institute, Clark University, Worcester, Massachusetts, Untied States, September 23 (2014).

 

2014年9月22日:

9月22日(月)に、 Massachusetts Institute of Technology (MIT) で、 Transportation@MIT Seminar Series の一環として、研究セミナーを開催しました。サステイナビリティに向けたネットワーク・ガバナンスの観点から、グローバルなエネルギー・システムのレジリエンスに関する概念と方法論を検討し、トランスポーテ―ションへのインプリケーションを議論しました。

Yarime, Masaru, "Towards Network Governance for Sustainability: Promoting Resilience in Energy Systems," Transportation@MIT Seminar Series, Massachusetts Institute of Technology (MIT), Cambridge, MA, Untied States, September 22 (2014).

 

2014年9月20日:

The Fourth Annual Conference of the Japan Forum of Business and Society (JFBS) が、9月18日(木)−19日(金)に東京で開催されました。この会議では、ブラジルの主要な鉱山会社である Vale S.A. が、深刻な都市インフラストラクチャー不足の問題に対して、地方政府との連携を通じて企業の社会的責任 (CSR) と競争力優位を戦略的に統合しようとしているケースについて、発表を行いました。

De Souza, Felipe Francisco, Masaru Yarime, Andre Sorensen, Isabel Ache Pillar, and Andreia Rabetim, "The Strategy of Vale S.A. for Urban Infrastructure Shortage Reduction: Strategic Relationship Behaviour with Local Governments as a Competitive Advantage for Sustainable Business," Fourth Annual Conference of the Japan Forum of Business and Society (JFBS), Tokyo, Japan, September 18-19 (2014).

 

2014年9月19日:

9月22日(月)に、 Massachusetts Institute of Technology (MIT) で、 Transportation@MIT の主催によりセミナーを開催します。サステイナビリティに向けたネットワーク・ガバナンスの観点から、エネルギー・システムのレジリエンスに関して議論し、トランスポーテ―ションへのインプリケーションを考える予定です。

Transportation@MIT Seminar Series

Toward Network Governance for Sustainability: Promoting Resilience in Energy Systems and Implications for Transportation

September 22, 12:30 pm - 2 pm, MIT campus, Room 3-442

Masaru Yarime, Ph.D., Project Associate Professor of Science, Technology, and Innovation Governance (STIG), Graduate School of Public Policy (GraSPP), University of Tokyo; and Honorary Reader, Department of Science, Technology, Engineering & Public Policy (STEaPP), University College London

Lunch will be served at 12 pm.

 

2014年9月18日:

The 2014 International Conference on Sustainable Development Practice が、 Advancing Evidence-Based Solutions for the Post-2015 Sustainable Development Agenda というテーマの下で、9月17日(水)−18日(木)に米国・ニューヨークの Columbia University で開催されました。 Session on Low-Carbon Energy and Sustainable Industry の中で、グローバルなエネルギー・システムのレジリエンスに関する研究成果を発表し、 Network Governance Sustainable Development Goals (SDGs) へ向けたインプリケーションを議論しました。

Yarime, Masaru, Masahiro Sato, Ali Kharrazi, and Hirofumi Nakayama, "Resilience in Global Energy Systems: Implications of Network Governance for Sustainable Development Goals (SDGs)," 2014 International Conference on Sustainable Development Practice, Columbia University, New York, Untied States, September 17-18 (2014).

 

2014年9月17日:

9月23日(火)に米国・マサチューセッツ州にある Clark University George Perkins Marsh Institute (GPMI) で、ゲスト・レクチャーを行います。社会におけるステークホルダー連携を通じてサステイナビリティに向けたイノベーションを創出する際に、どのような可能性と課題があるのか議論する予定です。

 

2014年9月15日:

Manchester Institute of Innovation Research (MIoIR) at Manchester Business School が、First Semester 2014-2015 Seminar Series を開催します。その中の一つとして、10月27日(月)に、サステイナビリティに向けたイノベーションを促進するにあたっての社会におけるステークホルダー連携の機能、組織、戦略に関して、議論する予定です。

 

2014年9月11日:

Seminar on Studying Sustainability Transitions in Welfare States: A Research Agenda for Japan and the Netherlands が、9月10日(水)−13日(土)にかけて、オランダの Dutch Research Institute for Transitions (DRIFT) of Erasmus University Rotterdam で開催されています。この中で、知識の統合のためのシステムの構築における可能性と課題について、リン資源のケースの検証を通じて議論しました。

Yarime, Masaru, "Establishing Systems for Knowledge Integration on Phosphorus: Implications for the Governance of Sustainability Transitions," Studying Sustainability Transitions in Welfare States: A Research Agenda for Japan and the Netherlands, Dutch Research Institute for Transitions (DRIFT), Erasmus University Rotterdam, The Netherlands, September 10-13 (2014).

9月11日(木)には、 Transition Academy and DRIFT によってオーガナイズされた TAC Talk 2: Life-Based Lessons from Japan で、不安定・不確実な大学の状況に関して、サステイナビリティ・トランジションに向けた経験、期待、実験の観点から議論しました。

Yarime, Masaru, "Precarious Universities: Experiences, Expectations, and Experimentation for Sustainability Transitions," TAC Talk 2: Life-Based Lessons from Japan, Transition Academy and Dutch Research Institute for Transitions (DRIFT), Erasmus University Rotterdam, The Netherlands, September 11 (2014).

 

2014年9月5日:

The Second Thematic Conference on Knowledge Commons: Governing Pooled Knowledge Resources with Special Attention to the Fields of Medicine and the Environment が、9月5日(金)−6日(土)に New York University School of Law で、 International Association for the Study of the Commons の主催、 Engelberg Center on Innovation Law & Policy at NYU School of Law の協力により開催されました。ステークホルダー・プラットフォームを通じた知識統合へのトランス・ディシプリナリー・アプローチに関して発表し、サステイナビリティに向けた知識コモンズへのインプリケーションを議論しました。

Yarime, Masaru, "Transdisciplinary Approaches to Knowledge Integration through Stakeholder Platforms: Implications for Knowledge Commons for Sustainability, Second Thematic Conference on Knowledge Commons: Governing Pooled Knowledge Resources with Special Attention to the Fields of Medicine and the Environment, New York University School of Law, New York, United States, September 5-6 (2014).

 

2014年9月4日:

Sustainable Phosphorus Summit 2014 が、9月1日(月)−3日(水)にフランス・モンペリエで開催されました。 Round Table on National/Regional Phosphorus Platforms: Lessons Learned? では、持続可能なリン資源ガバナンスに向けたステークホルダー・プラットフォームの機能に関して問題提起を行い、欧州や米国で同様のプラットフォームの構築に関わっている専門家や実務家と一緒に、将来のグローバル・プラットフォームの構築の可能性と課題も含めて議論を行いました。

Yarime, Masaru, "Establishing Stakeholder Platforms for Sustainable Phosphorus Governance: The Case of Japan," Round Table on National/Regional Phosphorus Platforms: Lessons Learned?, Sustainable Phosphorus Summit 2014, Le Corum, Montpellier, France, September 1-3 (2014).

 

2014年8月31日:

International Conference on Sustainable Development Practice が、 Advancing Evidence-Based Solutions for the Post-2015 Sustainable Development Agenda というテーマの下で、9月17日(水)−18日(木)に米国・ニューヨークの Columbia University で開催されます。 Session on Low-Carbon Energy and Sustainable Industry の中で、グローバルなエネルギー・システムのレジリエンスに関する研究成果を発表し、 Sustainable Development Goals (SDGs) へのインプリケーションを議論する予定です。

 

2014年8月29日:

The International Conference on Sustainability Transitions 2014: Impact and Institutions が、8月27日(水)−29日(金)にオランダのユトレヒト大学で開催されました。この会議では、ステークホルダー・プラットフォームを通じたサステイナビリティ・トランジションのガバナンスに関して、日本と欧州におけるリン資源マネジメントのケース・スタディを基にして議論しました。

Yarime, Masaru, "Governing the Process of Sustainability Transitions: Creation of Stakeholder Platforms for Sustainable Phosphorus Management," International Conference on Sustainability Transitions 2014: Impact and Institutions, Utrecht University, The Netherlands, August 27-29 (2014).

 

2014年8月23日:

TAC (Think & Act for Radical Change) Talk は、サステイナビリティに向けた科学と実践の変革のフロンティアに関するオープンな対話のプラットフォームで、オランダの Transition Academy and the Dutch Research Institute for Transitions (DRIFT) at Erasmus University Rotterdam が主催しています。9月11日(木)に開催される TAC Talk 2: Life-Based Lessons from Japan で話をする予定です。

 

2014年8月22日:

都市のサステイナビリティに対するマイクロファイナンスの金融トレーニングが及ぼす影響に関して、ケニア・ナイロビのキベラ・スラムを対象にして行った分析の結果が、学術誌 African Journal of Sustainable Development に掲載されました。

Mutisya, Emmanuel, and Masaru Yarime, "Microfinance for the Urban Bottom of the Pyramid Segment in Nairobi’s Kibera Slum in Kenya: Does Financial Training Impact on Sustainable Urban Development?" African Journal of Sustainable Development, 4 (1), 1-15 (2014).

 

2014年8月19日:

ステークホルダー連携と社会実験を通じて社会的課題の解決に向けたイノベーションを創出する可能性と課題を分析した以下の論文が、学術誌・研究 技術 計画に受理され、近く出版される予定です。

鎗目雅、グレゴリー・トレンチャー、「社会的課題の解決に向けたイノベーションの創出:ステークホルダー連携と社会実験の分析」、研究 技術 計画forthcoming.

2014年8月13日:

都市のサステイナビリティの共同デザイン・共創に向けた大学とステークホルダーのパートナーシップに関する論文が、 International Sustainable Campus Network (ISCN) で紹介されました。ISCN は、先進的な大学・企業キャンパスのグローバル・ネットワークで、サステイナビリティをキャンパス運営に取り入れたり、研究と教育に統合したりするために、情報やアイデア、ベスト・プラクティスを交換、共有しています。

Trencher, Gregory, Xuemei Bai, James Evans, Kes B McCormick, and Masaru Yarime, "University Partnerships for Co-designing and Co-producing Urban Sustainability," Global Environmental Change, 28, 153–165 (2014).

 

2014年8月12日:

Sustainable Phosphorus Summit 2014 が、9月1日−3日にフランス・モンペリエで開催されます。 Round Table on National/Regional Phosphorus Platforms: Lessons Learned? には、各国・地域で持続可能なリン資源マネジメントに向けたプラットフォームに関わっている専門家や実務家が参加し、私も日本、欧州、米国におけるステークホルダー・プラットフォームの形成メカニズムやプロセスと、将来のグローバル・プラットフォームの構築の可能性について議論する予定です。

 

2014年8月11日:

Professor Guojun Song of the Institute for Environmental Policy and Planning (IEPP) of the School of Environment and Natural Resources at the Renmin University of China in Beijing とミーティングを行いました。中国の環境政策・マネジメント、特に大気汚染管理の専門家です。 国際協力機構 (JICA) 研究所がオーガナイズしたプロジェクトに参加し、微小粒子状物質 (PM2.5) に焦点を当てて、都市大気汚染を減少させるための政策分析と提言に関する共同研究を行う予定です。

 

2014年8月6日:

10月22日−24日にかけて、デンマーク・コペンハーゲンにおいて、 Sustainability Science Congress が、 International Alliance of Research Universities (IARU) の主催により開催されます。この解決策を志向した国際会議は、グローバルなサステイナビリティに関する課題について、科学と政策のインターフェースを提供する有意義な機会になると思います。 Session on Sustainable Nutrient Management in the Anthropocene では、ステークホルダー・プラットフォームを通じたサステイナビリティ・イノベーションのガバナンスについて、最近のリンのマネジメントに関する国・地域レベルでのイニシアティブを例にとって、将来のグローバルなレジーム形成へのインプリケーションも含めて議論する予定です。

 

2014年7月26日:

アジア、欧州、北米における都市のサステイナビリティに向けた大学パートナーシップに関する国際調査を行い、フォーカス分野、地理的なスケール、メカニズム、アクター、モティベーションなどの基本的な特徴や、共通した要因、課題、潜在的なインパクトを検証しました。この研究の結果は、学術誌 Global Environmental Change に出版されました。

Trencher, Gregory, Xuemei Bai, James Evans, Kes B McCormick, and Masaru Yarime, "University Partnerships for Co-designing and Co-producing Urban Sustainability," Global Environmental Change, 28, 153–165 (2014).

こうした研究成果が、 Future Earth などの国際プログラムにおける co-design and co-production for transformations to sustainability に関する学術的、政策的な議論に貢献することができればと思います。

 

2014年7月25日:

7月24日(木)に環境省で、 Intergovernmental Science-Policy Platform on Biodiversity and Ecosystem Services (IPBES) に関わる専門家と政策担当者による第1回 IPBES 国内連絡会が開催されました。現在 IPBES には、 United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization (UNESCO) の推薦により、 Expert Group on Catalogue of Policy Support Tools and Methodologies (Deliverable 4c) に参加しており、これまでの議論や活動に関する報告を行いました。

鎗目雅、「Expert Group on Catalogue of Policy Support Tools and Methodologies (Deliverable 4c) 専門家報告書」、 Intergovernmental Science-Policy Platform on Biodiversity and Ecosystem Services (IPBES) 国内連絡会、環境省、東京、7月24日 (2014).

 

2014年7月25日:

文部科学省が行っている「科学技術イノベーション政策における『政策のための科学』」 (SciREX) プログラムの中で、科学技術・学術政策研究所 (NISTEP) が担当している政策課題対応型調査研究及びデータ・情報基盤整備に関する評価報告中間とりまとめが提出されました。この中間とりまとめには、評価パネルの一人として参加しました。

評価パネル委員会、「政策課題対応型調査研究及びデータ・情報基盤整備に関する評価報告中間とりまとめ」、科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」 (SciREX) プログラム、文部科学省科学技術・学術政策研究所 (NISTEP) 、7月 (2014).

 

2014年7月24日:

7月24日(木)に京都にある総合地球環境学研究所(地球研)で、環太平洋ネクサス・プロジェクトの指標研究会が開催されました。その中で、サステイナビリティの定量的な評価に向けて、効率性とレジリエンスのバランスに基づく指標化の可能性について議論しました。

Yarime, Masaru, and Ali Kharrazi, "Towards Quantitative Assessment of Sustainability: An Indexation Based on the Balance between Efficiency and Resilience," Indicator Workshop, Asia-Pacific Nexus Project, Research Institute for Humanity and Nature (RIHN), Kyoto, Japan, July 24 (2014).

 

2014年7月18日:

持続可能な開発目標とガバナンスに関する総合的研究 (POST2015) — 地球の限られた資源と環境容量に基づくポスト2015 年開発・成長目標の制定と実現へ向けて – の第2回全体会合が、7 月17日(木)−18日(金)に東北大学で開催されました。グローバルなエネルギー・システムのサステイナビリティを効率性とレジリエンスの観点から分析した結果とネットワークを通じたガバナンスへのインプリケーションに関して、共同研究者との研究成果を踏まえて発表しました。

Yarime, Masaru, and Ali Kharrazi, "Targeting Sustainable Development Goals (SDGs) for Global Energy Systems through Network Governance," Second Workshop on the Project on Sustainability Transformation beyond 2015 (POST 2015), Tohoku University, Sendai, Miyagi, Japan, July 17-18 (2014).

 

2014年7月15日:

7月14日(月)に、 Professor Janelle Knox-Hayes of the School of Public Policy at the Georgia Institute of Technology とミーティングを行い、 Examining the Interface between Political-Economy and Sustainable Policy in Argentina, Japan and Iceland のプロジェクトで共同研究をすることになりました。 Georgia Tech では、以前に Consulate-General of Japan in Atlanta と共催で、サステイナビリティ・イノベーションに向けた企業戦略、公共政策、制度設計に関するセミナーを行いました。

Yarime, Masaru, "Implementing Sustainability Innovation: Corporate Strategy, Public Policy, and Institutional Design," Lecture co-organized by the Georgia Tech School of Public Policy and the Consulate-General of Japan in Atlanta with cooperation from the Japan-America Society of Georgia and the Japanese Chamber of Commerce of Georgia, Georgia Institute of Technology, Atlanta, Georgia, U.S.A., November 16 (2009).

 

2014年7月11日:

The Third International Workshop of RISTEX Science of Science, Technology and Innovation Policy on Technology Assessment: A Stable Solution or Only Relevant Under Pressure? が、7月11日(金)に東京で、 Institute for Technology Assessment and Systems Analysis (ITAS) of the Karlsruhe Institute of Technology (KIT) in Germany, Faculty of Science and Technology of Universidade Nova de Lisboa (UNL) in Portugal, and the Research Institute of Science and Technology for Society (RISTEX) of the Japan Science and Technology Agency (JST) の共催により開催されました。ステークホルダー・プラットフォームを通じたサステイナビリティ・イノベーションの創出に向けた戦略的リソース・ロジスティックスのプロジェクトを紹介し、マテリアル・フロー分析やサプライ・チェーン分析などの方法論とステークホルダー連携の実践をトランス・ディシプリナリーな観点から統合することで、テクノロジー・アセスメントを行う可能性と課題について、サステイナブルなリン資源ガバナンスのケースを議論しました。

Yarime, Masaru, "Strategic Resource Logistics for Creating Sustainability Innovation through Stakeholder Platforms: Implications for Technology Assessment," Third International Workshop of RISTEX Science of Science, Technology and Innovation Policy on Technology Assessment: A Stable Solution or Only Relevant Under Pressure?, Research Institute of Science and Technology for Society (RISTEX), Japan Science and Technology Agency (JST), Tokyo, Japan, July 11 (2014).

 

2014年7月10日:

7月22日(火)17:00より、東京大学・第2本部棟6階会議室2(610)におきまして、 Sustainability Innovation Seminar Series 45 を開催致します。サンフランシスコをベースとしている Cleantech.Org and Smart Wire GridDr. Frank Ling が、アメリカ・エネルギー省 (DOE) Advanced Research Projects Agency–Energy (ARPA-E)Green Electricity Network Integration (GENI) Program の経験を紹介し、レジリエントで低炭素化に向けたスマート・グリッドに関するイノベーションの可能性と課題について議論する予定です。 ご関心のある方は、是非ご参加ください。

Sustainability Innovation Seminar Series 45

Date: Monday, July 22, 2014, 17:00-18:30

Venue: Meeting Room 610, Sixth Floor, Administration Bureau Building 2, Hongo Campus, University of Tokyo

Title: Innovations for a Resilient, Low-Carbon Grid: Review of the US Department of Energy's Green Electricity Network Integration (GENI) Program

Speaker: Dr. Frank Ling, Manager, Cleantech.Org, and Consultant, Smart Wire Grid, San Francisco, California, United States

Abstract: The smart grid can help to improve the efficiency and reliability of the aging electricity grid in industrialized countries, as well as to support the deployment of resilient, low-carbon electricity infrastructure in developing countries, which are the drivers of the world’s growing greenhouse gas emissions. In the US, about 10% of the electricity does not reach the end-users and $80 billion in economic losses are due to blackouts and unreliable power. To address these deficiencies and to dramatically expand the integration of sporadic sources of power like solar and wind into the energy mix, both hardware and software innovations are needed to modernize the grid. In this study, key successes from the Green Electricity Network Integration (GENI) program of the US Department of Energy’s Advanced Research Projects Agency–Energy (ARPA-E) are identified.

Biography: Frank Ling is manager of Cleantech.Org and consultant for Smart Wire Grid. He has previously been a researcher at the Institute for Global Change Adaptation Science (ICAS) in Ibaraki University and at the Institute for Global Environmental Strategies (IGES). Frank has also been consultant for ADB and an expert review for the IPCC. Dr. Ling conducted postdoctoral research at Lawrence Berkeley National Laboratory and at the Energy and Resources Group (ERG) at the University of California at Berkeley. He received his Ph.D. in Chemistry from UC Berkeley and his B.S. in Chemical Engineering from the California Institute of Technology (Caltech).

Contact: YARIME Masaru

 

2014年7月9日:

次世代航空機燃料イニシアティブ (INAF) が、東京大学、ボーイング、日本航空、全日空、日本貨物航空、成田国際空港、石油資源開発などにより立ち上げられました。これから専門分科会に参加して、原料調達、製造技術、流通ルートなどのサプライチェーン全体、また法制度的な枠組みの総合的な視点からの検討を行い、バイオジェット燃料の実用化に向けたロードマップの作製を行う予定です。

 

2014年7月5日:

Department of Science & Technology Studies, Faculty of Science, University of Malaya in Malaysia Mr. Ezwan Arman の マレーシアにおける気候変動政策の分析に関する博士論文の External Examiner をすることになりました。

Arman, Ezwan, "Phronetic Perspective in Policy Analysis: An Investigation on National Climate Change Policy in Malaysia," Doctoral Dissertation (Supervisor: Zeeda Fatimah Mohamad; External Examiner: Yarime, Masaru), Department of Science & Technology Studies, Faculty of Science, University of Malaya, Kuala Lumpur, Malaysia, expected in December 2014.

 

2014年7月4日:

Workshop on Disaster Risk Governance and Earth System Governance: How Do They Relate? が、7月4日(金)にロンドンで開催されました。 Professor Arthur Petersen of the Department of Science, Technology, Engineering and Public Policy (STEaPP) of University College London (UCL) のオーガナイズで、大学、国際機関、NGO などから専門家が参加し、災害リスク・ガバナンスと地球システム・ガバナンスの連携に関する研究課題を探求するための議論が行われました。災害リスク削減 (DRR) と気候変動適応 (CCA) において、科学技術知識を活用するプロセスとメカニズムが、関係する知識の性質、考慮する時間の長さ、関わるステークホルダーなどに関してどのように異なるのか分析することが、 DRRCCA のガバナンス・システムの統合に向けて重要になると思います。

 

2014年7月3日:

The 2014 Norwich Conference on Earth System Governance: Access and Allocation in the Anthropocene が、7月1日(火)−3日(木)にかけて、 イギリス・ノーウィッチの University of East Anglia で開催されました。 Session on the Role of Science in Transformations toward Sustainability では、サステイナビリティの定量化に関するデータ駆動型アプローチを紹介し、地球システム・ガバナンスへのインプリケーションを議論しました。

Yarime, Masaru, and Ali Kharrazi, "A Data-Intensive Approach to Quantifying the Concept of Sustainability: Implications for Network Governance," The 2014 Norwich Conference on Earth System Governance: Access and Allocation in the Anthropocene, University of East Anglia, Norwich, United Kingdom, July 1-3 (2014).

 

2014年6月30日:

Understanding Risk Forum 2014: Producing Actionable Information が、6月30日(月)ー7月4日(金)にかけて、 Department of Science, Technology, Engineering and Public Policy (STEaPP) of University College London (UCL) and World Bank Global Facility for Disaster Reduction and Recovery (GFDRR) の共催により、ロンドンで開催されています。 STEaPP and the Institute for Risk and Disaster Reduction (IRDR) が、 Session on Educating Future Leaders in Understanding Risk をオーガナイズし、民間、公的セクターにおける災害リスク・マネジメントやガバナンスに向けたリーダーをどのようにして育成することができるか、活発な議論を行いました。

 

2014年6月28日:

都市のサステイナビリティの共同デザイン・創出に向けた大学・ステークホルダー連携における課題と可能性を分析した論文が、学術誌 Global Environmental Change に受理され、近く掲載される予定です。

Trencher, Gregory Patrick, Xuemei Bai, James Evans, Kes B McCormick, and Masaru Yarime, "University Partnerships for Co-designing and Co-producing Urban Sustainability," Global Environmental Change, forthcoming.

 

2014年6月26日:

Board of the Council for Social Sciences of the Netherlands Organisation for Scientific Research (NWO) の依頼により、 Research Talent 2014 に提出された研究プロポーザルに対して専門家評価を行いました。

 

2014年6月25日:

Energy Systems Conference: When Theory Meets Reality が、 Energy Institute の主催で6月24日(火)−25日(水)にロンドンで開催されました。生態学的情報論アプローチを活用してエネルギー・システムのレジリエンスの探求を行った結果を発表しました。

Yarime, Masaru, and Ali Kharrazi, "Exploring Resilience in Energy Systems: An Application of the Ecological Information-Based Approach," Energy Systems Conference: When Theory Meets Reality, London, United Kingdom, June 24-25 (2014).

 

2014年6月24日:

6月24日(火)に開催された Department of Science, Technology, Engineering and Public Policy (STEaPP) of University College London (UCL) の最初の全てのスタッフ・メンバー会議に参加しました。学科の将来のビジョンと戦略に関して、今年新しく始まる修士プログラムや来年始まる博士プログラム、さらにブランディング、社会へのアウトリーチを含めて議論しました。

 

2014年6月23日:

6月23日(月)にイギリス・ロンドンの National Liberal Club で開催された UK Manufacturing Professors' Forum に、 Professor Sir Mike Gregory of the Institute for Manufacturing (IfM) of the University of Cambridge の招待を受けて参加しました。近年イギリスで急速に進められているマニュファクチャリングに関する研究と産学官連携の実践に関して、国際的なネットワークの構築も含めた可能性と課題を議論しました。

 

2014年6月18日:

Japan-China Young Scientists Interdisciplinary Academic Forum 2014 on Multi-Generational Co-Creating Society and Eco Cities が、 China Association of Science and Technology (CAST) Japan Science and Technology Agency (JST) の共催により、6月16日(月)−17日(火)に中国・北京で開催されました。この会議では、エコ・シティーに向けて公的参加を通じたイノベーションの創出における日本と中国の連携の可能性と課題を議論しました。

Yarime, Masaru, "Creating Innovation for Eco Cities through Public Engagement: Opportunities and Challenges for Japan-China Collaboration," Japan-China Young Scientists Interdisciplinary Academic Forum 2014 on Multi-Generational Co-Creating Society and Eco Cities, jointly organized by the China Association of Science and Technology (CAST) and the Japan Science and Technology Agency (JST), Beijing, China, June 16-17 (2014).

 

2014年6月17日:

日本と欧州の研究者と一緒に書いた以下の論文が、学術誌 Sustainability Science に2012年に出版された論文の中で最も引用が多いトップ5の論文の一つになりました。

Yarime, Masaru, Gregory Trencher, Takashi Mino, Roland W. Scholz, Lennart Olsson, Barry Ness, Niki Frantzeskaki, and Jan Rotmans, "Establishing sustainability science in higher education institutions: towards an integration of academic development, institutionalization, and collaborations with stakeholders,"Sustainability Science7 (Supplement 1), 101-113 (2012).

 

2014年6月13日:

京都大学・植田和弘教授がコーディネートして、平成25年度文部科学省産学官連携支援事業委託事業「ソーシャルイノベーションに関する調査」の最終報告書が提出されました。私と Dr. Gregory Trencher は、地域社会のステークホルダーとの連携を通じたイノベーション創出における大学の役割に関する章を執筆しました。

鎗目雅Gregory Trencher 、「地域社会イノベーションと大学の役割」、植田和弘編、平成25年度文部科学省産学官連携支援事業委託事業「ソーシャルイノベーションに関する調査」委託業務成果報告書、5月 (2014).

 

2014年6月7日:

The 22nd Policy Platform (PoP) Seminar

Title: Fishing for Complementarities: Competitive Research Funding and Research Productivity

Speaker: Dr. Cornelia Lawson, Science, Technology and Society Priority Group, University of Nottingham, United Kingdom; and Bureau for Research in Innovation, Complexity and Knowledge (BRICK), Collegio Carlo Alberto, Italy

Date: Monday, June 2, 15:00 – 16:30

Venue: School of Law Bldg., 2F 204, The University of Tokyo

Abstract: In most countries in Europe, where universities have primarily been financed through block grants, governments have introduced or increased the amount of funding distributed through competitive funding schemes. Additionally, shrinking public research budgets meant that researchers are increasingly encouraged to look for funding elsewhere, e.g. source funding from industry and other sponsors. This paper empirically investigates complementarities between different sources of research funding with regard to academic publishing. From the sample of UK engineering academics, we find that competitive funding is associated with an increase in ex-post publications but that industry funding decreases the marginal utility of public funding by lowering the publication and citation rate increases associated with public grants. However, when holding all other explanatory variables at their mean, the negative effect of the interaction does not translate into an effective decrease in publication and citation numbers. The paper also shows that the positive effect of public funding is driven by UK research council and charity grants and that EU funding has no significant effect on publication outcomes. In addition to these results from UK data, cases of Germany and Italy will be discussed in this seminar.

Bio: Dr. Lawson joined the University of Nottingham in 2013 as a research fellow of the Science, Technology and Society Priority Group. She also has been affiliated to the Bureau for Research in Innovation, Complexity and Knowledge (BRICK), Collegio Carlo Alberto, Italy since 2010. Dr. Lawson was awarded a PhD in Economics from City University, London, in January, 2011 with a thesis on university-industry collaboration. Her main areas of research interests include science and innovation policy; university-industry-collaboration and academic patenting; researcher mobility and careers in academia; interdisciplinarity and thematic mobility; and so forth.

References:

Hottenrott, H. and Lawson, C. (2014) Research grants, sources of ideas and the effects on academic research, Economics of Innovation and New Technology, 23 (2), 109-133.

Hottenrott, H. and Lawson, C. (2013) Fishing for Complementarities: Competitive Research Funding and Research Productivity, ZEW Discussion Paper 13-113.

Lawson, C. (2013) Academic patenting: the importance of industry support, Journal of Technology Transfer, 38(4), 509-535.

Organizer: Science, Technology, and Innovation Governance (STIG), Graduate School of Public Policy, University of Tokyo

 

2014年6月6日:

7月11日(金)午後に東京・市ヶ谷 RISTEX で、 Public Workshop on Technology Assessment: A Stable Solution or Only Relevant Under Pressure? が開催される予定です。ドイツの Institute for Technology Assessment and Systems Analysis (ITAS) of the Karlsruhe Institute of Technology (KIT) 、ポルトガルの Faculty of Science and Technology of Universidade Nova de Lisboa (UNL) 、科学技術振興財団 (JST) 社会技術研究開発センター (RISTEX) による共催で、テクノロジー・アセスメントに関する各国の状況・経験を踏まえて、インター/トランス・ディシプリナリーなアプローチの可能性と課題などについて議論する予定です。

 

2014年6月2日:

The 29th NOA Conference, a one-on-one business matchmaking event between U.S. firms and Japan’s electric power utilities and suppliers が、5月22日(木)に東京で開催されました。サンフランシスコをベースとする Smart Wire Grid も、電力産業に革新的な技術ソリューションを提供する企業としてこの会議に参加しましたが、 Mr. Woody Gibson (Founder & Senior Advisor to the CEO), Mr. Yves Meyer (Strategic Markets Associate), and Dr. Frank Ling (Consultant) と、エネルギー技術、マーケット、政策に関して議論することができました。

 

2014年5月31日:

研究・技術計画学会の主催により、第2回「科学技術イノベーション政策の科学」研究懇談会が、5月30日(金)に東京・政策研究大学院大学 (GRIPS) で開催されました。現在、2016年の導入に向けて議論が進められている第5期科学技術基本計画に関して、「 Grand Challenges 」や「社会的課題」に向けた科学技術イノベーションの意義を議論しました。

鎗目雅、「 Grand Challenges/ 社会的課題に向けた科学技術イノベーション:第5期科学技術基本計画へのインプリケーション」、第2回「科学技術イノベーション政策の科学」研究懇談会、研究・技術計画学会、東京・政策研究大学院大学 (GRIPS) 、5月30日 (2014).

 

2014年5月28日:

企業と社会フォーラム (JFBS) は、企業と社会の関係をめぐる諸問題について、国内外の学界、産業界、行政、労働界、消費者団体、 NPO/NGO などとの幅広い連携を形成し、グローバルな動向を注視しながら、理論と現場と政策をつなぐ場をつくり、学際的に議論・研究することを目的とし設立された学会です。このたび JFBS での学術活動の促進・支援を担当する編集委員会に参加することになりました。

 

2014年5月27日:

6月6日(金)16:30から、東京大学・本郷キャンパスにおきまして、 Sustainability Innovation Seminar Series 44 を開催します。イギリス・オックスフォード大学の Dr. Roy Nyberg が、近年注目を集めている Mobile Health について、イギリスやフィンランドにおける組織的な活動や課題に関する実証研究を踏まえて、イノベーションの性質やプロセスを議論する予定です。ご関心のある方は、是非ご参加ください。

Sustainability Innovation Seminar Series 44

Date: Friday, June 6, 2014, 16:30-18:00

Venue: Exercise Room 8 (625), Sixth Floor, Administration Bureau Building 2, Hongo Campus, University of Tokyo

Title: From a Lean to a Rich View of Innovation: Case Evidence from the Emergence of Mobile Health

Speaker: Dr. Roy Nyberg, Oxford Internet Institute, University of Oxford, United Kingdom

Abstract: The concept of innovation - widely used but seldom carefully defined - tends to be employed to describe advances in technology and service concepts. Whether defined implicitly or explicitly, the general argument has been about superior technical features. In one popular example, Christensen (1997) made an argument about ‘disruptive innovation’, in which he claimed that the primary factor to explain change from existing technical arrangements to new solutions is in product features. I argue that this is a lean view of innovation, and will make a case for a richer view, which I draw from my empirical work on the emergence of mobile health. The last few years have seen increasing public talk of mobile technology use in health care in many Western countries. A look below the surface reveals that there have been efforts to improve cost and health outcome efficiencies by use of mobile devices for about two decades. I discuss the organisational efforts and challenges in the emergence of mobile health, in England and Finland, and use this evidence to make an argument about a rich view of innovation.

Bio: Roy Nyberg completed political science degrees from York University (Toronto) and the London School of Economics and Political Science, as well as a management research degree from the University of Oxford. He defended his doctoral thesis at the University of Oxford in April 2014 on the topic of early moments of emergence and the introduction of mobile technology in health care. His earlier professional career in the airline industry and regional development have involved management positions in the implementation of novel technology and strategic practices. Drawing on these experiences, his research interests focus on the emergence of new technology and concepts of organising, on aspects of innovation, and on strategies of implementation.

Contact: YARIME Masaru

 

2014年5月26日:

教育、研究に加えた大学の新しい重要な役割として、産業界、政府、市民団体を含めた社会のステークホルダーと連携してサステイナビリティに向けて共創していく機能を検討した論文が、学術誌Science and Public Policy に掲載された論文の中の Most-Read Articles のリストに入りました。

Trencher, Gregory, Masaru Yarime, Kes McCormick, Christopher Doll, and Steven Kraines, "Beyond the third mission: Exploring the emerging university function of co-creation for sustainability," Science and Public Policy, 41 (2), 151-179 (2014).

 

2014年5月24日:

The Routledge Handbook of Higher Education for Sustainable Development, edited by Matthias Barth, Gerd Michelsen, Marco Rieckmann, and Ian Geoffrey Thomas が、2015年に Routledge から出版される予定です。この本の中で、高等教育・研究の再構築におけるEducation for Sustainable Development (ESD) Sustainability Science の連携の可能性に関して議論した章を執筆しました。

Mochizuki, Yoko, and Masaru Yarime, "Education for Sustainable Development and Sustainability Science: Re-purposing Higher Education and Research," in Matthias Barth, Gerd Michelsen, Marco Rieckmann, and Ian Geoffrey Thomas, eds., Routledge Handbook of Higher Education for Sustainable Development, London: Routledge, forthcoming.

 

2014年5月23日:

5月22日(木)、 東京・政策研究大学院大学 (GRIPS) で、慶応義塾大学総合政策学部・上山隆大教授オーガナイズする「主要国における研究大学とアカデミアの知識の戦略とガバナンスに関する横断的研究」プロジェクトの招待により、セミナーを行いました。社会的課題に向けた科学技術イノベーションの促進において、大学がステークホルダーとの連携を通じてどのような役割を果たすことができるのか議論しました。

鎗目雅、「社会的課題に向けた科学技術イノベーション:ステークホルダー連携における大学の役割」、主要国における研究大学とアカデミアの知識の戦略とガバナンスに関する横断的研究プロジェクト・研究セミナー、東京・政策研究大学院大学 (GRIPS) 、5月22日 (2014).

 

2014年5月16日:

The Department of Science, Technology, Engineering and Public Policy (STEaPP) of University College London (UCL) の初めての Research Symposium が、5月16日(金)に開催されました。 Honorary Reader として他の Research Staff と共に参加し、これまでの研究活動と、今後のプロジェクトに向けたアイデアを発表しました。

Yarime, Masaru, "Knowledge Systems for Sustainable Phosphorus Governance: Global Analysis and Implementation of Stakeholder Platforms," STEaPP Research Symposium, Department of Science, Technology, Engineering and Public Policy (STEaPP), University College London (UCL), London, United Kingdom, May 16 (2014).

科学・技術・工学に関する知識がパブリックな意思決定プロセスにおいて果たす役割とそのインパクトをどのように理解し、それをサポートすることができるのか、特に制度、組織、実践に関して非常に示唆に富む議論をすることができました。

 

2014年5月15日:

環境リスクを国の信用リスクの評価に取り入れるための新しいフレームワークを提案した論文の完全版が、学術誌 Journal of Sustainable Finance and Investment に掲載されました。この論文は、スイス・ジュネーブにある Institute of Environmental Sciences of the University of Geneva, United Nations Environment Programme Financial Initiative (UNEP-FI), and Global Footprint Network in Geneva, Switzerland の研究者・実務家と共同で執筆しました。

Hill Clarvis, Margot, Martin Halle, Ivo Mulder, and Masaru Yarime, "Towards a new framework to account for environmental risk in sovereign credit risk analysis," Journal of Sustainable Finance and Investment, 4 (2), 147-160 (2014).

 

2014年5月13日:

5月13日(火)に国際協力機構 (JICA) 研究所の招待を受けて、ソーシャル・イノベーションに関するセミナーを行いました。ソーシャル・イノベーションの重要な特徴を同定し、社会的問題への対応におけるその可能性と課題について、特に開発途上国への政策・戦略インプリケーションに言及しながら議論しました。

鎗目雅、「ソーシャル・イノベーションの可能性と課題:開発途上国への政策・戦略インプリケーション」、研究セミナー、東京・国際協力機構 (JICA) 研究所、5月13日 (2014).

 

2014年5月11日:

Intergovernmental Platform on Biodiversity and Ecosystem Services (IPBES) が、以下の Deliverables に向けた専門家の選定プロセスを完了しました。 Task Force on capacity-building (Deliverable 1a & 1b); Task Force on indigenous and local knowledge systems (Deliverable 1c); Task Force on knowledge and data (Deliverable 1d); Expert Group to develop a guide on production and integration of assessments from and across all scales (Deliverable 2a); Expert Group for scoping of a methodological assessment and development of a guide regarding diverse conceptualization of values of biodiversity and nature’s benefits to people including ecosystem services (Deliverable 3d); and Expert Group to develop a guide on and a catalogue of policy support tools and methodologies (Deliverable 4c) UNESCO の推薦により、 Deliverable 4(c): Catalogue of policy support tools and methodologies Expert として参加することになりました。

 

2014年5月10日:

マイクロファイナンスを通じた金融トレーニングが持続可能な都市開発に与える影響に関して、特にケニア・ナイロビにあるキベラ・スラムの貧困層 (BOP) に焦点を当てて分析した論文が、学術誌 African Journal of Sustainable Development に受理され、近く出版されれる予定です。

Mutisya, Emmanuel, and Masaru Yarime, "Microfinance for the Urban Bottom of the Pyramid Segment in Nairobi’s Kibera Slum in Kenya: Does Financial Training Impact on Sustainable Urban Development?" African Journal of Sustainable Development, forthcoming.

 

2014年5月6日:

5月5日(月)から5月8日(木)の日程で、 Resilience 2014 Conference がフランス・モンペリエで開催されています。この会議では、気候変動への適応に関する知識資源の活用に関して、コミュニティーのレジリエンスを促進するための制度的仕組みとして天候保険のケース・スタディーを発表しました。

Yarime, Masaru, "Utilizing Knowledge Resources on Adaptation to Climate Change: Weather Insurance as an Institutional Tool for Promoting Community Resilience ," Resilience 2014 Conference - Resilience and Development: Mobilizing for Transformation, Montpellier, France, May 4-8 (2014).

 

2014年5月5日:

The Resilience 2014 Conference - Resilience and Development: Mobilizing for Transformation が、5月5日(月)からフランス・モンペリエで開催されています。今日は、 IBM Montpelier で開かれた Off-Site Session on Resilience of Business に参加しました。レジリエンスに関する重要な側面である多様性、モジュラー性、フィードバックなどを、ビジネスの実践においてどのように実現することができるのか、システム的な評価、長期的な視点なども含めて可能性と課題に関して参加者と有意義な議論を行いました。

 

2014年5月4日:

サステイナビリティの定量化手法に関して、 ecological footprint, ecological information-based approaches などの様々な方法論を検討した論文が、学術誌 Ecological Indicators で出版された論文の中で Most Downloaded Articles の一つに選ばれました。

Kharrazi, Ali, Steven Kraines, Lan Hoang, and Masaru Yarime, "Advancing quantification methods of sustainability: A critical examination of emergy, exergy, ecological footprint, and ecological information-based approaches," Ecological Indicators, 37, 81–89 (2014).

 

2014年5月1日:

ドイツ・ボンにある Intergovernmental Science-Policy Platform on Biodiversity and Ecosystem Services (IPBES) から、 Expert Group on a Guide and Catalogue on Policy Support Tools and Methodologies への参加の招待を頂きました。この政策ツールや方法論のカタログは、政策決定者が IPBES が勧めるツールや方法論に容易にアクセスできるようにすることを目的としています。

 

2014年4月28日:

イギリス University College London (UCL) Department of Science, Technology, Engineering and Public Policy (STEaPP) から、 Honorary Reader のアポイントメントを受けました。これからグローバルな観点から、科学技術イノベーション政策・ガバナンスに関する研究・教育活動に参加することになる予定です。

 

2014年4月25日:

文部科学省が行っている科学技術イノベーション政策における政策のための科学 (SciREX) プロジェクトの政策課題対応型調査研究及びデータ・情報基盤整備(科学技術・学術政策研究所 (NISTEP) 担当)に関する評価パネル委員となりました。

 

2014年4月23日:

環境リスクを国の信用リスクの評価に取り入れるための新しいフレームワークに関して、スイス・ジュネーブにある United Nations Environment Programme Financial Initiative (UNEP FI) Global Footprint Network (GFN) の研究者と一緒に書いた論文が、 Taylor & Francis が発行する学術誌に掲載された Environmental Accounting Top 25 論文にリストされました。

Hill Clarvis, Margot, Martin Halle, Ivo Mulder, and Masaru Yarime, "Towards a new framework to account for environmental risk in sovereign credit risk analysis," Journal of Sustainable Finance and Investment, 10.1080/20430795.2013.837810 (2013).

 

2014年4月20日:

東京大学とドイツのスペシャルティ・ケミカル会社 Evonik Industries が、イノベーション推進に向けたストラテジック・パートナーシップを締結しました。4月8日(火)に産学連携本部が Evonik と開催した Innovation Partnership Forum: Chemistry for Innovation に参加し、産学連携を環境、エネルギー、サステイナビリティなどの社会的課題に対するイノベーションを促進するよう、さらに展開していく可能性について議論しました。

 

2014年4月18日:

教育、研究に加えた大学の新しい重要な役割として、産業界、政府、市民団体を含めた社会のステークホルダーと連携してサステイナビリティに向けて共創していく機能を検討した論文が、学術誌 Science and Public Policy に掲載されました。

Trencher, Gregory, Masaru Yarime, Kes McCormick, Christopher Doll, and Steven Kraines, "Beyond the third mission: Exploring the emerging university function of co-creation for sustainability," Science and Public Policy, 41 (2), 151-179 (2014).

 

2014年4月18日:

日本における下水道からのリンのリサイクルに関して、様々なセクターのステークホルダーによる問題認識の分析に基づいてケース・スタディーを行った論文が、学術誌・社会技術研究論文集に掲載されました。

佐藤隼、佐藤俊秀、仲川祐司、林志洋、松本頌、城山英明、松尾真紀子、鎗目雅、「国内下水道からのリサイクル・リン普及の課題」、社会技術研究論文集 11, 108-118 (2014).

 

2014年4月15日:

7月11日(金)に東京で、ワークショップ Technology Assessment and Simulation: A Stable Solution or Only Relevant Under Pressure? を、 Institute for Technology Assessment and Systems Analysis (ITAS) of the Karlsruhe Institute of Technology in Germany, Faculty of Science and Technology of Universidade Nova de Lisboa in Portugal, and the Research Institute of Science and Technology for Society (RISTEX) of the Japan Science and Technology Agency (JST) と共同で開催する予定です。このワークショップでは、サステイナビリティ・イノベーションに向けて、ステークホルダー・プラットフォームを通じたテクノロジー・アセスメントの可能性と課題を議論したいと思います。

 

2014年4月12日:

書籍 Sustainable Luxury: Managing Social and Environmental Performance in Iconic Brands, edited by Miguel Angel Gardetti and Ana Laura Torres が、近くイギリスの出版社 Greenleaf Publishing から出版される予定です。この本の中で、包括的な労働環境が企業責任戦略に与える影響について高級ブランド産業をケースとして議論しました。

Gomes, Catarina Pessanha, and Masaru Yarime, "Promoting an Inclusive Work Culture for Innovative Corporate Responsibility Strategies - A Case Study in the Luxury Sector," in Miguel Angel Gardetti and Ana Laura Torres, eds., Sustainable Luxury: Managing Social and Environmental Performance in Iconic Brands, Sheffield: Greenleaf Publishing, forthcoming.

 

2014年4月11日:

4月11日(金)に Project on Sustainability Transformation beyond 2015 (POST 2015) のワークショップが開催されました。このプロジェクトでは、水、エネルギー等社会の存続に関する領域におけるポスト・ミレニアム開発目標と指標の提示に関して研究を行っています。今回のワークショップでは、 Dr. Ali Kharrazi と一緒に書いたワーキング・ペーパーを発表しました。サステイナビリティを効率性とレジリエンスのバランスとして捉え、そのレジリエンスが多様性、モジュール性、フィードバックに依存することを踏まえて、エネルギー・システムにおけるレジリエンスに関して、 Sustainable Development Goals (SDGs) に向けた公共政策・戦略のインプリケーションを議論しました。

Yarime, Masaru, and Ali Kharrazi, "Resilience in Energy Systems: Implications for Public Policy and Strategy for Sustainable Development Goals (SDGs)," Working Paper prepared for the Workshop on Project on Sustainability Transformation beyond 2015 (POST 2015), Tokyo, April 11 (2014).

 

2014年4月10日:

4月10日(木)に、オーストリア・ウィーンにある Sustainable Europe Research Institute (SERI) Ms. Christine Ax の訪問を受けました。彼女は、昨年 Wachstumswahn – Was uns in die Krise führt und wie wir wieder heraus kommen (Growth Illusion - What leads us into the crisis and how we come out again) という書籍を出版しており、 transition concepts, pathways and scenarios on a sustainable future and a post-growth society などに関心を持っています。人口の減少・高齢化、経済の低成長という観点から、日本は将来の姿であると認識されているようです。かつてのような経済成長を期待することができない状況において、日本のような国がどのようにして生活の質を維持していくことができるのか、有意義な議論を行いました。

 

2014年4月3日:

Climate Change 2014: Mitigation of Climate Change, Working Group III contribution to the Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC) Fifth Assessment Report (WGIII AR5) と、 Summary for Policymakers が、4月7−11日にドイツ・ベルリンで開催される Twelfth Session of Working Group III による承認が得られた後に、公表される予定です。 WGIII AR5 には、 Expert Reviewers の一人として参加しました。

 

2014年4月1日:

東京大学公共政策大学院 Science, Technology, and Innovation Governance (STIG) プログラムでは、4月11日(金)に担当教員によるプログラムガイダンスを開催します。ご関心のある方は、是非ご参加ください。

STIG プログラム・ガイダンス

日時:2014年4月11日(金) 18:30〜19:30

場所:東京大学法学政治学系総合教育棟(ガラス棟)204教室

ゲストスピーカー:公共政策大学院教授 鈴木 寛(元文部科学副大臣)

参加予定教員: 公共政策大学院教授 城山英明

工学系研究科技術経営戦略学専攻教授 元橋一之

公共政策大学院特任准教授 松浦正浩

公共政策大学院特任准教授 鎗目 雅

工学系研究科特任准教授  柴山創太郎

ガイダンス終了後には教員との懇談会を行う予定です。

 

2014年3月31日:

2013年度冬学期は、以下の博士論文、修士論文の指導を行いました。

Trencher, Greg, "Co-creative university partnerships for urban transformations towards sustainability: Beyond the third mission through technology transfer," Doctoral Dissertation (Supervisor: Yarime, Masaru; Examination Committee Members: Mino, Takashi, Yamaji, Eiji, Onuki, Motoharu, Matsuda, Nagao, Masafumi, and Baba, Yasunori), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, March (2014).

Karlsson, Martin, "Smart Grid Innovation Processes and the Social Construction of Technology in Japan and the U.S.A.," Master’s Thesis (Supervisor: Yarime, Masaru; Co-adviser: Nagao, Masafumi), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, March (2014).

Shimizu, Tomomi, "Responsible Supply Chain Management as Compliance, Conventional, or Strategic CSR: A Case Study of Conflict Minerals Management in Electronics Companies in Japan, Europe, and the United States," Master’s Thesis (Supervisor: Yarime, Masaru; Co-adviser: Matsuda, Hirotaka), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, March (2014).

Mihashi, Rina, "Integrating Human Capital, Investment, Institution, and Natural Resource: Empirical Evidence for Their Relationships with Economic Growth and Development," Master’s Thesis (Supervisor: Yarime, Masaru; Co-adviser: Matsuda, Hirotaka), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, March (2014).

Zhang, Beibei, "Housing Abandonment in Japan: Patterns, Dynamics and Policies," (Supervisor: Asahi, Yasushi; Co-adviser: Yarime, Masaru), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, March (2014).

Dr. Gregory Trencher は新領域創成科学研究科長賞(博士課程・学業)、 Mr. Martin Karlsson は新領域創成科学研究科長賞(修士課程・学業)をそれぞれ受賞しました。

 

2014年3月30日:

ケニアにおける都市のサステイナビリティに向けて、環境、経済、社会、ガバナンスの側面を統合的に検討する枠組みを議論した論文が、学術誌 Sustainability Science の最新号に掲載されました。

Mutisya, Emmanuel, and Masaru Yarime, "Moving towards urban sustainability in Kenya: a framework for integration of environmental, economic, social, and governance dimensions," Sustainability Science, 9 (2), 205-215 (2014).

 

2014年3月20日:

The Global Leader Program for Social Design and Management (GSDM) will organize an open session for graduate students who are interested in participating in GSDM on Friday, April 4 at 17:00-18:00 at Sanjo Conference Hall in the Hongo campus of the University of Tokyo.

 

2014年3月18日:

The 20th Policy Platform Seminar

Research Portfolios for Societal Problems: Conceptual Frameworks and Analytical Tools

Date: Monday, April 21, 2014, 15:00 – 16:30

Venue: School of Law Bldg., 2F 204, The University of Tokyo

Speaker: Dr. Ismael Rafols, Science and Technology Policy Research (SPRU), University of Sussex, United Kingdom, and Instituto de gestión de la innovación y del conocimiento (INGENIO), Universitat Politècnica de València, Spain

Abstract : While research portfolios have been extensively used as a heuristic for managing R&D with tangible economic benefits, they remain ill-defined in the wider science policy context, when research is aimed at achieving societal outcomes. We therefore analyze the uses of the term “research portfolio”, using analogies derived from the financial sector, but arguing for a new conception of public research portfolios. In particular, we insist on making connections to research landscapes, considering levels of diversity in research, focusing on interactions between projects, and adopting a broader interpretation of risk and returns of public research. Illustrating our proposals with bibliometric data and mapping techniques applied to avian influenza research, we argue that these new foundations can lead to tangible benefits for public sector research, fostering inclusivity, allowing for “alternative” portfolios to be considered, as well as promoting cost-effectiveness and transparency. Most importantly, we believe that our robust, yet basic, foundations for research portfolios can facilitate public deliberation and lead to the development of new science policy tools.

Bio: Dr. Rafols works on the mapping of interdisciplinary fields and emergent technologies such as biotech or nanotech, combining scientometrics, network analyses and qualitative approaches. The goal of his research is to improve transparency and plurality in technology assessment and foresight, and in evaluations of scientific organisations. Dr. Rafols serves as Editorial Advisor in the journal Scientometrics. His research work has been published in Research Policy, Scientometrics, Journal of the American Society for Information Science and Technology, Technological Forecasting and Social Change, and so forth. Dr. Rafols started his career in physics then pursues a specialisation in statistical physics and complex systems which eventually led him to conduct research in cell and developmental biology combining experimental approaches and mathematical modelling (PhD, Tohoku Univ). Afterwards, he came to SPRU to undertake an MS in Science and Technology Policy and shortly after joined the faculty. Since 2012, he became a research fellow at INGENIO (CSIC-UPV). He was awarded an EU postdoctoral Marie Curie fellowship and Ramon y Cajal Fellowship.

 

2014年3月18日:

The 19th Policy Platform Seminar

Scientists International Mobility: Impact on Performance and Networks - Evidence for 16 Countries Based on the GlobSci Survey

Date: Monday, April 14, 2014, 15:00 – 16:30

Venue: School of Law Bldg., 2F 204, The University of Tokyo

Speaker: Prof. Giuseppe Scellato, Politecnico di Torino, Italy

Abstract: The research group of Prof. Scellato has conducted Global Science Project (funded by the US National Bureau of Economic Research and the Italian Government) since 2011, which aims at improving our understanding on the international mobility of scientists, their networking and team composition. The project involved a large survey that produced over 19 thousand responses from scientists in 16 countries (Japan, US, etc.). At the present time it represents the most comprehensive survey of international mobility. Based on extensive analyses from the rich data, Prof. Scellato reports some key findings, including the variation in the immigration and emigration patterns across 16 countries, determinants of international mobility, impact on scientific performance, and collaboration patterns of mobile and immobile scientists, and discusses policy implications.

References: Foreign-born scientists: mobility patterns for 16 countries. Nature Biotech, 30: 1250-3, 2012.

Choice of Country by the Foreign Born for PhD and Postdoctoral Study: A Sixteen-Country Perspective. NBER Working paper, 2013.

Migrant Scientists and International Networks. Research Policy (forthcoming).

The mover’s advantage: The superior performance of migrant scientists. Economic Letters, 122: 89–93, 2014.

Bio: Prof. Giuseppe Scellato holds a Ph.D. in Economics and is assistant professor at the Politecnico di Torino, where he teaches financial accounting and corporate finance at graduate level, and economics and management of innovation at post-graduate level. Since 2008 he is also research affiliate of the Bureau of Research in Innovation Complexity and Knowledge at Collegio Carlo Alberto, Turin. His main research interests include economics and management of innovation, the economic analysis of intellectual property rights and the economics of science. These themes are investigated both theoretically and with micro econometric techniques. His recent scientific works have appeared in leading international journals, including Science, Nature Biotechnology, Research Policy, Journal of Banking and Finance, Journal of Business Research, Cambridge Journal of Economics.

 

2014年3月17日:

書籍 Sustainable Phosphorus Management: A Global Transdisciplinary Roadmap が、 Springer から出版されました。この本の中では、欧州、アジア、北米の研究者と一緒にリンの散逸とリサイクルに関するチャプターを担当し、ステークホルダーとの連携のためのプラットフォームを構築を通じて、グローバル・レベルでのサステイナビリティ・イノベーションを促進していくことの重要性を議論しました。

Yarime, Masaru, Cynthia Carliell-Marquet, Deborah T. Hellums, Yuliya Kalmykova, Daniel J. Lang, Quang Bao Le, Dianne Malley, Kazuyo Matsubae, Makiko Matsuo, Hisao Ohtake, Alan Omlin, Sebastian Petzet, Roland W. Scholz, Hideaki Shiroyama, Andrea E. Ulrich, and Paul Watts, "Dissipation and Recycling: What Losses, What Dissipation Impacts, and What Recycling Options?" in Roland W. Scholz, Amit H. Roy, Fridolin S. Brand, Debbie T. Hellums, and Andrea E. Ulrich, eds., Sustainable Phosphorus Management: A Global Transdisciplinary Roadmap, Dordrecht: Springer, 247-274 (2014).

 

2014年3月16日:

高等教育機関に向けたサステイナビリティ評価手法における方法論を検討した以下の論文が、学術誌 Journal of Education for Sustainable Development Most-Read Articles の一つに選ばれました。

Yarime, Masaru, and Yuko Tanaka, "The Issues and Methodologies in Sustainability Assessment Tools for Higher Education Institutions: A Review of Recent Trends and Future Challenges," Journal of Education for Sustainable Development, 6 (1), 63-77 (2012).

 

2014年3月10日:

3月10日(月)に東京大学におきまして、第1回持続的リン利用シンポジウムが開催されました。グローバルな食料問題、世界・日本におけるマテリアル・フロー分析、農業における資源管理などに関する専門家による発表に引き続き、第4セッション・持続的リン利用をめぐる総合討論の司会を務めました。大学、産業、政府、メディア、市民社会からの参加した300名以上の出席者とともに、プラットフォームの形成を通じたリンの持続的な利用と管理に向けたイノベーション創出について、有意義な議論を行いました。

 

2014年3月9日:

Netherlands Organisation for Scientific Research (NWO) Social Sciences Board の依頼により、 Research Talent Programme に提出された研究プロポーザルをレビューしました。優秀な研究者による素晴らしいプロポーザルの Peer Reviewer として参加し、非常に有意義な経験になりました。

 

2014年3月7日:

Nexus 2014: Water, Food, Climate and Energy Conference が、3月5日(水)−8日(土)の日程で、アメリカの University of North Carolina at Chapel Hill で開催されています。水、食料、気候、エネルギーの問題の相互連関にどのようアプローチすることで統合的な解決策を見出すことができるのか、大学、政府、国際機関、市民社会の科学者、実務家などのステークホルダーが参加して議論しています。この会議では、自然資本の概念が水、エネルギー、気候の問題の相互連関に対応する上での可能性と課題について、金融セクターにおけるベスト・プラクティスのケースを基にして検討を行いました。

Yarime, Masaru, "Natural Capital Evaluation for Addressing the Nexus of Water, Energy, and Climate: Best Practices in the Financial Sector," Nexus 2014: Water, Food, Climate and Energy Conference, University of North Carolina at Chapel Hill, North Carolina, United States, March 5-8 (2014).

 

2014年3月6日:

金融サービスへのアクセスが、マイクロ・クレジットの利用者、制度、および都市のサステイナビリティに及ぼす影響に関して分析した以下の論文が、 African Development Bank から出版されました。この研究は、ケニア・ナイロビにあるキベラ・スラムで行ったフィールド調査の統計分析に基づいています。

Mutisya, Emmanuel, and Masaru Yarime, "Microcredit for the Development of the Bottom of the Pyramid Segment: Impact of Access to Financial Services on Microcredit Clients, Institutions and Urban Sustainability," Working Paper Series 199, African Development Bank (2014).

 

2014年3月5日:

3月5日(水)、東京大学で、 Workshop on the Visualization of Public Communications を開催しました。 Professor Roland W. Scholz of the Fraunhofer Project Group for Materials Recycling and Resource Strategies IWKS, Germany の参加もあり、国内下水道からのリサイクル・リン普及の課題に関する研究の成果について、国際的な動向を踏まえて議論を行いました。この研究は、国際プロジェクト Global Transdisciplinary Processes for Sustainable Phosphorus Management (TraPs) と連携して行われており、私も Node Leader for Dissipation and Recycling from Science として、産業側からの実務家と一緒に活動しています。

Yarime, Masaru, Makiko Matsuo, and Hideaki Shiroyama, "Challenges in the Diffusion of Recycled Phosphorus from Sewage Systems in Japan," Workshop on the Visualization of Public Communications, University of Tokyo, Japan, March 5 (2014).

 

2014年3月4日:

The 2014 Norwich Conference on Earth System Governance が、7月1日(火)−3日(木)にかけて、イギリスの University of East Anglia で開催される予定です。 今回の会議の大きなテーマである Access and Allocation of Resources (Water, Food, Energy, Health and Wellbeing, Forests and Carbon Rights) and Transformative Pathways to Sustainability に関して、40か国の研究者から400以上のアブストラクトが提出され、私も International Review Panel のメンバーとして、レビューを担当しました。

 

2014年3月3日:

日本における下水道からのリンのリサイクルについて、様々なセクターにおいて関わりのあるステークホルダーによる問題認識の分析に基づいて、ケース・スタディーを行いました。その知見を報告した以下の論文が、学術誌・社会技術研究論文集に受理され、近く掲載される予定です。

佐藤隼、佐藤俊秀、仲川祐司、林志洋、松本頌、城山英明、松尾 真紀子、鎗目雅、「国内下水道からのリサイクルリン普及の課題」、社会技術研究論文集forthcoming.

 

2014年3月2日:

3月14日(金)、東京大学本郷キャンパス・第2本部棟6階会議室610 におきまして、 Sustainability Innovation Seminar Series 43 を開催します。イギリス・ケンブリッジ大学 Institute for Manufacturing (IfM) Dr. Mélanie Despeisse が、持続可能な産業システムを支援するための産学連携の可能性と課題について、使用済み自動車の再利用・再資源化をケースに取りながら議論する予定です。ご関心のある方は是非ご参加ください。

Sustainability Innovation Seminar Series 43

Date: Friday, March 14, 2014, 16:00-17:30

Venue: Meeting Room 610, Sixth Floor, Administration Bureau Building 2, Hongo Campus, University of Tokyo

Title: Collaboration Research to Support Sustainable Industrial Systems: The Case of End-of-Life Vehicles

Speaker: Dr. Mélanie Despeisse, Lead Researcher, Centre for Industrial Sustainability, Institute for Manufacturing (IfM), Department of Engineering, University of Cambridge, United Kingdom

Abstract: The global industrial system is faced with a great challenge: by 2050, it must double its output while only using 50% of current resources and reducing by 80% greenhouse gas emissions. The EPSRC Centre for Industrial Sustainability has identified three specific and connected waves of change (or Grand Challenges) to address this challenge: Eco-efficiency, Eco-factories and a Sustainable Industrial Systems. The centre works collaboratively with industrial partners to organise and run the research that is needed to allow industry to smoothly ride these waves. In this presentation, we will discuss the reuse, recovery and recycling of End-of-Life Vehicles as a practical example of Sustainable Industrial Systems.

Bio: Mélanie Despeisse graduated from Ecole Supérieure des Sciences et Technologies de l'Ingénieur de Nancy (France) with an Engineering degree in Industry and Environment, from Chalmers University (Sweden) with a Master's degree in Industrial Ecology, and from Cranfield University (England) with an MSc by Research and a PhD in Sustainable Manufacturing. She has over 4 years of experience in Sustainable Manufacturing, Industrial Ecology and related subjects. Mélanie currently works for the EPSRC Centre for Innovative Manufacturing in Industrial Sustainability. Her research interests focus mainly on the relationship between industry and environmental sustainability at various scales.

Contact: YARIME Masaru

 

2014年2月28日:

World Resources Institute (WRI) and the World Business Council for Sustainable Development (WBCSD) により運営されている Greenhouse Gas (GHG) Protocol と、 United Nations Environment Programme (UNEP) Finance Initiative が、 Financial Sector Guidance for Corporate Value Chain (Scope 3) Accounting and Reporting へ向けたプロセスを開始しました。 Technical Working Group on GHG Risk Management のメンバーとして Kick-off Meeting に参加し、今後金融機関や投資家が Carbon Assets に付随する潜在的な金融リスクをよりよく理解、評価、管理するのを支援するための実践的な概念枠組みを開発していくことに向けて、議論を行いました。

 

2014年2月25日:

大学の新しい重要な役割として、産業界、政府、市民団体を含めた社会のステークホルダーと連携してサステイナビリティに向けて共創していく機能を検討した以下の論文が、学術誌 Science and Public Policy に掲載された Most-Read Articles の一つになりました。

Trencher, Gregory, Masaru Yarime, Kes McCormick, Christopher Doll, and Steven Kraines, "Beyond the third mission: Exploring the emerging university function of co-creation for sustainability," Science and Public Policy, 10.1093/scipol/sct044 (2013).

 

2014年2月24日:

First China-Japan (CAS-JST) Workshop on New Environmentally Sustainable Systems for Japan and China が、2月21日(金)−22日(土)に、 Japan Science and Technology Agency (JST) と Chinese Academy of Sciences (CAS) の共催により、中国・厦門の Institute of Urban Environment of CAS で開催されました。このワークショップでは、科学、技術、政策を統合したアプローチを通じて都市のサステイナビリティに対応してくイニシアティブの検討が行われ、サステイナビリティ・イノベーションを推進していく上でのステークホルダーの参加と、日本と中国の連携の可能性と課題を議論しました。

Yarime, Masaru, "Governance for Sustainability Innovation: Potentials of Japan-China Collaboration," First China-Japan (CAS-JST) Workshop on New Environmentally Sustainable Systems for Japan and China, jointly organized by the Chinese Academy of Sciences (CAS) and Japan Science and Technology Agency (JST), Institute of Urban Environment, CAS, Xiamen, China, February 21-22 (2014).

 

2014年2月17日:

2月17日(月)に、 Mr. John King, Director of Clean Energy and Power Technology at the Austin Chamber of Commerce とミーティングを行いました。現在テキサス州オースティンでは、米国内外から新しいエネルギー関連のビジネスや投資が活発に行われており、 Chamber of Commerce は、アントレプレナーやイノベータ―への支援を積極的に行って、オースティンをクリーン・エネルギー技術・サービスのハブとして確立しようとしているようです。

 

2014年2月17日:

Clean TX Forum on the Commercial Building Retrofit Market and Taking Advantage of Property Assessed Clean Energy (PACE) が、2月17日(月)に University of Texas at Austin で開催されました。 CleanTX は、テキサス州オースティンを拠点としたクリーン・エネルギー関連の開発に携わる組織・個人のグループで、今回のミーティングでは、最近米国で急速に立ち上がりつつある建築物に対する省エネルギー技術・サービスに関する現在の状況と今後の課題について、情報共有とネットワーキングが行われました。大学、企業、政府関係から活発な参加があるこのようなフォーラムは、サステイナビリティ・イノベーションを促進するモデルとして重要と思われます。

 

2014年2月14日:

2月14日(金)に Professor Thomas Edgar, Director of the Energy Institute at the University of Texas at Austin を訪問し議論することができました。もともとエネルギー技術に関する研究が非常に活発に行われてきた大学において、 Pecan Street Project は、エネルギーに関する教育、研究、社会貢献に関わる人材、組織、財政資源を効果的に統合する触媒の機能を果たしており、これからさらにセクターや学問分野間での連携が求められるエネルギーのサステイナビリティに向けて対応しようとしているようです。

 

2014年2月13日:

2月13日(木)には、 Mr. Brewster McCracken, President and CEO of Pecan Street Inc. とも議論することができました。この組織は、 University of Texas at Austin を基盤として、スマート・グリッドに関する研究と商業化を行っているコンソーシアムです。 City of Austin, Austin Energy, Greater Austin Chamber of Commerce, Austin Technology Incubator, Environmental Defense Fund, and the University of Texas at Austin との連携を通じて、先端的なエネルギー・マネジメント・システムに関する新しい技術やビジネス・モデル、消費者行動に関する研究開発やテストを参加企業と共に行っています。

 

2014年2月13日:

2月13日(木)に Austin Technology Incubator (ATI) を訪問し、 Mr. Isaac Barchas, Director of ATI とクリーン・エネルギーのイノベーションをを推進するにあたって、大学の技術インキュベータ―がどのような役割を果たすことができるのか議論しました。テキサス州ではエネルギー産業が重要な位置を占めており、 Pecan Street Project は、以前に半導体産業において産学官連携を通じて技術開発を進めた SEMATECH と同様の機能を果たすことで、クリーン・エネルギーに関するステークホルダーのプラットフォームを形成し、イノベーションを促進することを目指しているようです。

 

2014年2月12日:

2月12日(水)にアメリカ・テキサス州・オースティンにある電力会社 Austin Energy を訪問しました。この会社は、2008年にオースティンでコミュニティー連携を通じて始まったスマート・グリッド研究プロジェクト Pecan Street Project に参加しています。このようなステークホルダーとの緊密な連携に基づくイノベーションに向けたイニシアティブにおいて、電力会社はどのような役割を果たすことができるのか、またこうした研究開発を通じてどのようなことを達成しようとしていうのかなどに関して、意見交換を行いました。もっとも重要な課題の一つとして、消費者が電力会社に対するしっかりとした信頼を持ち、スマート・メーターなどの新しい先端技術を通じて自分自身をコントロールできているということを感じることが挙げられました。

 

2014年2月12日:

The Workshop on Postcards from the Future: Implications of Big Data for Science and Society が、2月15日(土)に東京大学・公共政策大学院で開催される予定です。科学技術イノベーションに関する多様で大量のデータの入手・アクセスが可能になり、これをどのように民間・公的セクターにおける戦略的な意思決定に生かしていくことができるのかが大きな課題となっています。日本、海外の大学、企業、政府、市民社会団体から参加する専門家と一緒に、将来に向けた公共政策、制度設計へ向けて議論する予定です。

 

2014年2月2日:

2月2日(日)、アラブ首長国連邦 (UAE) にある Masdar Institute of Science and Technology を訪問しました。先日行われた東京大学との全学協定の締結も踏まえ、 Department of Engineering Systems and Management の教員とディスカッションを行いました。サステイナビリティ関連分野、特にエネルギー、水、食料に関するイノベーションの創出と実行に向けた研究・教育活動が積極的に行われており、イノベーション・システムの相補性を通じた可能性の検討を追究していきたいと思います。

 

2014年2月1日:

1月31日(金)にアラブ首長国連邦 (UAE) ・アブダビで、 International Renewable Energy Agency (IRENA) Mr. Tomoo Machiba, Senior Programme Officer on Knowledge Management と有意義な議論することができました。グローバルなレベルで様々な再生可能エネルギーの可能性が追究される中で、地域の条件や文脈の多様性や特性を考慮した知識の創出や普及において、 IRENA は大きな役割を果たすことができるのではないかと思います。

 

2014年1月30日:

3月10日(月)に東京大学で、第1回持続的リン利用シンポジウムが開催されます。この会議では、第4セッション・持続的リン利用をめぐる総合討論の司会を務め、大学、産業、公的機関からの参加者と一緒に、将来リンの持続的な利用と管理に向けて何をすることができるか議論する予定です。

 

2014年1月29日:

1月29日(水)にカタール・ドーハを拠点にしている放送局である Al Jazeera を訪問し、非常に多様な国際的なバックグラウンドを持ったジャーナリストや専門家を含めた制作メンバーに会うことができました。特にアラブの春以降、この放送局は中東地域における動向を詳しく報道して、その重要性を増してきているようです。

 

2014年1月28日:

International Sustainable Built Environment Conference (ISBE) が、1月28日(火)−1月30日(木)にカタール・ドーハで開催されています。これまで Ms. Randa Ziadeh Bushnaq と一緒に、 ドバイにおけるグリーン・ビルディングに向けた政府規制の役割に関する多様なステークホルダーの観点からの分析を 行ってきましたが、この会議ではその研究成果を発表しました。ドバイやドーハを含めた湾岸地域では、近年急速な経済発展を続けており、サステイナブル・ビルディングのデザインと実施を促進するメカニズムに関して、ディベロッパー、コントラクター、コンサルタント、サプライヤー、オーナーなどの関連するステークホルダーへのインセンティブを考慮して検証することが非常に重要になっています。

Ziadeh, Randa, and Masaru Yarime, "Mandating Green Buildings in Dubai: A Multi-Stakeholder Perspective," International Sustainable Built Environment Conference (ISBE), Doha, Qatar, January 28-30 (2014).

 

2014年1月27日:

1月27日(月)にカタール・ドーハにある Gas Exporting Countries Forum (GECF) を訪問し、 HE Seyed Mohammad Hossein Adeli, Secretary General of GECF, and Mr. Mohammed Al Riyami, Head of Energy and Gas Market Analysis Department とミーティングを行いました。気候変動や持続可能な開発目標 (SDGs) などのサステイナビリティに関するグローバル・アジェンダや、スマート・グリッドなどのイノベーションが、将来の国際的なガス市場にどのような影響を及ぼすのか議論を行いました。

 

2014年1月26日:

1月24日(金)に東京で、私も幹事を務めているリン資源リサイクル推進協議会が主催して、第9回リン資源の確保と管理に関する産学官戦略会議が開催されました。この会議では、 Future Earth プロジェクトや Sustainable Development Goals (SDGs) で提案されている重要な概念を紹介し、リン資源リサイクルの推進に向けたインプリケーションを議論しました。

鎗目雅、「 Future EarthSustainable Development Goals (SDGs) における科学技術イノベーション:リン資源リサイクルに向けたインプリケーション」、第9回リン資源の確保と管理に関する産学官戦略会議、 リン資源リサイクル推進協議会、東京、1月24日 (2014).

 

2014年1月23日:

The Second Geneva Summit on Sustainable Finance が、11月27日(木)にスイスの University of Geneva で開催される予定です。 この会議の Scientific Committee のメンバーですので、5月30日(金)の締切まで多くの論文投稿を期待したいと思います。

 

2014年1月21日:

2013年から、公益財団法人トラスト60の支援を受けて、事務局の三井住友信託銀行と一緒に立ち上げた自然資本研究会の委員長を務めています。この研究会では、大学、企業、政府などから参加している専門家や実務家とともに、自然資本に関する理論的及び実践的な側面に関する様々な課題と、公共政策、企業戦略、制度設計へのインプリケーションを議論しています。今後、自然資本という概念に関する理解と、社会の様々なセクターにおける実践が進められるよう提案をしていきくことができればと考えています。

 

2014年1月18日:

公開シンポジウム Possible Futures for Japan が、1月31日(金)に Los Angeles University of Southern California (USC) で開催されます。この研究プロジェクトは、 United States Social Science Research Council (SSRC) Japan Foundation Center for Global Partnership (CGP) の支援を受けており、その成果は2014年に New York University Press から出版される予定です。この本のなかで、日本の科学技術の歴史的な発展を振り返り、将来社会的課題への対応に向けて転換していく可能性について議論しました。

Yarime, Masaru, "Transforming Japanese Science and Technology to Meet Societal Challenges," in Anne Allison and Frank Baldwin, eds., Possible Futures for Japan, New York: New York University Press, forthcoming.

 

2014年1月17日:

書籍 Sustainable Phosphorus Management: A Global Transdisciplinary Roadmap が、近く Springer から出版される予定です。この中で、リンの散逸とリサイクルに関するチャプターを担当し、特にサステイナビリティ・イノベーションの促進に向けて、ステークホルダーとの連携のためのプラットフォームを構築していくことの重要性を議論しました。

Yarime, Masaru, Cynthia Carliell-Marquet, Deborah T. Hellums, Yuliya Kalmykova, Daniel J. Lang, Quang Bao Le, Dianne Malley, Kazuyo Matsubae, Makiko Matsuo, Hisao Ohtake, Alan Omlin, Sebastian Petzet, Roland W. Scholz, Hideaki Shiroyama, Andrea E. Ulrich, and Paul Watts, "Dissipation and Recycling: What Losses, What Dissipation Impacts, and What Recycling Options?" in Roland W. Scholz, Amit H. Roy, Fridolin S. Brand, Debbie T. Hellums, and Andrea E. Ulrich, eds., Sustainable Phosphorus Management: A Global Transdisciplinary Roadmap, Dordrecht: Springer, forthcoming.

 

2014年1月14日:

1月14日(火)に東京・大和証券において、 United Nations Environment Programme Financial Initiative (UNEP FI) Japan Group の主催により、2013年11月に北京で Sustainable Finance Week で開催された UNEP FI Global Roundtable 2013 や、私が講演を行った Workshop on the Natural Capital Declaration: From Awareness to Implementation - Moving towards systematic inclusion of natural capital in financial products across asset classes の成果に関する報告会が開かれました。この中で、 私が Advisory Committee Member として参加している Environmental Risk Integration in Sovereign Credit Analysis (E-RISC) project や、委員長を務めている自然資本研究会の成果を紹介し、将来の可能性と課題として、特に大学の科学者や技術専門家との連携を通じて、最新の科学的データや知見を活用していくことの重要性を議論しました。

Yarime, Masaru, "Opportunities and Challenges in UNEP FI Projects and Activities: Implications for Utilizing Scientific Data and Knowledge through Collaboration with Scientists and Technological Experts," United Nations Environment Programme Financial Initiative (UNEP FI) Japan Group Meeting, Daiwa Securities, Tokyo, January 14 (2014).

 

2014年1月11日:

World Resources Institute (WRI) World Business Council for Sustainable Development (WBCSD) が共同で運営している Greenhouse Gas (GHG) Protocol と、 United Nations Environment Programme (UNEP) Finance Initiative は、金融機関が貸し付けや投資のポートフォリオに関連して排出される温室効果ガスを算出するための Financial Sector Guidance for Corporate Value Chain (Scope 3) Accounting and Reporting を開発する予定です。そのために設置された Technical Working Group 5: Carbon Asset Risk に、金融業界からの専門家などと共に参加することになりました。

 

2014年1月10日:

イギリス University College London (UCL) Department of Science, Technology, Engineering and Public Policy (STEaPP) から、 Honorary Reader への就任の依頼がありました。国際的な観点から、科学技術イノベーション政策・ガバナンスに関する教育・研究プログラムの開発や、関係するステークホルダーとの連携、セミナー・ワークショップに関わっていく予定です。

 

2014年1月8日:

1月8日(水)に、東京大学大学院工学系研究科先端学際工学専攻で、先端レギュラトリー・サイエンスの特別講義を行いました。イノベーションに対する規制、マネジメント、ガバナンスのアプローチのメカニズムとインパクトに関する既存研究のレビューを踏まえて、サステイナビリティ・イノベーションの促進に向けた公共政策、企業戦略、制度設計へのインプリケーションを議論しました。

Yarime, Masaru, "Regulatory, Management, and Governance Approaches to Sustainability Innovation," Special Lecture on Regulatory Science, Department of Advanced Interdisciplinary Studies (AIS), Graduate School of Engineering, University of Tokyo, January 8 (2014).

 

2014年1月2日:

開発援助における再帰的なガバナンスを達成する際の二重のアカウンタビリティとコミュニケーションの非対称性という障害に関して議論した以下の論文が、学術誌 International Journal of Sustainability Policy and Practice に受理され、近く掲載される予定です。

Karlsson, Martin, and Masaru Yarime, "Reflexivity in Development Assistance: The Obstacles of Dual Accountability and Communicative Asymmetry in Achieving Reflexive Governance," International Journal of Sustainability Policy and Practice, forthcoming.

 

2013年12月31日:

Routledge Handbook of Higher Education for Sustainable Development が2014年に出版される予定です。この中で、大学におけるサステイナビリティ・サイエンスと持続可能な開発のための教育 (ESD) の統合に関して、グローバルな観点から議論しています。

Mochizuki, Yoko, and Masaru Yarime, "Education for Sustainable Development and Sustainability Science: Re-purposing Higher Education and Research," in Matthias Barth, Gerd Michelsen, Marco Rieckmann, and Ian Thomas, eds., Routledge Handbook of Higher Education for Sustainable Development, London: Routledge, forthcoming.

 

2013年12月31日:

ハイブリッド自動車の導入における供給と需要の共進化を通じたイノベーション経路の形成に関する以下の論文が、学術誌 Technological Forecasting and Social Change にこれまで掲載された論文の中から、 Top 25 Hottest Articles の一つに選ばれました。

Dijk, Marc, and Masaru Yarime, "The Emergence of Hybrid-Electric Cars: Innovation Path Creation through Co-Evolution of Supply and Demand," Technological Forecasting and Social Change, 77 (8), 1371-1390 (2010).

 

2013年12月30日:

インドネシアにおけるサステイナビリティへ向けたトランジション・マネジメントを議論した以下の論文が、学術誌 Environmental Innovation and Societal Transitions にこれまで掲載された論文の中から、最もダウンロードされた25の論文 Top 25 Hottest Articles (July to September 2013) の一つに選ばれました。

Jupesta, Joni, Rizaldi Boer, Govindan Parayil, Yuko Harayama, Masaru Yarime, Jose A. Puppim de Oliveira, and Suneetha M. Subramanian, "Managing the Transition to Sustainability in an Emerging Economy: Evaluating Green Growth Policies in Indonesia," Environmental Innovation and Societal Transitions, 1 (2), 187-191 (2011).

 

2013年12月29日:

東京大学では、公共政策大学院 (GraSPP) が中心となって、全学レベルでの連携体制により、 Global Leader Program for Social Design and Management (GSDM) を開始しました。現在、このプログラムでは、中国のサイエンスパークにおける産学連携に関する博士研究の指導を担当しています。

 

2013年12月28日:

企業責任の遂行の推進力としての人的資本の多様性について高級品産業のケースを検証した論文が、2014年6月に書籍 Sustainable Luxury: Managing Social and Environmental Performance in Iconic Brands の一章として出版される予定です。

Gomes, Catarina, and Masaru Yarime, "Diversity of Human Capital as a Driver for Corporate Responsibility Engagement: The Case of the Luxury Industry," in Miguel Angel Gardetti and Ana Laura Torres, eds., Sustainable Luxury: Managing Social and Environmental Performance in Iconic Brands, Sheffield, United Kingdom: Greenleaf Publishing, forthcoming.

 

2013年12月27日:

12月27日(金)に京都大学で、大学院経済学研究科・植田和弘教授の主催により、ソーシャル・イノベーション研究会が開催されました。このプロジェクトは、文部科学省が支援している革新的イノベーション創出プログラム (COI STREAM) に向けて、世界における先進的なソーシャル・イノベーションの事例分析を行い、その知見を将来生かしていることを目指しています。ここでは、ソーシャル・イノベーションに対するシステム・アプローチを紹介し、その構造、機能とダイナミックスを検討しました。

Yarime, Masaru, "A Systemic Approach to Analyzing Social Innovation: Structure, Functions, and Dynamics," Workshop on Social Innovation for the Center of Innovation S&T-based Radical Innovation and Entrepreneurship Program (COI STREAM) supported by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT), Kyoto University, Kyoto, Japan, December 27 (2013).

 

2013年12月25日:

学術誌 Journal of Cleaner Production に投稿された論文の査読を提出しました。

 

2013年12月22日:

12月20日(金)に東北大学で、 環境科学研究科・馬奈木俊介准教授の主催により、第23回環境・資源経済学ワークショップが開催されました。この中で、自然・社会システムのサステイナビリティに対する様々なアプローチを検証しながら、サステイナビリティに向けたイノベーションのガバナンスについて議論しました。

Yarime, Masaru, "Governance of Innovation for Sustainability," Environmental & Resource Economics Workshop 23, Tohoku University, Sendai, Japan, December 20 (2013).

 

2013年12月19日:

東京大学公共政策大学院 (GraSPP) では、現在 Master of Public Policy, International Program (MPP/IP) (2014年10月入学)への応募を受け付けています。応募締め切りは、2014年1月15日(水)です。

 

2013年12月16日:

12月16日(月)にニューヨークの Columbia University で、 Sustainable Development Solutions Network (SDSN) and United Nations Department of Social and Economic Affairs (UN-DESA) の主催で開催された Expert Group Meeting on Science and Technology for Sustainable Development Goals に出席しました。持続可能な開発に向けて科学技術を活用していくことは極めて重要で、どのように Sustainable Development Goals (SDGs) に取り入れることができるか、具体的な提案に基づいて議論を行いました。

 

2013年12月14日:

12月13日(金)に、ニューヨークの国連本部で開催された Sixth Session of the Open Working Group (OWG) on Sustainable Development Goals (SDGs) に参加しました。今回の会議では、 Science, Technology, and Innovation, Knowledge Sharing, and Capacity Building などに関するテーマが議論されました。特に、知識・情報へのオープン・アクセスを確保・拡大し、データ収集・統計分析に関する能力を促進することの重要性が強調されました。

 

2013年12月13日:

12月12日(木)−14日(土)に東京・ビッグサイトで開催中のエコプロダクツ2013 で、三井住友信託銀行、日本生態系協会と、以下のポスターを発表しました。

鎗目雅、野村香織、「国連環境計画・金融イニシアティブ (UNEP FI) E-RISC プロジェクト:国債信用リスクにエコロジカル・リスクを組み込む」、エコプロダクツ2013、東京、12月12日−14日 (2013).

カラジ、アリ、鎗目雅、「持続可能性の定量的な評価に向けて:生態学的情報論アプローチの資源ネットワークへの応用」、エコプロダクツ2013、東京、12月12日−14日 (2013).

 

2013年12月12日:

12月12日(木)、東京・ビッグサイトで開催中のエコプロダクツ2013 で、現在委員長を務めている自然資本研究会の主催、スイス・ジュネーブの国連環境計画金融イニシアティブ (UNEP FI) 、公益財団法人トラスト60の後援により、自然資本セミナー:自然資本の世界的潮流と日本における取組が行われました。近年国際的な議論において自然資本の重要性が増してきた背景と、日本の民間・公的部門における先進的な取り組みに関して、基調講演を行いました。

鎗目雅、「なぜ今、自然資本なのか:世界の潮流」、自然資本セミナー :自然資本の世界的潮流と日本における取組、エコプロダクツ2013、東京、12月12日 (2013).

大学、産業、政府、NGO から参加した専門家・実務家の方々とともに、様々なセクターにおいて自然資本の概念を導入・実施していく際の課題に関して議論を行いました。特に、必要となるデータの入手可能性・信頼性、適切な方法論の開発、ニーズの開拓、制度環境の整備などが、今後自然資本の考え方をメインストリームのビジネス活動・戦略に取り入れていくために重要になると思われます。

 

2013年12月7日:

12月6日(金)−7日(土)、東京大学におきまして、第5回システム創成学学術講演会が開催されました。大学院工学系研究科システム創成学科と、現在協力研究員として参加しているレジリエンス工学研究センターとの共催で行われました。メイン・テーマ「ネットワークの威力」の観点から、サステイナビリティに対するネットワーク・アプローチの可能性と課題の検討と、イノベーション・システムのデザインと実行へのインプリケーションを議論しました。

Yarime, Masaru, "A Network Approach to Understanding Sustainability: Implications for the Governance of Innovation Systems," Fifth Academic Workshop on Systems Innovation: Power of Networks, University of Tokyo, Tokyo, Japan, December 6-7 (2013).

 

2013年12月3日:

パスツール型科学者によるイノベーションのメカニズムについて光触媒のケースを通じて分析した以下の論文が、一橋ビジネスレビューの特集号「産学連携を問う:シーズとjニーズの新たな結合をめざして」に掲載されました。

馬場靖憲、七丈直弘、鎗目雅、「パスツール型科学者によるイノベーションへの挑戦:光触媒の事例」、一橋ビジネスレビュー 61 (3), 6-20 (2013).

 

2013年11月30日:

11月30日(土)−12月1日(日)にかけて、東京大学で、第25回日本生命倫理学会年次大会が開催されています。公募シンポジウム II 「生命科学の健全 な発展に向けた ガバナンス体制 のあり方」の中で、最近の科学技術イノベーションに関する政策と制度の動向を踏まえて、サステイナビリティ・イノベーションのガバナンスに向けたインプリケーションを議論しました。「デュアル・ユース」に応用可能な科学技術に対して公的機関がどのように介入すべきか、またそうした科学技術の価値をどのように評価するのかなどについて、非常に有意義な議論が行われました。

鎗目雅、「サステイナビリティ・イノベーションに向けたガバナンス」、公募シンポジウムII :生命科学の健全な発展に向けたガバナンス体制のあり方、第25回日本生命倫理学会年次大会、東京大学、 11月30日 (2013).

 

2013年11月30日:

11月30日(土)、東京農工大学におきまして、 Education Program for Field-Oriented Leaders in Environmental Sectors in Asia and Africa (FOLENS) を対象に、サステイナビリティ・イノベーションの理論と実践に関する特別講義を行いました。

Yarime, Masaru, "Theories and Practices of Sustainability Innovation," Special Lecture, Business Creation and Management for Environmental Industries, Education Program for Field-Oriented Leaders in Environmental Sectors in Asia and Africa (FOLENS), Tokyo University of Agriculture and Technology, Tokyo, November 30 (2013).

 

2013年11月27日:

11月10日(日)、東京・早稲田大学で第2回マーケティングカンファレンス2013が開催されました。その中で、コミュニティーを基盤としたガバナンスメカニズムの観点からクラウドファンディングを分析した以下の論文を発表しました。

熊沢拓、鎗目雅、「クラウドファンディングが予感させるマーケティングパラダイムの転換−コミュニティを基盤としたガバナンスメカニズムの分析−」、第2回マーケティングカンファレンス、東京・早稲田大学、11月10日 (2013).

 

2013年11月27日:

11月30日(土)−12月1日(日)、東京大学におきまして、第25回日本生命倫理学会年次大会が開催されます。公募シンポジウム II 「生命科学の健全 な発展に向けた ガバナンス体制 のあり方」の中で、最近の科学技術イノベーションに関する政策と制度の動向を検討し、サステイナビリティ・イノベーションのガバナンスに向けた可能性と課題について議論する予定です。

 

2013年11月26日:

12月6日(金)−7日(土)、東京大学におきまして、第5回システム創成学学術講演会が開催されます。大学院工学系研究科システム創成学科による主催で、先日から協力研究員として参加しているレジリエンス工学研究センターとの共催です。今回のテーマが「ネットワークの威力」ということで、サステイナビリティに対するネットワーク・アプローチの検討と、イノベーション・システムへのインプリケーションを議論する予定です。

 

2013年11月24日:

文部科学省原子力基礎基盤戦略研究イニシアティブ「原子力施設の地震・津波リスクおよび放射線の健康リスクに関する専門家と市民のための熟議の社会実験研究」に、評価委員として参加することになりました。その一環として、11月23日(土)に東京大学で、第1回 原子力施設の地震・津波リスクに関する専門家フォーラムが開催され、原子力施設の耐震設計とリスクに関して、原子力施設の設計と地震リスクの地盤工学評価などの専門家が参加し、技術的、組織的、制度的な課題と将来に向けた示唆について率直な議論を行いました。

 

2013年11月18日:

東京大学公共政策大学院 (GraSPP) が中心となって進めている Global Leader Program for Social Design and Management (GSDM) に参加することになりました。このプログラムは、文部科学省の平成25年度博士課程教育リーディングプログラムのオールラウンド型に採択されました。東京大学内の連携各部局の協力の下、おそらく2015年4月から公共政策大学院で博士課程が始まる予定になると思います。

 

2013年11月16日:

人的資本の多様性が企業責任の遂行の推進力となることを高級品産業のケース・スタディーを通じて検証した以下の論文が、近くイギリスの出版社 Greenleaf Publishing から出版される予定の書籍 Sustainable Luxury に受理され、掲載されることになりました。

Gomes, Catarina, and Masaru Yarime, "Diversity of Human Capital as a Driver for Corporate Responsibility Engagement: The Case of the Luxury Industry," in Ana Laura Torres and Miguel Angel Gardetti, eds., Sustainable Luxury, Sheffield, United Kingdom: Greenleaf Publishing, forthcoming.

 

2013年11月11日:

United Nations Environment Programme Financial Initiative (UNEP FI) の主催で、11月11日(月)−15日(金)に中国・北京において、 Sustainable Finance Week としてサステイナビリティと金融に関する様々な会議が開催されています。11月11日(月)には、 Workshop on the Natural Capital Declaration: From Awareness to Implementation - Moving towards systematic inclusion of natural capital in financial products across asset classes が開催されました。その中の Session on NCD in Practice: Hardwiring natural capital in finance では、日本の銀行融資と地域開発における自然資本評価のベスト・プラクティスに関して発表を行い、海外から参加した金融機関や国際機関の専門家と議論を行いました。

Yarime, Masaru, "Practice of Natural Capital Evaluation in Environmental Rating Loans and Regional Development in Japan," Workshop on the Natural Capital Declaration: From Awareness to Implementation - Moving towards systematic inclusion of natural capital in financial products across asset classes, United Nations Environment Programme Financial Initiative (UNEP FI) Sustainability Finance Week, Beijing, China, November 11 (2013).

 

2013年11月9日:

サステイナビリティに向けて、大学が産業界、政府、市民団体を含めた社会のステークホルダーと連携していく新たな機能に関して議論した論文が、学術誌 Science and Public Policy に掲載された Most-Read Articles の一つになりました。

Trencher, Gregory, Masaru Yarime, Kes McCormick, Christopher Doll, and Steven Kraines, "Beyond the third mission: Exploring the emerging university function of co-creation for sustainability," Science and Public Policy, 10.1093/scipol/sct044 (2013).

 

2013年11月8日:

サステイナビリティの定量化手法に関して、 ecological footprint, ecological information-based approaches などの様々な方法論を検討した以下の論文が、学術誌 Ecological Indicators に掲載されました。

Kharrazi, Ali, Steven Kraines, Lan Hoang, and Masaru Yarime, "Advancing quantification methods of sustainability: A critical examination of emergy, exergy, ecological footprint, and ecological information-based approaches," Ecological Indicators, 37, 81–89 (2014).

 

2013年11月7日:

11月6日(水)に、フランスのビジネス専門家で、特に socially responsible investing, corporate social responsibility, sustainable development について専門としている Ms. Geneviève Ferone Ms. Marjorie Hamelin の訪問を受けました。 Ms. Ferone は、 Board Member of the Chirac Foundation や、最新の科学的知見とビジネスのベスト・プラクティスを取り入れた持続可能な経済の促進を目指している The Shift Project Vice Chair として活躍しています。自動車産業を始めとした日本の産業におけるイノベーションのケースや、エネルギー、水、食料などの分野でのサステイナビリティに向けた政策的な取り組みに関して、議論しました。2014年に彼女の5冊目となる書籍が、 Japanese Green Excellence に関して出版される予定です。

 

2013年11月7日:

11月6日(水)16:40−18:20に、東京大学公共政策大学院 (GraSPP) Science, Technology, and Innovation Governance (STIG) プログラムの主催で、 13th Policy Platform (PoP) Seminar が開催されました。 Technology Transfer in U.S. Universities: Policies and Practices というテーマで、 Professor John P. Walsh, School of Public Policy, Georgia Institute of Technology, United States が講演を行いました。近年の米国における技術移転の促進に向けた政策転換や、研究大学における技術移転に関わるライセンス、特許、技術移転室 (TTO) の人材などについての研究成果を踏まえて議論を行いました。 Harvard, MIT, Stanford などの主要な研究大学では、技術開発・移転を促進しながら、大学の公共的利益に関わる使命を達成するためのベスト・プラクティスを共有しているようです。

 

2013年11月1日:

11月10日(日)から15日(金)にかけて、中国・北京で Sustainable Finance Week が開催されます。 United Nations Environment Programme Financial Initiative (UNEP FI) の主催により、 Global Roundtable を含めて様々な会議が行われる予定です。11月11日(月)に開催される Session on the Natural Capital Declaration: Material for all Asset-Classes - How to move towards a more systematic inclusion in loans, bonds, equities and insurance? では、日本の銀行融資と地域開発における自然資本評価のベスト・プラクティスに関して発表を行い、海外の金融機関や国際機関の専門家と議論する予定です。

 

2013年10月30日:

10月30日(水)に東京大学公共政策大学院で、内閣府・総合科学技術会議 (CSTP) の原山優子教授を招いて、科学技術イノベーション政策に関する特別講義を行いました。今年6月に閣議決定された科学技術イノベーション総合戦略を踏まえながら、科学技術イノベーション政策の策定から実装までのプロセスにおいては、様々なステークホルダーの視点や利害が複雑に関わる実際の現状について、議論しました。

 

2013年10月29日:

私の指導の下で博士研究を進め、2013年9月に東京大学で Ph.D. in Sustainability Science を取得した Dr. Ali Kharrazi が、 German Federal Ministry of Education and Research (BMBF) から Green Talents 2013 を受賞しました。

 

2013年10月28日:

12月12日(木)に東京・エコプロダクツ2013 におきまして、自然資本研究会の主催、スイス・ジュネーブの国連環境計画金融イニシアティブ (UNEP FI) 、公益財団法人トラスト60の後援により、自然資本セミナーが開催されます。自然資本に関する世界的な動向と日本における取組に関して、私の基調講演に引き続き、大学、産業、政府、NGO の専門家・実務家の方々と議論を行う予定です。

エコプロダクツ2013 自然資本セミナー 「自然資本の世界的潮流と日本における取組」

開催日時:2013年12月12日(木) 10時から12時(開場9時30分)

会場:東京ビッグサイト会議棟1階102会議室(東京都江東区有明3-10-1)

主催:自然資本研究会

後援:国連環境計画金融イニシアティブ(UNEP FI)、公益財団法人トラスト60

プログラム(予定):

《第1部講演:なぜ今、自然資本なのか》

基調講演『なぜ今、自然資本なのか〜世界の潮流〜』 東京大学公共政策大学院准教授 鎗目雅

講演『なぜ今、自然資本なのか〜国・自治体・企業の持続可能性と自然資本〜』

@国の視点で:『Beyond GDPと自然資本』 京都大学経済研究所准教授 佐藤正弘

A自治体の視点で:『北海道下川町の自然資本評価の取組』 北海道下川町環境未来都市推進本部長 春日隆司

B企業の視点で:『自然資本と企業経営リスク』 三井住友信託銀行CSR担当部長 金井司

《第2部パネルディスカッション: 自然資本の取組にあたっての課題と今後の展望》

問題提起『自然資本の取組にあたっての個別課題』

@経済的評価:『土地利用における自然の価値評価』 CEPAジャパン理事服部徹

A土地所有権:『自然資本、土地に関する法的課題』 東京財団研究員吉原祥子

B生態系保全: 『グリーンインフラ、ブラウンインフラ』 日本生態系協会事務局長関健志

パネルディスカッション 『自然資本の取組にあたっての課題と今後の展開』

 

2013年10月25日:

11月8日(金)、東京大学本郷キャンパスにおきまして、 Sustainability Innovation Seminar Series 42 を開催致します。国連大学高等研究所 (UNU-IAS)Dr. Rakhyun E. Kim が、ネットワーク分析を活用して国際環境法のダイナミックスを複雑適応系 (complex adaptive system) として理解するアプローチについて議論します。ご関心のある方は、是非ご参加ください。

Sustainability Innovation Seminar Series 42

Date: Friday, November 8, 16:30-18:00

Venue: Meeting Room 610, Sixth Floor, Administration Bureau Building 2, Hongo Campus, University of Tokyo

Title: How Is Network Analysis Useful in Understanding the Dynamics of International Environmental Law?

Speaker: Rakhyun E. Kim, United Nations University Institute of Advanced Studies (UNU-IAS), Yokohama, Japan

Abstract: The network perspective has become a useful way of studying a wide range of complex systems. Network analysis uncovers the underlying system architecture by reducing the system to an abstract structure capturing only the basics of connection patterns between its components. The patterns are then treated as mathematical objects and analysed with network metrics such as centrality and modularity. Such an analysis, if done over time, helps us to understand the dynamics on and of the network, and the interactions between the two dynamics. In this presentation, I will discuss one way in which network analysis has been useful in understanding international environmental law as a self-organizing system. In a recent study, I revealed and characterized the evolving structure of the web of international environmental treaty law. The structure was approximated using 1001 cross-references among 747 multilateral environmental agreements concluded from 1857 to 2012. Known network analysis measures were used to answer the following questions: has a complex system of international environmental treaty law emerged? If so when, and what does it look like? What are its topological properties? To what extent is the institutional complex fragmented? After presenting key empirical findings, I will conclude by outlining future research plans for further enhancing our understanding of the dynamics of international environmental law as a complex adaptive system.

Kim, Rakhyun E., "The emergent network structure of the multilateral environmental agreement system," Global Environmental Change (2013), http://dx.doi.org/10.1016/j.gloenvcha.2013.07.006

Biography: Rakhyun E. Kim has recently joined the United Nations University Institute of Advanced Studies (UNU-IAS) as a Postdoctoral Fellow after completing a PhD in the Fenner School of Environment and Society at the Australian National University. His research can be characterized as an interdisciplinary research at the interface between international environmental law and Earth system science from a complex adaptive systems perspective. Rak has a number of publications on international environmental law and governance, which appeared in the journals such as Global Environmental Change, International Environmental Agreements, Transnational Environmental Law, and Review of European Community and International Environmental Law. In 2013, Rak received the inaugural Oran R. Young Prize for his research on the emergent network structure of the multilateral environmental agreement system. Rak has professional affiliations with a number of other institutes including the Centre for International Sustainable Development Law (an Associate Fellow), the Earth System Governance Project (a Research Fellow), and the IUCN World Commission on Environmental Law (a member of the steering committee of its Group of Young Professionals). He holds a Master of Environmental Law (First Class Honours) from the University of Auckland Faculty of Law and a Master of Science in Geography from the University of Auckland School of Environment.

Contact: YARIME Masaru

 

2013年10月23日:

10月23日(水)に、東京大学公共政策大学院 (GraSPP) 科学技術イノベーション・ガバナンス (STIG) プログラムにおいて、東京大学工学系研究科・橋本和仁教授による科学技術イノベーション政策の特別講義をオーガナイズしました。首相を議長とする産業競争力会議の議員として、政策決定プロセス最も上のレベルで実際に関わっている経験を踏まえて、現役の科学者の視点から見た日本の科学技術政策の課題について話題を提供していただき、議論を行いました。

 

2013年10月15日:

10月9日(水)−11日(金)に熊本・水俣で開催された外交会議において、 Minamata Convention on Mercury が採択され、発効に向けて各国の批准のプロセスが開始されました。それに合わせて、水銀の使用を管理・削減する課題に向けて大きな支援を行っている Global Environment Facility (GEF) World Bank の共催で、 GEF-World Bank Joint Seminar on the Minamata Convention on Mercury and the Role of the GEF が10月4日(金)に World Bank Tokyo Office で開催されました。この中で、サステイナブルな水銀管理に向けた様々なアプローチの可能性と課題について議論しました。

Yarime, Masaru, "Opportunities and Challenges for Sustainable Management of Mercury," World Bank and Global Environment Facility (GEF) Joint Seminar on Minamata Convention on Mercury, World Bank Tokyo Development Learning Center, Tokyo, Japan, October 4 (2013).

 

2013年10月14日:

高等教育機関に向けたサステイナビリティ評価手法における方法論を検討した以下の論文が、学術誌 Journal of Education for Sustainable Development Most-Read Articles during September 2013 の一つに選ばれました。

Yarime, Masaru, and Yuko Tanaka, "The Issues and Methodologies in Sustainability Assessment Tools for Higher Education Institutions: A Review of Recent Trends and Future Challenges," Journal of Education for Sustainable Development, 6 (1), 63-77 (2012).

 

2013年10月13日:

供給と需要の共進化を通じたハイブリッド電気自動車のイノベーション経路の創出に関する以下の論文が、学術誌 Technological Forecasting and Social Change most downloaded articles の一つに選ばれました。

Dijk, Marc, and Masaru Yarime, "The Emergence of Hybrid-Electric Cars: Innovation Path Creation through Co-Evolution of Supply and Demand," Technological Forecasting and Social Change, 77 (8), 1371-1390 (2010).

 

2013年10月12日:

COPERNICUS Alliance (European Network on Higher Education for Sustainable Development) のイニチアティブによる Rio+20 People's Sustainability Treaty on Higher Education の実現に向けた高等教育の変革に関する書籍が近く出版される予定です。この中で、高等教育機関においてサステイナビリティに向けた教育、研究、社会貢献の統合を行っていくための戦略に関する短い論文を執筆しました。

Yarime, Masaru, "A Strategy to Integrate Education, Research and Societal Contribution for Sustainability," in COPERNICUS Alliance and Zinaida Fadeeva, eds., Transforming Higher Education Towards Sustainable Development, United Nations University Press, forthcoming.

 

2013年10月11日:

2013年4月に東京大学に設立されたレジリエンス工学研究センターに、今度協力研究員として参加することになりました。ここでは、これまで主にリスク管理の観点から比較的性的な枠組みで理解されてきた Resilience に関して、サステイナブルな社会へ向けてよりダイナミックな観点から学問的な概念と方法論を検討していく予定です。

 

2013年10月9日:

サステイナビリティの定量化手法に関して、 ecological footprint and ecological information-based approaches などの方法論を検討した以下の論文が、学術誌 Ecological Indicators に受理され、近く掲載される予定です。

Kharrazi, Ali, Steven Kraines, Ngoc Lan Hoang, and Masaru Yarime, "Advancing Quantification Methods of Sustainability: A Critical Examination of Emergy, Exergy, Ecological Footprint, and Ecological Information-Based Approaches," Ecological Indicators, forthcoming.

 

2013年10月9日:

私の著者ページが、 Amazon.co.jp に作成されました。

 

2013年10月8日:

環境リスクを国の信用リスクの評価に取り入れるための新しいフレームワークに関して、スイス・ジュネーブにある United Nations Environment Programme Financial Initiative (UNEP FI) Global Footprint Network (GFN) の研究者と一緒に書いた論文が、学術誌 Journal of Sustainable Finance and Investment のオンライン版に掲載されました。この論文は、 UNEP FI GFN がオーガナイズし、私も Advisory Committee Member として参加した Environmental Risk Integration in Sovereign Credit Analysis (E-RISC) プロジェクトの成果に基づいて、その意義と将来の可能性を議論しています。

Hill Clarvis, Margot, Martin Halle, Ivo Mulder, and Masaru Yarime, "Towards a new framework to account for environmental risk in sovereign credit risk analysis," Journal of Sustainable Finance and Investment, 10.1080/20430795.2013.837810 (2013).

 

2013年10月7日:

パスツール型科学者によるイノベーションのメカニズムについて光触媒のケースを通じて分析した以下の論文が、一橋ビジネスレビューに受理され、近く出版される予定です。

馬場靖憲、七丈直弘、鎗目雅、「パスツール型科学者によるイノベーションへの挑戦:光触媒の事例」、一橋ビジネスレビュー forthcoming.

 

2013年10月6日:

東京大学公共政策大学院 (GraSPP) が中心となって進めている「社会構想マネジメントを先導するグローバルリーダー養成プログラム (Global Leader Program for Social Design and Management) 」が、日本学術振興会 (JSPS)平成25年度博士課程教育リーディングプログラムに採択されました。大学内の連携各部局のネットワークによる協力の下、公共政策大学院に博士課程が新設されて、おそらく2015年4月から始まる予定になるのではないかと思います。

 

2013年10月6日:

2013年度夏学期は、以下の学生の博士研究・修士研究の指導を行い、無事に修了しました。

Kharrazi, Ali, "Quantifying the Concept of Sustainability: Holistic Approaches for Intensive and Extensive Dimensions," Doctoral Dissertation (Supervisor: Yarime, Masaru; Examination Committee Members: Mino, Takashi, Yamaji, Eiji, Onuki, Motoharu, Matsuda, Hirotaka, and Iwata, Shuichi), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, September (2013).

Omlin, Alan Paul, "Energy Efficiency in Evolutionary Systems: The Jevons' Paradox in Global Marine Shipping," Master’s Thesis (Supervisor: Yarime, Masaru; Co-adviser: Onuki, Motoharu), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, September (2013).

Ziadeh, Randa Samih Abdallah, "Mandating Green Building in Dubai: A Multi-Stakeholder Perspective," Master’s Thesis (Supervisor: Yarime, Masaru; Co-adviser: Nagao, Masafumi), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, September (2013).

Pathirana, Shakila Madhushani, "Functions of Stakeholders for Diffusion of Energy Efficiency Technologies in Small and Medium Sized Enterprises: A Case Study of the Sri Lankan Apparel Industry," Master’s Thesis (Supervisor: Yarime, Masaru; Co-adviser: Onuki, Motoharu), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, September (2013).

Gomes, Catarina Pessanha, "Promoting an Inclusive Work Culture for Innovative Corporate Responsibility Strategies: A Case Study in the Luxury Sector," Master’s Thesis (Supervisor: Yarime, Masaru; Co-adviser: Akiyama, Tomohiro), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, September (2013).

Tauzin, Guillaume Andrea Jeremie, "Supporting Energy Decision-Making: A Multi-Criteria Analysis of France’s 2025 Electricity Generation Scenarios," Master’s Thesis (Supervisor: Yarime, Masaru; Co-adviser: Akiyama, Tomohiro), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, September (2013).

Tomozawa, Takanori, "Study on the Effects of University-Industry Collaboration at the Different Stages of the Solar Cell Technology Lifecycle," Doctoral Dissertation (Supervisor: Motohashi, Kazuyuki; Examination Committee Members: Yarime, Masaru, Sakata, Ichiro, Mogi, Gento, and Woolgar, Lee), Department of Technology Management for Innovation, Graduate School of Engineering, University of Tokyo, September (2013).

Kim, Onnuri, "The Commons for Collaborative Multi-level Governance: Analyzing the Commons Systems' Role as a Social Learning Arena through the Case of the Contemporary Commons Systems in Seoul, Korea," Master's Thesis (Supervisor: Shiroyama, Hideaki; Co-advisers: Yarime, Masaru, and Matsuura, Masahiro), Master of Public Policy, International Program (MPP/IP), Graduate School of Public Policy (GraSPP), University of Tokyo, September (2013).

Chiou, Boya, "Very-Low and Lowest-Low Fertility in Asia: Implications of Singlehood and Government Interventions," Research Paper (Supervisor: Shiroyama, Hideaki; Examination Committee Member: Yarime, Masaru), Master of Public Policy, International Program (MPP/IP), Graduate School of Public Policy (GraSPP), University of Tokyo, September (2013).

Margallo, Ronald Dizon, "Prospect for the Regulation of the Philippine Financial Sector in the Medium-Term," Research Paper (Supervisor: Shiroyama, Hideaki; Examination Committee Member: Yarime, Masaru), Master of Public Policy, International Program (MPP/IP), Graduate School of Public Policy (GraSPP), University of Tokyo, September (2013).

 

2013年10月5日:

企業の社会的貢献・市民活動に関する理論と実践を統合的に扱う学術誌 Journal of Corporate Citizenship Editorial Board に参加することになりました。

 

2013年10月4日:

10月4日(金)に世界銀行東京開発ラーニング・センターにおいて、 世界銀行・地球環境ファシリティ(GEF)共催セミナー「水銀に関する水俣条約とGEFの役割」が開催されました。このセミナーでは、GEFの役割とこれまでの地球環境保全支援の取り組み、新たな条約のもとでの支援方針などの紹介され、私も世界規模でのサステイナブルな水銀マネジメントに向けた可能性と課題について議論しました。

Yarime, Masaru, "Opportunities and Challenges for Sustainable Management of Mercury," World Bank and Global Environment Facility (GEF) Joint Seminar on Minamata Convention on Mercury, World Bank Tokyo Development Learning Center, Tokyo, Japan, October 4 (2013).

 

2013年9月27日:

地方の高齢化プロセスにおける sustaining and marginalizing communities の分岐に関する論文が、学術誌 Sustainability Science に掲載されました。

Kudo, Shogo, and Masaru Yarime, "Divergence of the sustaining and marginalizing communities in the process of rural aging: a case study of Yurihonjo-shi, Akita, Japan," Sustainability Science, 8 (4), 491-513 (2013).

 

2013年9月26日:

Atlanta Conference on Science and Innovation Policy 2013 が、9月27日ー29日にかけて、アメリカ・アトランタの Georgia Institute of Technology で開催されています。この会議は、アメリカを始めとして世界各国で科学技術イノベーション政策に関わっている研究者・実務家にとって、最も重要な会議の一つとなっています。 In Session 5b: Collaboration, Funding and Regional Development では、大学が社会における様々なステークホルダーと連携するためのプラットフォームとなることを通じて、サステイナビリティ・イノベーションを促進していく新たな制度的しくみに関して、発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Institutions for Encouraging Sustainability Innovation: University as a Platform for Multi-Stakeholder Collaboration," Atlanta Conference on Science and Innovation Policy 2013, Georgia Institute of Technology, Atlanta, Georgia, United States, September 27-29 (2013).

また会議では、 Session 3d: Renewable Energy Policy and S&T のチェアも務めました。

 

2013年9月25日:

2013年10月9日−11日、熊本市および水俣市において、「水銀に関する水俣条約外交会議」が開催され、水銀によるグローバルな環境汚染や健康被害を防止するための「水銀に関する水俣条約」の採択及び署名が行われる予定です。 同条約の中で、地球環境ファシリティ(GEF)は、資金メカニズムとして指定されており、同条約の批准と水銀汚染に対する早期対策を促進するため、GEFは途上国資金支援という重要な役割を期待されています。

この機会に、 世界銀行・地球環境ファシリティ(GEF)共催セミナー「水銀に関する水俣条約とGEFの役割」が開催される予定です。このセミナーでは、GEFの役割とこれまでの地球環境保全支援の取り組み、新たな条約のもとでの支援方針などの紹介があります。私も、世界規模での水銀汚染への対策における課題と可能性に関して、コメントをする予定です。ご関心のある方は、ぜひご参加ください。

世界銀行・地球環境ファシリティ (GEF) 共催セミナー「水銀に関する水俣条約と GEF の役割」

日時:2013年10月4日(金)16:00−17:30

場所:世界銀行東京開発ラーニングセンター 東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル10階

プログラム:

開会挨拶:緒方 健太郎・財務省国際局開発企画官

講演:瀧口 博明・地球環境ファシリティ (GEF) 気候・化学物質担当上級環境専門官

コメント:鎗目 雅・東京大学公共政策大学院 (GraSPP) 科学技術イノベーション・ガバナンス (STIG) 特任准教授

質疑応答

 

2013年9月21日:

The 10th ASIALICS Conference: The Roles of Public Research Institutes and Universities in Asia’s Innovation Systems が、9月20日(金)−21日(土)にかけて東京・政策研究大学院大学 (GRIPS) で開催されました。 Session on Innovation for Sustainable Development では、社会的な課題に対して、大学とステークホルダーが連携して対応していく新しいイノベーション・システムに関して発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Emerging Innovation Systems to Address Societal Challenges through University-Stakeholder Collaboration," 10th ASIALICS Conference: The Roles of Public Research Institutes and Universities in Asia’s Innovation Systems, National Graduate Institute for Policy Studies (GRIPS), Tokyo, Japan, September 20-21 (2013).

また、 Session on Innovation for Inclusive Development II のチェアとして、シンガポール、ベトナム、中国、フィリピンからの研究者による発表のディスカッサントも務めました。

 

2013年9月19日:

The International Conference on CSR and Corporate Governance が、9月19日(木)ー20日(金)にかけて東京で開催されています。 Session 2 on CSR of Japanese Companies I では、日本企業における紛争鉱物資源のサプライチェーン・マネジメントの実践に関する分析結果を発表しました。

Shimizu, Tomomi, and Masaru Yarime, "Responsible Supply Chains as Risk Management or Strategic CSR: The Case of Conflict Minerals Management in Japanese Companies," International Conference on CSR and Corporate Governance, jointly organized by the Japan Forum of Business and Society (JFBS), Humboldt University International CSR Conference (HU CSR), and Japanese German Center Berlin (JDZB), Tokyo, September 19-20 (2013).

また、 Session 1 on Business and Local Community/NPO のチェアも務めました。

 

2013年9月18日:

9月18日(水)に東京で開催された Doctoral Workshop on CSR and Corporate Governance のチェアを務めました。10か国以上からの参加者が、 CSR と財務パフォーマンス、広報戦略、中小企業、株主やステークホルダーの影響などに関する研究成果を発表し、有意義な議論を行いました。

 

2013年9月13日:

このたび、 Project on Sustainability Transformation beyond 2015 (POST-2015) に参加することになりました。このプロジェクトでは、 Millennium Development Goals (MDGs) のプロセスと結果の評価を踏まえながら、2015年以降の Sustainable Development Goals (SDGs) に向けた具体的な提案の可能性と課題を検討する予定です。

 

2013年9月4日:

2013年9月19日(木)−20日(金)、東京におきまして、 International Conference on CSR and Corporate Governance が開催されます。 Japan Forum of Business and Society (JFBS), Humboldt University International CSR Conference (HU CSR), and Japanese German Center Berlin (JDZB) が共催し、私もプログラム委員として参加しております。グローバルな観点から、企業の社会的責任 (CSR) とコーポレート・ガバナンスの問題を統合的に考えていく際に、どのような可能性と課題があるのか、海外からの参加者も含めて議論することができればと考えております。9月18日(水)には Doctoral Workshop も開催し、主に博士課程の学生の研究発表とディスカッションを行う予定です。 ご関心のある方は、是非ご参加ください。

 

2013年8月31日:

9月10日(火)17:00−18:30に、東京大学本郷キャンパスにおきまして、 Sustainability Innovation Seminar Series 41 を開催します。イギリス・マンチェスター大学の Dr. Chris Jones が、主要大学間の研究イニシアティブである Tyndall Centre for Climate Change Research の研究活動について紹介しながら、イギリスにおけるエネルギー・気候変動政策に関する最近の状況に関して議論する予定です。

Sustainability Innovation Seminar Series 41

Date: Tuesday, September 10, 17:00-18:30

Venue: Meeting Room 610, Sixth Floor, Administration Bureau Building 2, Hongo Campus, University of Tokyo

Title: The Pursuit of a Very Low Carbon Energy System in the UK: An Introduction to the Tyndall Centre for Climate Change Research at the University of Manchester

Speaker: Dr Christopher William Jones, Tyndall Centre for Climate Change Research, University of Manchester, United Kingdom

Abstract: This seminar will present insights into UK energy and climate change policy. It will also discuss the research of the Tyndall Centre for Climate Change Research at the University of Manchester (Tyndall Manchester) which relates to this. The UK has a legally binding target to reduce its greenhouse gas emissions by 80% (against 1990 levels) by 2050 (Climate Change Act of 2008). The UK Government has also agreed to adopt, were appropriate, interim emissions budgets that are recommended by the Committee on Climate Change advisory body. In doing so the UK Government has subscribed to the aim of ‘doing its fair share’ to ‘avoid dangerous climate change’ by limiting global mean temperature rise to no greater than 2°C above the pre-industrial average. Tyndall Manchester conducts policy relevant research that tackles the key technical and social challenges associated with the very low carbon energy system needed to achieve these aims. Current Tyndall Manchester projects cover; demand-side energy management, resilience of electricity systems to climate impacts, sustainable bio-energy development, shale gas international shipping emissions, food security and rapid rates of solar PV technology adoption. ‘Tyndall Manchester’ is part of the wider Tyndall Centre, which is spread across the universities of East Anglia (UEA), Newcastle, Oxford, Cardiff, Sussex, Southampton and Fudan (Shanghai).

Biography: Dr Christopher William Jones is a researcher from the Tyndall Centre for Climate Change Research at the University of Manchester. His PhD, ‘utilising nuclear energy for low carbon heating services’ was an interdisciplinary study of the potential to improve the net energy efficiency of new build nuclear power stations in the UK by linking them to district heating networks. His research skills include energy scenario development, energy system analysis with geographic information systems (GIS) software, techno-economic assessment of energy technology pathways, focus groups, stakeholder workshops and interview based qualitative social science. Recent projects include a review of non-nuclear low carbon energy futures for Friends of the Earth and the UK Engineering and Physical Sciences Research Council’s ‘Multi-criteria Assessment of Nuclear Sustainability’ (SPRIng). As of 2013 his research focus will move to renewable energy with a project developing and evaluating scenarios for large scale solar PV uptake in the UK.

Contact: YARIME Masaru

 

2013年8月30日:

The 6th Annual Conference for the Academy of Innovation and Entrepreneurship (AIE 2013): Innovation and Entrepreneurship for Inclusive and Sustainable Development が、8月29日(木)−30日(金)にオックスフォード大学で開催されました。 Technology and Management for Development Centre based in the University of Oxford Department for International Development, National Entrepreneurship Research Center, Tsinghua University, and the Research Center for Technological Innovation, Tsinghua University の共催です。この会議では、サステイナビリティ・イノベーションに向けた社会的ビジネス・モデルの可能性と課題について、アフリカにおけるソーラーLEDランタンのケースを基に議論しました。

Yarime, Masaru, "Establishing a Social Business Model for Sustainability Innovation: Stakeholder Collaboration for Introducing Solar LED Lanterns to Africa," 6th Annual Conference of the Academy of Innovation and Entrepreneurship: Innovation and Entrepreneurship for Inclusive and Sustainable Development, University of Oxford, Oxford, United Kingdom, August 29-30 (2013).

 

2013年8月29日:

United Nations Environment Programme Financial Initiative (UNEP FI) と共同で Natural Capital Declaration (NCD) を進めているオックスフォードの Global Canopy Programme (GCP) を訪問し、ディスカッションを行いました。NCD に参加することで、銀行、投資家、保険会社などの金融機関は、自然資本の真の重要性がビジネス・モデルに反映されるようコミットメントをすることになります。現在、ワーキングループで、自然資本のインパクトのメカニズム、金融商品・サービスへの組み入れ、会計手法、情報開示・レポーティングなどに関して、議論を行っています。

 

2013年8月28日:

オックスフォードで、 Editor of Environment and Sustainability of Routledge-Earthscan とミーティングを行い、 Handbook of Sustainability Science の出版に関して議論しました。現在様々な場所で立ち上がりつつある Sustainability Science について、 natural-social interaction, knowledge systems, transdisciplinarity などの学問的な概念や方法論、ジャーナルや学会などの制度化、産業や公共政策などに関わるステークホルダーとの連携を通じた社会的課題の解決など、これまでの研究成果と今後の検討課題を議論する予定です。

 

2013年8月27日:

ロンドンの Department of Science, Technology, Engineering and Public Policy (STEaPP) of University College London (UCL) を訪問し、科学技術イノベーションに関わる公共政策、制度設計における課題について、今後研究・教育面で連携を含めて議論を行いました。

 

2013年8月21日:

環境リスクを国の信用リスクの評価に取り入れるための新しいフレームワークに関する論文が、学術誌 Journal of Sustainable Finance and Investment に受理され、近く掲載される予定です。この論文は、スイス・ジュネーブにある United Nations Environment Programme Financial Initiative (UNEP FI) and Global Footprint Network (GFN) がオーガナイズし、私も Advisory Committee メンバーとして参加している E-RISC project の成果に基づくものです。

Hill, Margot, Martin Halle, Ivo Mulder, and Masaru Yarime, "Towards a New Framework to Account for Environmental Risk in Sovereign Credit Risk Analysis," Journal of Sustainable Finance and Investment, forthcoming.

 

2013年8月15日:

8月13日(火)−15日(木)にナイジェリア・イバダンで、 Centre for Sustainable Development (CESDEV) of the University of Ibadan の主催により、 Ibadan Sustainable Development Summit (ISDS) 2013 が開催されました。この会議では、ケニア・ナイロビのキベラ・スラムでのフィールド調査の統計分析に基づいて、金融に関するトレーニングが都市の持続可能な開発に及ぼす影響について論文発表を行いました。

Mutisya, Emmanuel and Masaru Yarime, "Microfinance for the Urban Bottom of the Pyramid segment in Nairobi's Kibera Slum: Does Financial Training Impact on Sustainable Urban Development?," Ibadan Sustainable Development Summit (ISDS) 2013, Centre for Sustainable Development (CESDEV), University of Ibadan, Ibadan, Nigeria, August 13-15 (2013).

 

2013年8月12日:

サステイナビリティに向けて、大学が産業界、政府、市民団体を含めた社会のステークホルダーと連携していく新たな機能に関して議論した論文が、学術誌 Science and Public Policy のオンライン版に掲載されました。

Trencher, Gregory, Masaru Yarime, Kes McCormick, Christopher Doll, and Steven Kraines, "Beyond the third mission: Exploring the emerging university function of co-creation for sustainability," Science and Public Policy, 10.1093/scipol/sct044 (2013).

 

2013年8月10日:

8月3日(土)−17日(土)にかけて、科学技術イノベーション政策/技術革新と社会変貌・オープンセミナーが、東京・政策研究大学院大学 (GRIPS) において開催されています。8月10日(土)には、「グローバル・サステイナビリティ・イノベーション」について、理論モデル、統計分析、ケース・スタディーなどの研究を踏まえて議論を行いました。

鎗目雅、「グローバル・サステイナビリティ・イノベーション」、 科学技術イノベーション政策/技術革新と社会変貌・オープンセミナー、東京・政策研究大学院大学 (GRIPS) 、8月10日 (2013).

 

2013年8月9日:

日経エコロジー の最新号(2013年9月号)は、「環境経営の新機軸:ゼロから学ぶ自然資本」を特集しています。その中で、国の信用リスクへの影響に関して、UNEP FI R-RISC プロジェクトを通じて欧州を中心とした金融機関などと検討した経験を踏まえ、日本も積極的に議論に参加していくことの重要性についてコメントをしました。

特集「環境経営の新機軸:ゼロから学ぶ自然資本」、日経エコロジー171, 22-35 (2013).

 

2013年8月8日:

8月7日(水)−8日(木)に中国・北京におきまして、中国科学技術協会 (CAST) 独立行政法人科学技術振興機構 (JST) の共催により、 Fourth Japan-China Interdisciplinary Young Scientists' Academic Forum: Contributions of Science and Technology to Planning Green Cities が開催されました。この中で、日本と中国のパートナーシップを通じて、グリーンシティー・スマートシティを実現していくための課題と可能性について、中国におけるエコシティの経験の分析を踏まえながら議論しました。

Yarime, Masaru, "Implementing Japan-China Partnership on Innovation for Urban Sustainability," Fourth Japan-China Interdisciplinary Young Scientists' Academic Forum: Contributions of Science and Technology to Planning Green Cities, Beijing, China, August 7-8 (2013).

 

2013年8月5日:

8月19日(月)17:00から東京大学・本郷キャンパスにおきまして、 Sustainability Innovation Seminar Series 40 を開催する予定です。 Georgia Institute of Technology Professor Jarrod Hayes が、国際関係における民主的な制度の役割と「脅威」の創出に関して、アメリカと中国・インドとの関係をケースとして議論する予定です。長期的な観点から、新しいパワーの出現を踏まえた国際レジームの持続可能性へのインプリケーションも議論する予定です。

Sustainability Innovation Seminar Series 40

Date: Monday, August 19, 17:00-18:30

Venue: Room 610, Sixth Floor, Administration Bureau Building 2, Hongo Campus, University of Tokyo

Title: Identity and the Construction of National Security: U.S. Relations with China and India

Speaker: Dr. Jarrod Hayes, Assistant Professor of International Relations, Sam Nunn School of International Affairs, Georgia Institute of Technology, United States

Abstract: Jarrod Hayes explores why democracies tend not to use military force against each other. He argues that democratic identity - the shared understanding within democracies of who "we" are and what "we" expect from each other - makes it difficult for political leaders to construct external democracies as threats. At the same time, he finds that democratic identity enables political actors to construct external non-democracies as threats. To explore his argument, he looks at U.S. relations with two rising powers: India and China. Through his argument and case studies, Professor Hayes addresses not just the democratic peace but also the larger processes of threat construction in international security, the role of domestic institutions in international relations, and the possibility for conflict between the United States and the world's two most populous countries.

Bio: Jarrod Hayes is an assistant professor of international relations at the Georgia Institute of Technology. In 2003 he received his Bachelor of Arts degree from the University of Colorado at Boulder in astrophysics and political science. He completed his Ph.D. in Politics and International Relations at the University of Southern California in 2009. Prior to joining the Georgia Tech faculty, he was the ConocoPhillips Assistant Professor of International Relations at the University of Oklahoma. His research appears in the European Journal of International Relations, International Organization, and International Studies Quarterly. He also has a book in press examining U.S. security relations with India and China with Cambridge University Press.

Constructing National Security: U.S. Relations with India and China

Contact: YARIME Masaru

 

2013年8月3日:

8月21日(水)に東京大学・本郷キャンパスにおきまして、11th Policy Platform (PoP) Seminar を、 Sustainability Innovation Seminar Series 39 と共同で開催します。米国・ジョージア工科大学の Professor Janelle Knox-Hayes と、三井住友信託銀行の金井司さんが、日本・米国・欧州・アジアを含めた環境金融の制度形成とイノベーションについて、金融業界における実際の取り組みを踏まえて、グローバルな観点から議論するする予定です。

The 11th Policy Platform (PoP) Seminar and Sustainability Innovation Seminar Series 39 on Institutional Evolution of Environmental Finance and Innovation: Possibilities and Challenges to Japan in the Context of Globalization

日時:2013年8月21日(水)15:00-17:00

会場:東京大学・本郷キャンパス 経済学研究科学術交流棟(小島ホール)・2階コンファレンスルーム

講師: Dr. Janelle Knox-Hayes, Assistant Professor, School of Public Policy, Georgia Institute of Technology, Atlanta, Georgia, United States

金井司 三井住友信託銀行経営企画部CSR担当部長

言語:日本語・英語(同時通訳なし)

Session 1: "Environmental Finance: Developing emissions markets to direct clean energy under different models of governance"

Speaker: Dr. Janelle Knox-Hayes, Assistant Professor, School of Public Policy, Georgia Institute of Technology, United States; and Research Associate, Department of Geography and Environment, University of Oxford, United Kingdom

Abstract: The relationship between finance and economic growth is a long debated topic within economic geography. In this presentation, analysis of emerging carbon emissions markets in the United States, Europe, China and Japan is used to explore the relationship between finance and economic growth. Carbon markets lend unique insight into the operation of finance because they are built in advance of the underlying commodities markets (clean energy markets) they are meant to influence. In each case, the varying relationship between finance and industry has had an impact on shaping the markets, and in turn has influenced their ability to direct investment into clean energy. In Europe, institutional logics of finance and have created a low growth but stable investment in clean energy. In the United States, the predominance of financial markets, with little emphasis on industry, has directed investment away from clean energy and into other modes of finance. In Japan, the emphasis on manufacturing and heavy industry have nested the emissions markets in logics of technology transfer and clean energy development, but the absence of financial innovation has inhibited the growth of underlying clean energy markets. In China, centralized authority has enabled the government to leverage foreign investment into wind and solar industries, but the absence of price discovery and insufficient market depth has led to a collapse in clean energy demand. The most successful economies are able to balance the influence of financial and industrial sectors in the creation and operation of new markets.

Bio: Professor Janelle Knox-Hayes Janelle Knox-Hayes is an assistant professor in the school of Public Policy at the Georgia Institute of Technology and a research associate at the Oxford University Department of Geography and Environment. Dr. Knox-Hayes joined the School of Public Policy after completing her PhD in Economic Geography at the University of Oxford. Her dissertation research was funded by the National Science Foundation and investigated the development of carbon emissions markets looking through the lens of regulatory and financial service institutions, with the use of surveys, interviews, and close-dialogue. She is interested in the political and economic dynamics underpinning energy transition and sustainable development. Her current research is funded by the Social Science Research Council and focuses on the institutional development of carbon emissions markets in Asia, with particular emphasis on the economic and policy drivers that develop these markets as well as their impact on social and economic systems.

セッション2:日本の環境金融の現状と課題〜21世紀金融行動原則の目指すもの

講師:金井司 三井住友信託銀行経営企画部CSR担当部長

要旨:社会を持続可能なものに変えていくには、お金の流れをそれに適合したものに変える必要がある。そのような趣旨から、日本の金融業界が横断的に集まり1年間の協議を経て、2011年10月に21世紀金融行動原則が制定された。しかしながら、実務レベルではまだまだ問題点も多い。金融行動原則の起草に携わった演者が、日本の環境金融の現状と課題を解説する。

略歴:金井司(かない・つかさ) 1983年大阪大学法学部卒業、同年住友信託銀行に入社。2005年より一貫して企画セクションでCSR業務を統括し環境金融業務を推進。「持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則(21世紀金融行動原則)」運営委員長、「社会的責任に関する円卓会議」運営委員。著書に『戦略的年金経営のすべて』『CSR経営とSRI』『金融CSR総覧』『SRIと新しい企業・金融』等(いずれも共著)。

主催:東京大学 公共政策大学院 (GraSPP) 科学技術イノベーション政策の科学 (STIG) 教育・研究ユニット

連絡先:鎗目 雅

 

2013年7月27日:

7月25日(木)−27日(土)に横浜におきまして、 First International Workshop on the Project on Sustainability Transformation beyond 2015 (POST-2015) が開催されました。 Session on Social Sustainability - Environment and Resources では、 Post-Millennium Development Goals (MDGs) に向けて、 Sustainable Development Goals (SDGs) を提案していくにあたっての概念、方法論、測定について、課題提供を行いました。

Yarime, Masaru, "Towards Developing Sustainable Development Goals (SDGs): Concepts, Methodologies, and Measurements," Yokohama Workshop on the Project on Sustainability Transformation beyond 2015 (POST-2015), Yokohama, Kanagawa, Japan, July 25-27 (2013).

 

2013年7月25日:

Council for Social Sciences of the Netherlands Organisation for Scientific Research (NWO) の依頼により、 Research Talent 2013 (Onderzoekstalent 2013) への研究プロポーザルの査読者となりました。

 

2013年7月19日:

東京・政策研究大学院大学 (GRIPS) が、2013年8月に「科学技術イノベーション政策/技術革新と社会変貌」オープンセミナーを開催します。その中で、8月10日(土)15:00−16:30に、「グローバル・サステイナビリティ・イノベーション」について講義を行う予定です。

 

2013年7月18日:

Google Scholar に自分のページを作成しました。

 

2013年7月6日:

ケニアにおける都市のサステイナビリティに向けて、環境、経済、社会、ガバナンスの側面を統合的に検討する枠組みを議論した論文が、学術誌 Sustainability Science のオンライン版に掲載されました。

Mutisya, Emmanuel, and Masaru Yarime, "Moving towards urban sustainability in Kenya: a framework for integration of environmental, economic, social, and governance dimensions," Sustainability Science, 10.1007/s11625-013-0223-7 (2013).

 

2013年7月5日:

ケニア・ナイロビにあるキベラ・スラムにおける衛生状態の改善に向けた課題の検討を行った研究が、 Diamond Online に掲載されている「アフリカ、経済成長の光と影」の記事で紹介されました。

Mutisya, Emmanuel, and Masaru Yarime, "Understanding the Grassroots Dynamics of Slums in Nairobi: The Dilemma of Kibera Informal Settlements," International Transaction Journal of Engineering, Management, & Applied Sciences & Technologies, 2 (2), 197-213 (2011).

 

2013年7月3日:

イギリスの出版社 Routledge への Environment and Sustainability に関する book proposal のレビューを行いました。

 

2013年7月2日:

7月18日(木)17:00より、東京大学・本郷キャンパスにおきまして、第10回 Policy Platform (PoP) Seminar を開催致します。グリーン・イノベーションの促進に向けた政府の役割や民間企業との連携等について、現場での政策作りを担う経済産業省、国土交通省、環境省の現役若手官僚が、政策形成の実態や今後の可能性の課題について議論する予定です。

第10回 Policy Platform (PoP) Seminar

経産省・国交省・環境省 現役若手官僚特別講演 グリーン・イノベーションの現在 - 今、どこで、誰が、何を -

日時:2013年7月18日(木)17:00〜19:00

会場:東京大学本郷キャンパス・法学政治学研究科総合教育棟101教室

講師:経済産業省 産業技術環境局 地球環境対策室 課長補佐  河野 孝史(こうの たかし)氏   「 日本の技術で世界に! 国際交渉のオモテとウラ」

国土交通省 総合政策局 環境政策課 課長補佐  嶋川 智尉(しまかわ ともやす)氏  「国土交通省における再生可能エネルギーの推進政策 〜私たちの暮らしに密着した視点から〜」

環境省 地球環境局 地球温暖化対策課 課長補佐  吉田 諭史(よしだ さとし)氏   「 グリーンイノベーションの先にある私たちの社会」

主催:東京大学 科学技術イノベーション政策の科学 (STIG) 教育・研究ユニット

 

2013年6月28日:

6月25日(火)−28日(金)に韓国・蔚山で開催された 7th International Society for Industrial Ecology Biennial Conference におきまして、生態学的情報アプローチによる経済資源ネットワークのロバストネスの検証に関する発表が、ポスター・コンペティションで2位となりました。

Kharrazi, Ali, and Masaru Yarime, "Robustness of Economic Resource Networks: An Ecological Information Based Approach," 7th International Society for Industrial Ecology Biennial Conference: Strategy for Green Economy, University of Ulsan, Ulsan, South Korea, June 25-28 (2013).

今回の会議では、リンのリソース・ロジスティックスの分析に関する研究の発表も合わせて行われました。

Matsubae, Kazuyo, Masafumi Mizoguchi, Kenichi Nakajima, Keisuke Nansai, Masaru Yarime, and Tetsuya Nagasaka, "Resource logistics analysis on phosphorus and its implication on resource governance," 7th International Society for Industrial Ecology Biennial Conference: Strategy for Green Economy, University of Ulsan, Ulsan, South Korea, June 25-28 (2013).

 

2013年6月28日:

企業の社会的貢献・市民活動の理論と実践に関する学術誌 Journal of Corporate Citizenship Editorial Advisory Board に参加することになりました。

 

2013年6月24日:

サステイナビリティに関する研究連携のパターンの定量的な分析を行った下記の論文が、学術誌 Sustainability Science で2010年に出版された論文の内で最も多く引用された論文となりました。

Yarime, Masaru, Yoshiyuki Takeda, and Yuya Kajikawa, "Towards Institutional Analysis of Sustainability Science: A Quantitative Examination of the Patterns of Research Collaboration," Sustainability Science, 5 (1), 115-125 (2010).

 

2013年6月22日:

7月12日(金)、東京大学・本郷キャンパスにおきまして、 9th Policy Platform (PoP) Seminar を開催します。 Dr. Derk Loorbach of the Dutch Research Institute for Transitions (DRIFT) of Erasmus University Rotterdam in the Netherlands が、サステイナビリティに向けた社会変革を促すトランジション・マネジメントの理論と実践について議論する予定です。

9th Policy Platform (PoP) Seminar

Date: Friday, July 12, 2013, 17:00-19:00

Venue: Economics Research Annex (Kojima Hall), Conference Room, Second Floor, Hongo Campus, University of Tokyo

Title: Transition Management: Science, Governance and Entrepreneurship for Sustainability Transitions

Speaker: Dr. Derk Loorbach, Director of the Dutch Research Institute for Transitions (DRIFT) and Associate Professor at the Faculty of Social Science, Erasmus University Rotterdam, The Netherlands

Abstract: This lecture will introduce the transition management approach as it has developed over the last decade in Europe and beyond. Transition management is a governance approach that brings together business, science, policy and civil society in new ways to guide and accelerate major systemic changes in society towards sustainability. The transition perspective shows that most of the urgent sustainability challenges cannot be solved only by new technologies, top-down policies or market-based innovation. Rather, transitions are fundamental systemic changes in the way that we have organized and institutionalized societal systems such as energy, food, health care, education and welfare. As the global changes and pressures combined with bottom-up innovations increasingly show the pathways to possible sustainable futures, the core challenge becomes how to collectively shift our cultures, structures and practices in this direction. This lecture will present the theory as well as practical examples how such major transitions to sustainability can be analyzed and influenced, through research, policy, entrepreneurship and social innovation.

Organizer: Science, Technology, and Innovation Governance (STIG), Graduate School of Public Policy (GraSPP), University of Tokyo

 

2013年6月21日:

The 4th International Conference on Sustainability Transitions (IST 2013) が、6月19日(水)から6月21日(金)にかけて、スイス・チューリッヒの Swiss Federal Institute of Technology (ETH) Zurich で開催されました。 Session on Global Diffusion of Environmental Innovation では、グローバルなレベルでの技術と制度の共進化を通じた環境イノベーションの創出について、鉛フリーはんだの開発・普及に関するアジア、欧州、アメリカにおけるネットワーク形成を比較して議論しました。

Yarime, Masaru, "Global Co-evolution of Technology and Institutions for Environmental Innovations: Development and Diffusion of Lead-Free Solders in Asia, Europe, and the United States," 4th International Conference on Sustainability Transitions (IST 2013), Swiss Federal Institute of Technology (ETH) Zurich, Switzerland, June 19-21 (2013).

 

2013年6月19日:

6月18日(火)、中国・北京におきまして、 United Nations Environmental Programme (UNEP) がオーガナイズする Global Partnership on Nutrient Management (GPNM) との協同で、 Global Transdisciplinary Processes of Sustainable Phosphorus Management (Global TraPs) First World Conference が開催されました。 Dialogue Session on Recycling Policy and Technology Innovation では、リン資源リサイクルのサステイナビリティ に向けた技術と公共政策の共進化に関する基調講演を行いました。

Yarime, Masaru, "Co-evolution of Technology and Public Policy for the Sustainability of Phosphorus Recycling," Keynote Speech, Dialogue Session on Recycling Policy and Technology Innovation," Global Transdisciplinary Processes of Sustainable Phosphorus Management (Global TraPs) First World Conference, Global Conference on Nutrient Management, Beijing, China, June 18-20 (2013).

 

2013年6月17日:

6月17日(月)−21日(金)にかけて、フランス・リールで The 10th International Conference of the European Society for Ecological Economics (ESEE) 2013: Ecological Economics and Institutional Dynamics が開催されています。この会議では、自然資本と人的資本を統合した包括的資本と人間開発に関する論文を発表しました。

Mihashi, Rina, Masaru Yarime, Tomohiro Akiyama, and Jia Li, "Inclusive Capital and Human Development: Integrating Human and Natural Capitals," The 10th International Conference of the European Society for Ecological Economics (ESEE) 2013: Ecological Economics and Institutional Dynamics, Lille, France, June 17-21 (2013).

 

2013年6月15日:

イギリス・ロンドンにある University College London (UCL) で新設された Department of Science, Technology, Engineering and Public Policy (STEaPP) の招待を受け、イノベーション創出に向けた学問分野間、産業セクター間、グローバル連携を促進するためのプラットフォーム形成における大学の機能について発表し、議論を行いました。

Yarime, Masaru, "Integrating Science, Technology, Engineering and Public Policy for Implementing Innovation: STEaPP as a Platform for Cross-Disciplinary, Cross-Sectoral, and Global Collaboration," Department of Science, Technology, Engineering and Public Policy (STEaPP), University College London (UCL), London, United Kingdom, June 14 (2013).

 

2013年6月10日:

リン資源の散逸の原因とリサイクルの可能性を検討した以下の論文が、近く Springer から出版される書籍 Sustainable Phosphorus Management: A Global Transdisciplinary Roadmap に掲載される予定です。

Yarime, Masaru, Cynthia Carliell-Marquet, Deborah T. Hellums, Yuliya Kalmykova, Daniel J. Lang, Quang Bao Le, Dianne Malley, Kazuyo Matsubae, Makiko Matsuo, Hisao Ohtake, Alan Omlin, Sebastian Petzet, Roland W. Scholz, Hideaki Shiroyama, Andrea E. Ulrich, and Paul Watts, "Dissipation and Recycling: What Losses, What Dissipation Impacts, and What Recycling Options?" in R. W. Scholz, A. H. Roy, F. S. Brand, D. T. Hellums & A. E. Ulrich, eds., Sustainable Phosphorus Management: A Global Transdisciplinary Roadmap, Dordrecht: Springer, forthcoming.

 

2013年6月6日:

6月24日(月)に東京大学本郷キャンパスにおきまして、 Sustainability Innovation Seminar Series 38 を開催します。ニュージーランド University of Auckland Business School Professor David Sundaram and Dr. Gabrielle Peko が、企業はどのようにしてサステイナビリティと適応性を統合することができるのか、企業戦略、組織構造、情報システムなどの観点から議論する予定です。

Sustainability Innovation Seminar Series 38

Date: Monday, June 24, 17:00-18:30

Venue: Room 708, Seventh Floor, Administration Bureau Building 2, Hongo Campus, University of Tokyo

Title: Sustainable and Adaptive Enterprises: Interweaving the Deliberate and Emergent

Speakers: Professor David Sundaram and Dr. Gabrielle Peko, Department of Information Systems and Operations Management, University of Auckland Business School, Auckland, New Zealand

Abstract: Enterprises that want to compete in the dynamic markets of today need to be able to respond to the ever-increasing rates of change. At the same time, enterprises strive to be ever more sustainable in terms of economic, environmental, and societal concerns. Enterprises are being challenged at all levels to meet the demands for sustainability and in a manner that can handle the complexity that is present. In this research we seek to determine how enterprises could integrate sustainability objectives with adaptive approaches to manage complexity and uncertainty. The overarching objective of the research is to explore how an enterprise can become both sustainable and adaptive by interweaving the deliberate and emergent in the context of strategy, business processes, organisational structures and information systems.

"Sustainability modelling and reporting: From roadmap to implementation"

We would also like to introduce our more recent project on organisational and personal sustainability and explore potential avenues for collaboration.

Bio: David Sundaram is an Associate Professor in the Department of Information Systems and Operations Management at the University of Auckland Business School. He is an engineer by background, a teacher, researcher, and consultant by profession, and a lifelong student. He is passionate about the modelling, design, and implementation of flexible and evolvable information, visualization, decision, knowledge, and social systems. The architecting and design of learning, adaptive, agile, and sustainable enterprises and societies is close to his heart.

Gabrielle Peko is a lecturer in the Department of Information Systems and Operations Management at the University of Auckland Business School. Her research interests include Adaptive and Sustainable Enterprises, Business Process Design, Supply Chain Management, and Decision Support Systems.

Contact: YARIME Masaru

 

2013年6月4日:

学術誌 Nature を出版している Nature Publishing Group (NPG) が発行するオープン・アクセス・ジャーナル Frontiers in Energy Systems and Policy Editorial Board に参加することになりました。

 

2013年5月30日:

現在カナダ・モントリオールで開催されている 47th Annual Conference of the Canadian Economics Association (CEA) におきまして、自然資源と人間開発に関する実証研究の論文を発表しました。

Mihashi, Rina, and Masaru Yarime, "Natural Resource Abundance and Human Development: Empirical Evidence for Period 1990-2010," 47th Annual Conference of the Canadian Economics Association (CEA), HEC Montréal, Quebec, Canada, May 30 - June 2 (2013).

 

2013年5月29日:

6月27日(木)15:00より、東京大学・本郷キャンパスにおきまして、第8回 Policy Platform (PoP) Seminar を開催致します。今回のセミナーでは、持続可能な開発、気候変動、クリーン・エネルギー、感染症など科学技術に関する国際的な課題に向けて、米国の科学技術外交ではどのような取り組みがなされているのか、その可能性と課題について、米国科学振興協会 (AAAS) Dr. Vaughan C. Turekian (科学外交センター長 兼 AAAS 発行専門誌 Science & Diplomacy 編集長)及び Dr. Tom C. Wang (同副センター長)が議論する予定です。

8th Policy Platform (PoP) Seminar

Date and Time: Thursday, June 27, 2013, 15:00-17:00

Venue: Economics Research Annex (Kojima Hall), Conference Room, 2nd floor, Hongo Campus, University of Tokyo

Title: U.S. Science and Technology Diplomacy

Speakers: Dr. Vaughan C. Turekian (Chief International Officer, Director of the Center for Science Diplomacy, and Editor-in-Chief of Science & Diplomacy, AAAS) and Dr. Tom C. Wang (Deputy Director of the Center for Science Diplomacy, AAAS)

Organizer: Science, Technology, and Innovation Governance (STIG), Graduate School of Public Policy (GraSPP), University of Tokyo

Registration required.

 

2013年5月28日:

日本の科学技術イノベーションの変革にあたっての可能性と課題について議論した論文が、 Anne Allison and Frank Baldwin 編集の書籍 Possible Futures for Japan のチャプターとして、 New York University Press から出版される予定です。

Yarime, Masaru, "Transforming Japanese Science and Technology to Meet Societal Challenges," in Anne Allison and Frank Baldwin, eds., Possible Futures for Japan, New York: New York University Press, forthcoming.

 

2013年5月24日:

大学と社会のステークホルダーとの連携を通じた都市のサステイナビリティ変革に関する以下の論文の完全版が、学術誌 Journal of Cleaner Production に掲載されました。

Trencher, Gregory, Masaru Yarime, and Ali Kharrazi, "Co-creating sustainability: cross-sector university collaborations for driving sustainable urban transformations," Journal of Cleaner Production, 50, 40-55 (2013).

 

2013年5月18日:

6月3日(月)17:00より、東京大学・本郷キャンパスにおきまして、 Sustainability Innovation Seminar Series 37 を開催します。フィンランド Aalto University School of Business Jouni Juntunen さんが、家庭のエネルギー機器に関するユーザー・サイドからのイノベーションについて議論する予定です。ご関心のある方は、是非ご参加ください。

Sustainability Innovation Seminar Series 37

Date: Monday, June 3, 17:00-18:30

Venue: GraSPP Meeting Room 610, Sixth Floor, Administration Bureau Building 2, Hongo Campus, University of Tokyo

Title: User Innovation in Sustainable Home Energy Technologies

Speaker: Jouni K. Juntunen, Doctoral Candidate and Project Researcher, Department of Management and International Business, School of Business, Aalto University, Aalto, Finland

Abstract: There is an increasing interest in small-scale energy production from renewable sources. While much hope has been placed on more active energy users, it has remained less clear what citizens can and are willing to do. We charted user inventions in heat pump and wood pellet burning systems in Finland in years 2005–2012. In total we found 192 inventions or modifications that improved either the efficiency, suitability, usability, maintenance or price of the heat pump or pellet systems, as evaluated by domain experts. Our analysis clarifies that users are able to successfully modify, improve and redesign next to all subsystems in these technologies. It appears that supplier models do not cater sufficiently for the variation in users’ homes, which leaves unexplored design space for users to focus on. The inventive users can speed up the development and proliferation of distributed renewable energy technologies both through their alternative designs as well as through the advanced peer support they provide in popular user run Internet forums. These online forums bring together users to have discussion around purchase, use and maintenance of these technologies. Forums help otherwise dispersed and heterogeneous users to create a specific kind of learning space that helps some users to “grow inventive” even as the majority of users therein remain indifferent towards their specific projects. These findings open a discussion on how the actions of typically a small group of inventive users are embedded in and supported by the activities of a broader user base and how such users can be of benefit to energy and climate policy.

Short bio: Jouni K. Juntunen is a doctoral candidate and project researcher in Aalto University, School of Business. In his dissertation he is investigating technology domestication processes, user development and user innovations in the context of micro-generation technology. Jouni studied Industrial Engineering and Management in University of Oulu, Finland. Prior to coming Aalto University, he was working 15 years in telecommunication business in Finland, China and Japan and hold positions in the areas of design for manufacturing, product management, technology marketing and industry analyst relations. Whilst pursuing his doctoral studies, he is also working in a research project that is exploring local adaptation and innovation-in-practice in energy efficiency and carbon neutrality.

Contact: YARIME Masaru

 

2013年5月15日:

International Symposium on Sustainable Systems and Technology (ISSST) 2013 が、5月15日ー17日に、米国オハイオ州・シンシナティで開催されています。この会議では、以下の研究成果が発表されました。

Kharrazi, Ali, Elena Rovenskaya, Brian D. Fath, and Masaru Yarime, "Quantifying the Sustainability of Economic Resource Networks: An Ecological Information-Based Approach," International Symposium on Sustainable Systems and Technology (ISSST), Cincinnati, Ohio, United States, May 15-17 (2013).

Pathirana, Shakila, and Masaru Yarime, "Functions of Stakeholders for Diffusion of Energy Efficiency Technologies in Small and Medium Sized Enterprises: A Case Study of the Sri Lankan Apparel Industry," International Symposium on Sustainable Systems and Technology (ISSST), Cincinnati, Ohio, United States, May 15-17 (2013).

 

2013年5月14日:

International Organization for Migration (IOM) が現在行っている調査プロジェクト Effectiveness of Solar Lanterns in Reducing Insecurity and Gender-Based Violence among Internally Displaced Persons in Puntland, Somalia に参加しています。パナソニック、ナイロビ大学と協力して、ソマリアの難民キャンプにおけるソーラーランタンの配布が安全確保にどのような効果があるのか、またその費用対効果はどうなのかなどに関して調査を行い、将来その結果を公表する予定です。

 

2013年5月6日:

学術誌 Sustainability Science Editor として、再び次のタームも参加することになりました。 Sustainability and Science, Technology, and Innovation の分野に関する論文の査読を担当する予定です。

 

2013年5月5日:

Professor Janelle Knox-Hayes of the School of Public Policy of the Georgia Institute of Technology が、5月から8月まで Abe Fellow として、東京大学公共政策大学院 (GraSPP) 科学技術イノベーション・ガバナンス (STIG) に滞在します。これまで欧州や米国における環境金融市場の制度的進化に関して研究を行ってきており、これから東京、シンガポール、香港、上海、北京などアジア市場との比較研究を共同で行う予定です。

 

2013年5月4日:

高等教育機関に向けたサステイナビリティ評価手法に関する以下の論文が、学術誌 Journal of Education for Sustainable Development Most-Read Articles during March 2013 の一つに選ばれました。

Yarime, Masaru, and Yuko Tanaka, "The Issues and Methodologies in Sustainability Assessment Tools for Higher Education Institutions: A Review of Recent Trends and Future Challenges," Journal of Education for Sustainable Development, 6 (1), 63-77 (2012).

 

2013年5月1日:

学術誌 Higher Education に投稿された論文のレビューを提出しました。

 

2013年4月30日:

学術誌 Journal of Corporate Citizenship に投稿された論文のレビューを提出しました。

 

2013年4月29日:

学術誌 Global Environmental Change に投稿された論文のレビューを提出しました。

 

2013年4月27日:

このたび、公益財団法人トラスト60の支援を受けまして、自然資本研究会を立ち上げました。4月26日(金)東京・三井住友信託銀行で第1回会合が開催され、委員長として、最近の Sustainable Development Goals (SDGs) の議論における自然資本の位置づけについて話しました。大学、研究機関、産業、政府からの参加者と一緒に、地域、国、地球レベルにおける自然資本の理論的・実践的側面を整理し、将来における企業戦略と公共政策に向けて議論する予定です。

鎗目雅 "Natural Capital in the Context of Recent Discussions on Sustainable Development Goals (SDGs)" (in Japanese), 委員長講演、自然資本研究会第1回、東京・三井住友信託銀行、4月26日 (2013).

 

2013年4月26日:

4月26日(金)東京・大和証券におきまして、 United Nations Environmental Programme Financial Initiative (UNEP FI) Japan Group が開催するセミナーに講師として参加しました。現在スイス・ジュネーブの UNEP FI E-RISC Project Advisory Committee Member として参加しており、そのプロジェクトの知見と今後の金融機関の役割に関して、実務家の方々と議論を行いました。

鎗目雅 "UNEP FI Project on Environmental Risk Integration in Sovereign Credit Analysis (E-RISC): Its Findings and Implications for Future Actions in the Financial Industry" (in Japanese), UNEP FI Japan Group Seminar, 東京・大和証券、4月26日 (2013).

 

2013年4月22日:

Working Group III (Mitigation of Climate Change) contribution to the Fifth Assessment Report (AR5) of the Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC) Second Order Draft (SOD) に関しまして、 External Reviewer としてコメントを提出しました。 IPCC AR5 は、2014年4月に発行される予定です。

 

2013年4月17日:

生態学における情報アプローチに基づいたサステイナビリティの概念の定量化に関する以下の論文が、学術誌 Ecological Economics のオンライン版に掲載されました。

Kharrazi, Ali, Elena Rovenskaya, Brian D. Fath, Masaru Yarime, and Steven Kraines, "Quantifying the sustainability of economic resource networks: An ecological information-based approach," Ecological Economics, 90, 177-186 (2013).

 

2013年4月16日:

社会のステークホルダーとサステイナビリティに向けて連携する大学の新しい機能に関する論文が、学術誌 Science and Public Policy に受理され、近く出版される予定です。

Trencher, Gregory, Masaru Yarime, Kes McCormick, Christopher Doll, and Steven Kraines, "Beyond the Third Mission: Exploring the Emerging University Function of Co-creation for Sustainability," Science and Public Policy, forthcoming.

 

2013年4月10日:

ケニアの都市のサステイナビリティに向けたフレームワークに関する以下の論文が、学術誌 Sustainability Science に受理され、近く掲載される予定です。

Mutisya, Emmanuel, and Masaru Yarime, "Moving towards Urban Sustainability in Kenya: Framework for Integration of Environmental, Economic, Social, and Governance Dimensions," Sustainability Science, forthcoming.

 

2013年4月1日:

4月1日(月)より、東京大学・本郷キャンパスにある公共政策大学院 (GraSPP)科学技術イノベーション・ガバナンス (STIG) で勤務を始めました。これからは、エネルギー、環境、健康分野など、社会的課題に関するイノベーションの促進に向けて、公共政策、企業戦略、制度設計について研究教育活動を進めていく予定です。

 

2013年3月31日:

3月25日(月)に、 Graduate Program in Sustainability Science (GPSS)Graduation Ceremony が行われました。2012年度冬学期には、以下の博士研究・修士研究の指導を行い、無事に修了しました。

Mutisya, Emmanuel Musau, "Access to Microfinance and Financial Training for Innovative Urban Sustainability: Collective Investments at the Bottom of the Pyramid Segment in Urban Kenya," Doctoral Dissertation (Supervisor: Yarime, Masaru; Co-adviser: Todo, Yasuyuki), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, March (2013).

Akiyama, Yuki, "Analysis of Relation between Corporate Environmental Performance and Financial Performance for Environmental Evaluation of Manufacturing Firms," Master’s Thesis (Supervisor: Yarime, Masaru; Co-adviser: Matsuda, Hirotaka), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, March (2013).

Arai, Tomoko, "Potential of Fashion Brands to Solve Sustainability Issues of the Fashion Industry: A Case Study of Motherhouse," Master’s Thesis (Supervisor: Yarime, Masaru; Co-adviser: Onuki, Motoharu), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, March (2013).

Kohtake, Reina, "Demand Response Assessment and Strategy Planning for the Condominium Residential Sector in Japan," Master’s Thesis (Supervisor: Yarime, Masaru; Co-adviser: Steven Kraines), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, March (2013).

簡?庭、「『スマートライフ』へ向けたシステム構築:社会的ビジネス・モデルと消費者行動の国際比較」、東京大学大学院新領域創成科学研究科人間環境学専攻、修士論文(指導教員:鎗目雅)、3月 (2013).

Dr. Emmanuel Mutisya は新領域創成科学研究科長賞(博士課程・学業)、秋山勇樹さんは新領域創成科学研究科長賞(修士課程・学業)をそれぞれ受賞しました。

 

今年度は、以下の博士研究・修士研究へのアドバイスも行いました。

小関珠音、「組織連携と産業形成:有機EL分野における日本企業の事例分析」、東京大学大学院工学系研究科先端学際工学専攻、博士論文(主査:馬場靖憲、副査:鎗目雅、香川豊、瀬川浩司、渡部俊也)、3月 (2013).

Kozawa, Kie, "Motivation of Purchasing a Local Wooden House Case study of Kochi Prefecture, Japan," Master’s Thesis (Supervisor: Yamamoto, Hirokazu; Co-adviser: Yarime, Masaru), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, March (2013).

Kamath, Reshma, "Sustainable Growth of Base of Pyramid (BOP) Markets through Cooperative-Style Multinational Corporation (MNC) Ventures," Master's Thesis (Adviser: Lee Geun, Vice Chairman: Yarime, Masaru, Thesis Committee Member: Moon Hwy-Chang), Graduate School of International Studies, Seoul National University, Seoul, South Korea, May (2012).

 

2013年3月22日:

サステイナビリティの定量化に関する以下の論文が、学術誌 Ecological Economics に受理され、近く出版される予定です。

Kharrazi, Ali, Elena Rovenskaya, Brian D. Fath, Masaru Yarime, and Steven Kraines, "Quantifying the Sustainability of Economic Resource Networks: An Ecological Information-Based Approach," Ecological Economics, forthcoming.

 

2013年3月14日:

以下の論文のオンライン版が、 Journal of Cleaner Production に掲載されました。

Trencher, Gregory, Masaru Yarime, and Ali Kharrazi, "Co-creating sustainability: cross-sector university collaborations for driving sustainable urban transformations," Journal of Cleaner Production, 10.1016/j.jclepro.2012.11.047 (2012).

 

2013年3月9日:

3月8日(金)−9日(土)、東京・国際文化会館におきまして、 International Conference on Using Evidence and Human Resource Development for Science, Technology and Innovation (STI) Processes が、東京大学公共政策大学院 科学技術イノベーション政策の科学プログラム の主催で開催されました。この会議では、ディスカッサントとしてコメントを行うとともに、パネルディスカッション Evidence-Based Policy Making Process and Human Resource Development for STI Processes に参加しました。

Yarime, Masaru, "Comments on the Role of Real-time Technology Assessment in STI Processes," International Conference on Using Evidence and Human Resource Development for Science, Technology and Innovation (STI) Processes, International House of Japan, Tokyo, Japan, March 8-9 (2013).

 

2013年3月5日:

3月4日(月)、カナダ・オンタリオ州にある University of Waterloo, School of Environment, Enterprise, and Development (SEED) におきまして、 Public Research Seminar を行いました。サステイナビリティに向けたイノベーションを促進するにあたって、イノベーション・システムとマネジメントのアプローチの統合の可能性と、企業戦略、公共政策へのインプリケーションを議論しました。

Yarime, Masaru, "Creating Innovation for Sustainability: Integration of Innovation Systems and Management Perspectives," Public Research Seminar, School of Environment, Enterprise, and Development (SEED), University of Waterloo, Ontario, Canada, March 4 (2013).

 

2013年3月1日:

3月8日(金)−9日(土)、東京・国際文化会館におきまして、 International Conference on Using Evidence and Human Resource Development for Science, Technology and Innovation (STI) Processes が開催される予定です。東京大学公共政策大学院 科学技術イノベーション政策の科学プログラム による主催です。この会議では、 Professor David Guston of Arizona State University が、 Role of Real-Time Technology Assessment in STI Processes について基調講演を行い、それに引き続いてディスカッサントとして参加する予定です。

 

2013年2月12日:

2013年9月19日(木)−20日(金)、東京におきまして、 International Conference on CSR and Corporate Governance が、 Japan Forum of Business and Society (JFBS), Humboldt University International CSR Conference (HU CSR), and Japanese German Center Berlin (JDZB) の共催で開催される予定です。9月18日(水)には、 Doctoral Workshop も行われる予定です。この会議には Program Committee Member として参加しており、是非多くの研究者、学生の研究成果の発表を期待しています。プロポーザルの締め切りは、5月31日です。

Program Committee: Joachim Schwalbach (Professor, Humboldt-University of Berlin, Germany), Nick Barter (Senior Lecturer, Griffith University, Australia), Wanjun Jiang (Associate Professor, Peking University, China), Gregory Jackson (Professor, Freie Universität Berlin, Germany), Masaru Yarime (Associate Professor, University of Tokyo, Japan), and Kanji Tanimoto (Professor, Waseda University, Japan)

 

2013年2月1日:

2月1日(金)に川崎国際環境技術展 2013 におきまして、 Kick-off Symposium for Clean Tech Open Japan 2013 が行われました。その中で、サステイナビリティ・イノベーションを推進していくための産学官連携に関する発表を行うとともに、国際協力機構 (JICA) ・唐澤雅幸氏、 Dr. Bernadia Irawati Tjandradewi, Programme Director of CITYNET; and Mr. Kevin Braithwaite, Chair of the Clean Tech Open Global Ideas Competition などとともに、環境技術を国際的に開発・展開していくにあたっての可能性と課題について議論しました。

Yarime, Masaru, "Stakeholder Collaboration for Creating Innovations for Global Sustainability," Kawasaki International Eco-Tech Fair 2013, Kawasaki, Kanagawa, Japan, February 1 (2013).

 

2013年1月29日:

2月8日(金)16:00から、東京大学柏キャンパス・環境棟2階204号室におきまして、 Sustainability Innovation Seminar Series 36 を開催致します。 スイス連邦工科大学 (ETH) チューリッヒ校 Chair of Sustainability and Technology Dr. Tobias Schmidt and Mr. Joern Huenteler が、新興国における再生可能エネルギーのスケール・アップに向けた公共政策・投資に関する状況と課題に関して議論する予定です。 ご関心のある方は、是非ご参加ください。

Sustainability Innovation Seminar Series 36

Date: Friday, February 8, 2013, 16:00-17:30

Venue: Room 204, Second Floor, Environmental Building, Kashiwa Campus, University of Tokyo

Title: Scaling-up Renewable Energy in Developing Countries

Speakers: Tobias Schmidt and Joern Huenteler, Chair of Sustainability and Technology, Swiss Federal Institute of Technology (ETH) Zurich, Switzerland

Presentation 1: Derisking Renewable Energy Investment

O. Waissbein, Y. Glemarec, H. Bayraktar, T.S. Schmidt (presenting), United Nations Development Programme

Abstract: Around the world, developing countries are seeking to rapidly scale-up renewable energy investment. While renewable energy potentials are often favorable in developing countries, they remain mostly untapped. The reasons lay not just in higher technology cost of renewables, but in the challenges in securing long-term affordable finance. This is the case as - contrary to fossil fuel-based technologies - investment cost and their financing are the primary cost driver for electricity generated from renewable sources. Due to a number of perceived or actual behavioral, technical, regulatory, financial or administrative barriers and associated investment risks in developing countries, financing costs (e.g., the terms of debt) are significantly higher in developing countries. Reducing the financing costs and improving access to long-term affordable finance is therefore an important lever in leveraging investments in renewable energy technologies. In order to lower financing cost, the UNDP proposes to address the risks in the investment environment by means of public de-risking instruments.

Public derisking measures can broadly be divided into two groups: - Policy derisking instruments seek to remove the underlying barriers that are the root causes of risks. As the name implies, these instruments utilize policy and programmatic interventions to mitigate risk and include. - Financial derisking instruments do not seek to directly address the underlying barriers, but instead transfer the risks that investors face to public actors, such as development banks.

The objective of this report is to provide guidance for policymakers in selecting and quantifying the impact of public instruments in promoting investment in renewable energy. To this end, the UNDP team developed a framework to estimate the effects of risks and de-risking measures on the financing costs of renewable energies in a bottom-up techno-economic model and apply it to on-shore wind energy in four exemplary countries: Kenya, Mongolia, Panama, and South Africa. The modeling results show that the effects of public de-risking instruments by far outweigh their costs (especially in the case of policy derisking instruments). This indicates that de-risking can be a very effective and efficient lever to reduce the cost of renewable energy technologies and attract large scale private investment into these technologies in developing countries.

Presentation 2: Financing Feed-in Tariffs in Developing Countries under the Post-Kyoto Climate Policy Regime - The Case of Thailand

Joern Huenteler (1) presenting, Christian Niebuhr (1,2), Tobias Schmidt (1), Reinhard Madlener (2), Volker Hoffmann (1), (1) ETH Zurich, Switzerland (2) RWTH Aachen University, Germany

Abstract: In recent years, more and more developing countries have adopted feed-in tariff (FIT) policies to attract investment in renewable energy. The differentiated and performance-based support structure makes FITs very suitable for country-led mitigation initiatives, so called Nationally Appropriate Mitigation Actions (NAMAs), in the electricity sector. However, there is a lack of experience and best practices on how to design policies, how to project the abatement cost and how to allocate the financing gap between different stakeholders in general and in combination with FITs specifically. In this paper, we use the Thai Alternative Energy Development Plan (AEDP), to study the incremental cost of FITs, and to quantify potential funding sources under the post-2012 climate policy regime. The analysis is based on a power plant-level techno-economic model of the Thai electricity sector.

We show that when no fuel subsidies are assumed, the incremental costs are relatively small for most renewable energy technologies. If NAMAs are designed adequately, the overall funding needs are in the range of $7bn for the anticipated renewable energy diffusion under the AEDP by 2021. Yet our analysis also shows that the international carbon market is unlikely to be able to cover a significant part of the remaining funding gap, even when strong international commitment is assumed. This makes additional NAMA finance necessary. We elaborate on possible funding structures for NAMA finance and discuss how to address key uncertainties when determining the incremental costs ex-ante. We highlight that, in order to secure the accountability of potential financial support by developed countries, adequate baseline methodologies and data transparency will become major challenges for efficient funding allocation within internationally supported NAMAs.

Biographies:

Tobias Schmidt works as post-doctoral researcher in the Group of Sustainability and Technology and also serves as lecturer for ETH Zurich's Department of Humanities, Social and Political Sciences. Furthermore, he currently works as consultant to the United Nations Development Programme (UNDP), Environment & Energy Group. In his dissertation, Tobias investigated how climate-relevant policies trigger low-carbon technological change in the power sector.

Joern Huenteler is a researcher in the Group of Sustainability and Technology at the Swiss Federal Institute of Technology (ETH), Zurich. He investigates the influence of policy support on innovation and industrial performance in the renewable energy sector. Joern holds a diploma degree in Mechanical Engineering and Business Administration from RWTH Aachen University (Germany) and a M.Sc. in Engine Thermophysics from Tsinghua University (Beijing, China).

Contact: YARIME Masaru

 

2013年1月17日:

1月30日(水)に、 Sustainability Innovation Seminar Series 35 を開催します。 Dr. Anthony Halog of the University of Queensland in Australia が、システム的な観点から Sustainable Industrial Networks に関する概念や方法論、ツールを議論する予定です。

Sustainability Innovation Seminar Series 35

Date: Wednesday, January 30, 2013, 10:00-11:30

Venue: Room 204, Second Floor, Environmental Building, Kashiwa Campus, University of Tokyo

Title: A System Thinking Framework for Developing Configurations of Sustainable Industrial Networks

Speaker: Anthony Halog, PhD, MBA, Lecturer in Industrial Environmental Management/LCA Certified Professional, School of Geography, Planning & Environmental Management, The University of Queensland, Brisbane, Australia

Abstract: Attaining industrial sustainability at the local/regional level requires collaborative efforts from participating agents toward common goals including resource conservation, low carbon emissions, production efficiency, economic viability, and corporate social responsibility. Our existing socio-technical systems should transition or evolve toward achieving system sustainability. This study aims to operationalize the idea of system sustainability by developing a conceptual framework for computational modelling and design of an industrial ecology-modelled forest biorefinery. Novel system-based modelling tools that take into consideration the three pillars of sustainability along with stakeholders’ interest should be developed. The weakening forest product industry in Maine is at the core of the proposed ecologically sustainable industrial park development. This will demonstrate a system model of the dynamic exchange of wastes and resources to produce sustainable value-added products. The ensuing framework involves integrated decision support, which can help in evaluating such a system with the goal of reducing overall energy and resource consumptions, while improving the economic, environmental and social performance of eco-industrial clusters. System dynamics (SD), materials flow analysis (MFA), life cycle assessment (LCA) and agent-based modelling (ABM) are modelling tools which can be applied to capitalize individual agents’ potential for designing prospective configurations/topologies of an industrial ecosystem.

Biography: Anthony Halog joined the University of Queensland in October 2012 from the University of Maine, USA where he was an Assistant Professor in Industrial Ecology. Dr Halog has held various positions as Visiting Faculty Fellow at the National Renewable Energy Laboratory of US Department of Energy, USA; as an Organization for Economic Cooperation and Development (OECD) Research Fellow at the Finnish Forest Research Institute; as Japan Society for the Promotion of Science (JSPS) Postdoctoral Research Fellow at the National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST), Japan; and as an Natural Sciences and Engineering Research Council (NSERC) Postdoctoral Research Fellow at the National Research Council of Canada. He has been recently selected as a Research Fellow at the Institute for Advanced Studies on Science, Technology and Society (IAS -STS), Austria. His qualification in environmental life cycle assessment (LCA) has been officially certified by the American Centre for Life Cycle Assessment (ACLCA) since January 2009. Dr. Halog worked before as Quality Control Engineer/ISO Consultant in food, cement and consumer industries in the Philippines, plastic moulding industry in Singapore and toy factory in Thailand. His research transcends traditional boundaries of natural sciences, engineering, and social sciences. He is currently developing quantitative and computational models and tools to assess emerging technologies and industrial ecosystems, which can provide exciting breakthroughs in research and educational innovation in sustainability science and engineering. Broadly, his interests are industrial ecology/eco-efficiency, sustainable consumption and production, environmental lifecycle assessment (LCA), eco-design, coupled human and natural systems, industrial sustainability, and renewable energy production.

Contact: YARIME Masaru

 

2013年1月10日:

下記の論文が、 United Nations University が発行する OurWorld 2.0 の Best Articles of 2012 の一つに選ばれました。

Gregory Trencher and Masaru Yarime, "Universities co-creating urban sustainability," OurWorld 2.0, May 23 (2012).

 

2013年1月3日:

International Steering Board メンバーとして参加した Third International Conference on Sustainability Science (ICSS 2012) Conference Report が発行されました。

 

2012年12月26日:

スイス・ジュネーブの United Nations Environmental Programme Financial Initiative (UNEP FI) がイニシアティブを取り、現在 Advisory Committee Member として参加している Environmental Risk Integration in Sovereign Credit Analysis (E-RISC) Project Phase 1 Report が発行されたことを機に、ロンドン、シドニー、ニューヨークに引き続き、12月26日(水)に東京・三井住友信託銀行でセミナーをオーガナイズしました。

Yarime, Masaru, "Introduction to A New Angle on Sovereign Credit Risk – E-RISC: Environmental Risk Integration in Sovereign Credit Analysis," United Nations Environmental Programme Financial Initiative (UNEP FI, Geneva) E-RISC Project Seminar, Sumitomo Mitsui Trust Bank, Tokyo, Japan, December 26 (2012).

 

2012年12月19日:

1月28日(月)16:30-18:00、環境棟3階講義室3におきまして、 Sustainability Innovation Seminar 34 を開催する予定です。オックスフォード大学の Dr. Karen Anderton が、イギリスにおける低炭素自動車の導入に関するガバナンスと公共政策に関して議論する予定です。 ご関心のある方は是非ご参加頂けましたら幸いです。

Sustainability Innovation Seminar Series 34

Date: Monday, January 28, 2013, 16:30-18:00

Venue: Lecture Room 3, Third Floor, Environmental Building, Kashiwa Campus, University of Tokyo

Title: "Mapping the UK Low Emission Vehicle Policy Landscape"

Speaker: Dr. Karen Anderton, Institute for Carbon and Energy Reduction in Transport, University of Oxford, United Kingdom

Abstract:

This paper is concerned with the organisational governance of the low carbon vehicle regime in the UK. It focuses on the emerging relationships and governance structures developed through current activities to decarbonise the transport infrastructure.

Efforts have been underway for several years in the UK to prime the low carbon vehicle market and associated infrastructure required to promote efficient alternatives to the internal combustion engine. Such activities have been conducted through a host of public, private and non-profit organisations working together to understand the appetite for and barriers to uptake of alternatively-fuelled vehicles. The main objective of this paper was to map and understand the roles played by these various organisations. As such the interactions between: car and energy industries, transport, research and energy departments of government, national and local/city governments and civil society were investigated through conducting semi-structured interviews with participants from these diverse sectors. It was important to ascertain an understanding of particular roles assumed by certain entities and whether there is clarity between parties as to where ultimate responsibility lies within the project/policy delivery teams.

Initiatives such as the 'Plugged-in Places' scheme - which is deploying electric vehicle pilot projects across selected metropolitan areas and regions - amongst others were examined to explore whether such projects inform future policy development and strategic direction in the roll-out of future infrastructure. Any 'bottlenecks' or 'gaps' in the development and implementation of policies associated with delivering alternatively-fuelled vehicles were also identified. Finally, the level of engagement of ‘mainstream/leading’ car companies versus niche/SME enterprises was considered, as well as the impact of EU regulation and policy over activities in the UK.

Bio: Karen Anderton is a James Martin Research Fellow at the Transport Studies Unit, University of Oxford. Karen’s research focuses on organisational and governance considerations in transport and environmental policymaking across levels. She completed her DPhil thesis “Sub-national government responses to reducing the climate impact of cars”, at TSU in January 2012. Karen has been working on environmental policy issues for well over a decade and focused on climate change issues since 2003. She holds a LLB (Hons) in Law and International Politics (2002) and an MSc (with Distinction) in Environment and Development (2003). Alongside her research, she has been an independent consultant since 2007 and has consulted for various international public, private and non-profit clients including UN Habitat, nrg4SD, UKCIP, NICCD, Global Action Plan and The Climate Group. She is also a Trustee of the Climate Outreach and Information Network (COIN).

Contact: YARIME Masaru

 

2012年12月14日:

12月13日(火)に名古屋・豊田工業大学におきまして、サステイナブル機械システム研究センターシンポジウムが開催されました。招待講演者として、サステイナビリティ・イノベーションの創出に向けた可能性と課題について議論しました。

鎗目雅、「サステイナビリティに向けたイノベーション創出:その可能性と課題」、サステイナブル機械システム研究センターシンポジウム、名古屋・豊田工業大学、12月13日 (2012).

 

2012年12月12日:

以下の論文が、学術誌 Journal of Cleaner Production のオンライン版に掲載されました。

Trencher, Gregory, Masaru Yarime, and Ali Kharrazi, "Co-Creating Sustainability: Cross-Sector University Collaborations for Driving Sustainable Urban Transformation," Journal of Cleaner Production,
10.1016/j.jclepro.2012.11.047 (2012).

 

2012年12月8日:

International Organization for Migration (IOM) がオーガナイズするプロジェクト Study on Effectiveness of Solar Lanterns in Reducing Cases of Sexual and Gender-Based Violence (SGBV) within Internally Displaced Persons (IDP) Camps in Garowe, Puntland, Somalia に参加することになりました。このプロジェクトは、 IOM Nairobi Office, University of Nairobi, and the Ministries of Women Development and Social Affairs in Garowe, Puntland と連携して行われ、来年にはレポートが発表される予定です。

 

2012年12月6日:

現代社会学事典 (編集顧問:見田宗介、編集委員:大澤真幸、吉見俊哉、鷲田清一)が、弘文堂から出版されました。その中で、「サステイナビリティ・サイエンス」の項目を執筆しました。

鎗目雅、「サステイナビリティ・サイエンス」、編集顧問:見田宗介、編集委員:大澤真幸、吉見俊哉、鷲田清一、現代社会学事典、東京:弘文堂、481 (2012).

 

2012年12月4日:

以下の論文が、学術誌 Sustainability Science のオンライン版に掲載されました。

Kudo, Shogo, and Masaru Yarime, "Divergence of the sustaining and marginalizing communities in the process of rural aging: a case study of Yurihonjo-shi, Akita, Japan," Sustainability Science,
10.1007/s11625-012-0197-x (2012).

 

2012年12月2日:

Phase 1 Report of the Environmental Risk Integration in Sovereign Credit Analysis (E-RISC) project が、スイス・ジュネーブの United Nations Environmental Programme Financial Initiative (UNEP FI) and Global Footprint Network から出版されました。このプロジェクトには、 Advisory Committee Member として参加しており、12月には東京でセミナーをオーガナイズする予定です。

"A New Angle on Sovereign Credit Risk – E-RISC: Environmental Risk Integration in Sovereign Credit Analysis," United Nations Environmental Programme Financial Initiative and Global Footprint Network, Geneva, Switzerland, November (2012).

 

2012年12月1日:

12月1日(土)、東京農工大学におきまして、 Education Program for Field-Oriented Leaders in Environmental Sectors in Asia and Africa (FOLENS) を対象に、サステイナビリティ・イノベーションに関する特別講義を行いました。

Yarime, Masaru, "Theories and Practices of Sustainability Innovation," Special Lecture, Business Creation and Management for Environmental Industries, Education Program for Field-Oriented Leaders in Environmental Sectors in Asia and Africa (FOLENS), Tokyo University of Agriculture and Technology, Tokyo, December 1 (2012).

 

2012年11月30日:

11月30日(金)東京におきまして、文部科学省、日本科学技術振興機構 (JST) の主催で、 Center of Innovation (COI) ワークショップが開催されました。大学、産業界、公的機関から参加した約50名の専門家とともに、環境・資源・エネルギー、少子高齢化、グローバルな産業競争力、安全・安心な社会などの重要問題に対して、どのようにイノベーションを促進していくことができるのか、課題と可能性に関して議論しました。

 

2012年11月29日:

以下の論文が、学術誌 Journal of Cleaner Production に受理されました。近く掲載される予定です。

Trencher, Gregory, Masaru Yarime, and Ali Kharrazi, "Co-Creating Sustainability: Cross-Sector University Collaborations for Driving Sustainable Urban Transformation," Journal of Cleaner Production, forthcoming.

 

2012年11月22日:

11月20日(火)−23日(金)にかけて、横浜で International Conference on EcoBalance 2012: Challenges and Solutions for Sustainable Society が開催されました。その中で、 Session on Sustainable Nutrient Management Chair を担当し、以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Encouraging Innovation for Sustainable Phosphorus Management: Technology, Management, and Public Policy," International Conference on EcoBalance 2012: Challenges and Solutions for Sustainable Society, Yokohama, Kanagawa, Japan, November 20-23 (2012).

Kharrazi, Ali, and Masaru Yarime, "Evaluating Ecological Risks of Fixed Income Investments, An Ecological Network Perspective," International Conference on EcoBalance 2012: Challenges and Solutions for Sustainable Society, Yokohama, Kanagawa, Japan, November 20-23 (2012).

 

2012年11月13日:

以下の論文が、学術誌 Sustainability Science に受理されました。近く掲載される予定です。

Kudo, Shogo, and Masaru Yarime, "Divergence of the Sustaining and Marginalizing Communities in the Process of Rural Aging: A case study of Yurihonjo-shi, Akita, Japan," Sustainability Science, forthcoming.

 

2012年11月3日:

現代社会学事典 (編集顧問:見田宗介、編集委員:大澤真幸、吉見俊哉、鷲田清一)が、近く弘文堂から出版されます。その中で、「サステイナビリティ・サイエンス」の項目を執筆しました。

鎗目雅、「サステイナビリティ・サイエンス」、編集顧問:見田宗介、編集委員:大澤真幸、吉見俊哉、鷲田清一、現代社会学事典、東京:弘文堂、 forthcoming.

 

2012年10月21日:

10月19日(金)、東京大学・柏キャンパスにおきまして、 Third SUSTAIN.CAFE が開催されました。この中で、現在サステイナビリティ・サイエンスにおいて課題になっている学術的な概念・方法論の発展、制度化、社会への貢献について議論しました。

Yarime, Masaru, "Sustainability Science and Its Challenges in Academic Development, Institutionalization, and Societal Contribution," Third SUSTAIN.CAFE, Kashiwa Campus, University of Tokyo, October 19 (2012).

 

2012年10月18日:

2012年12月13日(火)、名古屋・豊田工業大学におきまして、サステイナブル機械システム研究センターシンポジウムが開催される予定です。招待講演として、サステイナビリティ・イノベーションの創出に向けた可能性と課題について議論する予定です。ご関心がある方がいらっしゃいましたら、是非ご参加ください。

 

2012年10月18日:

10月17日(水)、科学技術振興機構研究開発戦略センター (JST-CRDS) におきまして、戦略ワークショップ「物質・エネルギー分野」分科会が開催されました。社会・経済的な課題を踏まえた研究戦略として、希少資源・枯渇資源に関するイノベーションについて議論しました。

鎗目雅、「サステイナビリティティ・イノベーションに向けた戦略的リソース・ロジスティックス」、戦略ワークショップ「物質・エネルギー分野」分科会、 科学技術振興機構研究開発戦略センター (JST-CRDS) 、東京、10月17日 (2012).

 

2012年10月12日:

10月上旬に東京で開催されている Annual Meetings of the International Monetary Fund (IMF) and the World Bank Group 2012 Civil Society Policy Forum の一環として、10月11日(木)に Session on Natural Capital Accounting and Innovative Financial Mechanisms をオーガナイズしました。この中で、環境・資源に関するリスクのクレジット評価への統合に関して、 UNEP Financial Initiative E-RISK project を紹介しながら、議論しました。

Yarime, Masaru, "Integrating Environmental Risks into Credit Rating for Sustainability," Session on How Natural Capital Accounting and Innovative Financing Mechanisms Can Achieve Aichi Biodiversity Target No. 20, Civil Society Policy Forum, 2012 Annual Meetings of IMF and World Bank Group, Tokyo Japan, October 11 (2012).

 

2012年10月10日:

ケニヤ都市部におけるサステイナビリティに向けたマイクロファイナンスの役割に関する以下の論文が、近く African Development Bank が発行する学術誌 African Statistical Journal に掲載される予定です。

Mutisya, Emmanuel, and Masaru Yarime, "Microcredit for the Development of the Bottom of the Pyramid Segment: Impact of Access to Financial Services on Microcredit Clients, Institutions and Urban Development," African Statistical Journal, forthcoming.

 

2012年9月30日:

10月上旬に東京で、 2012 Annual Meetings of the International Monetary Fund (IMF) and the World Bank Group が開催されます。その Civil Society Policy Forum の一環として、10月11日(木)16:00−17:30に Session on Natural Capital Accounting and Innovative Financial Mechanisms を開催する予定です。この中では、現在 Advisory Committee Member として関わっている UNEP Financial Initiative's project on Integrating Ecological Risks into Sovereign Credit Risk Models and Investments について、議論する予定です。ご関心のある方は、是非ご参加ください。

 

2012年9月21日:

U.S. National Science Foundation (NSF)'s Advisory Committee for Cyberinfrastructure が、 Final Report of the Task Force on Data and Visualization を出版しました。この活動には、ワークショップを通じて議論に参加しました。

Task Force on Data and Visualization, “Final Report,” Advisory Committee for Cyberinfrastructure, National Science Foundation (NSF), Washington, D.C., United States (2011).

 

2012年9月20日:

9月18日(火)にドイツの Leuphana University of Lueneburg を訪問し、 Innovation for Sustainable Energy に関するパブリック・セミナーを行いました。

Yarime, Masaru, "Bringing forth Innovation on Renewable Energy in the Region: University as a Platform for Stakeholder Collaboration and Social Experimentation for Sustainability, Public Seminar, Leuphana University of Lueneburg, Germany, September 18 (2012).

 

2012年9月10日:

日本における電気・ハイブリッド自動車の開発に関する以下の論文の完全版が、学術誌 Technological Forecasting and Social Change に掲載されました。

Pohl, Hans, and Masaru Yarime, "Integrating Innovation System and Management Concepts: The Development of Electric and Hybrid Electric Vehicles in Japan," Technological Forecasting and Social Change, 79 (8), 1431-1446 (2012).

 

2012年9月7日:

日本における科学に対する一般市民の信頼に関する私のコメントが、 イギリスの Royal Society of Chemistry が発行する雑誌 Chemistry World の記事で紹介されました。

"Rebuilding public trust in Japanese Science," Simon Perks, Chemistry World, Royal Society of Chemistry, United Kingdom, September 6 (2012).

 

2012年9月7日:

9月6日(木)−7日(金)に横浜におきまして、 Lyon-UT-Yokohama Workshop on Dealing with Urban Vulnerability が、University of LyonCity of Lyon 、東京大学の共催により開催されました。このワークショップは、昨年フランス・リヨンで開かれた Todai Forum 2011 Workshop on Facing Urban Vulnerability: New Approaches to Urban Design and Architecture, Siège du Conseil Région Rhône-Alpes, Lyon, October 20, 2011, organized by the University of Tokyo, Université de Lyon, École Normale Supérieure de Lyon, and Institut National Supérieurs de Sciences Appliquées (INSA) のフォローアップです。 Session 1 on General Framework for Vulnerability and Resilience Theories で、以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Understanding Sustainability as a Balance between Efficiency and Resilience," Lyon-UT-Yokohama Workshop on Dealing with Urban Vulnerability, jointly organized by the University of Lyon, City of Lyon, and the University of Tokyo, Yokohama, Japan, September 6-7 (2012).

 

2012年9月5日:

9月11日(火)10:00−11:00に、東京大学柏キャンパス・環境棟3階講義室3におきまして、 Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 33 を開催します。イギリス・ケンブリッジ大学の Manjusha Thorpe 氏が、化学・バイオテクノロジー産業における革新的なプロセス技術のスケールアップと、サステイナビリティへ向けた課題と可能性に関して議論する予定です。ご関心のある方は、是非ご参加ください。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 33

Date: Tuesday, September 11, 2012, 10:00-11:00
Venue: Lecture Room 3, Third Floor, Environmental Building, Kashiwa Campus, University of Tokyo

Title: Enablers of the Successful Scale up of Innovative Process Technologies Involving Industrial Biotechnology: Implications and Challenges for Sustainable Operations

Speaker: Manjusha Thorpe, Institute for Manufacturing, University of Cambridge, United Kingdom

Abstract:
The development of innovative process technologies is becoming increasingly important in the chemical industry. Furthermore, in response to the quest for more environmentally sustainable operations, new technologies often involve the replacement of conventional chemical processes with biotechnology processes. Companies will have an advantage in achieving competitive operations in shorter timeframes if they have the ability to overcome the challenges faced when scaling up new process technologies.

Initial research has been carried out using data from interviews conducted with members of five multi-national companies operating in the processing industry. The initial research confirmed the importance of various types of knowledge in achieving successful scale up. However, there were deficits. In particular, the lack of a formalised process including the identification, development, utilisation, capture and transfer of the knowledge that is critical for scale up. The interview data also revealed additional factors that appear critical in determining scale up performance. These include articulation of the tradeoffs between batch and continuous processing during scale up and the uniqueness of scaling up industrial biotechnology processes.
Further research is underway and this research focuses on understanding the problems encountered during scale up and solutions for overcoming these problems. In particular, the knowledge and skills that enable successful scale up are being investigated and the means of identifying knowledge gaps and knowledge sources is also being examined.

A case study methodology is be used to carry out the investigation and, to a large extent, the data is being obtained from interviews. The interviews are being conducted with members of the R&D, process engineering, operations, project management and business functions of companies in order to obtain a number of perspectives on the scale up of processes. Furthermore, scale up is being investigated across the pharmaceutical, specialty chemicals, commodity chemicals, petrochemical and industrial biotechnology sectors of the process industry. This will allow comparisons to be made across sectors and in particular, will allow lessons learned to be applied to the more nascent industrial biotechnology processes.
The research is expected to result in a knowledge map that describes the knowledge required for the successful scale up of a range of process technologies. In addition, mitigation methods for overcoming the problems typically encountered in scale up will be provided. The map and methods are expected to assist companies in streamlining the scale up of new process technologies, in particular biotechnology processes. This can help in achieving more sustainable solutions to future global chemical requirements.

Bio:
Manjusha Thorpe joined the Centre for Technology Management at the University of Cambridge in 2010. Manjusha studied both chemical engineering and Japanese as an undergraduate and before joining the University of Cambridge, Manjusha worked in industry for 14 years in Australia, Indonesia and Singapore. One of Manjusha's more recent achievements was successfully starting up and managing the Singapore operation of a global consulting company dedicated to benchmarking the competitiveness of capital projects executed by the oil, gas, mining, minerals, metals and processing industries.

Contact: YARIME Masaru


2012年8月31日:

8月29日(水)−31日(金)にかけて、デンマーク・コペンハーゲンの Technical University of Denmark (DTU) におきまして、 The Third International Conference on Sustainability Transitions (IST2012) が開催されました。この会議の中で、以下の研究発表を行いました。

Yarime, Masaru, "A Systems Approach to Sustainability Innovation: Maintaining a Balance between Efficiency and Resilience," Third International Conference on Sustainability Transitions 2012, Technical University of Denmark, Copenhagen, Denmark, August 29-31 (2012).

Suwa, Aki, Masaru Yarime, and Joni Jupesta, "Transition into Sustainable Energy Systems: A Case Study of Geothermal Development in Japan," Third International Conference on Sustainability Transitions 2012, Technical University of Denmark, Copenhagen, Denmark, August 29-31 (2012).

 

2012年7月26日:

8月3日(金)10:30−12:00 に東京大学柏キャンパス・環境棟3階講義室3におきまして、 Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 32 を開催致します。オランダ・マーストリヒトにある UNU-MERITDr. Michiko Iizuka が、京都メカニズムが BRICS 諸国における再生可能エネルギーの普及に及ぼした影響に関して議論する予定です。ご関心のある方は、是非ご参加頂けましたら幸いです。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 32

Date: Friday, August 3, 10:30-12:00
Venue: Lecture Room 3, Third Floor, Environmental Building, Kashiwa Campus, University of Tokyo

Title: The Kyoto Mechanisms and the Diffusion of Renewable Energy Technologies in the BRICS

Speaker: Dr. Michiko Iizuka, Research Fellow, United Nations University Maastricht Economic and Social Research Institute on Innovation and Technology (UNU-MERIT), Maastricht, The Netherlands

Abstract:
The importance of renewable energy is well accepted at the global level. In this presentation, we will look at the role of Kyoto Mechanisms (Joint implementation and Clean Development Mechanisms) in diffusing the renewable energy technology in BRICS countries (Brazil, Russia, India, China and South Africa). China, India and Brazil are recently increasing their presence in the field of renewable energy technology. In addition to the relationship to Kyoto mechanism, the presentation will try to illustrate the manufacturing capability in China, India, and Brazil.

Short Bio:
Michiko Iizuka is a policy specialist in the field of development, innovation and sustainability. She is currently a research fellow at United Nations University-MERIT since 2008. Prior to that, she has worked at International Development Center of Japan (IDCJ) as a researcher, United Nations Economic Commission for Latin America and Caribbean (UNECLAC) as an environmental officer. Her main areas of interest are innovation system, science and technology, industrial & innovation policy in developing countries focusing on agriculture and environmental issues. She is also a visiting fellow at SPRU, University of Sussex.

Contact: YARIME Masaru

 

2012年7月15日:

7月23日(月)に東京大学・柏キャンパスにおきまして、 Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 31 を開催する予定です。 Professor Janelle Knox-Hayes of the Georgia Institute of Technology が、環境金融の制度的発展に関して、アジア、米国、欧州の状況を比較分析の観点から議論する予定です。ご関心のある方は是非ご参加下さい。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 31

Date: Monday, July 23, 16:45-18:15
Venue: Lecture Room 3, Third Floor, Environmental Building, Kashiwa Campus, University of Tokyo

Title: Comparative Analysis of the Institutional Development of Environmental Finance in Asia, the United States and Europe

Speaker: Janelle Knox-Hayes, Assistant Professor, School of Public Policy, Georgia Institute of Technology, United States, and Research Associate, Department of Geography and the Environment, University of Oxford, United Kingdom

Abstract:
Human and natural systems are becoming increasingly mismatched in their scale of operation and reproduction. Problems such as climate change and biodiversity loss have arisen from the lack of synchrony between economic and environmental systems. In response, policy makers are turning increasing attention to environmental finance—the pricing of environmental goods and externalities through financial mechanisms. While markets liberate information and extend the reach of communication of the value of reducing emissions, they divorce the production processes from their material context. I investigate the initiation and evolution of environmental finance in Asia through investigation of financial centers, their organizations, actors and processes. The study analyzes the institutionalization of environmental finance by investigating its initiation in five prominent Asian financial centers: Singapore, Hong Kong, Shanghai, Tokyo, and Beijing/Tianjin. Specifically, the analytical focus lies on the financial service networks in these cities as elucidated through interviews with financial experts. Environmental finance is just being initiated in Asia. However, Asia provides an important context for investigation into how financial products and services are transferred across cultural boundaries. In comparing various regional approaches to environmental finance, the beneficial impacts of clean energy development become clear. Clean energy provides a material source of economic growth that mitigates environmental damage.

Biography:
Janelle Knox-Hayes is an assistant professor in the school of Public Policy at the Georgia Institute of Technology and a research associate at the Oxford University Department of Geography and Environment. Dr. Knox-Hayes joined the School of Public Policy after completing her PhD in Economic Geography at the University of Oxford. Her dissertation research was funded by the National Science Foundation and investigated the development of carbon emissions markets looking through the lens of regulatory and financial service institutions, with the use of surveys, interviews, and close-dialogue. She is interested in the political and economic dynamics underpinning energy transition and sustainable development. Her current research is funded by the Social Science Research Council and focuses on the institutional development of carbon emissions markets in Asia, with particular emphasis on the economic and policy drivers that develop these markets as well as their impact on social and economic systems.

Contact: YARIME Masaru

 

2012年7月7日:

The 14th International Schumpeter Society Conference が、7月2日(月)−5日(木)にかけて、オーストラリア・ブリズベーンの University of Queensland で開催されました。その中で、以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Transforming University-Industry Collaboration to a Multi-Stakeholder Platform for Sustainability Innovation: Emerging Practices at Universities," 14th International Schumpeter Society Conference, University of Queensland, Brisbane, Australia, July 2-5 (2012).

 

2012年7月7日:

Possible Futures for Japan プロジェクトの Writers' Workshop が、6月30日(土)−7月1日(日)にかけて、 Shonan International Village Conference Center で開催されました。このプロジェクトは、 United States Social Science Research Council (SSRC) and the Japan Foundation Center for Global Partnership (CGP) によって共同で行われています。併せて、 Abe Fellowship Program 20th Anniversary Symposium "Possible Futures for Japan" が、7月2日(月)に東京・六本木の国際会館で開催されました。このプロジェクトでは、日本の将来における科学技術イノベーションの可能性と課題について議論していま。。プロジェクト全体の成果につきましては、2013年春に New York University Press から書籍として出版される予定です。

Yarime, Masaru, "Innovation for a Sustainable Future: Science and Technology for State Power, Business Competitiveness, or Societal Resilience?", in Anne Allison and Frank Baldwin, eds., Possible Futures for Japan, New York: New York University Press, forthcoming.

 

2012年6月20日:

6月19日(火)ー21日(木)にかけて、アメリカ・オレゴン州にある University of Oregon におきまして、 International Sustainable Campus Network (ISCN) 2012 Symposium: The Power of Partnerships が開催されました。 Universities co-creating urban sustainability に関する研究が、 Case Study として紹介されました。

Gregory Trencher and Masaru Yarime, "Universities Co-creating Urban Sustainability," Case Study, International Sustainable Campus Network (ISCN) 2012 Symposium: The Power of Partnerships, University of Oregon, Eugene, Oregon, United States, June 19-21 (2012).

 

2012年6月17日:

6月16日(土)13:00から、東京・小金井の東京農工大学におきまして、主催・国際プロジェクト&プログラム・マネジメント学会、共催・化学工学会、日本開発工学会で、第2回学会連携コングレス−サステイナビリティとプロジェクトマネジメント体系が開催されました。その中で、以下の基調講演を行いました。

鎗目雅、「ステークホルダー連携によるサステイナビリティ・イノベーション」、基調講演、第2回学会連携コングレス−サステイナビリティとプロジェクトマネジメント体系、国際プロジェクト&プログラム・マネジメント学会主催、化学工学会・日本開発工学会共催、東京農工大学、東京・小金井、6月16日 (2012).

 

2012年6月17日:

Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC) Working Group III (Mitigation of Climate Change) が2014年4月の発表に向けて作成している Fifth Assessment Report (AR5) に関して、 First Order Draft (FOD)Expert Reviewer として参加することになりました。

 

2012年6月10日:

7月2日(月)東京・六本木の国際文化会館におきまして、安倍フェローシップ20周年記念公開シンポジウム "Possible Futures for Japan" が開催されます。プロジェクト Possible Futures は、アメリカの Social Science Research Council (SSRC) がオーガナイズしており、その成果は2013年春に Anne Allison and Frank Baldwin, eds., Possible Futures for Japan, New York: New York University Press として出版予定です。シンポジウムでは、日本の将来の政治、経済、社会、安全保障などの分野における課題と可能性を議論します。私も科学技術イノベーションについて発表する予定です。

 

2012年6月8日:

6月18日(月)15:00から東京大学柏キャンパス・環境棟3階講義室3におきまして、Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 30 を開催します。原子力・核問題の専門家である Professor Jacques Hymans of the University of Southern California が、歴史制度分析の観点から日本の原子力政策を議論する予定です。ご関心のある方は、是非ご参加下さい。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 30

Date: Monday, June 18, 15:00-16:30
Venue: Lecture Room 3, Third Floor, Environmental Building, Kashiwa Campus, University of Tokyo

Speaker: Jacques E.C. Hymans, Associate Professor of International Relations, University of Southern California, United States

Title: "Japan's Nuclear Policy: Institutional Obstacles to Change"

Abstract:
Japan's nuclear policy mix has remained substantially unchanged ever since its origins in the 1950s. Japan has consistently promoted nuclear energy production, attempted to create an entire fuel cycle, and abstained from building nuclear weapons. The earthquake and tsunami that wrecked the Fukushima Dai-Ichi nuclear power plant caused a great surge in anti-nuclear sentiment both in public opinion and in the Diet. Many observers have assumed that this anti-nuclear wave will cause a radical policy shift away from nuclear power. By contrast, an historical institutionalist analysis suggests that the changes at the level of national policy are likely to be more apparent than real, more incremental than dramatic, and at least as responsive to "pro-nuclear" as to "anti-nuclear" sentiments. But at the same time, changes at the prefectural level and in the private sector could severely undermine efforts to implement the traditional policy.

Bio:
Jacques E.C. Hymans is Associate Professor of International Relations at the University of Southern California. Hymans is the author of the recently published book Achieving Nuclear Ambitions: Scientists, Politicians, and Proliferation (Cambridge University Press, 2012) and The Psychology of Nuclear Proliferation: Identity, Emotions, and Foreign Policy (Cambridge University Press, 2006), which received the Edgar S. Furniss Book Award for best first book in national and international security, and the Alexander L. George Book Award for best book in political psychology. His article "Veto Players, Nuclear Energy, and Nonproliferation: Domestic Institutional Barriers to a Japanese Nuclear Bomb" appeared in the Fall 2011 issue of International Security.

Jacques E. C. Hymans, "Botching the Bomb," Foreign Affairs, May/June (2012).

Contact: YARIME Masaru

 

2012年6月7日:

6月16日(土)13:00から、東京・小金井の東京農工大におきまして、主催・国際プロジェクト&プログラム・マネジメント学会、共催・化学工学会、日本開発工学会で、「第2回学会連携コングレス−サステイナビリティとプロジェクトマネジメント体系」が開催されます。私はサステイナビリティ・サイエンスとイノベーション・マネジメントについて議論をする予定です。ご関心のある方は、是非ご参加頂けましたら幸いです。


2012年6月7日:

書籍 技術経営 (MOT):体系と応用 が理工図書から出版されました。その中で、以下の論文を執筆しました。

鎗目雅、「サステイナビリティと技術経営:産学官連携プラットフォームを通じた社会イノベーション」、技術経営 (MOT):体系と応用、吉田敏 編著、武市祥司、富田 純一、ロバート・ファール、森下有、鎗目雅 著、東京:理工図書、 217-228 (2012).


2012年6月7日:

6月4日(日)−8日(金)にかけてフィリピン・マニラにある Asian Development Bank (ADB) で開催された Asia Clean Energy Forum 2012 に参加しました。 International Workshop on Innovative Financing Mechanisms for Access to Energy では、innovative business models for delivering energy access, end-user financing, and results-based financing をテーマに実務家を交えて議論が行われました。特に消費者や小売業者などに対するファイナンスの提供におけるローカル金融機関の役割が非常に重要になると思います。

 

2012年6月2日:

5月30日(水)、ドイツ・フランクフルトの KfW Bankengruppe で、 E-RISC project (Environmental Risk in Sovereign Credit Assessments: Integrating Ecological Risk into Sovereign Bond Credit Risk Assessment and Investment) の第1回ワークショップが開催されました。このプロジェクトは、スイス・ジュネーブにある United Nations Environmental Programme (UNEP) Financial Initiative が、 Global Footprint Network と共同でオーガナイズしており、私も Advisory Committee Member として参加しました。 Standard & Poor's などを含めた金融機関の専門家とともに、エコロジカルなリスクを国家や企業の信用リスク評価にどのように効果的に取り入れていくことができるのか、実務における現状を踏まえて非常に有意義なディスカッションを行うことができました。 Biocapacity の減少・増大に基づく Accounting Risk と、Biocapacity の交換に関する Network Risk を統合的に評価する必要があると思います。

 

2012年5月26日:

5月24日(木)に、Mr. Daniel A. Clune, Principal Deputy Assistant Secretary, Bureau of Oceans and International Environmental and Scientific Affairs of the U.S. Department of State が、東京大学・柏キャンパスを訪問されました。 GPSS の学生・教員とともに、気候変動や科学外交などに関して、非常に有意義なディスカッションを行いました。今回の来日では、5月25日(金)−26日(土)に沖縄で開催の The Sixth Pacific Islands Leaders Meeting (PALM 6)に、アメリカの代表として参加されました。

 

2012年5月23日:

世界の様々な大学における都市のサステイナビリティに向けたイノベーションの試みに関する以下の論文が、 Our World 2.0 (United Nations University) に掲載されました。

Trencher, Gregory, and Masaru Yarime, "Universities co-creating urban sustainability," Our World 2.0, May 23 (2012).

 

2012年5月17日:

5月19日(土)13:00−15:00、東京大学本郷キャンパス・法文一号館2階文学部214教室におきまして、GEと東大から学ぶこれからの持続可能な社会づくり@五月祭が開催されます。

グローバルなレベルで持続可能性を目指していくためには、大学、産業、公的機関な
ど多様なステークホルダーがどのような役割を果たし、お互いにどのようにして連携
していくことができるのか、GEと東京大学からの参加者を含めて議論する予定です。

『 GEと東大から学ぶこれからの持続可能な社会づくり 』

日時:2012年5月19日(土)13:00〜15:00
会場:東京大学 法文一号館2階 文学部214教室
主催:AGS東京大学学生コミュニティSUS+
協力:GE(ゼネラル・エレクトリック)社、東京大学

◆プログラム◆

第零部
● SUS+の紹介と講演者の紹介 (13:00〜13:15)
東京大学大学院 農学生命科学研究科 応用生命工学専攻
SUS+代表 脇山 慎平

第一部 講演
● GE社による講演 (13:15〜13:50)
日本GE株式会社
復興支援・サステイナブルシティ推進本部長
北川 裕明 氏
『サステナブルシティや東北復興プロジェクトの取り組みについて』

● 東京大学教授陣による講演 (13:50〜14:40)
東京大学大学院
新領域創成科学研究科 GPSS 准教授
鎗目 雅 氏
『サステイナビリティ・イノベーションに向けた社会連携』

東京大学大学院
工学部 都市工学科 准教授
小泉 秀樹 氏
『持続可能なまちづくり』

第二部 Q&Aコーナー(14:40〜15:00)

※詳細に関しては当日一部変更の可能性があります。

◆企画目的◆

●持続可能性に対する多角的理解の追及
大学・企業という形態の違うステークスホルダーの目指すサステナビリティについ
て、共通点・相違点などについて理解する。

●持続可能性に対する問題意識の共有
企業と大学それぞれの「目指す方向性」と「具体的活動」を発信することで多くの人
と問題意識を共有する。

 

2012年5月15日:

日本における電気・ハイブリッド自動車の開発に関する以下の論文が、学術誌 Technological Forecasting & Social Change (Elsevier), Articles in Press に掲載されました。

Pohl, Hans, and Masaru Yarime, "Integrating Innovation System and Management Concepts: The Development of Electric and Hybrid Electric Vehicles in Japan," Technological Forecasting & Social Change (2012), doi:10.1016/j.techfore.2012.04.012.

 

2012年5月5日:

United Nations Environmental Programme (UNEP) Financial Initiative Global Footprint Network のプロジェクト Pushing the Frontier in Environmental Analysis on Sovereign Bonds - Integrating Ecological Risk in Sovereign Credit Risk Models and InvestmentsFirst Workshop が、5月30日にドイツ・フランクフルトの KfW Bankengruppe で開催される予定です。 Advisory Committee のメンバーとしてこのワークショップに参加し、生態系のリスクがクレジット・リスクの評価においてどれほど重要であるか、また実際に評価モデルに組み入れるためにはどのような方法論が必要であるのか、金融機関の専門家・実務家と議論する予定です。

 

2012年4月28日:

高等教育機関に対するサステイナビリティ評価の方法論における最近の動向と将来の課題に関する以下の論文が、学術誌 Journal of Education for Sustainable Development (SAGE) に掲載されました。

Yarime, Masaru, and Yuko Tanaka, "The Issues and Methodologies in Sustainability Assessment Tools for Higher Education Institutions: A Review of Recent Trends and Future Challenges," Journal of Education for Sustainable Development, 6 (1), 63-77 (2012).

 

2012年4月27日:

「リン資源の確保と管理に関する産官学戦略会議」に、メンバーとして参加することになりました。リン資源リサイクル推進協議会が事務局となり、リン資源のサステイナビリティに向けて大学、産業、公的機関などのステークホルダーが連携して、技術、経済、制度を含めて戦略的に取り組んでいく予定です。国際的な同様のイニシアチブ Global TraPs (Transdisciplinary Processes for Sustainable Phosphorus Management) などとも協力して、グローバルな観点から議論していきたいと思います。


2012年4月25日:

国際協力機構 (JICA) が、企業などが行う BOP (Base of the Pyramid) ビジネスとの連携を促進するため行っている協力準備調査(BOPビジネス連携促進)で、インドにおける飲料水供給に関する提案が採択されました。 JICAポリグルインターナショナルなどと連携して、環境、経済、社会面を含めた総合的な観点から、BOP ビジネス・モデルのサステイナビリティ・アセスメントを行う予定です。

 

2012年4月15日:

日本学術会議・情報学委員会国際サイエンスデータ分科会 CODATA 小委員会、及び WDS 小委員会に委員として参加することになりました。 CODATA (Committee on Data for Science and Technology) 及び WDS (World Data System) は、フランス・パリに本部がある International Council for Science (ICSU) の下で、科学技術データの品質、信頼性、管理、活用の改善に向けて活動している委員会です。


2012年4月15日:

4月17日(火)16:40−18:20に環境棟3階講義室3におきまして、 Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 29 を開催致します。スイスの製薬企業 F. Hoffmann-La Roche の杉山弘和さんをスピーカーとしてお招きし、文化的な多様性・特質性の理解に基づく品質要求の相違に対して、産業では実際にどのようにしてサステイナブルな生産プロセスの改善を行っているのか、実務のご経験を踏まえてお話いただく予定です。ご関心のある方は、是非ご参加頂けましたら幸いです。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 29

Date: Tuesday, April 17, 2012, 16:40-18:20
Venue: Lecture Room 3, Third Floor, Environmental Building, Kashiwa Campus, University of Tokyo

Title: Understanding and Leveraging “Japan Quality” for Sustainable Improvement of Pharmaceutical Production Processes

Speaker: Dr. Hirokazu Sugiyama, Head of Operational Excellence Project Office, F. Hoffmann-La Roche Ltd, Sterile Drug Product Manufacturing Kaiseraugst, Basel, Switzerland

Abstract:
Japan is known as a market where customers value cosmetic appearance of products in addition to the product performance itself. This is valid for pharmaceutical products such as tablets, capsules or liquid vials, and many western companies are struggling with high reject rates of shipped goods in the visual inspection of Japanese local partners. In this seminar, a systems approach of Roche’s Parenterals production facility in Kaiseraugst, Switzerland, will be presented for (1) installing organizational capability to understand “Japan Quality” and (2) leveraging this specific voice of customer for a general improvement of manufacturing processes.

Short bio:
Hirokazu Sugiyama studied chemical engineering at the University of Tokyo and earned his PhD from ETH Zurich. His PhD thesis was on “Decision-making framework of chemical process design” considering economy, environmental impacts and process hazard as multi-objective decision criteria. In 2007 Dr. Sugiyama joined F. Hoffmann-La Roche first as a management trainee in technical operations, and since 2009 he is responsible for continuous improvement of new sterile drug production facility in Kaiseraugst, Switzerland.

Contact: YARIME Masaru

 

2012年4月6日:

日本における電気・ハイブリッド自動車の開発に関する以下の論文が、近く学術誌 Technological Forecasting & Social Change (Elsevier) に掲載される予定です。

Pohl, Hans, and Masaru Yarime, "Integrating Innovation System and Management Concepts: The Development of Electric and Hybrid Electric Vehicles in Japan," Technological Forecasting & Social Change, forthcoming.

 

2012年4月5日:

アメリカの Social Science Research Council (SSRC) が主催するプロジェクト Possible Futures に参加することになりました。このプロジェクトでは、2013年春に New York University Press から出版予定の書籍 Possible Futures for Japan で、日本の科学技術イノベーションの将来に関する論文を発表する予定です。

Yarime, Masaru, "Innovation for a Sustainable Future: Science and Technology for the Nation, Economy, or Society?" In preparation for publication in Anne Allison and Frank Baldwin, eds., Possible Futures for Japan, New York: New York University Press, scheduled to be published in spring 2013.

 

2012年4月4日:

The 18th Biennial Conference of the International Society for Ecological Modelling (ISEM) on Ecological Modelling for Global Change and Coupled Human and Natural Systems, Beijing, China, September 20-23, 2011 で発表した論文が、 Procedia Environmental Sciences (Elsevier) に掲載されました。

Kharrazi, Ali, and Masaru Yarime, "Quantifying the Sustainability of Integrated Urban Waste and Energy Networks: Seeking an Optimal Balance between Network Efficiency and Resilience," Procedia Environmental Sciences, 13, 1663-1667 (2012).

 

2012年4月2日:

現代社会学事典(見田宗介、大澤真幸、吉見俊哉、鷲田清一編)が、近く弘文堂から出版される予定です。その中で、「サステイナビリティ・サイエンス」の項目を執筆しました。

鎗目雅、「サステイナビリティ・サイエンス」、見田宗介、大澤真幸、吉見俊哉、鷲田清一 編、現代社会学事典、東京:弘文堂、 forthcoming.

 

2012年3月27日:

書籍 サステイナビリティと平和 が、国際書院から出版されました。その中で、サステイナビリティ・サイエンスの観点からの論文執筆と翻訳をしました。

鎗目雅、「サステイナビリティと平和−多角的アプローチ:サステイナビリティ・サイエンスの観点から」、武内和彦、勝間靖 編、サステイナビリティと平和、東京:国際書院、105-119 (2012).

鎗目雅、「サステイナビリティと平和−多角的アプローチ:パネル・ディスカッション」、武内和彦、勝間靖 編、サステイナビリティと平和、東京:国際書院、139-144 (2012).

メドウズ, デニス (小川尚子、鎗目雅 訳)、「『成長の限界』が平和に示唆するもの」 (Meadows, Dennis, "Implications of Limits to Growth for Peace") 、武内和彦、勝間靖 編、サステイナビリティと平和、東京:国際書院、25-41 (2012).

 

2012年3月25日:

スイス・ジュネーブにある United Nations Environmental Programme (UNEP) Finance InitiativeGlobal Footprint Network がオーガナイズするプロジェクト Integrating Ecological Risk in Sovereign Credit Ratings and Government Bonds に、 Advisory Committee のメンバーとして参加することになりました。このプロジェクトでは、世界の有力な金融機関と一緒に、環境面でのリスクが国のクレジット評価に及ぼす影響を適切に評価するための方法論を開発し、実際に金融機関においてクレジット評価のモデルに組み込んで活用していくことを目指しています。特に、食料・エネルギーなど様々な商品・製品の貿易を通じて他国の天然資源に依存している日本のような国にとって、非常に重要なインプリケーションを持っています。おそらく、将来的にグローバルなレベルにおいて企業経営、公共政策、制度設計に大きな影響を与えるのではないかと思います。

 

2012年3月23日:

3月23日(金)に、 Graduate Program in Sustainability Science (GPSS) Graduation Ceremony が開催されました。2012年度冬学期には、以下の修士学生の研究指導を行い、無事に修了しました。

Kudo, Shogo, "Sustainability in the Marginalization Process of Rural Communities: Implication for Managing an Ageing Society," Master's Thesis (Principal Adviser: Yarime, Masaru; Co-Adviser: Onuki, Motoharu), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, March (2012).

Hirose, Yuta, "Application of the Data-Intensive Approach to Technological Innovation System for Sustainability," Master's Thesis (Principal Adviser: Yarime, Masaru; Co-Adviser: Iwata, Shuichi), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, March (2012).

Tumilba, Victor Ramil Marius Tronco, "An ex-post perspective on human-ecological system resilience and dynamics: A case study of the Philippine brackish-water pond aquaculture," Master's Thesis (Principal Adviser: Yarime, Masaru; Co-Adviser: Onuki, Motoharu), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, March (2012).

Teixeira, Mariena Irineu, "Productive Use for Rural Electrification: The Impacts of the Single Key Consumer Approach on the Net Social Benefit Components," Master's Thesis (Principal Adviser: Todo, Yasuyuki; Co-Adviser: Yarime, Masaru), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, March (2012).

Watanabe Osorio, Juan Haruichi, Master's Thesis (Principal Adviser: Horita, Hasahide; Co-Adviser: Yarime, Masaru), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, March (2012).

なお、工藤尚吾さんは、新領域創成科学研究科長賞(修士課程・学業)を受賞しました。

 

今学期はその他に、以下の修士論文、博士論文の研究指導も行いました。

須藤千紘、「市場原理による社会的課題の解決 ― BOP ビジネスの成立要件とは何か ―」、修士論文(主査:佐藤仁、副査:湊隆幸、鎗目雅)、大学院新領域創成科学研究科国際協力学専攻、3月 (2012).

酒巻隆治、「 WEB マーケティングにおけるマウスログ分析の有効活用に関する研究」、東京大学大学院新領域創成科学研究科人間環境学専攻、博士論文(主査:染矢聡、副査:岡本孝司、佐々木健、鎗目雅、西原陽子)、12月 (2011).

朝岡大輔、「戦前電力産業の形成:企業成長と制度進化」、東京大学大学院工学系研究科先端学際工学専攻、博士論文(主査:馬場靖憲、副査:御厨貴、橋本毅彦、城山英明、鎗目雅)、3月 (2012).

村山麻衣、「社会システムの変革期におけるガバナンスに関する基礎的研究(気候変動枠組条約の技術移転交渉および日本・地方都市の公共交通対策)」、東京大学大学院新領域創成科学研究科国際協力学専攻、博士論文(主査:國島正彦、副査:山路永司、堀田昌英、鎗目雅、小澤一雅)、3月 (2012).

 

2012年3月23日:

3月23日(金)に、東京大学駒場リサーチキャンパスで、生産技術研究所が主催して、 Research Symposium on Building Resilience and Adaptability in the Built Environment - Technologies, Business Models, Policy Tools, and Stakeholder Engagement が開催されました。 Session 1 on Vulnerability and Resilience of Buildings and Urban Systems におきまして、以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Resilience and Adaptability for Sustainability Innovation: Establishing Social Business Models through Stakeholder Collaboration, Research Symposium on Building Resilience and Adaptability in the Built Environment - Technologies, Business Models, Policy Tools, and Stakeholder Engagement," Institute of Industrial Science, Komaba Research Campus, University of Tokyo, Tokyo, Japan, March 23 (2012).

他の参加者から、都市の構造面からレジリエンスを議論する発表もあり、都市のシステムの持続可能性を検討する際には、構造とフローの側面を統合的に捉えることが重要ではないかと思います。

 

2012年3月21日:

3月16日(金)−18日(日)にかけて、モロッコ・エルジャディダにおきまして、 Global TraPs Workshop IV "Defining Case Studies – Setting Priorities" が開催されました。 Global TraPs (Transdisciplinary Processes for Sustainable Phosphorus Management) は、 Swiss Federal Institute of Technology (ETH) and the International Fertilizer Development Center (IFDC) が共同でオーガナイズしているプロジェクトで、グローバルなレベルでリンの探索・採掘・製造プロセス・使用・リサイクルまで含めたサプライ・チェーンに関して、様々な分野に関する大学・研究機関の研究者と産業・政府・国際機関の実務家が共同して分析と議論を行っています。リンのサステイナビリティに向けて、どのような技術、マネジメント、政策、制度が必要になるか、将来に向けて具体的な提言をすることを目指しています。

Dissipation and Recycling に関するノード・リーダーとして、今回のワークショップでは以下の発表を行う共に、 Professor Daniel J. Lang of Leuphana University in Lüneburg, Germany とグループ・ディスカッションをファシリテートしました。

Yarime, Masaru, Carliell-Marquet, C., Lang, D., Le, Q.B., Malley, D., Matsubae, K., Ohtake, H., Omlin, A., Petzet, S., Scholz, R.W., Shiroyama, H., Ulrich, A.E., Watts, P., "Dissipation and Recycling: What Flows, What Impacts, and What Recycling Options?," Paper prepared for publication in Roland W. Scholz, Amit H. Roy, Fridolin S. Brand, Debbie Hellums, and Andrea Ulrich, eds., Sustainable Phosphorus Management: A Transdisciplinary Roadmap, Berlin: Springer, forthcoming.

Yarime, Masaru, et al., "Priority Setting for Case Studies on the Node on Dissipation and Recycling," Global TraPs Workshop IV, El-Jadida, Morocco, March 16-18 (2012).

 

2012年3月14日:

3月14日(水)、 University of Malaya, Department of Science and Technology Studies (STS) B.Sc. Program in Science and Technology Studies (STS) におきまして、以下の講義を行いました。

Yarime, Masaru, "Technology Foresight and Sustainability: A Perspective from Japan," SFES3213: Technology Mapping, Department of Science and Technology Studies, Faculty of Science, University of Malaya, March 14, (2012).

 

2012年3月13日:

3月12日(月)、 University of Malaya, Department of Science and Technology Studies (STS) M.Sc. Program in Science, Technology and Sustainability におきまして、以下の講義を行いました。

Yarime, Masaru, "Sustainability Science: Towards a New Approach in Integrating STI and Sustainability," SFGS 6120: Introduction to Science, Technology and Sustainability, M.Sc. Program in Science, Technology and Sustainability, Department of Science and Technology Studies, University of Malaya, March 12 (2012).

 

2012年3月9日:

マレーシア、クアラルンプールの University of Malaya, Faculty of Science, Department of Science and Technology Studies (STS) におきまして、 Visiting Professor として滞在を始めました。3月9日に以下のセミナーを行いました。

Yarime, Masaru, "Education, Research and Societal Contribution Activities at the University of Tokyo on Sustainability Science and Innovation," Department of Science and Technology Studies (STS), Faculty of Science, University of Malaya, Kuala Lumpur, Malaysia, March 9 (2012).

Dr. Zeeda Fatimah binti Mohamad の招待を受けて、 Science, Technology and Innovation (STI) and Sustainability に関する講義やセミナーを行う予定です。

 

2012年3月8日:

3月7日(水)にマレーシア・ペナンにある Universiti Sains Malaya (USM), Centre for Global Sustainability Studies (CGSS) を訪問し、セミナーを行いました。

Yarime, Masaru, "Sustainability Science as an Emerging Academic Field: A Perspective from Japan," Centre for Global Sustainability Studies (CGSS) of Universiti Sains Malaya (USM), Penang, Malaysia, March 7 (2012).

マレーシアでは、 Sustainability Science に関する関心が非常に高まってきているとのことで、USM を始めとして高等教育機関で様々な教育・研究プログラムが進められているようです。

 

2012年3月6日:

3月5日(月)−6日(火)に、マレーシア・ペナンにおきまして、 International Workshop on Faith and Power が開催されました。 Noordin Sopiee Chair in Global Studies, in conjunction with the Centre for Policy Research and International Studies (CenPRIS) of Universiti Sains Malaysia (USM) の招待を受けて参加しました。 宗教と政治において極めて多様なASEAN 諸国が経済的・政治的に統合を強めていく中で、信仰と権力の関係は非常に切実な課題として議論されているようです。

 

2012年3月3日:

3月3日(土)に東京大学におきまして、 International Seminar on Sustainability Science Research and Education in Support of Africa's Development が、東京大学大学院新領域創成科学研究科 Graduate Program in Sustainability Science (GPSS) United Nations University Institute for Sustainability and Peace (UNU-ISP) の共催により開催されました。アフリカの大学や研究機関から約20名が参加して、サステイナビリティ・サイエンスにおける教育・研究をどのようにしてアフリカの将来に向けて生かしていくことができるのか議論をおこないました。この中で、キーノート・スピーチを行い、サステイナビリティ・サイエンスにおける教育、研究、社会貢献をどのように統合していくことができるのか、その可能性と課題について議論しました。

Yarime, Masaru, "Integrating Education, Research, and Societal Contribution in Sustainability Science: Opportunities and Challenges for Japan-Africa Collaboration in Higher Education Institutions," Keynote Speech, International Seminar on Sustainability Science Research and Education in Support of Africa's Development, organized by the Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo and the United Nations University Institute for Sustainability and Peace (UNU-ISP), Kashiwa, Chiba, Japan, March 3 (2012).

過去3年間に亘って、 Education for Sustainable Development in Africa (ESDA) プロジェクトに Steering Committee のメンバーとして参加し、特に Working Group on Community-Based Innovation for Sustainable Urban Development in Africa に、ケニア・ナイロビの Kenyatta University and the University of Nairobi とともに関わってきました。近くナイロビで実際に大学院プログラムが始まることになり、今回のセミナーは ESDA プロジェクトへの支援の一環として行われました。

 

2012年2月29日:

2月27日(月)−3月3日(土)にかけて、北海道夕張郡栗山町で Coca-Cola Young Environmental Leaders Summit 2012 が開催されています。 Graduate Program in Sustainability Science (GPSS) が実施している Asian Program for Incubation of Environmental Leaders (APIEL) の一環で、アジア各国の大学から約30名の大学院生が参加しています。この中で、 Corporate Social Responsibility (CSR) に関する Keynote Lecture を行いました。

Yarime, Masaru, "Corporate Social Responsibility for Sustainability: Integrating Corporate Strategy and Public Policy for Innovation," Keynote Lecture, Coca Cola Young Environmental Leaders Summit 2012, organized by the Asian Program for Incubation of Environmental Leaders (APIEL), Uenbetsu Shogakko Coca-cola Environment House, Kuriyama-cho, Yubari-gun, Hokkaido, Japan, February 27 (2012).

 

2012年2月29日:

2月20日(月)−23日(木)にかけて、アメリカ・アリゾナ州テンピにある Arizona State University におきまして、 International Conference on Sustainability Science (ICSS) 2012 が開催され、 International Steering Board のメンバーとして参加しました。会議では、 Ph.D. Session をチェアとしてオーガナイズし、以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Introduction to Ph.D. Session," Ph.D. Session, International Conference on Sustainability Science (ICSS) 2012, Arizona State University, Tempe, Arizona, United States, February 20 (2012).

Yarime, Masaru, "Introduction to the Case of Rebuilding from the Great Eastern Japan Earthquake: The Role of Sustainability Science," Ph.D. Session, International Conference on Sustainability Science (ICSS) 2012, Arizona State University, Tempe, Arizona, United States, February 20 (2012).

異なる大学で学んでいる大学院生が集まり、サステイナビリティ・サイエンスに関する様々な概念や方法論についてお互いに議論することができ、非常に有意義な機会となりました。併せてポスター発表もオーガナイズし、その中で以下の発表を行いました。

Kharrazi, Ali, and Masaru Yarime, "Quantifying the Sustainability of International Economic Flows: A Data-Intensive Approach," Poster Presentation, International Conference on Sustainability Science (ICSS) 2012, Arizona State University, Tempe, Arizona, United States, February 20 (2012).

Kudo, Shogo, and Masaru Yarime, "Sustainability in the Marginalization Process of Rural Community: Implication for Managing Ageing Society," Poster Presentation, International Conference on Sustainability Science (ICSS) 2012, Arizona State University, Tempe, Arizona, United States, February 20 (2012).

Satanarachchi, Niranji, Takashi Mino, and Masaru Yarime, "Conceptualizing Sustainability Dynamics: Towards an analytical framework emphasizing on the dimensions of a given human-natural systems’ path movement and their implications on sustainability of the overall system-context unit," Poster Presentation, International Conference on Sustainability Science (ICSS) 2012, Arizona State University, Tempe, Arizona, United States, February 20 (2012).

 

2012年2月6日:

以下の論文が、学術誌 Sustainability Science (Springer) に掲載されました。

Yarime, Masaru, Gregory Trencher, Takashi Mino, Roland W. Scholz, Lennart Olsson, Barry Ness, Niki Frantzeskaki, and Jan Rotmans, "Establishing sustainability science in higher education institutions: towards an integration of academic development, institutionalization, and collaborations with stakeholders," Sustainability Science, 7 (Supplement 1), 101-113 (2012).

Shiroyama, Hideaki, Masaru Yarime, Makiko Matsuo, Heike Schroeder, Roland Scholz, and Andrea E. Ulrich, "Governance for sustainability: knowledge integration and multi-actor dimensions in risk management," Sustainability Science, 7 (Supplement 1), 45-55 (2012).

Wiek, Arnim, Francesca Farioli, Kensuke Fukushi, and Masaru Yarime, "Sustainability science – Bridging the gap between science and society," Sustainability Science, 7 (Supplement 1), 1-4 (2012).

 

2012年2月13日:

2月10日(金)に Caltech Alumni JapanDr. Frank Ling の紹介で、 Professor Daniel Kammen of the Energy and Resources Group (ERG) of the University of California at Berkeley とミーティングをする機会がありました。 Professor Kammen は、エネルギーに関する世界的な研究者で、 世界銀行の Chief Technical Specialist for Renewable Energy and Energy Efficiency も務めています。特にエネルギーの観点から、サステイナビリティ・サイエンスに非常に関心を持っているですので、是非今後 ERG of UC Berkeley との連携を進めていくことができればと思っています。

 

2012年2月9日:

2月9日(木)17:00−18:00に東京大学柏キャンパス・環境棟3階講義室3におきまして、 Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 28 を開催しました。現在、地球レベルでサステイナビリティに関する多様なデータが存在しますが、それらをどのように収集し効果的に活用していくかが大きな課題になっております。 CODATA FranceMr. Robert Vazille を迎えて、そうしたデータの収集・活用に向けた新しいプロジェクト Observatoire des Données du Développement Durable (O3D) の概要と、将来に向けて民間・公的セクターにおける意思決定者や大学との連携について議論を行いました。サステイナビリティ・サイエンスを勉強した学生や研究者が、将来産業や公的機関においてどのようなキャリア・パスを開拓していくことが可能か、協力して検討してみたいと思っています。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 28

Date: Thursday, February 9, 17:00-18:00
Venue: Lecture Room 3, Third Floor, Environmental Building, Kashiwa Campus, University of Tokyo

Title: Codata France Project O3D: Relationships with decision makers, international development and liaison with academia

Speaker: Mr. Robert Vazille, President of Kemis, Senlis, France

Bio:
Mr. Robert Vazille is a Member of the Executive Committee of CODATA France and Project Manager of O3D. He has a variety of professional experience in industry, including President of Toyo Ink in Europe, Visiting director: Board de Toyo Ink, President of Francolor Pigments, General Manager of ICI Francolor, Member of the Executive Committee of the Fine Chemical Manufacturing Organization of ICI, Member of the Executive Committee of ICI France, General Manager of ICI France Baleycourt, Member of the Executive Committee of the Polyurethane business of ICI, Production Manager - Polyethylene – ICI Fos sur Mer, Senior Project Engineer – ICI Holland – Engineering Department, and Construction Engineer – EL4 – Nuclear Industry – CAFL.

Contact: YARIME Masaru

 

2012年2月6日:

以下の論文が、学術誌 Sustainability Science (Springer) Online First に掲載されました。

Yarime, Masaru, Gregory Trencher, Takashi Mino, Roland W. Scholz, Lennart Olsson, Barry Ness, Niki Frantzeskaki, and Jan Rotmans, "Establishing sustainability science in higher education institutions: towards an integration of academic development, institutionalization, and collaborations with stakeholders," Sustainability Science, 10.1007/s11625-011-0157-5 (2012).

Shiroyama, Hideaki, Masaru Yarime, Makiko Matsuo, Heike Schroeder, Roland Scholz, and Andrea E. Ulrich, "Governance for sustainability: knowledge integration and multi-actor dimensions in risk management," Sustainability Science, 10.1007/s11625-011-0155-z (2012).

Wiek, Arnim, Francesca Farioli, Kensuke Fukushi, and Masaru Yarime, "Sustainability science – Bridging the gap between science and society," Sustainability Science, 10.1007/s11625-011-0154-0 (2012).

 

2012年2月4日:

2月6日(月)16:30−18:00に東京大学柏キャンパス・環境棟2階講義室2におきまして、 Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 27 を開催致します。スピーカーはオックスフォード大学の Dr. Pranab Baruah で、 Low-carbon energy system transition の分析の方法論と、企業におけるカーボン・マネジメントの実践に関するディスカッションを行う予定です。ご関心のある方は、ご参加いただけましたら幸いです。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 27

Date: Monday, February 6, 2012, 16:30-18:00
Venue: Lecture Room 2, Second Floor, Environmental Building, Kashiwa Campus, University of Tokyo

Title: Sustainability at national and corporate level: Low-carbon energy system transition in the UK and supply chain carbon management

Speaker: Pranab Baruah, LEED AP, MBA, PhD (Eng.), Environmental Change Institute, University of Oxford, United Kingdom

Abstract:
Energy is the backbone to a developed economy and a robust, resilient and reliable energy system has been key to growth, competitiveness and high quality of life in developed economies. In the UK, its energy system is facing serious challenges as it needs to transform to deliver ambitious low carbon and renewable energy goals while maintaining security of supply and affordable energy costs.

In the first part of the presentation, energy research carried out under UK Infrastructure Transition Research Consortium*, an interdisciplinary research program developing novel tools and techniques to analyse national infrastructure systems, will be presented. We will review existing methods and studies to model energy system transition to deliver goals such as GHG reduction and security of supply. Elucidating on the current state of UK energy system, we will present example results of a new approach to analyse robustness of future possible transition scenarios of UK energy system.

Transitioning to a low carbon economy challenges not only the infrastructure entities but all participants in the economy. With ever increasing regulatory pressure, public awareness on environmental issues and pressure to innovate to be remain competitive, leading corporations are preparing for this paradigm shift. In the second part of the presentation will look at drivers, challenges, opportunities and current state of corporate carbon management in general. Currently available approaches and protocols to undertake supply chain carbon footprinting and management will be presented with examples.

*This work is part of 5-year UK Infrastructure Transition Research Consortium project led by Univ of Oxford and comprising of 7 universities as well as 40+ 40+ external partners (corporations, institutions, government agencies etc.). Aim of the project develop and demonstrate a new generation of system simulation models and tools to inform analysis, planning and design of 5 key national infrastructure (NI) systems, namely energy, transport, water, waste and ICT. The research programme deals with energy, transport, water, waste and ICT systems at national scale, developing new methods for analysing their performance, risks and interdependencies. ITRC will provide a virtual environment in which to test strategies for long term investment in NI and understand how alternative strategies perform with respect to policy constraints such as reliability and security of supply, cost, carbon emissions, and adaptability to demographic and climate change.

Recommended readings:
1. ITRC Fast Track Analysis report
2. GHG Protocol Corporate Standard and Corporate Value Chain (Scope 3) Accounting and Reporting Standard

References for further research will be provided.

Biography:
Pranab Baruah is an energy researcher based in Lower Carbon Futures group, University of Oxford. He is currently involved in Infrastructure Transition Research Consortium (ITRC) led by Univ of Oxford and Bottom up Perspective in Industrial Demand Modelling project led by Univ of Bath. He has been also an independent sustainability services consultant to several companies and international NGOs. Prior to joining Oxford, Pranab worked at the University of Tokyo in various capacities on satellite remote sensing applications, global ecosystem model improvement and sustainability science projects while facilitating strategic initiatives (intl. symposiums, research network etc.) for 2 international centers within the university. He has an MBA in Strategic Carbon Management, a PhD in Engineering (Geoinformatics) and a professional certification in LEED Green Building Rating System (LEED AP BD+C).

Contact: YARIME Masaru

 

2012年1月30日:

1月28日(土)に東京農工大学 Education Program for Field-Oriented Leaders in Environmental Sectors in Asia and Africa (FOLENS) におきまして、 Course on Business Creation and Management for Environmental Industries 向けに特別講義を行いました。

Yarime, Masaru, "Business Strategy Public Policy, and Institutional Design for Sustainability Innovation," Special Lecture for the Course on Business Creation and Management for Environmental Industries, Education Program for Field-Oriented Leaders in Environmental Sectors in Asia and Africa (FOLENS), Tokyo University of Agriculture and Technology, Tokyo, January 28 (2012).

 

2012年1月27日:

1月26日(木)に東京・九段下の日本交通政策研究会からの依頼で、道路交通事故の事故統計と保険統計の融合利用に関する研究プロジェクトの研究会に参加し、以下の発表を行いました。

鎗目雅、「自動車産業における研究開発投資と効果:環境と安全へのインプリケーション」、道路交通事故の事故統計と保険統計の融合利用に関する研究プロジェクト、日本交通政策研究会、東京、1月26日 (2012).

 

2012年1月20日:

経済産業省産業技術環境局が主催する「気候変動により増大する社会課題とグローバルビジネスに関する有識者意見交換会」に、委員として参加することになりました。今後予想される気候変動に対して適応 (adaptation ) 対策が非常に重要になってきますが、その範囲は農業、漁業、食料、水、健康・衛生、防災など広範な分野にまたがっており、多様なニーズの的確な把握とそれに対応した適切な技術・製品・サービスの提供、さらにその効果を評価するための方法論の開発が必要になると思われます。そうした課題に関して、大学、産業、公的機関、NGOなどから参加する専門家が議論していく予定です。

 

2012年1月13日:

2009年11月5日(木)−6日(金)にオーストラリア・ブリズベーンの Asia Pacific Centre for Sustainable Enterprise, Griffith University で開催された Asia Pacific Academy of Business in Society (APABIS) 2009 Annual ConferencePlenary Session Four: Innovation and The Emerging Sustainable Enterprise Economy in the Asia-Pacific Region にスピーカーとして出席しましたが、その際に受けたインタビューの様子が、 You Tube にアップされました。

"2009 APABIS Annual Conference - Interview with Ashoke Joshi and Masaru Yarime," Asia Pacific Centre for Sustainable Enterprise, Griffith University, Brisbane, Australia, November 6 (2009). (Uploaded to YouTube on October 27, 2011).

 

2012年1月6日:

学術誌 Sustainability Accounting, Management and Policy Journal の特集号 Sustainable decision making in a time of crisis: public and private perspectives が出版されました。 Dr. Malcolm McIntosh of the Asia Pacific Centre for Sustainable Enterprise, Australia, and Dr. Vesselin Popovski of the United Nations University とともに、 Guest Editor を務めました。

McIntosh, Malcolm, Vesselin Popovski, and Masaru Yarime, "Decision-making in a time of crisis," Sustainability Accounting, Management and Policy Journal, 2 (2), 189-191 (2011).

 

2012年1月6日:

2月20日(月)−23日(木)にかけて、アメリカ・アリゾナ州フェニックスの Arizona State University におきまして、 International Conference on Sustainability Science (ICSS) 2012 が開催される予定です。 Steering Committee のメンバーとして、 Ph.D. session をオーガナイズして、世界各国の大学で Sustainability Science に取り組んでいる大学院生の間での知的交流を促進することができればと思います。

 

2011年12月29日:

近く以下の論文が、学術誌 Sustainability Science (Springer) に掲載される予定です。

Yarime, Masaru, Gregory Trencher, Takashi Mino, Roland W. Scholz, Lennart Olsson, Barry Ness, Niki Frantzeskaki, and Jan Rotmans, "Establishing Sustainability Science in Higher Education Institutions: Towards an Integration of Academic Development, Institutionalization, and Collaborations with Stakeholders," Sustainability Science, forthcoming.

Shiroyama, Hideaki, Masaru Yarime, Makiko Matsuo, Heike Schroeder, Roland Scholz, and Andrea E. Ulrich, "Governance for Sustainability: Knowledge integration and multi-actor dimensions in risk management," Sustainability Science, forthcoming.

Wiek, Arnim, Francesca Farioli, Kensuke Fukushi, and Masaru Yarime, "Sustainability science – Bridging the gap between science and society," Sustainability Science, forthcoming.

 

2011年12月23日:

12月22日(木)に東京大学におきまして、柏サステイナブル・シティ研究会を開催しました。マレーシアにおけるサステイナビリティに向けた取り組みとファンドの役割、東京都による電力供給の具体策に関して議論を行いました。

柏サステイナブル・シティ研究会第5回
Tokyo Think Sustainability
Clean Green Forum

日時: 12月22日(木)17時15分〜19時00分

場所: 東京大学本郷キャンパス・第二本部棟4階 IR3S 会議室
  
17時15分-17時45分 :
On Malaysia and PNB's Activities
PNB アセット・マネジメント・ジャパン株式会社
代表取締役 水島 正 氏

17時45分-18時45分:
「東京都が実行する多様なエネルギー供給の具体策」
東京都副知事
猪瀬 直樹 氏

18時45分-19時00分:
「サステイナブル・シティ研究会の活動報告」
東京大学 大学院新領域創成科学研究科 准教授
鎗目 雅

Clean Green Partners
福井エドワード

エネルギー問題における制度設計に関して、非常に興味深い議論ができたと思います。サステイナビリティに向けた大学、産業、公的機関の連携プラットフォームとして機能していくことができましたら幸いです。

連絡:鎗目雅

 

2011年12月16日:

12月21日(水)16:30から東京大学柏キャンパス・環境棟3階講義室3におきまして、 Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 26 を開催いたします。国連開発計画 (UNDP) Growing Inclusive Markets (GIM) InitiativeProgram Manager である Sahba Sobhani 氏が、Inclusive Business Models の発展がグローバルなレベルでサステイナビリティにどのように貢献することができるのか、その可能性と課題について議論する予定です。 ご関心のある方は、是非ご参加ください。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 26

Date: Wednesday, December 21, 16:30-18:00
Venue: Lecture Room 3, Third Floor, Environmental Building, Kashiwa Campus, University of Tokyo

Title: Development of Inclusive Business Models for Global Sustainability (tentative)

Speaker: Sahba Sobhani, Programme Manager, Growing Inclusive Markets (GIM) Initiative, Private Sector Division, Partnerships Bureau, United Nations Development Programme (UNDP), New York, U.S.A.

Bio:
Sahba Sobhani is the lead author of the first GIM report, “Creating Value for All: Strategies for Doing Business with the Poor”. Previously, he managed two key private sector initiatives in the executive office of the former Administrator of UNDP, Lord Malloch Brown, including the Commission on the Private Sector and Development headed by Paul Martin, the former Prime Minister of Canada, and Ernesto Zedillo, Mexico’s former President, and the African Financial Markets Initiative. In this capacity, he was the co-author of “Unleashing Entrepreneurship” Report, the seminal report of the Private Sector Commission produced at the request of then-UN Secretary General Kofi Annan and the managing editor of the African Stock Markets Handbook. Sahba Sobhani has also worked in the private sector at Idealab in Palo Alto and Newscom Limited in Singapore. He is a graduate of Yale University.

Contact: YARIME Masaru

 

2011年12月14日:

書籍 Automobility in Transition? A Socio-Technical Analysis of Sustainable Transport が、イギリスの出版社 Routledge から出版されました。その中で、以下の論文を執筆しました。

Orsato, Renato J., Marc Dijk, Rene Kemp, and Masaru Yarime, “The Electrification of Automobility: The Bumpy Ride of Electric Vehicles towards Regime Transition,” in Frank Geels, Rene Kemp, Geoff Dudley, and Glenn Lyons, eds., Automobility in Transition? A Socio-Technical Analysis of Sustainable Transport, London: Routledge, 205-228 (2011).

この書籍は、 Routledge Studies in Sustainability Transitions のシリーズの1巻として出版されました。

 

2011年12月7日:

このたび、東京大学大学院新領域創成科学研究科サステイナビリティ学教育プログラム (GPSS) が、文部科学省の博士課程教育リーディングプログラムに採択されました。これから、地球レベルでのサステイナビリティに貢献できるようなグローバル・リーダーの育成に向けて、努力していきたいと思います。

 

2011年12月2日:

12月6日(火)14:00−16:00に、東京大学・本郷キャンパス第2本部棟4階 IR3S会議室におきまして、 Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 25 を開催いたします。スピーカーは、アメリカ・コーネル大学 Johnson School of ManagementDr. Erik Simanis で、新興国を中心とした Bottom of the Pyramid (BOP) ビジネスと、グローバルな企業活動におけるサステイナビリティに向けた戦略について議論する予定です。ご関心のある方は、是非ご参加頂けましたら幸いです。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 25

Date: Tuesday, December 6, 2011, 14:00-16:00
Venue: IR3S Meeting Room, Fourth Floor, Administration Bureau Building 2, Hongo Campus, University of Tokyo

Title: Bottom of the Pyramid (BOP) Business and the Strategy of Sustainable Global Enterprise

Speaker: Dr. Erik Simanis, Managing Director of Market Creation Strategies, Center for Sustainable Global Enterprise, Johnson School of Management, Cornell University, United States

Erik Simanis is Managing Director of Market Creation Strategies at the Center for Sustainable Global Enterprise at Cornell University's Johnson School of Management. His applied research focuses on advancing innovation and business development strategies for commercializing new product categories. Erik has led and consulted for new business ventures in India, Africa, Mexico, the former Soviet Union, and the U.S., and has held management positions in the wood products and transportation industries. His most recent work has been published in The Wall Street Journal, Sloan Management Review, and the journal Innovations. Erik holds a PhD in Management from Cornell, an MBA from the University of North Carolina at Chapel Hill, where he received the Norman Block Award for highest academic achievement, and a BA magna cum laude from Wake Forest University.

Contact: YARIME Masaru

 

2011年11月21日:

書籍 Higher Education in the World 4: Higher Education Committed to Sustainability - From Understanding to Action が、イギリスの Palgrave Macmillan から出版されました。その書籍の中で、以下の論文を執筆しました。

Yarime, Masaru, “Challenges and Opportunities in Sustainability Science: A Perspective Based on Research and Educational Experiences,” in Global University Network for Innovation (GUNI), ed., Higher Education in the World 4: Higher Education Committed to Sustainability - From Understanding to Action, Basingstoke: Palgrave Macmillan, 254-258 (2011).

Fadeeva, Zinaida, Laima Galkute, Heila Lotz-Sisitka, Dzulkifli Abdul Razak, Miguel Chakon, and Masaru Yarime, "University Appraisal for Diversity, Innovation and Change towards Sustainable Development: Can it be done?" in Global University Network for Innovation (GUNI), ed., Higher Education in the World 4: Higher Education Committed to Sustainability - From Understanding to Action, Basingstoke: Palgrave Macmillan, 308-313 (2011).

 

2011年11月12日:

11月11日(金)13:30−17:00に東京大学本郷キャンパス・小柴ホールにおきまして、アジア環境リーダー育成プログラム (APIEL) が主催して、APIEL シンポジウム2011「企業の社会的責任(CSR)を通じた社会連携:地球のサステイナビリティに向けたアクション」を開催しました。パネル・ディスカッションでは、以下のイントロダクション の発表を行いました。

鎗目雅、「地球のサステイナビリティに向けた社会連携:大学における機能、方法論、グローバル・リーダーの育成」、 APIEL シンポジウム2011CSRを通じた社会連携:地球のサステイナビリティに向けたアクション」、東京大学本郷キャンパス・小柴ホール、東京、11月11日 (2011).

引き続き、国連開発計画 (UNDP) Growing Inclusive Markets (GIM) Initiative 、三洋電機、損保ジャパン、クボタ、横浜ウォーター、コカコーラから参加した専門家・実務家との議論をファシリテートしました。サステイナビリティに向けた社会連携を推進していくにあたっての可能性と課題、グローバル・リーダーを育成していくために必要となる能力・スキル、キャリアパスの開拓、制度的支援の仕組みなどが議論されました。大学において教育・研究・社会貢献を統合していくプラットフォームの形成の可能性が示されたように思います。

 

2011年11月12日:

11月8日(火)東京大学柏キャンパスにおきまして、明るい低炭素社会の実現に向けた都市変革プログラムのプロジェクト研究討論会第2回が開催されました。この中で、情報グループの活動に関しまして、以下の発表を行いました。

鎗目雅、「都市のサステイナビリティに向けた知識の統合」、明るい低炭素社会の実現に向けた都市変革プログラム、プロジェクト研究討論会第2回、東京大学柏キャンパス、11月8日 (2011).

 

2011年11月4日:

11月11日(金)13:30−17:00に東京大学本郷キャンパス・小柴ホールにおきまして、アジア環境リーダー育成プログラム (APIEL) が主催して、APIEL シンポジウム2011「企業の社会的責任(CSR)を通じた社会連携:地球のサステイナビリティに向けたアクション」を開催します。 国連開発計画 (UNDP) Growing Inclusive Markets (GIM) Initiative の専門家による基調講演と、産業界、公的機関からの実務家を含めたパネルディスカッションを行う予定です。ご関心のある方は、是非ご参加ください。

APIEL Symposium 2011 "Societal Collaboration through Corporate Social Responsibility (CSR): Actions towards Global Sustainability" 「企業の社会的責任(CSR)を通じた社会連携:地球のサステイナビリティに向けたアクション」

日時:2011 年11 月11 日(金) 13 時30 分−17 時(終了後にレセプション有り)
会場:東京大学・小柴ホール(本郷キャンパス内)
言語:英語/日本語 ※同時通訳あり
入場:無料

プログラム:

開会挨拶:

東京大学 理事  江川雅子

東京大学大学院新領域創成科学研究科教授、環境リーダー育成プログラム チーフコーディネーター 味埜 俊

基調講演:

「包括的ビジネス: プライベートセクターによる開発への貢献の新たな展望」 (Inclusive Business: A New Perspective on Private Sector Contribution to Development)

シュアン・サドレガジ氏 (Shuan SadreGhazi) 、オランダ・マーストリヒト大学大学院 UNU-MERIT 研究員、国連開発計画 Growing Inclusive Markets (GIM) Initiative 研究員

パネル・ディスカッション:

「命を救う希望の灯火 – ソーラーランタン」 堀田隆之 三洋電機 経営企画本部 渉外部担当課長

「クボタグループの社会貢献活動について」 本浄勢一 株式会社クボタ コーポレート・コミュニケーション部社会活動推進室

「適応 (Adaptation) と緩和 (Mitigation) 〜損保ジャパンの取り組み〜」 関正雄 損害保険ジャパン 理事 CSR 統括部長

「社会貢献からビジネス展開へ」 永井康敏 横浜ウォーター株式会社 取締役

「コカ・コーラ教育・環境財団について」 松鷹恵市 公益財団法人コカ・コーラ教育・環境財団 常務理事

ファシリテーター:

東京大学新領域創成科学研究科准教授 鎗目 雅

 

2011年11月4日:

11月7日(月)15:00−16:30に東京大学柏キャンパス・環境棟3階講義室3におきまして、Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 24 を開催します。世界銀行 Senior Nutrition SpecialistMs. Leslie Elder が、栄養不良に対する国際的取り組むである Scaling Up Nutrition: A Framework for Action (SUN) に関する紹介と、世界レベルにおけるサステイナビリティに向けた行動について議論を行う予定です。ご関心のある方は是非ご参加ください。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 24

Date: Monday, November 7, 2011, 15:00-16:30
Venue: Lecture Room 3, Third Floor, Environmental Building, Kashiwa Campus, University of Tokyo

Title: Scaling Up Nutrition (SUN) for Sustainable Development: Role of World Bank

Speaker: Leslie Elder, Senior Nutrition Specialist, The World Bank, Washington D.C., U.S.A.

Abstract:
There is a great deal of momentum at both the global and country levels around the need to improve nutrition outcomes in the crucial first 1000 days of a child's life -- even more so as food prices are climbing again --  and the World Bank is playing a crucial leadership role. A multi-partner effort called Scaling up Nutrition: A Framework for Action is to fight malnutrition using cost-effective and proven interventions to prioritize actions for pregnant women and children under the age of 24 months. The framework carries the endorsement of more than 80 multilateral, bilateral, academic, and civil society agencies and institutions that are active in the nutrition and development field.  Leslie Elder, World Bank’s Senior Nutrition Specialist will present on the crucial role that nutrition plays for human security/development.

Bio:
Leslie Elder is a Senior Nutrition Specialist with the World Bank, based in Washington D.C. in the central Human Development unit.  There, she provides nutrition technical support to Bank teams across the various regions.  She also supports global nutrition advocacy and partnership activities of the Bank, engaging with UN, bilateral, and civil society organization partners to strengthen the global aid architecture for improved nutritional status of vulnerable populations globally.  Prior to joining the Bank in October 2009, Leslie was the Deputy Director for the Gates Foundation-supported Saving Newborn Lives Project, implemented by Save the Children/US.  She has also worked for John Snow, Inc. and AED, providing technical leadership to USAID-funded nutrition and health projects in countries in Latin America, South Asia, Africa and East Asia, including the MotherCare project in Indonesia.  Leslie began her career in health as a nurse, working with newborns, mothers and young children in the USA and Nepal.

Press Release: Canada, Japan, USAID, and The World Bank Appeal for Faster, Coordinated Action in Battling Malnutrition

Contact: YARIME Masaru

 

2011年11月4日:

三洋電機、国連開発計画 (UNDP) 、東京大学、ナイロビ大学が連携している「ソーラーランタンのアフリカの無電化地域への導入」プロジェクトが、外務省のミレニアム開発目標 (MDGs) 達成に向けた官民連携の事例として紹介されました。


2011年11月4日:

10月31日(月)−11月2日(水)にかけて、東京においてアフリカ15カ国の気候変動交渉関係者及び在京アフリカ大使館を招待して、アフリカ気候変動対策・支援に関する政策対話が行われました。外務省、国際協力機構(JICA)、経済産業省、環境省及び財務省が各対話のファシリテーターを務め、民間企業や有識者、国際機関の参加を得て、日本の気候変動問題に対する取組や支援について紹介するとともに、アフリカ諸国との今後の協力のあり方や、11月末に南アフリカ・ダーバンにおいて開催される国連気候変動条約 COP17 に向けた気候変動交渉に関する意見交換が行われました。

アフリカにおけるグリーン成長実現に向けたダイアローグ2では、基調講演を行うとともに、アフリカからの参加者を含めたパネル・ディスカッションをモデレートしました。

Yarime, Masaru, Encouraging Sustainability Innovation in Africa: Opportunities and Challenges for Green Growth," Dialogue 2: Toward Green Growth in Africa by Inclusive Cooperation between Multiple Stakeholders, Policy Dialogue on Climate Change in Africa, hosted by the Government of Japan, Tokyo, October 31 (2011).

 

2011年11月4日:

10月28日(金)に米国・ミシガン州カラマズーの Western Michigan University におきまして、日本学術振興会 (JSPS) の主催により、 Second Multidisciplinary Science Forum が 開催されました。 Sir Anthony Leggett (2003年ノーベル物理学賞受賞)が、超伝導物質が環境・エネルギー問題の解決に貢献するにあたっての可能性と課題について議論しました。このフォーラムでは、以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Sustainability Science as a Multidisciplinary Science: Understanding Complex, Dynamic Interactions between Natural, Human, and Social Systems," JSPS Second Multidisciplinary Science Form, Western Michigan University, Kalamazoo, Michigan, U.S.A., October 28 (2011).

 

2011年10月22日:

10月24日(月)15:00−16:30に、東京大学柏キャンパス・環境棟3階講義室3におきまして、Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 23 を開催します。スピーカーは、 Professor Sander van der Leeuw of the School of Sustainability of Arizona State Universityで、サステイナビリティ学におけるシステム・アプローチについて議論する予定です。ご関心のある方は是非ご参加ください。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 23

Date: Monday, October 24
Time: 15:00-16:30
Venue: Lecture Room 3, Third Floor, Environmental Building, Kashiwa Campus, University of Tokyo

Title: “Systemic Approaches to Sustainability Studies”

Speaker: Dr. Sander van der Leeuw, Professor and Dean, School of Sustainability, Arizona State University, United States

Abstract: Based on two examples, one historical and one modern, I will argue why and how one could apply a systems approach to improve our understanding of socio-environmental co-evolutions. Both these cases are about water - in the first case there is too much, and in the second too little. But the real emphasis is on how humans have changed their environment in such a way that ultimately they have got into trouble. The talk will end with some remarks about how we could do better, which were to a great extent inspired by the Japanese Satoyama-Satoumi Ecosystems project.

Bio-sketch: An archaeologist and historian by training, van der Leeuw taught at the universities of Leyden, Amsterdam, Cambridge (UK), and the Sorbonne before coming to the USA. His research interests include archaeological theory, ancient ceramic technologies, regional archaeology, (ancient and modern) man-land relationships, GIS and modelling, and Complex Systems Theory. He did archaeological fieldwork in Syria, Holland and France, and conducted ethno-archaeological studies in the Near East, the Philippines and Mexico. In the ‘90’s he coordinated a large-scale interdisciplinary EU funded series of projects looking at the relationship between people and their environments, and in particular at land degradation, in all the countries of the Northern Mediterranean Rim, from Greece to Portugal. In February 2004, he joined ASU as Professor of Anthropology and Director of the School of Human Evolution and Social Change. Currently, he is also Dean of the School of Sustainability and Co-director of the Complex Adaptive Systems Initiative at Arizona State University. He is an External Professor of the Santa Fe Institute, a Corresponding Member of the Royal Dutch Academy of Sciences and a member of the Institut Universitaire de France. His publications include 16 books and over 120 papers and articles on archaeology, ancient technologies, socio-environmental and sustainability issues, as well as invention and innovation.

Contact: YARIME Masaru

 

2011年10月22日:

Todai Forum 2011 が9月下旬から10月下旬にかけてフランスのパリとリヨンで開催されました。この一環として、 10月20日(金)にリヨンの Siège du Conseil Région Rhône-Alpes におきまして、東京大学、 Université de Lyon, École Normale Supérieure de Lyon, and Institut National Supérieurs de Sciences Appliquées (INSA) が共同で、 Session on Facing Urban Vulnerability: New Approaches to Urban Design and Architecture をオーガナイズしました。このセッションでは、サステイナビリティの観点から都市の脆弱性を理解するための概念や方法論に関して発表を行い、引き続いてフランス側の専門家と両国のアプローチの相違点などに関して、ディスカッションを行いました。

Yarime, Masaru, "Urban Vulnerability, Resilience, and Sustainability: Some Implications from Sustainability Science," Session on Facing Urban Vulnerability: New Approaches to Urban Design and Architecture, Todai Forum 2011, Siège du Conseil Région Rhône-Alpes, Lyon, France, October 20 (2011).

 

2011年10月15日:

10月14日(金)に東京・国連大学におきまして、 UNU Seminar on Higher Education for Sustainable Development in Africa が開催されました。 Session on International Cooperation in Higher Education for Sustainable Development in Africa で、以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Higher Education for Sustainability in a Globalizing World: Opportunities and Challenges for Japan-Africa Collaboration," UNU Seminar on Higher Education for Sustainable Development in Africa, United Nations University Headquarters, Tokyo, Japan, October 14 (2011).

これまで3年間に亘って日本のアフリカの大学が連携して、 Education for Sustainable Development in Africa (ESDA) プロジェクトを行ってきましたが、その成果に基づいて、近くアフリカの大学でサステイナビリティに向けた大学院プログラムを開始する予定です。

 

2011年10月12日:

本日アフリカの大学から20名ほどの訪問を受けました (Kenyatta University and the University of Nairobi in Kenya, the University of Cape Town in South Africa, the University of Ghana, the University of Zambia, and the University of Ibadan in Nigeria) 。これまで3年間に亘って Education for Sustainable Development in Africa (ESDA) プロジェクトを通じて、アフリカの大学におけるサステイナビリティに向けた大学院プログラムの設立に向けて一緒に協力してきました。東京大学は特に Kenyatta University and the University of Nairobi と協力しており、 Community-Based Innovation for Sustainable Urban Development in Africa というプログラムをナイロビで始める予定です。都市のサステイナビリティに関わる課題の解決に向けて、様々なステークホルダーと連携して社会レベルでのビジネス・モデルを構築・実行していくことができるようなアントレプレナーを含めた人材の育成を目指しています。

 

2011年10月9日:

9月20日(火)−23日(金)に中国・北京で、The 18th Biennial International Society for Ecological Modelling (ISEM) Conference: Ecological Modelling for Global Change and Coupled Human and Natural Systems が開催されました。 Session V on Urban Systems におきまして、以下の発表を行いました。

Kharrazi, Ali, and Masaru Yarime, "Quantifying Sustainability of Integrated Urban Systems: Seeking an Optimal Balance Between Efficiency & Resilience," 18th Biennial International Society for Ecological Modelling (ISEM) Conference: Ecological Modelling for Global Change and Coupled Human and Natural Systems, Beijing, China, September 20-23 (2011).

 

2011年10月9日:

2011年度夏学期は、以下の学生の修士論文の指導、博士論文の審査を行い、無事に修了しました。

Tensay, Abebe Tiga, "Network of Knowledge Generation and Transfer in Sustainability: Toward an Inclusive System Discovery Approach," Master's Thesis (Principal Adviser: Yarime, Masaru; Co-Advisor: Onuki, Motoharu), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, September (2011).

Su, Yala, The Impact of Transit Oriented Development on Sustainable Urban Mobility in Beijing: A case study of Tongzhou and Changping, Master's Thesis (Principal Advisor: Kunishima, Masahiko; Co-Advisor: Yarime, Masaru), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, September (2011).

Som, Chanthida, "Community-Private Sector Partnership in Community-Based Ecotourism Development: Contribution to Sustainability, A Case of Chambok in Cambodia," Master's Thesis (Principal Advisor: Yokohari, Makoto; Co-Advisor: Yarime, Masaru), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, September (2011).

Chen, Haiting, "Investigation of Infrastructure's Impacts on Rural Communities' Values in China: A Case Study of Hangzhou Bay Bridge," Master's Thesis (Principal Advisor: Minato, Takayuki; Co-Advisor: Yarime, Masaru), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, September (2011).

Phuntsho, Loday, "Sustainability of Agriculture Land Use in Eastern Bhutan in Relation to Climatic, Topographic and Social Factors," Master's Thesis (Principal Advisor: Oguchi, Takashi; Co-Advisor: Yarime, Masaru), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, September (2011).

Yao, Qin, "CDM: Solution or Illusion? - Evidence from Rural Jiangzhe, China," Master's Thesis (Principal Advisor: Todo, Yasuyuki; Co-Advisor: Yarime, Masaru), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, September (2011).

Razafimahefa, Hasina Miarintsoa, "Developing a Sustainable Financing of Protected Areas: Watershed-Based Payment for Ecosystems Services in Madagascar," Master's Thesis (Principal Advisor: Zaal Kikvidze; Co-Advisor: Yarime, Masaru), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, September (2011).

田中康之、「コンテンツの資産評価手法の研究:映像を構成する評価要素の抽出と不確実性モデルの評価方法」、東京大学大学院新領域創成科学研究科人間環境学専攻、博士論文(主査:濱野保樹、副査:岩田修一、大宮司啓文、広田光一、鎗目雅)、6月 (2011).

 

2011年10月8日:

10月7日(金)に東京大学柏キャンパス・環境棟3階講義室3におきまして、 Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 22 を開催しました。イギリス University of SussexSPRU (Science and Technology Policy Research)Dr. Ismael Rafols が、 Interdisciplinary Science に関する可能性と課題と、Sustainability Science などの学際領域における教育・研究活動へのインプリケーションを議論しました。

多くの地球規模の課題に対応していく場合、様々な学問分野の知見を効果的に統合し取り入れていく必要がありますが、そうした学際領域を構築していくにあたっては、概念・方法論の開発、学問領域としての制度化、社会におけるステークホルダーとの連携が大きな課題になっています。こうした観点から、これまでの実証研究の成果を踏まえて、非常に有意義な議論をすることができました。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 22

Date: Friday, October 7
Time: 18:00-19:30
Venue: Lecture Room 3, Third Floor, Environmental Building

Title: "Challenges in Interdisciplinary Science"

Speaker: Dr. Ismael Rafols, SPRU (Science and Technology Policy Research), University of Sussex, United Kingdom

Biosketch:
Ismael Rafols is Research Fellow at SPRU (Science and Technology Policy Research), the University of Sussex. He studies the emergence of hybrid scientific fields, such as bionanotechnology or synthetic biology, relying on bibliometric tools and expert interviews. His recent research focuses on the development of mapping methods to identify areas/topics of knowledge integration. He has a background in Physics (BSc, Barcelona) and a PhD in Biophysics (PhD, Tohoku Univ., Sendai, Japan).

Abstract:
In this talk, I will introduce some conceptualisation of interdisciplinarity, then will discuss a specific study. This study provides new quantitative evidence on how journal rankings can disadvantage interdisciplinary research during research evaluations. Using publication data, it compares the degree of interdisciplinarity and the research performance of innovation studies units with business and management schools in the UK. Using various mappings and metrics, this study shows that: (i) innovation studies units are consistently more interdisciplinary than business and management schools; (ii) the top journals in the Association of Business Schools’ rankings span a less diverse set of disciplines than lower ranked journals; (iii) this pattern results in a more favourable performance assessment of the business and management schools, which are more disciplinary-focused. Lastly, it demonstrates how a citation-based analysis challenges the ranking-based assessment. In summary, the investigation illustrates how ostensibly ‘excellence-based’ journal rankings have a systematic bias in favour of mono-disciplinary research. The paper concludes with a discussion of implications of these phenomena, in particular how resulting bias is likely to affect negatively the evaluation and associated financial resourcing of interdisciplinary organisations, and may encourage researchers to be more compliant with disciplinary authority.

Paper Available at:
http://www.sussex.ac.uk/Users/ir28/IDR/Rafols2011-Rankings&IDR.pdf

Contact: YARIME Masaru

 

2011年10月8日:

10月5日(水)に東京・法政大学市ヶ谷キャンパスにおきまして、The Fourth International Tokyo Colloquium 2011 on Sustainability Science & Education: Towards Reconstruction and Rebirth が、スイス連邦工科大学 (ETH) チューリッヒ校、東京大学、国際連合大学、法政大学の共同主催で開催されました。このコロキアムでは、 Working Group 5: Collaborative Innovation for Sustainable Reconstruction and Rebirth に参加し、以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Creating a Platform for Sustainability Innovation through University-Industry Collaboration," 4th International Tokyo Colloquium on Sustainability Science & Education: Towards Reconstruction and Rebirth, Hosei University Ichigaya Campus, Tokyo, October 5 (2011).

 

2011年10月8日:

10月4日(火)に東京大学・大学院経済学研究科におきまして、第8回マラリアネット研究会を開催しました。マラリア防止用の蚊帳「オリセットネット」の導入が、社会経済的にどのようなインパクトがあったのか、東京大学の澤田准教授にマダガスカルでの現地調査を基にした結果を報告していただき、今後に向けた対策へのインプリケーションを議論しました。

第8回マラリアネット研究会

日時:2011年10月4日(火) 18:30-20:30

場所:東京大学・本郷キャンパス 経済学研究科棟12階第一共同研究室

報告:「オリセットネットの社会経済的インパクト IDE-JETRO Project on LLlN in Madagascar

東京大学大学院経済学研究科 准教授 澤田康幸

連絡:鎗目雅

 

2011年10月8日:

9月29日(木)に東京・赤坂のトムソン・ロイターで開催された Clean Green Forum 2011 in Tokyo - Investors and Advisors Meet UP に参加し、サステイナビリティ・イノベーションに関する最近の動向と課題に関して講演を行いました。

鎗目雅、「サステイナビリティ・イノベーションに関する最近の動向と課題」、 Clean Green Forum 2011 - Investors and Advisors Meet Up 、東京・赤坂トムソン・ロイター、9月29日 (2011).


2011年9月30日:

学術誌 Technological Forecasting and Social Change (Elsevier) に掲載された論文の中で、以下の論文が2011年4月―6月の間に3番目に最も多くダウンロードされた論文になりました。

Dijk, Marc, and Masaru Yarime, "The Emergence of Hybrid-Electric Cars: Innovation Path Creation through Co-evolution of Supply and Demand," Technological Forecasting and Social Change, 77 (8), 1371-1390 (2010).

 

2011年9月27日:

以下の論文が、学術誌 Environmental Innovation and Societal Transitions (Elsevier) に掲載されました。

Jupesta, Joni, Rizaldi Boer, Govindan Parayil, Yuko Harayama, Masaru Yarime, Jose A. Puppim de Oliveira, and Suneetha M. Subramanian, "Managing the Transition to Sustainability in an Emerging Economy: Evaluating Green Growth Policies in Indonesia," Environmental Innovation and Societal Transitions, 1 (2), 187-191 (2011).

 

2011年9月24日:

10月14日(金)に東京・国連大学におきまして、 UNU Seminar on Higher Education for Sustainable Development in Africa が開催される予定です。 このセミナーでは、 Session on International Cooperation in Higher Education for Sustainable Development in Africa に参加し、グローバライゼーションが急速に進展する中で、地球レベルでの持続可能性に向けて日本とアフリカの高等教育機関の連携がどのような役割を果たすことができるのか、その可能性と課題について議論する予定です。ご関心のある方は、是非ご参加ください。

 

2011年9月24日:

10月5日(水)に東京・法政大学市ヶ谷キャンパスにおきまして、The Fourth International Tokyo Colloquium 2011 on Sustainability Science & Education: Towards Reconstruction and Rebirth が開催される予定です。このコロキアムは、サステイナビリティ・サイエンスに関するスイスと日本の連携プラットフォームの構築を目指して、スイス連邦工科大学 (ETH) チューリッヒ校、東京大学、国際連合大学、法政大学が共同で主催します。私は、 Working Group 5: Collaborative Innovation for Sustainable Reconstruction and Rebirth に参加する予定です。ご関心のある方は、是非ご参加ください。


2011年9月24日:

9月29日(木)に東京・赤坂のトムソン・ロイターで Clean Green Forum 2011 in Tokyo - Investors and Advisors Meet UP が開催されます。このフォーラムでは、サステイナビリティとイノベーションに関する最近の動向と課題に関して講演をする予定です。ご関心のある方は、是非ご参加ください。

日時:2011年9月29日(木) 18時〜20時30分(17時30分受付開始)

場所: トムソン・ロイター 赤坂オフィス・セミナールーム(東京・港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー30F)

 

2011年9月22日:

9月15日(木)−17日(土)にアメリカ・ジョージア州アトランタにある Georgia Institute of Technology におきまして、 Atlanta Conference on Science and Innovation Policy 2011 が開催されました。この会議では、Session 5.e: Research Funding Organisations and Their Effects on the Science System: The Case of the European Research CouncilChair を務めるとともに、 Session 10.c: Economic Capacity and Science で以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Dynamics of Sustainability Innovation Systems: Implications from Case Studies," Atlanta Conference on Science and Innovation Policy 2011, Georgia Institute of Technology, Atlanta, Georgia, United States, September 15-17 (2011).

Georgia Institute of Technology は、近年科学技術イノベーション政策に関する研究者が多く集まり、アメリカにおけるこの分野の研究活動の中心地の一つになってきたように思います。

 

2011年9月15日:

近く以下の論文が、学術誌 Journal of Education for Sustainable Development (SAGE) に掲載される予定です。

Yarime, Masaru, and Yuko Tanaka, "The Issues and Methodologies in Sustainability Assessment Tools for Higher Educational Institutions: A Review of Recent Trends and Future Challenges," Journal of Education for Sustainable Development, forthcoming.

 

2011年9月12日:

書籍 現代社会学事典弘文堂から出版される予定です。その中で、「サステイナビリティ・サイエンス」の項目の執筆を担当しました。

鎗目雅、「サステイナビリティ・サイエンス」、見田宗介、大津真幸、吉見俊哉、鷲田清一 編、現代社会学事典、東京:弘文堂、 forthcoming.

 

2011年9月10日:

近く以下の論文が、学術誌 Environmental Innovation and Societal Transitions (Elsevier) に掲載される予定です。

Jupesta, Joni, Rizaldi Boer, Govindan Parayil, Yuko Harayama, Masaru Yarime, Jose A. Puppim de Oliveira, and Suneetha M. Subramanian, "Managing the Transition to Sustainability in an Emerging Economy: Evaluating Green Growth Policies in Indonesia," Environmental Innovation and Societal Transitions, forthcoming.

 

2011年9月10日:

近く以下の論文が、学術誌 Sustainability Accounting, Management and Policy Journal に掲載される予定です。

McIntosh, Malcolm, Vesselin Popovski, and Masaru Yarime, "Editorial: Special Issue on Sustainable Decision-Making in a Time of Crisis: Public and Private Perspectives," Sustainability Accounting, Management and Policy Journal, forthcoming.

 

2011年9月10日:

書籍 Higher Education in the World 4: Higher Education Committed to Sustainability - From Understanding to Action が、近くイギリスの Palgrave Macmillan から出版される予定です。その書籍の中で、以下の論文を執筆しました。

Yarime, Masaru, “Challenges and Opportunities in Sustainability Science: A Perspective Based on Research and Educational Experiences,” in Global University Network for Innovation (GUNI), ed., Higher Education in the World 4: Higher Education Committed to Sustainability - From Understanding to Action, Basingstoke: Palgrave Macmillan, forthcoming.

Fadeeva, Zinaida, Laima Galkute, Heila Lotz-Sisitka, Dzulkifli Abdul Razak, Miguel Chakon, and Masaru Yarime, "University Appraisal for Diversity, Innovation and Change towards Sustainable Development: Can it be done?" in Global University Network for Innovation (GUNI), ed., Higher Education in the World 4: Higher Education Committed to Sustainability - From Understanding to Action, Basingstoke: Palgrave Macmillan, forthcoming.

 

2011年9月10日:

書籍 サステイナビリティと平和 が、近く国際書院から出版される予定です。その書籍の中で、以下の論文の執筆と翻訳を行いました。

鎗目雅、「サステイナビリティ・サイエンスの観点から」、武内和彦、勝間靖 編、サステイナビリティと平和、東京:国際書院、forthcoming.

デニス・メドウズ (小川尚子、鎗目雅 訳)、「成長の限界が平和に示唆するもの」 (Dennis Meadows, "Implications of Limits to Growth for Peace") 、武内和彦、勝間靖 編、サステイナビリティと平和、東京:国際書院、forthcoming.

 

2011年9月9日:

9月2日(金)にフランス・パリにある International Council for Science (ICSU) の委員会である Committee on Data for Science and Technology (CODATA) FranceObservatoire des Données du Développement Durable (O3D) におきまして、以下の講演を行いました。

Yarime, Masaru, "Understanding Earthquake, Tsunami, and Fukushima: A Perspective from Sustainability Science," Observatoire des Données du Développement Durable (O3D), Committee on Data for Science and Technology (CODATA) France, Paris, France, September 2 (2011).

今回の東日本大震災に関する科学技術、経済、政策・制度における課題について議論しました。日本とフランスでは、ガバナンス・システムにかなり共通の特徴が見出せるようです。

 

2011年9月9日:

9月1日(木)にフランス・リヨンにある Ecole Normale Supérieure de Lyon (ENS Lyon) を訪問しました。 現在、 Dr. Marie Augendre, Assistant Professor, Department of Geography and Planning, University of Lyon II と共同で、Circulation and Reframing of Information in Seismic Extreme Situations (CRISES) という研究プロジェクトを提案しており、 Professor Jean-Yves Toussaint, Director of CNRS UMR 5600 Environnement, Ville, Société とともに、今後の共同研究に向けてディスカッションを行いました。

 

2011年9月9日:

8月29日(月)−30日(火)にスイス・チューリッヒにある Swiss Federal Institute of Technology (ETH) におきまして、 Global Transdisciplinary Processes for Sustainable Phosphorus Management (Global TraPs) ProjectWorkshop III - Setting the Stage for P Research: Identifying Guiding Questions, Critical Issues and Case Studies が開催されました。このプロジェクトでは、 Node Leader (Science) on Dissipation and Recycling を務めており、以下の発表を行うとともに、世界各国から参加した研究者と実務者の間のディスカッションをオーガナイズしました。

Yarime, Masaru, Daniel Lang, and Andrea Ulrich, "Working Group Session: Node on Dissipation and Recycling," Global Transdisciplinary Processes for Sustainable Phosphorus Management (Global TraPs) Project Workshop III - Setting the Stage for P Research: Identifying Guiding Questions, Critical Issues and Case Studies, Swiss Federal Institute of Technology (ETH), Zurich, Switzerland, August 29-30 (2011).

リン (P) という一つの物質に注目し、その流れを探索、採掘、製造、使用、散逸・リサイクルまでトレースして、そこに関わるアクターを同定し、関連する科学、技術、経済、社会、政策、制度などに関する側面を統合的に検討してみるのは、サステイナビリティ・サイエンスの方法論としても非常に興味深いと思います。

 

2011年9月9日:

8月26日(金)に秋田県秋田市で開催された「節電・防災 EXPO 2011」におきまして、以下の講演を行いました。

鎗目雅、「持続可能な世界に向けた提言」、節電・防災 EXPO 2011 、秋田県秋田市、8月26日 (2011).

 

2011年8月10日:

8月8日(月)に東京大学・柏キャンパスにおきまして、 2011 ProSPER.Net Young Researchers' School "Learning from Japan's Experiences on Urban Sustainability" が開催されました。その中で、以下のレクチャーを行い、アジアを中心とした世界各国からの若手研究者とディスカッションを行いました。

Yarime, Masaru, "Concepts and Methodologies in Sustainability Science and Implications for Urban Sustainability," 2011 ProSPER.Net Young Researchers' School, University of Tokyo, Kashiwa, August 8 (2011).

 

2011年8月10日:

私も委員として参加した「動画サイト利用実態調査検討委員会」報告書が公表されました。特にメディアに対して積極的に対応する人たちにとって、動画サイトは音楽の接触機会やニーズのマッチングを高め、個人や映像クリエイターなどによる作曲・編集・制作作品の発表の場となっており、大きな便益があると考えられます。今後はいかにしてこうしたサイトをうまく活用することができるか、さらに検証してく必要があると思います。

 

2011年8月7日:

以下の論文が、 United Nations University が発行する Our World 2.0 に掲載されました。

Mutisya, Emmanuel, and Masaru Yarime, "Investing at the Bottom of the Pyramid for Sustainable Development," Our World 2.0, July 25 (2011).

 

2011年8月7日:

8月4日(木)に東京・学士会館におきまして、京都大学大学院経済学研究科・植田和弘教授が主催するイノベーション研究会第9回が開催されました。その中で以下の発表を行いました。

鎗目雅、「サステイナビリティ・イノベーションに関する最近の研究動向と紹介」、イノベーション研究会第9回、東京・学士会館、8月4日 (2011).

 

2011年8月1日:

7月25日(月)−26日(火)に横浜におきまして、地球環境戦略研究機関 (IGES) の主催で開催された Third International Forum for Sustainable Asia and the Pacific (ISAP 2011) の一環として、IGES と国連大学高等研究所 (UNU-IAS) の共催により、 Expert Workshop on Monitoring and Evaluation of Education for Sustainable Development (ESD) in Asia-Pacific Region が開催されました。その中で、 Open Discussion on Identifying Success Factors and Barriers in ESD ImplementationFacilitator を務めるとともに、以下の発表を行い、その後のディスカッションをファシリテートしました。

Yarime, Masaru, "Discussion on Development of Conceptual Framework for Research on ESD Indicators," Expert Workshop on Monitoring and Evaluation of Education for Sustainable Development (ESD) in Asia-Pacific Region, Pacifico Yokohama, Yokohama, Kanagawa, Tokyo, July 25-26 (2011).

 

2011年7月31日:

7月21日(木)に柏サステイナブル・シティ研究会の第4回を開催しました。環境分野における国際標準化の現場で活躍されている日立製作所の市川芳明氏をお招きし、スマートシティの国際標準化に関する現在の状況と、今後の課題について議論を行いました。

柏サステイナブル・シティ研究会第4回

日時:7月21日(木)17:30−19:30

場所:東京大学本郷キャンパス・第二本部棟6階教室623番

「スマートシティの国際標準化に関する動向」
国際電気標準会議 (IEC) TC111 議長
(株)日立製作所 地球環境戦略室 主管技師長
市川 芳明氏

参加者とのディスカッション

連絡:鎗目雅


2011年7月15日:

7月5日(火)に東京・霞ヶ関におきまして、気候変動に関する政府間パネル (IPCC) 第5次評価報告書 (Fifth Assessment Report, AR5) 国際ワークショップが開催されました。この中で、 Session B2: Various Countries' PolicyChair を務め、併せて以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Policies for Promoting Innovation on Climate Change," International Workshop on the Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC) Fifth Assessment Report (AR5), Tokyo, Japan, July 5 (2011).

7月6日(水)には、IPCC AR5 国際シンポジウムが開催されました。 Panel Discussion におきまして、以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Transferring Solar LED Lanterns to Africa: Implications for Reducing Greenhouse Gas (GHG) Emissions," International Symposium on the Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC) Fifth Assessment Report (AR5), Tokyo, Japan, July 6 (2011).

AR5 は2014年に発行される予定になっており、今回のワークショップ、シンポジウムでは第3作業部会 (Working Group III) が扱っている温室効果ガスの削減を通じた気候変動の緩和に関して、 国際・国内政策や技術移転などの観点から、各国から参加した Coordinating Lead Authors (CLAs), Lead Authors (LAs) とともに議論を行いました。

 

2011年7月1日:

7月7日(木)13:00−14:30に東京大学柏キャンパス・環境棟2階講義室2におきまして、Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 21 を開催します。スピーカーは Georgia Institute of Technology, School of Public Policy Professor Janelle Knox-Hayes で、環境金融の市場制度の発展に関して、特にアジアを含めた国際的な観点から議論する予定です。ご関心のある方は、是非ご参加下さい。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 21

Date: Thursday, July 7
Time: 13:00-14:30
Venue: Lecture Room 2, Second Floor, Environmental Building, Kashiwa Campus, University of Tokyo

Title: The Architecture of Carbon Markets: The Institution of Resource to Finance Conversion

Speaker: Janelle Knox-Hayes, Assistant Professor of Environmental Policy, School of Public Policy, Georgia Institute of Technology, United States

Education:
Ph.D., Geography and Environment (Fields: Economic Geography, Environmental Finance), University of Oxford, Oxford, United Kingdom, June 2009.
M.S. (Distinction), Nature, Society, and Environmental Policy, University of Oxford, Oxford, United Kingdom, September 2006.
B.A. (Distinction), Ecology/Evolutionary Biology (Summa Cum Laude), International Affairs, and Japanese Language and Civilizations, University of Colorado, Boulder, CO, December 2004.

Abstract:
Human and natural systems are becoming increasingly mismatched in their scale of operation and reproduction. Problems such as climate change and biodiversity loss have arisen from the lack of synchrony between economic and environmental systems.  In response, policy makers are turning increasing attention to environmental finance, the pricing of environmental goods and externalities through financial mechanisms. I seek to investigate the initiation and evolution of environmental finance in Asia, through investigation of financial centers, their organizations, actors and processes. The proposed study analyzes the institutionalization of environmental finance by investigating its initiation in five prominent Asian financial centers: Singapore, Hong Kong, Shanghai, Tokyo, and Beijing/Tianjin.  Specifically, the analytical focus lies on the financial service networks in these cities as elucidated through interviews with financial experts.  Environmental finance is just being initiated in Asia.  However, Asia provides an important context for investigation into how financial products and services are transferred across cultural boundaries. In addition, preliminary evidence suggests that carbon financial services are finding more purchase in Asia than the United States in wake of the recent financial crisis.  As environmental finance grows and becomes more important, this could signal a shift of financial power from the Western to the Eastern financial centers.  In relation to these interests, I plan to investigate three key questions: 1) how is environmental finance institutionalized and how does it operate, 2) is Asian environmental finance innovative or an extension of existing financial channels and logics, and 3) in what ways do developing environmental finance systems incorporate spatial and temporal dimensions?  The project builds directly off of research I have conducted on emissions markets in the US and Europe, allowing for the extension of empirical results and the development and refinement of theory.  As an initial step in this research I seek to conduct preliminary studies in Tokyo, Hong Kong and Singapore during the first half of 2011.

Contact: YARIME Masaru

 

2011年6月22日:

‎7月6日(水)東京・霞ヶ関におきまして、気候変動に関する政府間パネル (IPCC) 第5次評価報告書 (Fifth Assessment Report, AR5) 国際シンポジウムが経済産業省の主催により開催されます。 AR5 は2014年に発行される予定になっており、今回のシンポジウムでは第3作業部会 (Working Group III) が扱っている温室効果ガスの削減を通じた気候変動の緩和に関して議論を行う予定です。私もパネリストとして参加する予定ですので、ご関心がある方は是非ご参加ください。


2011年6月22日:

書籍 Engaging with Environmental Justice: Governance, Education and Citizenship がイギリスの Inter-Disciplinary Press から出版されました。この本の中で、以下の論文を Ms. Carla Alvial-Palavicino と執筆しました。

Alvial-Palavicino, Carla, and Masaru Yarime, "Sharing and Shaping Perceptions: Dialogues with Expertise in the Deployment of Renewable Energy Technologies," in Matthew Cotton and Bernardo Heisler Motta, eds., Engaging with Environmental Justice: Governance, Education and Citizenship, Oxford: Inter-Disciplinary Press, 189-200 (2011).

 

2011年6月21日:

6月18日(土)に Université de Technologie de Compiègne (UTC) のパリ・オフィスを訪問し、サステイナビリティに関する多種多様なデータを収集・共有していくための連携の可能性について意見交換を行いました。 Professor Jean-Pierre Caliste of UTC (President of Committee on Data for Science and Technology (CODATA) France) と、今後サステイナビリティ・サイエンスの発展にあたって重要となる学問的な概念や方法論の確立と制度化における課題ついて、フランスの大学の現状も踏まえて非常に有意義なディスカッションをすることができました。


2011年6月21日:

6月18日(土)にフランス・パリにある United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization (UNESCO) を訪問し、 Dr. Yoko Mochizuki, Programme Specialist of the Section of Education for Sustainable Development (ESD) とミーティングを行いました。従来、教育関係の研究者や専門家と産業界や政策担当者との間で交流が十分ではなかったこともあるため、将来的に ESD に関して社会における様々なアクターが連携していくことが可能になるよう、概念・方法論を開発して共通のアジェンダを設定することが重要ではないかと思います。


2011年6月21日:

6月16日(木)にスイス・ジュネーブにある World Meteorological Organization (WMO) を訪問し、人材育成に関する専門家 Mr. Jeff Wilson, Mr. Yinka R. Adebayo, and Dr. Makoto Suwa とミーティングを行いました。将来的に、東京大学の Graduate Program in Sustainability Science (GPSS) と連携して、主に発展途上国からの学生ともに、気候変動と災害マネジメントについてサステイナビリティ・サイエンスの観点から学融合的に議論していく可能性について議論しました。

 

2011年6月21日:

The Second International Conference on Sustainability Transitions が、6月13日(月)−15日(水)にスウェーデンの Lund University で開催されました。 Session C11 - The Role of Firms and Industry in Transitions におきまして、以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Sustainability Innovation as a Social Process of Knowledge Transformation," Second International Conference on Sustainability Transitions, Lund University, Lund, Sweden, June 13-15 (2011).

これまでイノベーション研究とサステイナビリティ・サイエンスのコミュニティーは、比較的あまり交流がありませんでしたが、今回の会議では両者の研究者の間で非常に有意義なディスカッションがあったように思います。


2011年6月21日:

6月6日(月)−12日(日)にかけて、ケニア・ナイロビを訪問しました。今回は、 United Nations Development Programme (UNDP) が行っている Growing Inclusive Markets (GIM) Initiative のケーススタディーのため、日本企業による事例を調査を行いました。具体的には、三洋電機が開発したソーラーLEDランタンの無電化地域における普及プロジェクトを取り上げました。実際に Embu 県にある小さな村に滞在し、多くの家庭が電気へのアクセスがない状況を経験することができましたが、企業の社会的責任 (CSR) と、いわゆる Base-of-Pyramid (BOP) ビジネスを統合することは容易ではないことを実感しました。特に、金融の制度・仕組みが重要な要素として挙げられると思います。


2011年5月28日:

5月27日(金)に International Council for Science (ICSU) Committee on Data for Science and Technology (CODATA) FranceMr. Robert Vazille が柏キャンパスを訪問致しました。サステイナビリティに関わるデータ・情報・知識を収集、共有することで、大学、企業、公的機関、NGOなど社会における様々なステークホルダーが連携していく可能性を議論しました。 Todai Business and Innovation for Sustainability (T-BIS)Observatoire des Données du Développement Durable (O3D) を通じて情報交換をしていく予定です。

 

2011年5月26日:

5月26日(木)13:00−14:30に東京大学・柏キャンパス・環境棟2階講義室2におきまして、 Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 20 を開催しました。スピーカーは、 フランス University of Bordeaux Professor Philippe Gorry で、米国・欧州における希少疾病用医薬品の開発に向けたイノベーションの状況を基に、知的財産権や医薬品に関わる規制・制度、公的保健システムのサステイナビリティにおける課題について、議論しました。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 20

Date: Thursday, May 26
Time: 13:00-14:30
Venue: Lecture Room 2, Second Floor, Environmental Building, Kashiwa Campus, University of Tokyo

Title: "How to Conceal the Cost of Innovation and the Sustainability of Public Health System: The Example of Orphan Drugs and Rare Diseases"

Speaker: Philippe GORRY, MD-PhD, Associate Professor of Cell Biology, Medical School, University of Bordeaux, France

Biography:
Philippe GORRY, MD-PhD, Associate Prof. of Cell Biology at the Medical School of the University of Bordeaux (France). Trained in medical genetic, his research field was on cancer-prone rare diseases & he is an inventor with several patents on transgenic mice. For many years, he has been Vice-Dean for technology transfer, administrator of the university incubator, and past-funding & executive director of Aquitaine-Valo technology transfer office of the University of Bordeaux. Member of several national and international, scientific and tech transfer societies, he is working as an expert on biotechnology for governmental or private organization (ESHG, NIH-OTT, OECD,...). He served as a the President of the association of French university technology managers, "Réseau C.U.R.I.E."., as well as board members of the Licensing Executive Society – France. Last year, he joined the laboratory of economics GREThA and undertook research projects on patent mapping & IP assets valuation with a focus on orphan drug market (http://gretha.u-bordeaux4.fr/-gorry-philippe- ). This work is supported by FP7 research program FINNOV and through the support of the Natl. Res. Agency (ANR) program GEDI (http://gedi.gerpisa.org/ ). Finally, he is involved in the development of a financial and patent intelligence facility so called ViaInno (http://viainno.gretha.u-bordeaux4.fr/ ).

Abstract:
Rare disorders is the name of diseases, with varied etiology and low-prevalence for the majority of which there is no treatment available. About 5,000 identified diseases are classed as "orphan" due to the absence of response in terms of diagnosis, prevention and treatment. Drug development for these diseases has been limited by a lack of understanding of the pathophysiology mechanisms and the prohibitive cost of investing in a novel drug with poor market potential. Orphan drugs (OD) is the term quoted to those drugs intended for the treatment of rare diseases and which qualify as drugs scientifically viable but not viable from an economic point. To encourage the development of such drugs for rare syndromes, OD legislation was put in place in the European Union (EU) in 2000 and were inspired from the US model where an OD legislation dates back to 1983. Today, with the assignment of more than 500 OD designations by the FDA and EMEA, these incentives have contributed to the development of many innovative biotechnology products. While the EU OD act is encompassing its 10th anniversary in 2010, we might ask if the OD market exclusivity provision was the strongest of ODA incentives? Indeed ODs give opportunities for pharma firms moving into more niche designations away from mass market at a time, the blockbuster business model have troubles constraining Big Pharma companies to find new markets & sources of profits. The increased availability of OD with their high cost raises debate surrounding their affordability & cost-effectiveness, & so their public funding by national health services & innovation systems.

Contact: YARIME Masaru

 

2011年5月20日:

5月20日(金)16:30−18:30に東京大学柏キャンパス・環境棟3階講義室3におきまして、 Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 19 を開催します。環境保護における宗教コミュニティーの役割に関するマレーシアの事例研究と、農業セクターにおける能力開発に関するメキシコの事例研究を議論する予定です。ご関心のある方は、是非ご参加ください。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 19

Date: Friday, May 20, 2011
Time: 16:30-18:30
Venue: Lecture Room 3, Environmental Building, Kashiwa Campus, University of Tokyo

Title: "The Role of Religious Community in Recycling: Empirical Insights from Malaysia"

Speaker: Dr. Zeeda F. Mohamad, Department of Science & Technology Studies, Faculty of Science, University Malaya, Malaysia

Abstract:
Optimism on the power of religion to create large-scale and deep-seated ecological transformation (Foltz et. al, 2003; Tucker and Williams, 1997; Chapple and Tucker, 2000; Hessel and Ruether, 2000) plus the strong religious socio-demographics of the country (Sharifah Zaleha and Hezri, 2009) has encouraged ideas on the important role of religious communities in the adoption of environmental practices in Malaysia. However, these are mostly discussed at the theoretical and conceptual level with little systematic empirical observation on the ground. Moreover, the role of religious communities in Municipal Solid Waste Management (MSWM) is extremely limited in the mainstream literature, with only a few exceptions (Arafat, 2010, Al-Khatib et al,2009).This paper aims to reduce this gap by providing some early empirical evidence on the potential role of religious communities to enhance public adoption of recycling as a form of environmental practice. From a set of successful cases in Malaysia, we can observe that the advantages that such communities possess can be viewed in several ways: the systematic way in which they operate; their ability to conduct long-term programmes; their unique organisational structure; their multiple motivational drivers for recycling and their collective potential to expand their programmes to various parts of the larger community. The findings have also shown that the potential role of religious communities in environmental practices, such as recycling, also need to be understood from the viewpoint of specific socio-religious elements of a particular community to support different aspects of a recycling programme.

References:
Al-Khatib, I. A., H. A. Arafat, et al. (2009). "Enhanced solid waste management by understanding the effects of gender, income, marital status, and religious convictions on attitudes and practices related to street littering in Nablus - Palestinian territory." Waste Management 29(1): 449-455.
Arafat, H. S. (2010). Can Religion Serve as a catalyst for sustainable waste management? Islam as case study 11th Mediterranean Research Meeting Florence and Montecani Terme
Foltz, C. K., Denny, F. M. and Baharuddin, A. (eds) (2003) Islam and Ecology: A Bestowed Trust. Boston: Harvard University Press
Tucker, M. E. and Williams, D. R. (eds) (1997) Buddhism and Ecology: The Interconnected of Dharma and Deeds. Boston: Harvard University Press
Chappel, C. K. and Tucker, M. E. (eds) (2000) Hinduism and Ecology: The Intersection of Earth, Water and Sky. Boston: Harvard University Press
Hessel, D. T. and Ruether, R. R. (eds) (2000) Christianity and Ecology: Seeking the Well-Being of the Earth and Humans. Harvard University Press
Syarifah Zaleha, S. H. and Hezri, A. (eds.) (2009) Religion and the environmental challenges: Voices from Malaysia. LESTARI.

 

Title: "Evolution of Capabilities in Agribusiness: The Case of the Mexican Daily Sector"

Speaker: Dr. Rocio Alvarez Tinoco, Science and Technology Policy Research (SPRU), University of Sussex, United Kingdom

Abstract:
The aim of this thesis is to investigate how capabilities are created, accumulated and evolved as dairy farmers and dairy processors interact with other actors (e.g. suppliers, government organisations, research organisations, universities, MNCs, etc.) in three Mexican dairy regions in the Mexican dairy sector (MDS). The MDS plays an important part in mitigating the social problem of malnutrition in low-income families and reducing peasant migration. In particular, this thesis analyses the processes of capabilities building to integrate the value chains of those firms in complex socio-economic and technological systems. In these processes, regional actors, their networks and institutions have played major interdependent roles during globalisation following the signing of the North American Free Trade Agreement, NAFTA (i.e. 1994-2004), which ended a long period of imports substituting industrialisation regime. This thesis proposes the concept of sector-specific regional capabilities (i.e. regional capabilities) and an analytical framework based on this concept in order to fill gaps in the literature on evolutionary economics, firm, organisation and strategy and regional innovation systems. The thesis investigates the integration of the micro (firms) and meso (regions) levels of capabilities development in agribusiness in a developing context. The research builds upon four main theoretical approaches: 1) dynamic capabilities of firms; 2) regional system of innovation, including regional capabilities, 3) sectoral systems of innovation; and 4) a function-based approach to comparing regional performance in capabilities building aimed at improving policy making. By combining elements of these approaches, this research articulates the logic of the coevolution of routines into improved and new capabilities within farms and dairy processors (i.e. intra-organisational capabilities) and between these actors and other organisations (i.e. inter-organisational capabilities), which carried out collective activities and processes involving learning.

Contact: YARIME Masaru

 

2011年5月19日:

5月18日(水)に東京・ホワイト & ケース法律事務所におきまして、柏サステイナブル・シティ研究会第3回を開催しました。

柏サステイナブル・シティ研究会第3回

日時:5月18日(水)18:00−20:00

場所: 東京・ホワイト & ケース法律事務所

18:00−18:45 「環境と金融に関する最近のトピック」 日本政策投資銀行 事業開発部 CSR支援室長 竹ケ原啓介氏

18:45−19:30 「産業組織、ファイナンス、イノベーション〜米国再生再投資法§1603をケースとして」 株式会社ニコン 主幹研究員 齋藤旬氏

19:30−20:00 ディスカッション

連絡:鎗目雅

 

2011年5月14日:

5月8日−10日にアメリカ・ニューヨークにある Columbia UniversityThe Earth Institute17th Annual International Sustainable Development Research Conference が開催されました。この中で、以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, " Encouraging Sustainability Innovation through a Process of Knowledge Transformation in Society," 17th Annual International Sustainable Development Research Conference, Earth Institute, Columbia University, New York, United States, May 8-10 (2011).

Mutisya, Emmanuel, and Masaru Yarime, "Urban Sustainability, Microfinance Technologies and Public Services: The Case of Nairobi, Kenya," 17th Annual International Sustainable Development Research Conference, Earth Institute, Columbia University, New York, United States, May 8-10 (2011).

 

また現在、United Nations Development Programme (UNDP)Growing Inclusive Market (GIM) Initiative に関わっており、日本企業のケースに関する調査を行う予定です。今回の機会に合わせて、UNDP 本部を訪問して担当者とミーティングを行いました。

 

2011年4月30日:

書籍 Automobility in Transition? A Socio-Technical Analysis of Sustainable Transport が、近くイギリスの Routledge から出版される予定です。その中で、以下の論文を執筆しました。

Orsato, Renato J., Marc Dijk, Rene Kemp, and Masaru Yarime, “The Electrification of Automobility: The Bumpy Ride of Electric Vehicles towards Regime Transition,” in Frank Geels, Rene Kemp, Geoff Dudley, and Glenn Lyons, eds., Automobility in Transition? A Socio-Technical Analysis of Sustainable Transport, London: Routledge, forthcoming.

 

2011年4月28日:

書籍 Sustainability Science: A Multidisciplinary Approach が、United Nations University Press から出版されました。その中で、以下の論文を執筆しました。

Yarime, Masaru, “Exploring Sustainability Science: Knowledge, Institutions, and Innovation,” in Hiroshi Komiyama, Kazuhiko Takeuchi, Hideaki Shiroyama, and Takashi Mino, eds., Sustainability Science: A Multidisciplinary Approach, Tokyo: United Nations University Press, 98-111 (2011).

 

2011年4月28日:

日本レコード協会「動画サイトの利用実態調査検討委員会」に参加することになりました。音楽を始めとするコンテンツ産業の将来のあり方を考えていく上で基盤となるような調査へ向けて、議論・検討を行う予定です。

 

2011年4月26日:

以下の論文が、学術誌 Nanotechnology Perceptions に掲載されました。

Yarime, Masaru, "Understanding Sustainability Innovation as a Social Process of Knowledge Transformation," Nanotechnology Perceptions, 6 (3), 143-153 (2010).

 

2011年4月25日:

4月25日(月)に、東京・大手町の UBS 証券におきまして、以下の講演を行いました。

鎗目雅、「社会連携を通じたサステイナビリティ・イノベーションに向けて」、 You & Earth LectureUBS 証券、東京・大手町、4月25日 (2011).

 

2011年4月25日:

4月から、東京大学大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラムプログラム協力教員に任命されました。 "Sustainability Strategy II" の授業を担当する予定です。

 

2011年4月20日:

Global University Network for Innovation (GUNI) の編集で、書籍 Higher Education in the World 4: Higher Education Committed to Sustainability - From Understanding to Action が、近くイギリスの Palgrave Macmillan から 出版される予定です。その中で、以下の論文を執筆しました。

Fadeeva, Zinaida, Laima Galkute, Heila Lotz-Sisitka, Dzulkifli Abdul Razak, Miguel Chakon, and Masaru Yarime, "University Appraisal for Diversity, Innovation and Change towards Sustainable Development: Can it be done?" in Global University Network for Innovation (GUNI), ed., Higher Education in the World 4: Higher Education Committed to Sustainability - From Understanding to Action, Basingstoke: Palgrave Macmillan, forthcoming.

 

2011年4月3日:

2010年度には以下の学生の修士論文の指導を行い、無事に修了しました。

Suzuki, Ryoko, "Strategic Corporate Social Responsibility for Millennium Development Goals: Planning Projects for Business Opportunities and Sustainability," Master's Thesis (Principal Adviser: Yarime, Masaru; Co-Advisor: Kunishima, Masahiko), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, March (2011).

Tanaka, Yuko, "Comparative Analysis on Sustainability Assessment and Reporting Frameworks for Higher Education Institutions," Master's Thesis (Principal Advisor: Yarime, Masaru; Co-Advisor: Sato, Jin), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, March (2011).

Enoki, Minami, "Sustainability of Culture as a Dynamics Process: Transformation of Knowledge in Urushi Industry in Japan," Master's Thesis (Principal Adviser: Yarime, Masaru; Co-adviser: Sato, Jin), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, March (2011).

Takahashi, Miyuki, "Sustainability Analysis of Bio-based and Biodegradable Plastics," Master's Thesis (Principal Adviser: Yanagisawa, Yukio; Co-adviser: Yarime, Masaru), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, March (2011).

Alvial Palavicino, Carla Maria Elizabeth, "The Role of Expertise in the Co-Production of Sustainable Technologies: A Case Study on Knowledge Dynamics from Microgrids Development in a Rural Community in Chile," Master's Thesis (Principal Adviser: Yarime, Masaru; Co-Advisor: Iwata, Shuichi), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, September (2010).

Xu, Qing, "Technological Innovation System of Membrane Bioreactor in China," Master's Thesis (Principal Adviser: Onuki, Motoharu; Co-adviser: Yarime, Masaru), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, September (2010).

Aliyanti, Kurnia, "Analyzing Impact of Grass Root ODA Program on Community Capacity Development towards Sustainability," Master's Thesis, (Principal Adviser: Todo, Yasuyuki; Co-adviser: Yarime, Masaru), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, September (2010).

Md. Abdul, Latif, "A Study on Effectiveness of Field Water Tube as a Practical Indicator to Irrigate SRI Rice Field in Alternate Wetting and Drying Irrigation Management Practice," Master's Thesis (Principal Adviser: Yamaji, Eiji; Co-adviser: Yarime, Masaru), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, September (2010).

なお、鈴木諒子 (SUZUKI Ryoko) さんは、新領域創成科学研究科長賞(修士課程・学業)を受賞しました。

 

2011年4月2日:

3月16日(水)−25日(金)にかけて、フランス・ボルドーにある Groupe de Recherche en Économie Théorique et Appliquée (GREThA), University of Bordeaux IVVisiting Professor として滞在しました。大学院生に対する講義に加えて、以下のセミナーを行いました。

Yarime, Masaru, "Sectoral Studies of Environmental Innovation: Cases of the Chemical, Materials, Automotive, and Electronic Industries," Research Seminar, Groupe de Recherche en Économie Théorique et Appliquée (GREThA), University of Bordeaux IV, Bordeaux, France, March 17 (2011).

Yarime, Masaru, "Sustainability Science: Transforming University as a Platform for Innovation through Social Experimentation between Academia, Industry, and the Public Sector," Research Seminar, Groupe de Recherche en Économie Théorique et Appliquée (GREThA), University of Bordeaux IV, Bordeaux, France, March 22 (2011).

 

2011年4月2日:

3月9日(水)−10日(木)にアメリカ・アリゾナ州テンピにおきまして、School of Sustainability of Arizona State University (ASU) が主催して、 International Workshop on Problem-Based Learning in Sustainability Programs が開催されました。アメリカ、ヨーロッパ、アフリカからの参加者とともに、 Exemplary PBL Courses from Different Sustainability Programs として、東京大学 Graduate Program in Sustainability Science (GPSS) における取り組みを紹介しました。

Yarime, Masaru, "Problem-Based Learning for Integrating Education, Research, and Contribution to Society for Sustainability: University as a Platform for Social Experimentation through Stakeholder Collaboration," International Workshop on Problem-Based Learning in Sustainability Programs, School of Sustainability, Arizona State University, Tempe, Arizona, United States, March 9-10 (2011).

 

2011年4月2日:

3月2日(水)−4日(金)にベトナム・ハノイにおきまして、 Integrated Research System for Sustainability Science (IR3S), The University of Tokyo (UT), and Vietnam National University, Hanoi (VNU) の主催、及び Asian Institute of Technology Vietnam (AITVN) and United Nations University (UNU) の共催により、 Second International Conference on Sustainability Science in Asia (ICSS Asia) が開催されました。この中で、 Session on Sustainability Innovation をオーガナイズし、併せて以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Bringing forth Global Sustainability Innovation through Collaboration between Academia, Industry, and the Public Sector," Session on Sustainability Science, Second International Conference on Sustainability Science in Asia (ICSS Asia), Vietnam National University (VNU) Hanoi, Hanoi, Vietnam, March 2-4 (2011).

 

2011年4月2日:

2月24日(木)に、東京・世界銀行情報センターにおきまして、柏サステイナブル・シティ研究会の第2回を開催しました。

柏サステイナブル・シティ研究会第2回

日時:2月24日(木)17:00−19:00

場所:世界銀行情報センター(東京都千代田区内幸町2-2-2富国生命ビル1階)

司会:鎗目 雅

17:00−18:00:話題提供
Sustainable City Design を求めて−日本2020年温室効果ガス排出量25%削減シナリオづくりの現場から持続可能な都市を目指して」
国立環境研究所 主任研究員 藤野純一氏

18:00−18:30:最近の動き
「イノベーション拠点立地支援事業について」

18:30−19:00:ディスカッション
参加者の問題意識の共有

※柏サステイナブル・シティ研究会の背景と狙い
・サステイナビリティに向けてエネルギー、交通、農業、土地利用などの情報化(スマート化)が多くの注目を集めている
・グローバルな都市化の進展に伴い、新たな政策と技術が提言されている
・都市の運営には、経済、技術、政策、社会など多くの変数が関与 (Special Issue of Nature on Science and the City)
・柏において「明るい低炭素社会の実現に向けた都市変革プログラム」や「プラチナシティ構想」などの計画が進んでいる
・大学をプラットフォームとして、技術、ビジネス、政策の関係者が対話・研究する
・アジアを中心とした都市の設計・運用の国際的な展開に向けてアウトプットを行う

連絡:鎗目雅

 

2011年4月2日:

2月22日(火)に東京大学・弥生講堂におきまして、Sustainability と人文知」研究プロジェクト第3回 Kickoff 研究会が開催されました。松本三和夫氏(東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授)の司会により、以下の発表を行いました。

鎗目雅、「サステイナビリティ・サイエンスにおける知識:科学技術、社会、『第三の波』」、「Sustainability と人文知」研究プロジェクト第3回 Kickoff 研究会、東京大学・弥生講堂、2月22日 (2011).

 

2011年2月7日:

2月5日(土)に東京農工大学・現場立脚型環境リーダー育成拠点形成 (FOLENS) におきまして、 Business Creation and Management for Environmental Industries のコースで特別講義を行いました。

Yarime, Masaru, "Business Strategy, Public Policy, and Institutional Design for Sustainability Innovation," Special Lecture for the Course on Business Creation and Management for Environmental Industries, Education Program for Field-Oriented Leaders in Environmental Sectors in Asia and Africa (FOLENS), Tokyo University of Agriculture and Technology, Tokyo, February 5 (2011).

サステイナビリティ・イノベーションを創出していくにあたって、個別の企業レベルでのビジネスモデルから、様々なアクターとの連携を通じた広い意味での社会レベルでのビジネスモデルを構築していくことが非常に重要になってきていることを議論しました。

 

2011年2月3日:

1月23日(日)−25日(火)にスウェーデン・ヨーテボリの Chalmers University of TechnologyAlliance for Global Sustainability (AGS) Annual Meeting 2011 が開催されました。 Keynote Speaker for Plenary Session on Scanning Research Horizons on Learning Issues in Sustainability Science として参加し、以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "University as a Platform for Sustainability Innovation through Societal Collaboration and Experimentation between Academia, Industry, and the Public Sector," Keynote Speech, Alliance for Global Sustainability (AGS) Annual Meeting 2011, Chalmers University of Technology, Gothenburg, Sweden, January 23-25 (2011).

 

1月31日(月)に東京大学大学院総合文化研究科・人間の安全保障プログラム (HSP) におきまして、第114回 HSP セミナー「アフリカにおける人間の安全保障とビジネス」が開催されました。人間の安全保障の根幹である土地所有にかかわる問題とアフリカの開発について、タンザニアを事例とした発表の後、討論者として議論を行いました。

第114回 HSP セミナー「アフリカにおける人間の安全保障とビジネス」

日時:2011年1月31日(月) 17:00-19:00

場所:東京大学駒場キャンパス 18号館4階 コラボレーションルーム1

講師:雨宮 洋美 (富山大学経済学部准教授、東京大学大学院総合文化研究科客員准教授)

コメンテーター: 峯 陽一 (同志社大学グローバル・スタディーズ研究科教授) 、丸山 真人 (東京大学大学院総合文化研究科教授)

討論者:鎗目 雅 (東京大学大学院新領域創成科学研究科准教授)

主催:東京大学大学院総合文化研究科、「人間の安全保障」プログラム (HSP) 、グローバル地域研究機構 (IAGS) 持続的平和研究センター、グローバル地域研究機構 (IAGS) 持続的開発研究センター、グローバル地域研究機構 (IAGS) アフリカ地域研究センター

 

2011年1月11日:

1月14日(金)に柏サステイナブル・シティ研究会を開催する予定です。ご関心のある方がいらっしゃいましたら、是非ご参加ください。

柏サステイナブル・シティ研究会第1回

日時:1月14日(金) 17:00-19:00

場所:東京大学・柏キャンパス 環境棟2階会議室2(235)

1700-1730 :本研究会へのイントロ「サステイナビリティとイノベーション」

鎗目 雅 (東京大学 大学院新領域創成科学研究科 (GPSS) 准教授)

1730-1830:話題提供 「ローソンを事例とする商業施設の省エネアルゴリズム開発の理論と実際」

馬郡 文平 氏 (東京大学 生産技術研究所 野城研究室 特任研究員・産学官連携研究員)

1830-1900:ディスカッション、参加者の問題意識の共有

 

※柏サステイナブル・シティ研究会の背景と狙い

・サステイナビリティに向けてエネルギー、交通、住宅、水、農業、土地利用などの情報化(スマート化)が多くの注目を集めている

・グローバルな都市化の進展に伴い、新たな政策と技術が提言されている

・都市の運営には、科学技術、経済、政策、社会など多くの変数が関与 (cf. Special Issue of Nature on Science and the City)

・柏において「明るい低炭素社会の実現に向けた都市変革プログラム」などの計画が進んでいる

・大学をプラットフォームとして、技術、ビジネス、政策の関係者が対話・研究する

・アジアを中心としたサステイナブルな都市のデザイン・運用の国際的な展開に向けてアウトプットを行う

連絡:鎗目雅

 

2010年12月30日:

以下の論文が、学術誌 Nanotechnology Perceptions に近く掲載される予定です。

Yarime, Masaru, "Understanding Sustainability Innovation as a Social Process of Knowledge Transformation," Nanotechnology Perceptions, forthcoming.

 

2010年12月29日:

12月28日(火)に大阪大学・環境イノベーションデザインセンターで第4回 CEIDS 学術交流セミナーが開催され、以下の講演を行いました。

鎗目雅、「サステイナビリティ・サイエンスにおけるイノベーション・システム・アプローチの可能性と課題」、第4回 CEIDS 学術交流セミナー、大阪大学・環境イノベーションデザインセンター (CEIDS) 、12月28日 (2010).


2010年12月26日:

2011年1月初めに東京大学出版会から、シリーズ・サステイナビリティ学(全5巻)の第1巻・サステイナビリティ学1:サステイナビリティ学の創生が出版される予定です。その中で以下の論文を執筆しました。

鎗目雅、「サステイナビリティ学とイノベーション−科学技術を駆使する」、小宮山宏、武内和彦、住明正、花木啓祐、三村信男 編、サステイナビリティ学1:サステイナビリティ学の創生、シリーズ・サステイナビリティ学(全5巻)、東京:東京大学出版会 (2011).

 

2010年12月25日:

12月17日(金)に東京大学 i.school 2010年度 第6回人間中心イノベーション・ワークショップ「サステナビリティのデザイン」の最終プレゼンテーションが行われ、産業界からの方々とともに講評者として参加しました。サステイナビリティのデザインというテーマに対して、参加者の皆さんが物質やエネルギーに直接アプローチするというよりも、意識や価値の問題に注目してソーシャル・エンタープライズ(社会的企業)の事業プランを提案していたのが非常に印象的でした。

 

2010年12月16日:

12月22日(水)16:00から東京大学柏キャンパス・環境棟3階講義室3におきまして、 Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 18 を開催します。 学術誌 Sustainability Science における論文の投稿・査読・出版のプロセスを踏まえて、国際ジャーナルに論文を出版していくためにはどのような点に留意する必要があるのか、参加者の皆さんと一緒に議論する予定です。ご関心のある方は、是非ご参加いただけましたら幸いです。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 18

Date: Wednesday, December 22, 2010
Time: 16:00-17:30
Venue: Lecture Room 3, Environmental Building, Kashiwa Campus, University of Tokyo

Title: Publishing a research paper: The editorial process from submission to decision at Sustainability Science

Speaker: Darek Gondor, Editorial Office, Sustainability Science, The University of Tokyo, and Institute for Sustainability and Peace, United Nations University

Abstract:
What happens to your paper after you submit it to a journal?  How do editors choose what to publish?  What small mistakes persuade editors to reject a paper?  There is no substitute for good research results or a clearly expressed argument which is put on paper by researchers, but many good ideas are rejected by editors because they are not logically written, don't connect to previous research in the area, or many other reasons.  This seminar describes the editing process of Sustainability Science journal, and summarizes a checklist of important features of submissions that have an impact on the decision to publish.  Finally an abstract writing activity will be held, where participants will have a chance to prepare an abstract for submission!

Biography:
Darek Gondor is an editorial associate at the Institute for Sustainability and Peace in Tokyo and responsible for administrative and editorial functions of the journal Sustainability Science (in affiliation with University of Tokyo). He has worked in several capacities as an editor, teacher, researcher and freelance writer, including as a contributor to the Daily Yomiuri, a science writer at the University of Guelph, and as a research analyst at Environment Canada. Darek Gondor holds degrees in ecology and public administration focusing on environmental policy. His academic interests centre on application of human behavioural ecology and psychology principles to environmental problems.  In his free time he enjoys reading and playing sports.

Contact: YARIME Masaru

 

2010年12月15日:

12月15日(水)に Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 17 を開催しました。スピーカーは、Centre for Natural Resources and Environmental Studies (CRES) of Vietnam National UniversityProfessor Truong Quang Hoc で、ベトナムにおける持続可能な開発に関するこれまでの成果と今後の課題に関して議論をしました。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 17

Date: Wednesday, December 15, 2010
Time: 16:30-18:00
Venue: Lecture Room 3, Environmental Building, Kashiwa Campus, University of Tokyo

Title: Sustainable Development of Vietnam: Achievements, Challenges and Future Orientation

Speaker: Prof. DSc. Truong Quang Hoc, Chairman, Science and Training Council, Centre for Natural Resources and Environmental Studies (CRES), Vietnam National University, Hanoi, Vietnam

Contact: YARIME Masaru

 

2010年12月14日:

12月10日(金)−11日(土)に韓国・ソウルの延世大学ProSPER.Net の主催により、 Sixth Workshop on Alternative University Appraisal (AUA) が開催されました。大学においてサステイナビリティに向けた教育・研究・ガバナンス・社会連携を進めていくにあたって、どのような評価システムを構築し、研究者、また大学レベルでの評価に効果的に取り入れていくことができるのか、理論、実践、制度の観点から議論を行いました。今後、サステイナビリティ大学評価システムのプロトタイプを開発し、アジアの国々においてテストケースを蓄積していく予定です。

 

また、延世大学 Graduate School of Education におきまして、サステイナビリティ・サイエンスにおける教育・研究・社会連携に関する可能性と課題に関して、セミナーを行いました。

Yarime, Masaru, "Possibilities and Challenges in Sustainability Science: Education, Research, and Societal Collaboration," International Seminar, Graduate School of Education, Yonsei University, Seoul, South Korea, December 11 (2010).

 

2010年12月13日:

12月4日(日)−13日(月)に葉山・湘南国際村センターで開催された Nissan Workshop in Intensive Program on Sustainability (IPoS) 2010 に参加し、イノベーションとサステイナビリティに関するレクチャーと演習を担当しました。

Yarime, Masaru, "Module 5: Innovation and Sustainability," Nissan Workshop in Intensive Program on Sustainability (IPoS): Sustainable Cities and Mobility in 2050, Shonan Village Center, Hayama, Kanagawa, Japan, December 9 (2010).

 

2010年12月5日:

12月4日(土)に科学技術振興機構 (JST) 研究開発戦略センター (CRDS) で開催されたワークショップ「持続性時代におけるイノベーションに向けた全体観察による社会的期待の発見」に参加しました。吉川弘之 CRDS センター長から提言案の紹介があり、それに対する提案・コメントとして、以下の発表を行いました。

鎗目雅、「サステイナビリティ・イノベーションに向けたシステム・アプローチの可能性と課題」、ワークショップ「持続性時代におけるイノベーションに向けた全体観察により社会的期待の発見」、東京・科学技術振興気候 (JST) 研究開発戦略センター (CRDS) 、12月4日 (2010).

その後、大学、産業界、公的機関などからの他の参加者とともにグループディスカッションを行い、今後の取り組んでいくべき課題について、より具体的な提案を行いました。

 

2010年12月1日:

12月3日(金)17:00から柏キャンパス・環境棟3階講義室におきまして、 Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 16 を開催致します。 スピーカーは、Dr. Steven Kraines of Science Integration Program で、コンピューターを通じて様々な知識をどのようにして効果的・効率的に活用していくことができるのか、サステイナビリティ・サイエンスへ向けた可能性と課題に関して議論していただく予定です。ご関心のある方は是非ご参加いただけましたら幸いです。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 16

Date: Friday, December 3, 2010
Time: 17:00-18:30
Venue: Lecture Room 3, Environmental Building

Title: Communicating Knowledge through Computers: Implications for Sustainability Science - An open call for participation in a society-wide experiment: taking charge of the fates of the knowledge we create through research

Speaker: Steven Kraines, Ph.D., Associate Professor, Science Integration Program, Department of Frontier Sciences and Science Integration, The University of Tokyo

Abstract: Young researchers need more effective ways to communicate their knowledge and capabilities to other researchers and to actors in society. In this regard, scientific articles used to function like "letters" written directly by researchers to their peers. However, now scientific articles are more like "bottles floating in the Internet ocean". Furthermore, where once the knowledge marketplace was a seller's market, with the spread of the Internet and "anyone can publish", it has transformed into a buyer's market - attention not information is the scarce commodity on the Internet. Classically, "pull" based approaches employing natural language processing techniques have been used for handling information overload. These consist of information retrieval for improving precision and recall of document retrieval, information extraction for extracting concepts and relationships from individual documents, and text mining for supporting knowledge discovery and automatic summarization from large numbers of documents. However, recently "push" based approaches to handling information overload have emerged, which are reminiscent of the old days of personal communication. Most of these are bottom-up (anonymous) collective authoring approaches, such as Blogs and Wikis, that are characterized by the Wikipedia phenomenon. However, we propose that a similar approach could be used to enable people to more effectively transfer their own expertise from university research settings to society. Our approach is based on the authoring of computer-understandable descriptions of expert knowledge by the human creators of that knowledge. In the lecture, I will review the existing techniques for handling "information overload", examine the notion of "computer-understandable", and describe our work to develop a system that enables knowledge creators to author their own "computer-understandable" descriptions of their knowledge, which will have significant implications for conducting education, research, and societal collaboration in the inter-/trans-disciplinary field of sustainability science.

Contact: YARIME Masaru

 

2010年11月28日:

11月23日(火)−25日(水)にバルセロナにあるカタロニア工科大学 (Universitat Politècnica de Catalunya, UPC) におきまして、 Global University Network for Innovation (GUNI) が主催して、 5th International Barcelona Conference on Higher Education - Higher Education's Commitment for Sustainability: From Understanding to Action が開催されました。 Session on Good Practices 1: University Appraisal for Diversity, Innovation and Change towards Sustainable Development ではパネリストとして参加し、サステイナビリティを大学における教育・研究・社会連携活動に有機的に組み込んでいく際の評価システムの重要性を踏まえて、その課題と可能性に関して議論を行いました。

Yarime, Masaru, "Comments on University Appraisal for Diversity, Innovation and Change towards Sustainable Development: A Perspective from IR3S and the University of Tokyo," 5th International Barcelona Conference on Higher Education - Higher Education's Commitment for Sustainability: From Understanding to Action, Universitat Politècnica de Catalunya, Barcelona, Spain, November 23-25 (2010).

 

2010年11月19日:

11月18日(木)に東京・日本工業倶楽部で開催された国際経営者協会 (IMA) 月例会におきまして、以下の講演を行いました。

鎗目雅、「サステイナビリティ・サイエンスとイノベーション」、国際経営者協会 (IMA) 11月月例会、東京・日本工業倶楽部、11月18日 (2010).

 

2010年11月14日:

内閣府・総合科学技術会議が行う平成23年度概算要求における科学・技術関係施策の優先度判定に際しまして、個別施策ヒアリングの外部専門家として参加し、若手研究者として意見を述べました。

 

2010年11月9日:

今度、学術誌「研究 技術 計画」 (The Journal of Science Policy and Research Management) の編集委員長に就任することになりました。科学技術イノベーションに関する企業戦略、公共政策、制度設計などについての論文がありましたら、積極的に投稿していただけましたら幸いです。

 

2010年11月7日:

11月4日(木)−5日(金)に東京・国連大学におきまして、 Asia Pacific Academy of Business in Society (APABIS) Annual Conference 2010: Sustainable Decision-Making in a Time of Crisis: Private and Public Perspectives が開催されました。 Session on on Developing Corporate Responsibility Guidelines in Japan では、ディスカッションの Facilitator を務めました。

Yarime, Masaru, "Introduction to Session on Developing Corporate Responsibility Guidelines in Japan," Asia Pacific Academy of Business in Society (APABIS) Annual Conference 2010, United Nations University, Tokyo, November 4-5 (2010).

また、 Session on When Governments Succeed or Fail におきまして、以下の発表を行いました。

Hirose, Yuta, and Masaru Yarime, "Strategies of Small and Medium-sized Enterprises (SMEs) for Coping with Sustainability Challenges in Tokyo," Asia Pacific Academy of Business in Society (APABIS) Annual Conference 2010, United Nations University, Tokyo, November 4-5 (2010).

Session on Back To Basics: Sustainability and CSR では、以下の発表を行いました。

Suzuki, Ryoko, and Masaru Yarime, "Strategic CSR for Millennium Development Goals: Business models analysis to achieve both MDGs and corporate benefits by creating values for Sustainability," Asia Pacific Academy of Business in Society (APABIS) Annual Conference 2010, United Nations University, Tokyo, November 4-5 (2010).

 

2010年11月6日:

10月24日(日)−27日(水)に南アフリカ・ケープタウンにおきまして、 22nd International CODATA conference on Scientific Data and Sustainable Development が開催されました。 Session B2 on Scientific Data for Sustainable Development におきまして、以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Dynamics of Knowledge Circulation for Sustainability Innovation," 22nd International CODATA conference on Scientific Data and Sustainable Development, Stellenbosch, Cape Town, South Africa, October 24-27 (2010).

 

10月28日(木)には、Sustainability Institute, University of StellenboschCouncil for Scientific and Industrial Research (CSIR) in South Africa を訪問し、 Transdisciplinary Doctoral Program in Sustainability Studies に関してお話をお伺いすることができました。 今後、サステイナビリティ・サイエンスの Ph.D. プログラムに関する情報交換を行い、様々な機会を通じて協力・交流を進めていきたいと考えています。

 

2010年10月23日:

10月22日(金)に東京大学 i.school 2010年度 第6回人間中心イノベーション・ワークショップ「サステナビリティのデザイン」に参加しました。 Part I: サステナブルを紐解く」におきまして、以下の講義を行いました。

鎗目雅、「サステイナビリティの概念と方法論」、東京大学 i.school 2010年度 第6回人間中心イノベーション・ワークショップ「サステナビリティのデザイン」、東京大学、10月22日 (2010).

 

2010年10月21日:

東京農工大学環境リーダー育成センターの非常勤講師の任命を受けました。アジア・アフリカ地域で活躍する環境分野リーダーの育成を目指す大学院教育の構築(「現場立脚型環境リーダー育成拠点形成 (FOLENS) 」の一環として、Business Creation and Management for Environmental Industries - Practical Framework Learning by Cases and P2M Theory のコースに関わる予定です。

 

2010年10月17日:

今度新しい学術誌 Environmental Innovation and Societal TransitionsElsevier から出版される予定です。 サステイナビリティに向けた技術・組織・制度・政策などにおけるイノベーションや経済社会システムの移行などに関する研究を対象にしています。私も Editorial Board に加わることになりましたので、是非積極的な研究成果の発表を期待しています。

 

2010年10月16日:

10月5日(火)にアメリカ・ニューヨークにある国連本部におきまして、東京大学、Sapienza University of Rome, Arizona State University, United Nations University の共催で、 Sustainability Science Workshop : A Roadmap for Industry-Academia for a Transition towards Sustainability が開催されました。Opening Session で、以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "University as a Platform for Social Experimentation towards Sustainability Innovation," Sustainability Science Workshop : A Roadmap for Industry-Academia for a Transition towards Sustainability, United Nations Headquarters, New York, New York, United States, October 5 (2010).

国連などの国際機関や、日本・米国・欧州の産業界などからの参加者とともに、地球レベルでのサステイナビリティに向けた産学官連携の可能性と課題に関して議論を行いました。

 

10月11日(月)−13日(水)にアメリカ・カリフォルニア州バークレーにおきまして、 2010 Microsoft Research eScience Workshop が開催されました。 Session MA7: Data-Intensive Science で、以下の論文を発表しました。

Yarime, Masaru, "Analyzing the Process of Knowledge Dynamics in Sustainability Innovation: Towards a Data-Intensive Approach to Sustainability Science," Proceedings of 2010 Microsoft Research eScience Workshop, Berkeley, California, United States, October 11-13, 46-53 (2010).

大量かつ多様なデータ・情報・知識をどのようにして収集・管理・活用していくことができるか、理論・ツール・インセンティブ・制度・政策・ビジネスモデルなどの観点から議論が行われました。

 

2010年9月30日:

以下の論文が、学術誌 Technological Forecasting and Social Change に掲載されました。

Dijk, Marc, and Masaru Yarime, "The Emergence of Hybrid-Electric Cars: Innovation Path Creation through Co-Evolution of Supply and Demand," Technological Forecasting and Social Change, 77 (8), 1371-1390 (2010).

 

2010年9月29日:

9月25日(土)−26日(日)に東京大学・駒場キャンパスにおきまして、人間の安全保障教育研究コンソーシアム2010年度研究大会「人の多様性とビジネス」が開催されました。第2部「人間の安全保障とビジネス」におきまして、 Professor Scarlett Cornelissen, Faculty of Arts and Social Sciences, Stellenbosch University, South Africa による Keynote Speech に対するディスカッサントを務めました。

Yarime, Masaru, "Comments on Corporate Social Responsibility, Human Security and Development: The Case of Southern Africa," Japan Consortium for Human Security Education and Research Annual Meeting 2010: Human Diversity and Business, Komaba Campus, University of Tokyo, Tokyo, Japan, September 25-26 (2010).

また、会議において以下のポスター発表を行いました。

Ryoko Suzuki, Dange M. Yadate, Jovelyn Ferrer, Jose Cristhian Veizaga Bellido, and Masaru Yarime, "A Taxonomical Analysis of Corporate Social Responsibility (CSR) Activities: The Case of TOYOTA," Poster Presentation, Japan Consortium for Human Security Education and Research Annual Meeting 2010: Human Diversity and Business, Komaba Campus, University of Tokyo, Tokyo, Japan, September 25-26 (2010).

 

9月27日(月)に東京大学・本郷キャンパスにおきまして、第7回社会技術研究シンポジウム「社会技術の実装における参加と連携」が開催されました。パネルディスカッション「地域における参加・連携・イノベーション:社会技術実装の促進に向けて」のパネリストとして、議論に参加しました。

鎗目雅、「社会実験に向けたステークホルダー連携のプラットフォームとしての大学の役割」、第7回社会技術研究シンポジウム「社会技術の実装における参加と連携」、東京大学、9月27日 (2010).

 

2010年9月22日:

9月16日(木)−17日(金)にスウェーデン・ストックホルムにおきまして、 Stockholm Environment Institute (SEI) and the Institute for Management of Innovation and Technology (IMIT) が主催して、 Workshop on Governance of Innovation towards Sustainability: The Global Transport Sector が開催されました。 Session 4 におきまして、以下の論文発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Understanding Knowledge Dynamics in Sustainability Innovation: Implications for the Transport Sector," Workshop on Governance of Innovation towards Sustainability: The Global Transport Sector, Stockholm, Sweden, September 16-17 (2010).

ワークショップでは、サステイナビリティに向けたイノベーションのガバナンスに関して、日本、欧州、中国における交通分野の事例も含めて議論が行われました。発表された論文は、来年書籍として出版される予定です。

 

9月22日(水)に東京大学におきまして、マラリアネット研究会第7回を開催しました。長崎大学熱帯医学研究所の皆川昇教授をお招きし、アフリカのマラリア蚊の生態と対策と環境変化の影響に関して議論を行いました。

第7回マラリアネット研究会

日時:2010年9月22日(水) 18:30-20:30

場所:東京大学・本郷キャンパス 経済学研究科棟12階第一共同研究室

講演テーマ: 「アフリカのマラリア蚊の生態と対策、環境変化の影響」

講師:長崎大学熱帯医学研究所 皆川昇教授

連絡:鎗目雅

 

2010年9月21日:

9月3日(金)に東京・国連大学で UNU-ISP Symposium on Sustainability and Peace が開催されました。 UNU Junior Fellows Workshop on Sustainability and Peace では、 Session Coordinator として、以下の発表を行い、参加者とディスカッションを行いました。

Yarime, Masaru, "Introduction to Session on Sustainability," Workshop on Sustainability and Peace, UNU Junior Fellows Symposium 2010, UNU Headquarters Building, Tokyo, Japan, September 3 (2010).

その後、「『成長の限界』が切り開いた人類の未来」というテーマで、ディスカッション・メンバーとして参加しました。

 

9月10日(金)に東京・立教大学におきまして、ESDの10年・地球市民会議2010 が開催されました。コーディネーターとして、セッション「都市の持続可能性」をオーガナイズしました。

Yarime, Masaru, "Introduction to Session on Urban Sustainability: ESD Practices in Asia," Global Citizens’ Conference on the Decade of Education for Sustainable Development (DESD), Rikkyo University, Tokyo, Japan, September 10 (2010).

上海、天津、バンコクからの専門家とともに、アジアにおけるそれぞれの国・地域の違いを反映したアプローチの多様性を理解し、今後アジア各国が連携して持続可能性を目指していくためには何が求められているのか、具体的な行動に向けた可能性と課題を議論しました。

 

2010年8月29日:

8月25日(水)−8月28日(土)に東京大学・駒場キャンパスで Annual Meeting 2010 of the Society for Social Studies of Science (4S) が開催されました。この中で、 Session on Co-Evolution of Technology and Institutions for Sustainability Innovation をオーガナイズし、以下の発表を行いました。

Palavicino, Carla Alvial, and Masaru Yarime, "Sharing and shaping perceptions: Dialogues with expertise in participatory design of renewable energy technologies," Annual Meeting 2010 of the Society for Social Studies of Science (4S), University of Tokyo, Komaba Campus, Tokyo, Japan, August 25-28 (2010).

Mutisya, Emmanuel Musau, and Masaru Yarime, "The Accretion of Microfinance for Innovative Urban Sustainability: Opportunities and Challenges of Slums Growth in Sub-Saharan Africa," Annual Meeting 2010 of the Society for Social Studies of Science (4S), University of Tokyo, Komaba Campus, Tokyo, Japan, August 25-28 (2010).

Xu, Qing, Masaru Yarime, and Motoharu Onuki, "Innovation System on Membrane Bioreactor (MBR) for Wastewater Treatment in China," Annual Meeting 2010 of the Society for Social Studies of Science (4S), University of Tokyo, Komaba Campus, Tokyo, Japan, August 25-28 (2010).

Yarime, Masaru, "Transition in Knowledge Circulation Systems in Sustainability Innovation," Annual Meeting 2010 of the Society for Social Studies of Science (4S), University of Tokyo, Komaba Campus, Tokyo, Japan, August 25-28 (2010).

 

2010年8月28日:

8月19日(木)−8月23日(月)に北海道夕張郡栗山町で Coca-Cola Young Environmental Leaders Summit 2010 が開催されました。 Graduate Program in Sustainability Science (GPSS) が実施している Asian Program for Incubation of Environmental Leaders (APIEL) の一環で、アジア各国の大学から約30名の大学院生が参加しました。この中では、 Corporate Social Responsibility (CSR) に関する Keynote Lecture を行いました。

Yarime, Masaru, "Corporate Social Responsibility for Sustainability: Integrating Corporate Strategy, Public Policy, and Institutional Design," Keynote Lecture, Coca-Cola Young Environmental Leaders Summit 2010, Kuriyama-cho, Yubari-gun, Hokkaido, August 19-23 (2010).

 

2010年8月18日:

9月3日(金)に東京・国連大学で UNU-ISP Symposium on Sustainability and Peace が開催される予定です。「成長の限界」の著者である Professor Dennis MEADOWS による講演に引き続き、持続可能性と平和へ示唆するものに関するディスカッションがあります。私もディスカッション・メンバーとして参加する予定です。ご関心のある方は是非ご参加ください。

 

2010年8月4日:

近く東京大学出版会から、シリーズ・サステイナビリティ学(全5巻)が刊行される予定です。その中の第1巻・サステイナビリティ学の創生に、以下の論文を執筆しました。

鎗目雅、「サステイナビリティ学とイノベーション−科学技術を駆使する」、小宮山宏、武内和彦、住明正、花木啓祐、三村信男 編、サステイナビリティ学の創生、シリーズ・サステイナビリティ学第1巻、東京:東京大学出版会 (2010).

 

2010年7月22日:

7月20日(火)に科学技術振興機構 (JST) 研究開発戦略センター (JST-CRDS) におきまして、「社会的期待の発見研究」検討会(第2回)が開催され、以下の発表を行いました。

鎗目雅、「サステイナビリティに向けたイノベーション・システムの構造・機能・進化」、『社会的期待の発見研究』検討会(第2回)、科学技術振興機構 (JST) 研究開発戦略センター (CRDS) 、東京、7月20日 (2010).

 

2010年7月17日:

7月23日(金)16:30−18:00 に東京大学柏キャンパス・環境棟3階講義室3におきまして、Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 15 を開催致します。スピーカーは、グーグル名誉会長村上憲郎氏で、最近のグーグルのエネルギー関連分野における活動・戦略とサステイナビリティへの展望を議論していただきます。ご関心のある方は是非ご参加ください。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 15

Date: Friday, July 23, 2010
Time: 16:30-18:00
Venue: Lecture Room 3, Environmental Building

Title: “Google’s Strategies for Smart Grid and Implications for Sustainability” (tentative)

Speaker: Mr. MURAKAMI Norio, Honorable Chairman, Google Japan Inc.

Norio Murakami joined in 2003 as vice president of Google Inc. and president & general manager of Google Japan and was responsible for all aspects of Google's business in Japan. He became chairman of Google Japan in 2009. Before joining Google, Norio was president of Docent Japan, where he established the Japanese subsidiary in 2001. He built a solid foundation of leadership for Docent in Japan – and in the e-learning industry generally – through many partnerships including those with Accenture, NEC, and Works Applications.

From 1997 to 1999, Norio was president & CEO of Northern Telecom Japan. In this capacity, he successfully merged and integrated the company with Bay Networks Japan, whose parent company had been acquired by Northern Telecom, and was later re-named Nortel Networks Japan. With the transformation of the business from circuit switching to IP, Norio increased the company's revenue and profitability to a historic high in 2000. Through mid-2001, he served as president & CEO of Nortel Networks Japan.

Norio started his career as an engineer for minicomputer systems at Hitachi Electronics K.K. In addition to his service at Northern Telecom, he has held a number of management roles such as the CEO-Japan & VP-Corporate for Informix, and as a member of the board of directors for marketing at Digital Equipment Corporation (DEC) Japan. This affiliation also included a five-year assignment at DEC headquarters in Massachusetts.

Norio graduated from Kyoto University with a B.S. in engineering.

Contact: YARIME Masaru

 

2010年7月16日:

7月14日(水)に東京大学・大学院新領域創成科学研究科で、第1回マテリアルズ・サイエンス・イノベーション研究会が開催され、以下の講演を行いました。

鎗目雅、「サステイナビリティに向けたマテリアルズ・サイエンス・イノベーションの制度設計」、第1回マテリアルズ・サイエンス・イノベーション研究会、東京大学大学院新領域創成科学研究科、7月14日 (2010).

 

7月15日(木)にマラリアネット研究会の第6回を開催しました。東京女子医科大学・国際環境・熱帯医学教室の塚原高広氏をお招きし、パプアニューギニアのフィールドにおける抗マラリア薬の実情について議論しました。

第6回マラリアネット研究会

日時:2010年7月15日(木) 18:30-20:30

場所:東京大学・本郷キャンパス 経済学研究科棟12階第一共同研究室

講演テーマ: 「パプアニューギニア村落部の抗マラリア薬使用と供給」

講師:東京女子医科大学・国際環境・熱帯医学教室 塚原高広氏

連絡:鎗目雅

 

7月16日(金)に、Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 14 を開催しました。スピーカーは、台湾・国立屏東科技大学水資源教育研究センター長の Professor Cheh-Shyh Ting で、サステイナビリティに向けた地下水資源の評価と管理について議論を行いました。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 14

Date: Friday, July 16, 2010
Time: 10:15-11:55 and 13:00-14:40
Venue: Lecture Room 2, Environmental Building

Title: Groundwater Resources Evaluation and Management for Sustainability

Speaker: Dr. Cheh-Shyh TING
Professor and Chairman of Department of Civil Engineering
Director of Center for Water Resources Educations and Studies
National Pingtung University of Science and Technology (NPUST), Taiwan
Professor, Department of Earth Sciences, National Cheng-Kung University, Taiwan

Abstract:
Hydrologic stresses throughout the 20th century and presently (2010) have caused the depletion and degradation of our Earth’s vital ground-water resources in many areas. Management strategies have been and are being implemented to optimize use of our ground-water resources with respect to achieving sustainability while mitigating the consequences of future withdrawals. The case studies have addressed some of the complexities of ground-water management using scientifically-based hydrologic studies and hydrologic monitoring. It is clear that the managed conjunctive use of our combined ground-water and surface-water supplies, and the artificial recharge of our groundwater systems present both challenges and opportunities. How well we manage these options depends upon best science practices, improved understanding of the resources, and the informed consensus of all stakeholders. It is an opportunity to learn, rethink and change Taiwan’s water resources policy what the people faced last year in 2009 as well. Taiwan hit hard by Typhoon Morakot dated on August 8, which was the most damaging typhoon to make landfall, inundation, water resources shortage in mostly part of Southern Taiwan.

A presented theme entitled Groundwater Resources Evaluation and Management for Sustainability for Graduate School of Frontier Sciences, the University of Tokyo with two topics will be then discussed individually.

In the first topic, the subject entitled on TAIWAN’S WATER POLICY NEEDS RE-THINK will be presented. It is one of important and serious key issues on water resources development and management from storing surface water by reservoir to making better use of our largest subsurface storage in Taiwan. Traditionally, management of water resources has focused on surface water or groundwater as if they were separate entities. As development of land and water resources increases, it is apparent that development of either of these resources affects the quantity and quality of the other. Nearly all surface-water features (streams, lakes, reservoirs, wetlands, and estuaries) interact with ground water. These interactions take many forms. In many situations, surface-water bodies gain water and solutes from ground-water systems and in others the surface-water body is a source of ground-water recharge and causes changes in ground-water quality. As a result, withdrawal of water from streams can deplete ground water or conversely, pumpage of ground water can deplete water in streams, lakes, or wetlands. Pollution of surface water can cause degradation of ground-water quality and conversely pollution of ground water can degrade surface water. Thus, effective land and water management requires a clear understanding of the linkages between ground water and surface water as it applies to any given hydrologic setting.

The indicated Artificial Recharge Project which has been approved by central government which Project is now in design phase. Its will be in operation in 2017. The Project case study presents herein show how the Pingtung Government in cooperation with Nation, local, other water boards and water agencies, as well as the private sector, have addressed some of the complexities of integrated development and management of surface water and groundwater using scientifically-based hydrologic studies, hydrologic monitoring and optimization technique.

The second section entitled From Crisis to turning point: New use for old wisdom-underground river weirs to develop groundwater resources from shallow of riverbed. The construction called as Err-fon Irrigation System for sugarcane fields which designed by Engineer Torii (the grandfather of Prof. Toru TORII) in 1921 and completed in 1923. It is even running well without damage at all for domestic and irrigation water use throughout the Typhoon Morakot dated on August 8, 2009. The rethinking of water resources development derives from the underground of riverbed so called water collector gallery initiated by TORII in Taiwan. The new construction methods and martial techniques have been sequentially developed for current water utilities in the world. The ancient structure and new constructive methods will be discussed on the point view of eco-system at the last section.

Contact: YARIME Masaru

 

2010年7月14日:

7月11日(日)−7月13日(火)にイギリス・オックフォード大学 Mansfield College9th Global Conference on Environmental Justice and Global Citizenship が開催されました。 Session 5: Perspectives on Energy and Water におきまして、以下の論文を発表しました。

Alvial-Palavicino, Carla, and Masaru Yarime, "Sharing and Shaping Perceptions: The Role of Expertise in the Co-Production of Renewable Energy Technologies," 9th Global Conference on Environmental Justice and Global Citizenship, Mansfield College, Oxford, United Kingdom, July 11-13 (2010).

 

2010年7月13日:

6月23日(水)−6月25日(金)にイタリア・ローマの Sapienza University of Rome におきまして、Second International Conference on Sustainability Science (ICSS) が開催されました。この会議では、 Ph.D. Seminar をチェアとしてオーガナイズしました。

Yarime, Masaru, and Arnim Wiek, "Introduction to Ph.D. Seminar," Ph.D. Seminar, Second International Conference on Sustainability Science (ICSS), Sapienza University of Rome, Rome, Italy, June 23-25 (2010).

また、 Session VI (a): Synthesis and Cross-Cutting Issues にスピーカーとして参加し、以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Cross-Cutting Issues and Future Challenges: From First ICSS in Tokyo," Session VI (a): Synthesis and Cross-Cutting Issues, Second International Conference on Sustainability Science (ICSS), Sapienza University of Rome, Rome, Italy, June 23-25 (2010).

 

6月30日(水)−7月2日(金)には、ドイツ・デュッセルドルフの Henkel AG Corporate Headquarters におきまして、Meeting of the Board of Trustees for Sustainability at Arizona State University が開催されました。主催者からの招待で、 Michael Crow, President of Arizona State University, members of the Board of Trustees for Sustainability at ASU Julie Ann Wrigley of Wrigley Investments LLC and S. Robson Walton, Chairman of the Board of Walmart, and Karl Falkenberg, Director-General of Environment of the European Commission を含めた International Experts の一人として参加し、 大学が社会実験のためのプフラットフォームとして機能することで、サステイナビリティに向けたイノベーションを実現する可能性に関して議論しました。

Yarime, Masaru, "Implementing Sustainability Innovation: University as a Platform for Social Experimentation," Session III: Sustainability Science in Higher Education, Meeting of the Board of Trustees for Sustainability at Arizona State University, Henkel AG Corporate Headquarters, Dusseldorf, Germany, June 30-July 2 (2010).

 

7月8日(木)−7月9日(金)に、中国・上海の同済大学で開催された ProSPER.Net Alternative University Appraisal (AUA) Core Meeting に参加しました。 Promotion of Sustainability in Postgraduate Education and Research Network (ProSPER.Net) は、東京大学を含めたアジア太平洋地域における代表的な高等教育機関が、サステイナビリティに向けた教育・研究活動を取り入れていくために形成されたネットワークで、国連大学高等研究所 (UNU-IAS) が事務局となっています。 AUA Project では、大学がサステイナビリティに関して行っている教育・研究・社会連携活動について、大学の評価に適切に反映していくための方法論の開発と、実践に向けた制度設計を議論しています。研究者へのインセンティブなども重要な課題であり、今後検討していく予定です。

 

2010年6月16日:

International Conference on Organizational Learning, Knowledge, and Capabilities (OLKC) 2010 が6月3日−6日にアメリカ・ボストンにある Northeastern University で開催されました。Session on the Effects of Technological Change におきまして、以下の論文を発表しました。

Pohl, Hans, and Masaru Yarime, “Automakers and Battery Suppliers Role in Knowledge Base Development during a Potential Paradigmatic Shift in Technology,” International Conference on Organizational Learning, Knowledge, and Capabilities (OLKC) 2010, Northeastern University, Boston, Massachusetts, United States, June 3-6 (2010).

 

2010年6月12日:

以下の論文が、学術誌 Technological Forecasting and Social Change のウェブ版に掲載されました。

Dijk, Marc, and Masaru Yarime, "The Emergence of Hybrid-Electric Cars: Innovation Path Creation through Co-Evolution of Supply and Demand," Technological Forecasting and Social Change, DOI:10.1016/j.techfore.2010.05.001, in press.

 

2010年6月9日:

6月7日(月)に科学技術振興機構 (JST) 研究開発戦略センター (JST-CRDS) が主催して、「『エビデンスに基づく科学技術イノベーション政策の推進』俯瞰ワークショップ」が開催されました。セッション2:科学技術イノベーション政策と関連する研究分野の俯瞰におきまして、以下の発表を行いました。

鎗目雅、「サステイナビリティに向けたイノベーション・システムの分析と実践」、『エビデンスに基づく科学技術イノベーション政策の推進』俯瞰ワークショップ、科学技術振興機構 (JST) 研究開発戦略センター (CRDS) 、東京、6月7日 (2010).

 

2010年6月3日:

4月15日(木)に、第4回マラリアネット研究会を東京大学にて開催しました。外務省国際協力局専門機関室長の長岡寛介氏をお招きし、世界基金を通じたマラリア対策における日本の貢献についてお話していただきました。

第4回マラリアネット研究会

日時:2010年4月15日(木)18:00−20:30

場所:東京大学・本郷キャンパス 経済学研究科棟12階第一共同研究室

講演テーマ: 「マラリア対策における日本の貢献」

講師:外務省 国際協力局 専門機関室長 長岡寛介氏

連絡:鎗目雅

 

5月26日(水)に、第5回マラリアネット研究会を東京大学にて開催しました。マラリアネット研究会の発起人の一人である東京大学大学院経済学研究科の澤田康幸准教授にお願いして、マダガスカルにおけるオリセットネットの貧困削減インパクト評価プロジェクトのベースライン分析についてお話いただきました。

第5回マラリアネット研究会

日時:2010年5月26日(水)18:00−20:30

所:東京大学・本郷キャンパス 経済学研究科棟12階第一共同研究室

講演テーマ: 「マダガスカルにおけるLLINのインパクト評価中間報告」

講師:東京大学大学院経済学研究科 准教授 澤田康幸氏

連絡:鎗目雅

 

2010年5月20日:

以下の論文が、学術誌 International Journal of Innovation Management に掲載されました。

Baba, Yasunori, Masaru Yarime, and Naohiro Shichijo, “Sources of Success in Advanced Materials Innovation: The Role of 'Core Researchers' in University-Industry Collaboration in Japan,” International Journal of Innovation Management, 14 (2), 201-219 (2010).

 

2010年5月13日:

5月7日−9日に亘り、 Government of the Autonomous Republic of Adjara, Shota Rustaveli State University in Batumi, International Foundation for Sustainable Development, Euro Mediterranean Academy of Arts and Sciences, and Intercultural Euro Mediterranean Center for UNESCO が共催して、 Batumi - Spring - 2010 International Conference がグルジア・バトゥミで開催されました。主催者の招待により、Plenary Session: Knowledge Management & Education におきまして、以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Knowledge Systems for Sustainability Innovation," Batumi - Spring - 2010 International Conference, organized by the Government of the Autonomous Republic of Adjara, Shota Rustaveli State University, International Foundation for Sustainable Development, Euro Mediterranean Academy of Arts and Sciences, and Intercultural Euro Mediterranean Center for UNESCO, Shota Rustaveli State University, Batumi, Georgia, May 7-9 (2010).

 

2010年5月3日:

2009年度に以下の学生の修士論文の指導を行い、無事に修了しました。

Islam, Farzana, "Innovative Strategy on ICT for Sustainable Development: Proposal for a Wireless Infrastructure Model for Bangladesh through Public-Private Partnership," Master's Thesis (Principal Adviser: YARIME Masaru; Co-adviser: MINO Takashi), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, March (2010).

Dewi, Grace Citra, "Organizational Resource Curse: Sectionalism and Synchronization in Indonesian Resource Policies," Master's Thesis (Principal Adviser: SATO Jin; Co-adviser: YARIME Masaru), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, March (2010).

Qiu, Su, "Sustainable Solar PV Power Scale-up in Residential Sector in China (Based on Consumer's Preference)," Master's Thesis (Principal Adviser: MATSUHASHI Ryuji; Co-adviser: YARIME Masaru), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, March (2010).

Mammadova, Tahira, "Investigation and Analysis of Print Media Attention in Azerbaijan to the Environmental Problems during the Years 1986-2008: Media as a Way to Sustainability," Master's Thesis (Principal Adviser: YARIME Masaru; Co-adviser: ONUKI Motoharu), Graduate Program in Sustainability Science (GPSS), Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, September (2009).

 

2010年4月26日:

4月27日(火)16:30から東京大学・柏キャンパス・環境棟で Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 13 を開催する予定です。 スピーカーは、フランスのビジネススクール INSEAD Social Innovation CentreDr. Renato Orsato で、Sustainable Value Innovation in Mobility という観点から、ベター・プレイス社のビジネス・モデルなど、電気自動車を含めた自動車産業におけるサステイナビリティに向けた課題と戦略に関して議論していただきます。ご関心のある方は、是非ご参加いただけましたら幸いです。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 13

Title: “Sustainable Value Innovation in Mobility”

Speaker: Dr. Renato J. Orsato, Adjunct Professor and Senior Research Fellow, INSEAD Social Innovation Centre, Fontainebleau, France

Date: Tuesday, April 27
Time: 16:30-18:00
Venue: Lecture Room 3, Third Floor, Environmental Building, Kashiwa Campus, University of Tokyo

This seminar will present the roots of the problems currently faced by the auto industry, and the alternatives the sector has to overcome them by developing Sustainable Value Innovation – the creation of differentiated value for customers and contribution to society at both, reduced costs and environmental impacts. The seminar is based on Chapter 7 of Dr Orsato’s recent book (www.sustainability-strategies.eu).

Dr. Renato J. Orsato is an Adjunct Professor and Senior Research Fellow at the INSEAD Social Innovation Centre, Fontainebleau in France. As a researcher, educator and consultant, in the past 15 years taught at MBA and Executive Programmes at INSEAD, Lund University (Sweden), University of Amsterdam (Holland), University of Technology Sydney (Australia), and Warwick Business School (England). He worked with public organizations and private businesses in more than 20 countries.

Dr Orsato is the author of Sustainability Strategies - When does it pay to be green? (Palgrave Macmillan, INSEAD Business Press 2009, www.sustainability-strategies.eu). He has also written several book chapters and teaching cases, and published in academic journals such as California Management Review, Organisation Studies and Journal of Industrial Ecology.

Renato holds a PhD in Management, a Masters (Honours) in Organisation Studies and BA (Honours) in Civil Engineering and Business Administration.

Contact: YARIME Masaru

 

2010年4月9日:

2月17日(水)−2月22日(月)にかけて、アメリカ・サンディエゴで American Association for the Advancement of Science (AAAS) Annual Meeting 2010 "Bridging Science and Society" が開催されました。その中で、180-minute session "Co-Evolution of Science and Society for Sustainability Innovation" をオーガナイズし、あわせて発表も行いました。

Yarime, Masaru, "Collaboration between University, Industry, and Society for Sustainability Innovation," Session on Co-Evolution of Science and Society for Sustainability Innovation, AAAS Annual Meeting 2010, San Diego, California, United States, February 18-22 (2010).

 

3月1日(月)−2日(日)にケニア・ナイロビで、国連大学、Kenyatta University、国連環境計画 (UNEP)、国連人間居住計画 (UN-HABITAT)、国連教育科学文化機関 (UNESCO) が共催して、Symposium and Workshop on Education for Sustainable Development in Africa (ESDA) が開催されました。ESDA プロジェクトでは、東京大学とKenyatta University が協力して、アフリカにおける持続可能な開発に向けた高等教育プログラムの構築を目指しており、その実現に向けて、具体的なカリキュラムの作成など教育研究内容に関する議論を行いました。

 

3月7日(日)から12日(金)まで、カンボジアを訪問しました。 Siem Reap では、National Authority for Preah Vihear (NAPV) とミーティングを行い、2008年7月に世界遺産に指定された Temple of Preah Vihear を含めた地域のサステイナブルな開発のマネジメント計画の策定について、議論を行いました。その後、現地を訪問し、観光、経済、環境など様々な側面を総合的な観点から考慮して、どのようにしてサステイナビリティを目指していくのか、その方向性とプロセスについて現地の専門家や政策担当者とともに調査を行いました。

 

3月13日(土)に東京大学でSustainability と人文知」研究プロジェクト第1回ワークショップ「人文知からサステイナビリティを考える I 」が開催されました。哲学、宗教学などの観点から、環境と人間の主体のあり方を含めて議論されました。特に、サステイナビリティにおいては、時間の概念が本質的に重要であり、そうした観点からキリスト教、仏教などにおける時間論から何らかの有用な示唆を得ることができればと思います。

 

3月15日(月)に、 Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 12 を開催しました。スピーカーは、スウェーデン・ルンド大学の Professor Lars Coenen で、サステイナビリティに向
けてどのようなプロセスでトランジションを行うかに関する研究について議論を行いました。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 12

Date: Monday, March 15
Time: 10:00-11:30
Venue: Lecture Room 3, Third Floor, Environmental Building, Kashiwa Campus, University of Tokyo

Title: “Back to the future? The geographical dilemma of contemporary transition
studies”

Speakers: Lars Coenen (CIRCLE, Lund University, Sweden), Paul Benneworth (CHEPS, University of Twente, the Netherlands), and Bernhard Truffer (CIRUS, EAWAG, Switzerland)

Abstract:
In the past decade, the literature on transitions has made a considerable
contribution to help understand the complex and multi-dimensional shift
that is considered necessary to adapt societies and economies to
sustainable modes of production and consumption in areas such as
transport, energy, food, etc. A transition is understood as a shift or
‘system innovation’ from one socio-technical system to another in areas
such as transport, energy, housing, agriculture and food, communication
and health-care. So far, empirical analyses of sustainability transitions
have largely neglected to map and analyze where such transitions take
place or employed a limited understanding of the spatialities of
transitions, either drawing on bounded spatial demarcations (i.e. scalar
envelopes) or assuming that transition paths have an idiosyncratic
location. The objective of this paper is to unpick the implicit
geographies in transition analyses and make these explicit by introducing
and including concepts and theory from (economic) geography. More
specifically, the paper explores how economic geography could offer
resourceful heuristics and conceptual tools to investigate how the wider
network configurations within which territorial transition dynamics are
embedded, and the institutional environments and arrangements particular
to those territories, in parallel give shape to the locational dynamics of
transitions.

Bio:
Lars Coenen is assistant professor in Economic Geography at CIRCLE (Centre
for Innovation, Research and Competence in the Learning Economy), Lund
University Sweden, with a particular interest in the geographies of
innovation. His PhD thesis (2006) entitled 'Faraway, so Close! The
Changing Geographies of Regional Innovation', contains various comparative
studies across different industries and regions to investigate how local
and global knowledge is combined in a productive nexus of learning
processes at the regional level. At present his research focus is
converging around the notions of regional innovation systems and the
spatial dynamics of socio-technical transitions in relation to sustainable
technologies. In his analyses Lars seeks to compare the emergence and
diffusion of radical innovation in areas such as bio-fuels and passive
housing across different territorial contexts. In 2008-2009 he also worked
for the Dutch Knowledge Centre for Transitions at TNO, the Netherlands Organisation for Applied Scientific Research.

Contact: YARIME Masaru

 

3月15日(月)−16日(火)に東京・国連大学本部におきまして、Symposium: Perspectives on University Performance Evaluation が開催されました。その中で、 Panel Discussion: How ESD Helps Universities Enhance Their Practices and Improve Their Reputation にパネリストとして参加し、大学における教育・研究活動に関する評価の基準・仕組みを変えることで、サステイナビリティに向けた行動を促進するようなインセンティブを作り出すことが重要であることなどを議論しました。

 

3月16日(火)−19日(金)に東京大学で Alliance for Global Sustainability (AGS) Annual Meeting 2010 が開催されました。 AGS は、東京大学、アメリカ・マサチューセッツ工科大学 (MIT) 、スイス・連邦工科大学 (ETH) 、スウェーデン・チャルマーズ工科大学の大学間連合で、地球レベルでのサステイナビリティに向けた教育・研究活動を行っています。会議では、3月17日(水)に開かれた、 Workshop D on Concepts, Methodologies, and Practices in Graduate Programs on Sustainability: Creating and Implementing Knowledge through Collaboration with Stakeholders をオーガナイズし、 Introduction の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Introduction to the Workshop on Concepts, Methodologies, and Practices in Graduate Programs on Sustainability: Creating and Implementing Knowledge through Collaboration with Stakeholders," Alliance for Global Sustainability (AGS) Annual Meeting, University of Tokyo, March 16-19 (2010).

 

また、3月18日(木)には、UTB Japan の協力で Workshop C on Innovation for Sustainable Development が開かれました。 Massachusetts Institute of Technology (MIT) D-LabJosé Gómez-Márquez 氏と遠藤謙氏、東京大学の i.school の堀井秀之教授、博報堂ユニバーサルデザインの井上滋樹氏、 Ecole Polytechnique Fédérale de Lausanne (EPFL) Doctoral Program in Architecture and the Sciences of the CityNing Liu 氏とともに、パネルディスカッションに参加し、サステイナビリティに向けたイノベーションを創出していくためには何が必要となるのか、教育、研究、社会制度など様々な側面に関して非常に活発な議論を行いました。

 

3月23日(火)に東京大学人工物工学研究センターで、価値創成イニシアティブ(住友商事)寄付研究部門最終報告会が開催されました。ポスターセッションにおいて、以下のポスター発表を行いました。

鎗目雅、「水資源のサステイナビリティに向けた学融合:イノベーションを通じた社会的価値の創成」、ポスター発表、人工物工学研究センター学内連携研究研究成果最終報告会、東京大学人工物工学研究センター、3月23日 (2010).

 

2010年4月8日:

12月24日(木)に、東京大学大学院新領域創成科学研究科が主催する学融合セミナーで講演を行いました。

鎗目雅、「学融合の観点からみたサステイナビリティ・サイエンス」、第7回学融合セミナー、東京大学大学院新領域創成科学研究科、12月24日 (2009).

 

2月5日(金)に東京大学におきまして、イノベーション政策研究会第1回ワークショップ「イノベーション政策学を考える」が開催されました。グループ討論では、「連携(国内外を含めた社会との連携、官と学の連携、組織間の連携)」に関するディスカッションのファシリテータ−を務めました。

 

2月13日(土)に東京大学・山上会館におきまして、東京大学サステイナビリティ学連携研究機構(IR3S) の主催、持続可能性確保に向けたガバナンス改革と政策プロセスマネジメントプロジェクト、東京大学政策ビジョン研究センターの共催で、Workshop on Transition Management for Sustainable Society: European Experience and Japanese Context が開催されました。その中で、ディスカッサントを務めました。

Yarime, Masaru, "Comments on Framework and Cases of Transition Management: The Case of Energy," Workshop on Transition Management for Sustainable Society: European Experience and Japanese Context, University of Tokyo, Tokyo, Japan, February 13 (2010).

 

2009年12月22日:

以下の論文が、学術誌 Sustainability Science に掲載されました。

Yarime, Masaru, Yoshiyuki Takeda, and Yuya Kajikawa, "Towards Institutional Analysis of Sustainability Science: A Quantitative Examination of the Patterns of Research Collaboration," Sustainability Science, 5 (1), 115-125 (2010).

 

12月16日(水)−17日(木)に東京・国立科学博物館で、「日本の技術革新−経験蓄積と知識基盤化−」第5回シンポジウム・研究論文発表会が開催されました。セッション「技術革新の組織・体制」におきまして、以下の発表を行いました。

鎗目雅、「日本の技術革新における知識の役割」、「日本の技術革新−経験蓄積と知識基盤化−」第5回シンポジウム・研究論文発表会論文集79-84 (2009).

 

12月21日(月)に東京大学におきまして、第3回マラリアネット研究会を開催しました。群馬大学大学院医学系研究科の中澤港准教授をお招きし、ソロモン諸島をケースとして、マラリア流行地における人間の行動因子のモデル化と行動防御の可能性について講演していただきました。

第3回マラリアネット研究会

日時:2009年12月21日(月)18:00−20:30

場所:東京大学・本郷キャンパス 経済学研究科棟12階第一共同研究室

タイトル:「ソロモン諸島のマラリア流行地における行動防御の可能性について」

講師:群馬大学大学院医学系研究科社会環境医療学講座公衆衛生学教室准教授 中澤港氏

連絡:鎗目雅

 

2009年12月16日:

12月7日(月)−12月14日(月)に横須賀・佐島マリーナで行われた Nissan Intensive Program on Sustainability (IPoS) 2009 に講師として参加しました。 Nissan IPoS には、世界中の大学で Sustainability に関心を持つ大学院生約25名が参加し、持続可能な交通システムの問題を中心に、活発な議論を行いました。このセミナーでは、 Innovation and Sustainability に関するレクチャー及び演習を行いました。

Yarime, Masaru, "Module 5: Innovation and Sustainability," Nissan Intensive Program on Sustainability (IPoS) 2009, Sajima Marina, Yokosuka, Kanagawa, Japan, December 12 (2009).

 

12月12日(土)−13日(日)に東京で開催された Nissan Leadership Program for Innovative Engineers (LPIE) 第2回インテンシブ・プログラムに、チューターとして参加しました。今年度の参加者は、日本における独自の価値に関するプロジェクトに取り組んでいるようです。

 

12月15日(火)に開催された2009年度東京大学 Alliance for Global Sustainability (AGS) 研究プロジェクト年次報告会に出席し、以下の発表を行いました。

鎗目雅、「サステイナビリティへ向けたイノベーション・システムの国際比較分析」、2009年度東京大学AGS研究プロジェクト年次報告会、東京大学、12月15日 (2009).

 

2009年12月15日:

12月9日(水)に東京大学柏キャンパス・環境棟3階講義室3におきまして、 Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 11 を開催しました。スイス連邦工科大学 (ETH)Mr. Yann Blumer Transdisciplinary Case Study Approach に関する講演を行いました。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 11

Date: Wednesday, December 9, 10:00-11:00
Venue: Lecture Room 3, Environmental Building, Kashiwa Campus, University of Tokyo

Title: The NSSI framework for transdisciplinary case studies and an outline of a current NSSI project: "Critical success factors for bioenergy case studies"

Speaker:
Yann Blumer, The Chair of Environmental Sciences – Natural and Social Science Interface (NSSI), Swiss Federal Institute of Technology (ETH) Zurich www.nssi.ethz.ch

Abstract:  The ETH chair of Environmental Sciences - Natural and Social Science Interface (NSSI) has a long experience of over 15 years in transdisciplinary research, integrating different scientific disciplines (e.g. engineers and ecologists) as well as practitioners (e.g. farmers, administration, policy makers) into research projects. It has developed a framework for conducting transdisciplinary case studies of complex, real word problems (Scholz & Tietje 2002), which has been applied successfully in more than 25 cases covering a wide range of topics. This framework is presented. It consists of six steps (case definition/goal formation, case faceting, system analysis, scenario construction, scenario assessment and development of orientations), which are explained and illustrated by research conducted at our chair. We argue that much of what we have learned in these case studies can actually be transferred to bioenergy projects and sustainable rural development. Thus, an outline of a current research project to identify critical success factors for bioenergy case studies is presented.

Reference:
Scholz, R. W., & Tietje, O. (2002). Embedded case study methods: Integrating quantitative and qualitative knowledge. Thousand Oaks: Sage.

Contact: YARIME Masaru

 

2009年12月7日:

以下の論文が、学術誌 Sustainability Science のウェブ版に掲載されました。

Yarime, Masaru, Yoshiyuki Takeda, and Yuya Kajikawa, "Towards Institutional Analysis of Sustainability Science: A Quantitative Examination of the Patterns of Research Collaboration," Sustainability Science, DOI 10.1007/s11625-009-0090-4, in press.

 

12月4日(金)に東京・赤坂のトムソン・ロイター社でグリーンビジネス研究会 (GBO)The Indus Entrepreneurs (TiE) との共催で開催されたイベント Cross-border Deal in Cleantech に参加し、以下の講演を行いました。

鎗目雅、「CO2 25%削減に向けたサステイナビリティ・イノベーションの創出」、Cross-border Deal in Cleantech, グリーンビジネス研究会 (GBO)/The Indus Entrepreneurs (TiE), 東京、12月4日 (2009).

 

2009年12月6日:

10月28日(水)−31日(土)にアメリカ・ワシントンD.C. で開催された Society for Social Studies of Science (4S) 2009 Annual Meeting に参加しました。 Session on Sustainability VI: Emerging Networks and Institutions of Science and Technology for Sustainability におきまして、以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Establishing Sustainability Science as an Academic Field: Concepts, Methodologies, and Institutions," Society for Social Studies of Science (4S) 2009 Annual Meeting, Washington, D.C., U.S.A., October 28-31 (2009).

 

その後、11月3日(火)にオーストラリア・シドニーにある Macquarie University を訪問し、 Graduate School of the Environment でセミナーを開催しました。

Yarime, Masaru, "Exploring Sustainability Science: Education, Research, and Innovation," GSE Seminar, Graduate School of the Environment, Macquarie University, North Ryde, New South Wales, Australia, November 3 (2009).

 

11月5日(木)−6日(金)にブリズベーンの Griffith Business School で開催された Asia Pacific Academy of Business in Society (APABIS) 2009 Annual Conference に出席しました。 Plenary Session Four: Innovation and the Emerging Sustainable Enterprise Economy in the Asia-Pacific Region にパネリストとして参加し、以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "From Corporate to Social Business Models for Sustainability Innovation: Concepts, Institutions, and Emerging Practices of Japanese Enterprises," Asia Pacific Academy of Business in Society (APABIS) 2009 Annual Conference, Griffith Business School, Brisbane, Australia, November 5-6 (2009).

 

その後パリに移動し、 Organisation for Economic Co-operation and Development (OECD) で11月9−10日に開催された Workshop on Transforming Innovation to Address Social Challenges に出席しました。 Session 2: Pushing Boundaries of the Innovation Policies beyond Technology: Best Practices にディスカッサントとして参加し、以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Towards the Sustainability of Innovation to Address Social Challenges: Comments for Session 2," Workshop on Transforming Innovation to Address Social Challenges, Organisation for Economic Co-operation and Development (OECD), Paris, France, November 9-10 (2009).

 

さらにその後アメリカ・デトロイトに渡り、在デトロイト日本国総領事館デトロイト日本商工会、日本自動車部品工業会 (JAPIA)Original Equipment Suppliers Association (OESA) 、日米協会、 Detroit Regional Economic PartnershipAutomation Alley との共催で11月12日(木)に開催された講演会におきまして、以下の講演を行いました。

Yarime, Masaru, "Corporate Strategies for the Next Generation Vehicles: The Development of Electric and Hybrid Electric Vehicle Innovation Systems," Special Lecture organized by the Japan Business Society of Detroit (JBSD), Consulate General of Japan, Japan Auto Parts Industries Association (JAPIA), Original Equipment Suppliers Association (OESA), Japan America Society of Greater Detroit and Windsor, Detroit Regional Economic Partnership, and Automation Alley, Sheraton Detroit Novi Hotel, Novi, Michigan, U.S.A., November 12 (2009).

 

11月13日(金)にはメンフィスにおきまして、 Japan-America Society of Tennessee在ナッシュビル日本国総領事館University of Memphis の共催で開催された Conference on Meeting Renewable Energy's Technology Challenge: Innovative Solutions from Japan に出席し、以下の講演を行いました。

Yarime, Masaru, "Bringing Forth Sustainability Innovation," Conference on Meeting Renewable Energy's Technology Challenge: Innovative Solutions from Japan, organized by the Japan-America Society of Tennessee, Consulate-General of Japan in Nashville, and the University of Memphis, Memphis, Tennessee, U.S.A., November 13 (2009).

Yarime, Masaru, "Sustainability Science: Its Possibilities and Challenges for the Future," Special Lecture, University of Memphis, Tennessee, U.S.A., November 13 (2009).

 

アトランタでは、11月16日(月)に在アトランタ日本国総領事館School of Public Policy of the Georgia Institute of TechnologyJapan-America Society of GeorgiaJapanese Chamber of Commerce of Georgia の共催で開催された講演会におきまして、以下の講演を行いました。

Yarime, Masaru, "Implementing Sustainability Innovation: Corporate Strategy, Public Policy, and Institutional Design," Lecture co-sponsored by the Consulate General of Japan in Atlanta and the Georgia Tech School of Public Policy with cooperation from the Japan-America Society of Georgia and the Japanese Chamber of Commerce of Georgia, Georgia Institute of Technology, Atlanta, Georgia, U.S.A., November 16 (2009).

 

さらに11月19日(木)にヒューストンでは、在ヒューストン日本国総領事館Rice University Shell Center for Sustainability and the James A. Baker III Institute Student Forum の共催で開催された講演会に出席し、以下の講演を行いました。

Yarime, Masaru, "Sustainable Development Innovations: Japan's Effort to Unite against Climate Change," Lecture organized by Shell Center for Sustainability and the James A. Baker III Institute Student Forum, Rice University, Houston, Texas, U.S.A., November 19 (2009).

 

その後、11月23日(月)−24日(火)にタイ・バンコクで開催された International Conference on Sustainability Science (ICSS) in Asia 2009 に出席しました。 Session 7 on Communication: Towards Creating Strategic Knowledge Platforms for Sustainability Innovation in Asia をオーガナイズしました。

Yarime, Masaru, "Introduction to Session 7 on Communication: Towards Creating Strategic Knowledge Platforms for Sustainability Innovation in Asia," International Conference on Sustainability Science (ICSS) in Asia 2009, Asian Institute of Technology (AIT), Thailand, November 23-24 (2009).

 

2009年10月23日:

10月24日(土)−25日(日)に東京・成城大学におきまして、研究・技術計画学会第24回年次学術大会が開催されます。この会議の中のシンポジウム「Innovation for a Greener Society ─イノベーションを通じた持続可能な社会の実現を目指して」に、パネリストの一人として出席する予定です。ご関心のある方は、是非ご参加下さい。

10月24日(土)16:00 - 17:30
成城大学3号館 A会場(B1F 003教室)

シンポジウム
Innovation for a Greener Society ─イノベーションを通じた持続可能な社会の実現を目指して」

パネリスト
姉 川 尚 史  (東京電力株式会社技術開発研究所)
定 光 裕 樹  (経済産業省資源エネルギー庁総合政策課エネルギー戦略推進室)
城 山 英 明  (東京大学大学院法学政治学研究科)
鎗 目    雅  (東京大学大学院新領域創成科学研究科)

司 会
伊地知 寛博  (成城大学社会イノベーション学部)

 

また、10月26日(月)は、東京・南青山で Green Mondays で講演を行う予定です。ご関心のある方は、是非ご参加下さい。

Green Mondays #15

Time: October 26, 2009 from 7pm to 10pm
Location: KaMu Restaurant, Minami Aoyama
Street: Minami Aoyama 511 Bldg., B1F
City/Town: Minami Aoyama, Tokyo
Website or Map: http://kamu-tokyo.com/map.html
Phone: 03 6411 0075
Event Type: networking, education, learning, sustainability

Organized By: Green Mondays Committee (GMC)

#15.1 Tetsunari IIDA, Renewable Energy Policies and Initiatives in Japan (tbc) President & Representative Director, Energy Green Co., Ltd.
Executive Director, Institute for Sustainable Energy Policies (ISEP) Chairman, World Council for Renewable Energy (WCRE), Japan

Previous positions include:
- Major steel manufacturer
- R&D in nuclear power

o Introduced Japan's first green power scheme, and developed Japan's first "green power certificate."
o Developed financing scheme for Japan's first community wind ownership project, now being developed into a nation-wide project.
o Organized the Supra-coalition of Member of Parliaments (MPs) for Renewable Energy Promotion, consisting of 1/3 of all MPs, instrumental in new legislation of "Renewable Energy Promotion Law."

#15.2 Professor Masaru Yarime, Sustainability Innovation
- Associate Professor, Graduate Program in Sustainability Science (GPSS) at the Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo
- Visiting Research Fellow, National Institute of Science and Technology Policy (NISTEP), Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology
- Tutor, Nissan Leadership Program for Innovative Engineers (LPIE)

Professor Yarime holds a Ph.D. in Economics of Technological Change (2003), MERIT-UNU/INTECH Programme on Economics and Policy Studies of Technological Change, University of Maastricht, Maastricht, The Netherlands.

 

2009年10月22日:

10月15日(木)−16日(金)にスイス・チューリッヒにあるスイス連邦工科大学 (ETH) で、 Alliance for Global Sustainability (AGS), Competence Centre for Environment and Sustainability (CCES), ETH が共催して、 AGS-CCES-ETH Sustainability Workshop "From Outreach to Partnership: Defining the Role of Universities in Achieving Sustainability" が開催されました。この会議におきまして、以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Institutionalizing Sustainability Innovation: Universities as a Platform for Stakeholder Collaboration," Presentation at the AGS-CCES-AGS Sustainability Workshop "From Outreach to Partnership: Defining the Role of Universities in Achieving Sustainability," Swiss Federal Institute of Technology (ETH), Zurich, Switzerland, October 15-16 (2009).

 

2009年10月10日:

雑誌ソトコト最新号に、福井エドワードさんとの対談記事が掲載されました。

「福井エドワードのクリーンテック投資事始め(最終回):環境とイノベーションの相関を考える」、ソトコト11, 143 (2009).

 

2009年10月9日:

10月8日(木)に東京大学におきまして、第2回マラリアネット研究会を開催しました。元国際連合児童基金 (UNICEF) 東京事務所プログラム・コーディネーターで、現在早稲田大学大学院教授の勝間靖さんをお招きして、マラリア予防を目指した日本企業・政府機関・国連機関のパートナーシップに関して講演していただきました。

第2回マラリアネット研究会

日時:2009年10月8日(木)18:00−21:00

場所:東京大学・本郷キャンパス 経済学研究科棟12階第一共同研究室

講演タイトル:「マラリア予防を目指した日本企業・政府機関・国際機関のパートナーシップ」

講師:早稲田大学 国際学術院 学術院長補佐・教授、グローバル・ヘルス研究所 所長 勝間靖氏(元 UNICEF職員)

連絡:鎗目雅

 

2009年10月6日:

9月16日(水)−17日(木)にインド・チェンナイで Indian National Academy of Engineering (INAE) が主催して、 Fourth National Symposium on Frontiers of Engineering (NatFOE4) が開催されました。 INAE からの招待で唯一外国から参加し、以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Sustainability Science as an Emerging Academic Frontier: Implications for Energy Research," Presentation at the Fourth National Symposium on Frontiers of Engineering organized by the Indian National Academy of Engineering, SRI Convention Centre, Anupuram, India, September 16-17 (2009).

 

その後、イタリア・ローマに渡り、で9月20日−21日に Sapienza University of Rome で開かれた Working Meeting on International Conference on Sustainability Science (ICSS) 2010 に参加しました。2009年2月5日−7日に東京大学で ICSS 2009 が開催されましたが、2010年はイタリアの Interuniversity Research Centre on Sustainability Development (CIRPS) がホストとなり、ローマで6月23日−25日に ICSS 2010 が開催される予定です。この会議では、 Ph.D. Seminar on Sustainability Science のチェアを務める予定です。また、9月21日夜には、 H2Roma が主催して、 Sustainability Science Seminar - Economic Trends and New Scenarios/Perspectives for the Markets of the New Decade が開催され、スピーカーの一人として参加しました。

Yarime, Masaru, "Economic and Market Implications of Sustainability Science: A Japanese Perspective," H2Roma Sustainability Science Seminar: Economic Trends and New Perspectives for the Markets of the New Decade, Sapienza University of Rome, Rome, Italy, September 21 (2009).

 

9月24日−25日には、オランダ・マーストリヒトの United Nations University Maastricht Economic and social Research and training centre on Innovation and Technology (UNU-MERIT) で開催された Book Workshop "Passenger Road Transport in Transition?" に参加しました。このプロジェクトの成果は、 出版社の Routledge から Routledge Studies in Sustainability Transition の一冊として出版される予定です。この本の中では、電気自動車の導入へ向けた Transition を議論する章を担当する予定です。

 

さらにアメリカに渡り、10月2日−3日にアトランタの Georgia Institute of Technology で開催された Atlanta Conference on Science and Innovation Policy 2009 に出席しました。この会議では、 Session 6C: Knowledge Use and Exchange for Policy and Society in Japan のチェアとしてこのセッションをオーガナイズし、併せて以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Network of Research and Policy Communities for Innovation: An Analysis of Co-Evolution of Technology and Institution," Atlanta Conference on Science and Innovation Policy 2009, Georgia Institute of Technology, Atlanta, Georgia, United States, October 2-3 (2009).

 

2009年9月11日:

以下の論文が、間もなく Sustainability Science に掲載される予定です。

Yarime, Masaru, Yoshiyuki Takeda, and Yuya Kajikawa, "Towards Institutional Analysis of Sustainability Science: A Quantitative Examination of the Patterns of Research Collaboration," Sustainability Science, forthcoming.

 

2009年9月4日:

The Asia Pacific Academy of Business in Society (APABIS) 2009 Conference が11月5−6日にオーストラリア・ブリズベーンにある Griffith Business School で開催されます。 Plenary Session Four on Innovation and the Emerging Sustainable Enterprise Economy in the Asia-Pacific Region にスピーカーとして参加する予定です。

 

2009年8月22日:

日産科学振興財団が支援している Nissan Leadership Program for Innovative Engineers (LPIE) に、チューターとして参加することになりました。

 

「マラリアネット研究会」立ち上げ

発起人
澤田康幸(東京大学経済学研究科准教授)
鎗目 雅(東京大学新領域創成研究科サステイナビリティ学教育プログラム准教授)
浅尾修一郎(東京大学サステイナビリティ学連携研究機構 IR3S)

1. 趣旨
近年、世界、特にアフリカの貧困削減において、民間企業が開発した様々な先進技術を官民が共同して効果的な貧困削減のために実践してゆくという強い流れが起こっています。住友化学のマラリア防除を目的とした防虫蚊帳「オリセットネット」は、日本発でそのような流れを先導している技術といえるでしょう。私どももこのような議論に貢献いたしたく研究を続けておりますが、まだまだ勉強不足を実感しております。また、日本においては開発援助の様々な新しい手法を厳密な研究の枠組みで分析し、世界に知見を発信できる研究者も少なく、援助大国日本から開発援助に関する研究成果が十分に発信されていないことを残念にも感じております。そこで、先端技術の開発と実践の最先端でご活躍されている皆様と情報・意見交換をすることによって、お互いに刺激し合い議論を高めて、新しい貧困削減技術の開発・研究に対してより大きく貢献したいと考え、「マラリアネット研究会」の発足を計画しております。マラリアネットについては、医学・疫学を含めた基礎的な研究、技術開発、社会制度・システム、援助システム、外交・国際関係など様々なレベル・領域において検討すべき課題があります。そうした様々な観点・角度からのアプローチの間の相補性、連携の可能性を整理して、各学問分野における手法・知見を活用した学融合的な研究会を目指す予定です。

2. スケジュール
具体的には、本年7月頃より月に一度くらい勉強会を開催し、「マラリアネットに関わる世界最新の動向についてメンバーが情報共有・討議すること」を中心に運営したいと思っております。

 

7月29日(水)第1回マラリアネット研究会を行いました。住友化学の庄野美徳氏にオリセットネットの開発に関してお話していただきました。

第1回マラリアネット研究会

日時:2009年7月29日(水)18:00−20:30

場所: 東京大学 本郷キャンパス 第2本部棟 4階 415号室

講演タイトル:「住友化学オリセットネットの開発」

講師:住友化学 ベクターコントロール事業部技術開発部 チームリーダー(製品開発・技術開発) 農学博士 庄野美徳氏

連絡:鎗目雅

 

2009年7月24日:

7月28日(火)15:00から、東京大学産学連携本部大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラム大学院新領域創成科学研究科サステイナビリティ学教育プログラム (GPSS) の共催で、「平和構築とビジネス」研究会を開催致します。テーマは、ユニクロ国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)駐日事務所と協力して実施している、商品リサイクルを通じた難民支援の事例についてです。衣料品小売りの本業を生かして平和構築に貢献するサステイナブルなビジネス・モデルを実行するためには、どのような企業戦略、公共政策、制度設計が重要か、議論したいと思っております。ご関心のある方は、是非ご参加いただけましたら幸いです。

第9 回「平和構築とビジネス」研究会

日時:2009 年7 月28 日(火) 15 時00 分〜17 時00 分

場所:東京大学産学連携本部2階会議室。

http://www.ducr.u-tokyo.ac.jp/faq/index.html

共催 :東京大学産学連携本部、東京大学大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラム、 東京大学大学院新領域創成科学研究科サステイナビリティ学教育プログラム (GPSS) 、平和構築研究会

1. 講演(1時間から1時間半程度)

講演:「ユニクロの全商品リサイクル活動」
株式会社ファーストリテイリングCSR 部部長新田幸弘氏

コメント: 東洋英和女学院大学国際社会学部教授、国連大学客員教授
前UNHCR 駐日事務所代表 滝澤三郎氏

2.ディスカッション(30分から1 時間程度)

参加申込:
東京大学産学連携本部寺澤 kyogikai@ducr.u-tokyo.ac.jp

 

2009年7月16日:

ヨーロッパを中心としてサステイナビリティ・サイエンスにおいて活発に活動している研究者が参加する European Sustainability Science Group (ESSG) に、メンバーとして参加することになりました。

 

2009年7月8日:

以下の書籍が、VDM Verlag (Germany) から出版されました。

Yarime, Masaru, From End-of-Pipe Technology to Clean Technology: Environmental Policy and Technological Change in the Chlor-Alkali Industry in Japan and Europe, Saarbrücken, Germany: VDM Verlag, 472 pages (2009).

The intensive industrial development, while producing numerous useful products, has been increasingly interfering with the limited capacities of ecosystems. Various environmental policies have been introduced to reduce emissions. While there is a serious concern about negative impacts of tightened regulations on industry, they could actually enhance industrial competitiveness by encouraging innovation in the long run. This book sheds a fresh light on this debate by closely examining the interaction between environmental policy and technological change in the chlor-alkali industry in Japan and Europe. Weak regulations promote end-of-pipe technological solutions, which would function to prolong the life of existing, often obsolescent, production processes. Excessively stringent regulations, in contrast, while forcing clean technological options, could induce premature decisions on inferior technologies. Institutional designs for public-private collaboration will be important in fostering innovation for the best clean technologies. The analysis should be useful to corporate managers and policy makers for strategic decision makings in a transition towards a sustainable society.

Table of Contents

ACKNOWLEDGEMENT................................................................................................... 5
LIST OF FIGURES .......................................................................................................... 6
LIST OF TABLES .......................................................................................................... 10

1. INTRODUCTION ....................................................................................................... 17
1.1 PROBLEM AND RESEARCH METHODS ................................................................ 17
1.2 OUTLINE OF THE THESIS ...................................................................................... 25

2. ANALYTICAL FRAMEWORK FOR THE EFFECTS OF ENVIRONMENTAL
REGULATION ON TECHNOLOGICAL CHANGE ........................................................... 31
2.1 PREVIOUS STUDIES OF THE EFFECTS OF ENVIRONMENTAL REGULATION ON
TECHNOLOGICAL CHANGE ......................................................................................... 31
2.1.1 Theoretical Models ............................................................................................... 31
2.1.2 Empirical Studies ........................................................ ......................................... 48
2.2 TECHNOLOGIES FOR DEALING WITH EMISSIONS FROM CHEMICAL INDUSTRIES ................................................................................................................ 54
2.2.1 End-of-Pipe Technology ....................................................................................... 56
2.2.2 Clean Technology ................................................................................................ 60
2.3 DIVERGING EFFECTS OF ENVIRONMENTAL REGULATIONS ON TECHNOLOGICAL
CHANGE ....................................................................................................................... 66
2.3.1 Environmental Policy Making under Uncertainty .................................................. 66
2.3.2 Choice between the End-of-Pipe Technology and the Clean Technology ........... 70
2.3.3 Technological Progress through R&D and Learning ............................................ 77
2.4 CONCLUSION ......................................................................................................... 91
APPENDIX ..................................................................................................................... 94

3. TECHNOLOGICAL BACKGROUND OF THE CHLOR-ALKALI INDUSTRY ................ 99
3.1 PRODUCTION OF CHLOR-ALKALI PRODUCTS .................................................... 99
3.1.1 Chlorine and Caustic Soda ................................................................................... 99
3.1.2 Production .......................................................................................................... 104
3.2 THREE DOMINANT TECHNOLOGIES FOR CHLOR-ALKALI PRODUCTION: MERCURY PROCESS, DIAPHRAGM PROCESS, AND ION EXCHANGE MEMBRANE PROCESS ................................................................................................................... 107
3.3 TECHNOLOGICAL CHANGE PRIOR TO THE EFFECTS OF ENVIRONMENTAL
REGULATIONS ........................................................................................................... 111
3.3.1 Development of the Mercury Process ................................................................ 112
3.3.2 Development of the Diaphragm Process ............................................................ 122
3.3.3 Diffusion of the Mercury Process in Western Europe and Japan ....................... 131
3.4 CONCLUSION ....................................................................................................... 147
APPENDIX ................................................................................................................... 149

4. ENVIRONMENTAL REGULATION AND TECHNOLOGICAL CHANGE IN
THE JAPANESE CHLOR-ALKALI INDUSTRY .............................................................. 150
4.1 REGULATORY DECISION ON THE PHASE OUT OF THE MERCURY PROCESS .................................................................................................................... 150
4.2 CONVERSION OF THE MERCURY PROCESS TO THE DIAPHRAGM PROCESS .................................................................................................................... 155
4.3 INTERRUPTION OF THE PROCESS CONVERSION SCHEDULE AND EVALUATION OF THE ION EXCHANGE MEMBRANE PROCESS ..................................................... 165
4.4 TECHNOLOGICAL DEVELOPMENT OF THE ION EXCHANGE MEMBRANE PROCESS ................................................................................................................... 169
4.4.1 Characteristics of the Ion Exchange Membrane Process ................................... 169
4.4.2 Patents on Technologies for Chlor-Alkali Production ......................................... 178
4.4.3 Technological Developments of the Ion Exchange Membrane Process by
Innovative Companies in Japan .................................................................................. 183
4.5 MODIFICATION OF REGULATORY SCHEDULE AND ADOPTION OF THE ION EXCHANGE MEMBRANE PROCESS .......................................................................... 224
4.6 COSTLY TRANSITION FROM THE MERCURY PROCESS TO THE DIAPHRAGM PROCESS AND THEN TO THE ION EXCHANGE MEMBRANE PROCESS ................. 229
4.7 CONCLUSION ....................................................................................................... 235
APPENDIX ................................................................................................................... 240

5. ENVIRONMENTAL REGULATION AND TECHNOLOGICAL CHANGE IN
THE WESTERN EUROPEAN CHLOR-ALKALI INDUSTRY .......................................... 258
5.1 IMPOSITION OF EMISSION STANDARDS ON MERCURY ................................... 258
5.1.1 Paris Commission ............................................................................................... 259
5.1.2 European Community ......................................................................................... 271
5.2 REDUCTION OF MERCURY EMISSIONS WITH END-OF-PIPE TECHNOLOGIES ............................................................................................................... 280
5.2.1 Patents on Chlor-Alkali Production Technologies ............................................... 280
5.2.2 Development of End-of-Pipe Technologies for the Reduction of Mercury Emissions ....................................................................................................................... 289
5.2.3 Continued Use of the Mercury Process with End-of-Pipe Technologies ............ 301
5.3 DELAYED DEVELOPMENT OF TECHNOLOGIES FOR THE ION EXCHANGE MEMBRANE PROCESS .............................................................................................. 305
5.4 SLOW DIFFUSION OF THE ION EXCHANGE MEMBRANE PROCESS ................ 324
5.4.1 Availability of Information on the Ion Exchange Membrane Process ................... 324
5.4.2 Profitability of the Adoption of the Ion Exchange Membrane Process ................. 328
5.4.3 Long Lifetime of Chlor-Alkali Plants Based on the Mercury Process .................. 339
5.5 CONCLUSION ....................................................................................................... 350
APPENDIX ................................................................................................................... 356

6. SUMMARY AND CONCLUSION .............................................................................. 382

APPENDIX. EFFECTS OF ENVIRONMENTAL REGULATION ON TECHNOLOGICAL CHANGE OF THE CHEMICAL PROCESSES FOR CHLORALKALI PRODUCTION ..... 401
A.1 LEBLANC PROCESS ............................................................................................ 401
A.1.1 Hydrogen Chloride Emissions ............................................................................ 404
A.1.2 Tank Waste ........................................................................................................ 408
A.1.3 Nitrogen Oxides Emissions ................................................................................. 410
A.1.4 Improvement of the Leblanc Process through End-of-Pipe Technologies .......... 412
A.2 AMMONIA SODA PROCESS ................................................................................. 413
A.3 CONCLUDING REMARK ....................................................................................... 421

REFERENCES ............................................................................................................. 423

 

2009年7月7日:

7月13日(月)14:45−16:25に東京大学柏キャンパス・環境棟3階講義室3におきまして、 Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 10 を開催致します。スピーカーは、フランス・ボルドー大学の Professor Vanessa Oltra で、進化経済学の観点から産業ダイナミックス・環境イノベーションを考察しながら、サステイナビリティ・サイエンスにおける概念・方法論へのインプリケーションを議論していただく予定です。ご関心のある方は、是非ご参加下さい。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 10

Title: "Eco-Innovation and Industrial Dynamics in an Evolutionary Perspective"

Date: Monday, July 13 at 14:45-16:25
Venue: Lecture Room 3, Third Floor, Environmental Building, Kashiwa Campus, University of Tokyo

Speaker: Vanessa OLTRA, Associate Professor, Research Group on Applied and Theoretical Economics (GREThA), University of Bordeaux, France

Abstract:
This seminar will present an overview of the research works on eco-innovation and industrial dynamics. The first part will be dedicated to a discussion of the evolutionary framework and its contributions to the analysis of eco-innovations. In a second part, we will discuss the empirical literature on the determinants of eco-innovations trying to emphasize the specificities of eco-innovation in comparison with innovation in general. The third part will focus on sectoral systems of eco-innovation. The purpose is to stress the differences in eco-innovation patterns across industrial sectors and to take into account self-reinforcement and lock-in effects characterizing industrial dynamics. In the last part, we will discuss how eco-innovative strategies of firms can be studied in evolutionary agent-based simulation models and what kind of results can be obtained with this type of methodology.

Biography:
Vanessa OLTRA is Associate Professor of Economics at the University of Bordeaux (France) and researcher at GREThA (Research Group on Applied and Theoretical Economics). She is the coordinator of a European research network on "Eco-innovations" within the DIME ('Dynamics of Institutions and Markets in Europe') European Network of Excellence (http://www.dime-eu.org/wp25). Her background is on innovation studies with a specialisation on evolutionary theory of innovation and industrial dynamics simulation models. She is working for several years on eco-innovations conducting empirical and theoretical research projects on the determinants of eco-innovation and the role of policy instruments, the role of eco-innovation in industrial dynamics and firms' innovative strategies.

Contact: YARIME Masaru

 

2009年7月1日:

Professor Vanessa Oltra, Groupe de Recherche en Économie Théorique et Appliquée (GREThA), University of Bordeaux IV, France が、 Graduate Program in Sustainability Science (GPSS) に1か月滞在します。 Special Lecture on Sustainability II: Evolutionary Analysis of Innovation Systems, Industrial Dynamics, and Sustainability (1単位)を開催します。場所は環境棟4階講義室4です。

講義の日程は以下の通りです。

Friday, July 3 at 14:45-16:25 and 16:30-18:10
Friday, July 10 at 14:45-16:25 and 16:30-18:10
Friday, July 17 at 14:45-16:25 and 16:30-18:10

Contact: YARIME Masaru

 

2009年6月26日:

6月17日(水)−19日(金)にパリで 17th GERPISA International Colloquium が開催されました。 Session 2 on New Technologies - Electric Vehicles におきまして、以下の論文の発表を行いました。

Dijk, Marc, and Masaru Yarime, "Emergence of Electric Engines and Co-evolution of the Car Engine Market: Post-1990 Path Creation in a Path Dependent Sector," Paper presented at the 17th GERPISA International Colloquium on Sustainable Development in the Automobile Industry: Changing Landscapes and Actors Research Programme on Sustainable Development in the Automobile Industry, Paris, France, 17-19 June (2009).

 

2009年6月24日:

以下の論文が、Journal of Cleaner Production に掲載されました。

Yarime, Masaru, "Public Coordination for Escaping from Technological Lock-in: Its Possibilities and Limits in Replacing Diesel Vehicles with Compressed Natural Gas Vehicles in Tokyo," Journal of Cleaner Production, 17 (14), 1281-1288 (2009).

 

2009年6月23日:

6月26日(金)16:30−18:30に東京大学柏キャンパス・環境棟3階講義室3におきまして、Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 9 を開催致します。スピーカーは、米国・アリゾナ州立大学 School of SustainabilityProfessor Arnim WiekDr. David Iwaniec で、サステイナビリティ・サイエンスにおける理論、実証研究と教育における課題と将来の可能性に関して、アリゾナ州立大学での経験を踏まえて議論していただく予定です。 ご関心のある方は、是非ご参加いただけましたら幸いです。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 9

Title: "Theory, Empirical Research, and Teaching in Sustainability Science – Challenges, Gaps, and Future Trajectories"

Speakers: Dr. Arnim Wiek and David Iwaniec, School of Sustainability, Arizona State University, United States

Abstract:
The emerging field of sustainability science proposes new ways of organizing and conducting science from a problem-driven and solution oriented perspective in close collaboration with non-academic stakeholder groups. Thereby, sustainability science is challenging dominant research and teaching institutions in place (rules-in-use). These challenges have led to some significant gaps with respect to the congruence between the theoretical framework and the actual research  and teaching practices in sustainability science. Yet, promising future trajectories and strategies have been developed to establish genuine sustainability programs in research and education. In this seminar, we will be exploring some of the challenges and strategies with the example of a graduate course in sustainability science at the University of Tokyo.

Biographical Statements:
Arnim Wiek is an Assistant Professor in the School of Sustainability at Arizona State University. He has conducted sustainability research on urban development, land use conflicts, and resource management in different European countries, Canada, USA, and Sri Lanka, as well as on sustainable governance of nanotechnology and nuclear power. His methodological research has focused on the collaboration between scientists and non-academic partners from government, business, and the civil society to support sustainability transitions. His current interest addresses the question of how sustainability science can be developed as a genuine problem- and solution-oriented research field to make a substantial contribution to sustainability challenges. Prior to Arizona State University, he was Visiting Scientist at the Institute for Resources, Environment, and Sustainability at the University of British Columbia, with funding from the Swiss National Science Foundation (2007-2008). He holds a PhD in environmental sciences from the Swiss Federal Institute of Technology Zurich, a Master’s degree in environmental sciences from the University of Jena, and a Master’s degree in philosophy from the Free University Berlin.

David Iwaniec is a PhD student in the School of Sustainability at Arizona State University, with funding from the National Science Foundation. He holds a Master’s degree in Biological Sciences with concentrations in both Mathematics and Statistics from Florida International University. His Master’s research was in the field of ecosystems ecology. His background includes research on system stability, valuation of ecosystem services, ecosystem-based management, and systems modeling. His research interests have evolved toward use-inspired sustainability research on urban stability and state change. He is passionate about furthering the development of sustainability science and contributing to the innovations associated with this developing field. Another area of interest is teaching and learning, especially product-driven working group models which allow for peer-teaching and facilitated collaboration.

Contact: YARIME Masaru

 

2009年6月22日:

6月17日(水)−6月19日(金)にコペンハーゲンで開催された DRUID Society Summer Conference 2009 on Innovation, Strategy and Knowledge に参加しました。Parallel Session 48 on Eco-Innovation におきまして、以下の論文発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Eco-Innovation through University-Industry Collaboration: Co-Evolution of Technology and Institution for the Development of Lead-Free Solders," Paper presented at the DRUID Society Summer Conference 2009, Copenhagen Business School, Copenhagen, Denmark, June 17-19 (2009).

 

2009年6月8日:

以下の論文が、間もなく International Journal of Innovation Management に掲載される予定です。

Baba, Yasunori, Masaru Yarime, and Naohiro Shichijo, "Sources of Success in Advanced Materials Innovation: The Role of 'Core Researchers' in University-Industry Collaboration in Japan," International Journal of Innovation Management, forthcoming.

 

2009年6月1日:

アメリカ・アリゾナ州立大学サステイナビリティ学部から、 Professor Arnim Wiek を招聘しました。

Dr. Arnim Wiek, Associate Professor, School of Sustainability, Arizona State University, United States

1か月間 Graduate Program in Sustainability Science (GPSS)Practical Course on Systems Thinking and Consensus Building で特別講義を行っていただく予定です。

 

2009年5月31日:

5月18日(月)−20日(水)にアメリカ・アリゾナ州フェニックス で開催された、 2009 IEEE International Symposium on Sustainable Systems and Technology (ISSST) に参加しました。ISSST Track 1: Products, Systems, and Services - Green Design and Manufacturing におきまして、以下の論文の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Bringing Forth Sustainability Innovation in the Electronic Industry: The Case of Lead-Free Solders," Paper presented at the 2009 IEEE International Symposium on Sustainable Systems and Technology, Tempe, Arizona, United States, May 18-20 (2009).

同じ時期に開かれた IEEE Sustainability Ad Hoc Committee の会合にも参加しました。

 

その後、5月25日(月)−26日(火)にパリの経済協力開発機構 (OECD) 本部で開催された、CSTP Expert Workshop on Fostering Innovation to Address Social Challenges に出席しました。 Session 2Discussant として以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Comments on Barriers to Research and Innovation for Solving Social Challenges," Presentation at the CSTP Workshop on Fostering Innovation to Address Social Challenges, Organisation for Economic Co-operation and Development, Paris, France, May 25-26 (2009).

 

2009年5月5日:

以下の論文が間もなく、 Journal of Cleaner Production に掲載される予定です。

Yarime, Masaru, "Public Coordination for Escaping from Technological Lock-in: Its Possibilities and Limits in Replacing Diesel Vehicles with Compressed Natural Gas Vehicles in Tokyo," Journal of Cleaner Production, forthcoming.

 

2009年5月4日:

4月27日(月)−28日(火)にロンドンの Cass Business School, City University London で開催された Todai Forum 2009 on Human Security and Business に参加しました。 Session 3 on Governance におきまして、以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Establishing Sustainable Business Models for Human Security: From Corporate Governance to Social Innovation," Session 3 on Governance, Todai Forum 2009 on Human Security and Business, Cass Business School, City University London, London, United Kingdom, April 27-28 (2009).

 

2009年4月17日:

5月9日(土)13:00より、東京大学柏キャンパス環境棟FSホールにおきまして、 Graduate Program in Sustainability Science (GPSS)入試説明会を開催致します。入学を希望する方は、是非ご参加下さい。

 

2009年4月1日:

4月から、国際学術誌 Sustainability Science (Springer) のエディターになりました。

 

2009年3月28日:

3月24日に財団法人化学技術戦略推進機構 (JCII) で開催された化学技術推進会議におきまして、以下の講演を行いました。

鎗目雅、「サステイナビリティに向けた化学技術イノベーション」、第58回化学技術推進会議、東京・財団法人化学技術推進機構 (JCII)、3月24日 (2009).

 

3月から、アメリカに本部がある電気電子学会 (IEEE) の Sustainability Ad Hoc Committee のメンバーになりました。

 

2009年3月22日:

以下の論文が、エネルギー・資源Vol. 30, No. 2 (2009) に掲載されました。

味埜俊、小貫元治、鎗目雅、「サステイナブルな社会構築のための人材育成と大学の役割」、エネルギー・資源30 (2), 48-52 (2009).

 

2009年3月21日:

3月17日(火)に研究・技術計画学会 (JSSPRM)科学技術社会論学会 (JSSTS) が共催し、学会共同ワークショップ2009「国の科学技術・イノベーション戦略と学協会の役割〜日本型研究・政策コミュニティの形成に向けて」が東京・政策研究大学院大学 (GRIPS) で開催されました。セッション3「科学技術・イノベーション戦略に係る日本の課題(2)−政策過程及び知識利用に着目して」におきまして、以下の発表を行いました。

鎗目雅、「イノベーションに向けた研究・政策コミュニティーの役割:社会的課題解決のための学融合」、学会共同ワークショップ2009「国の科学技術・イノベーション戦略と学協会の役割〜日本型研究・政策コミュニティの形成に向けて」、東京・政策研究大学院大学、3月17日 (2009).

 

3月25日(水)10:00−11:30に東京大学柏キャンパス・環境棟3階講義室3におきまして、Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 8 を開催致します。スピーカーは、ルント大学サステイナビリティ学センター (LUCSUS)Dr. Barry Ness で、サステイナビリティの評価ツールの発展と応用について、ケース・スタディーを踏まえて議論していただく予定です。ご関心のある方は、是非ご参加いただけましたら幸いです。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 8

Title: "Sustainability of the Swedish Sugar Sector: Assessment Tool Development and Case Study Appraisal"

Date: Wednesday, March 25, 10:00-11:30
Venue: Lecture Room 3, Third Floor, Environmental Building, Kashiwa Campus, University of Tokyo

Speaker: Dr. Barry Ness, Centre for Sustainability Studies, Lund University (LUCSUS), Sweden

Abstract:
This thesis contributes to the development of tools and methods for assessing sustainability and applies them to an assessment of the Swedish sugar production system. The thesis’ aims are to compile an overview of the existing approaches for assessing sustainability, to suggest a method(s) for structuring and analyzing complex sustainability issues, and to appraise sustainability impacts from Swedish sugar production. The sugar sector analyses uncovered a number of regional to global sustainability challenges stemming from the production system.? An analysis using an integrated assessment model calculated the impacts for a number of social and ecological indicators accompanying the ongoing decrease in the sugar production quota and beet and sugar prices for Sweden. A GIS-based proximity analysis tool was used to calculate beet transport distances. Distance results are then used to estimate diesel fuel consumption and air emissions for five pollutants during the movement of beets from field to processing facility.

The assessment tool survey and categorization showed that many available approaches for assessing sustainability are incomplete when more holistic interpretations of sustainability are considered, but that development to address the deficiencies is ongoing with many of the approaches. A new approach to structure complex issues of unsustainability that fuses the DPSIR framework within Torsten Hagerstrand’s system of nested domains is also presented. The research presented in the thesis is a first step in a long pathway to a comprehensive understanding and development of sustainability science and the actualization of sustainable development.

Biography:
Barry Ness of Lund University is the first to receive a doctoral degree in sustainability science in Sweden. He also holds a Master’s degree from Lund in environmental studies and sustainability science (LUMES) and a Bachelor’s degree in economics from the University of Minnesota. His research interests are diverse but focus significantly on understanding the variety of tools that exist for sustainability assessment, conceptualizing complex problems of sustainability based on scale and cross-scale interactions, and quantitative environmental and sustainability assessment. The majority of Barry’s recent research has focused on the assessment of industrial agricultural systems for food bioenergy along with other past research focusing on municipal solid waste treatment and waste water purification systems. Barry was born and raised in the United States, but has lived in Southern Sweden for the past decade.

Contact: YARIME Masaru

 

2009年3月14日:

3月11日(水)に開催された国際ワークショップ「主要国における科学技術・イノベーション戦略形成と知識利用〜国際比較の観点から」に参加しました。このワークショップでは、内閣府経済社会総合研究所が実施した「イノベーション政策及び政策分析手法に関する国際共同研究」の研究活動とその成果が議論されました。以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Research and Policy Communities in Japan: Towards an Analysis of University-Industry-Government Networks," Presentation at the International Workshop on Knowledge Use and Exchange in the Science, Technology, and Innovation Strategy Formation under Major Government Initiatives: From an International Perspective, Tokyo, March 11 (2009).

 

3月18日(水)10:00−11:30に東京大学柏キャンパス・環境棟3階講義室3におきまして、Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 7 を開催します。スピーカーは、ナイジェリアのアベオクタ農業大学の農業社会学者である Dr. Eniola Fabusoro で、文化と近代化という観点から、発展途上国におけるサステイナビリティの価値に関して議論していただきます。ご関心のある方は、是非ご参加ください。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 7

Title: "Culture and Modernisation: Essential Values for Sustainability in Developing Societies"

Date: Wednesday, March 18, 10:00-11:30
Venue: Lecture Room 3, Third Floor, Environmental Building, Kashiwa Campus, University of Tokyo

Speaker: Eniola Fabusoro, PhD, Department of Agricultural Extension and Rural Development, University of Agriculture, Abeokuta, Nigeria; and Visiting Associate Professor, Department of Advanced Social and International Relations, University of Tokyo

Abstract:
When I first came to Japan in 2005, I received a great shock of my life that a country so well developed still retains main parts of his culture despite its high level of modernisation. Now ‘am back in 2009, the situation is still the same, at least to an outsider like me. Then I looked back to my country and continent Africa that has been struggling to develop, yet gravitating rapidly towards modernisation. As a foreigner that could not speak any Japanese language other than ‘arigato’, I begin to appreciate the high level of modernisation in the midst of rich cultural heritage. Being an academic with some knowledge in sociology, I took interest in analysing the society sociologically and compare with some developed and developing societies around me. I found out that there have been many debates on the interplay between culture or tradition, as often termed by many scholars, and modernisation. Although many of these differ in their hypotheses and submissions, a common landing point, particularly among sociologists and cultural anthropologists, has been the beauty of ‘cultural modernisation’ which has been seen to be a factor in the sustainable development of some societies. While accepting modernisation as a way of life necessary for every society to keep in tune with the globalised world, the integration of culture into this process, I have seen, will ensure sustainability of the developing societies over time. It will require a conscious import of modernised ideals adapted into the socio-cultural system of those societies. I take culture to be the root of every society and fundamental to the sustainability of what ever forms of development a society may achieve. Also if culture is taken as a ‘way of life’, it may be a time to do a cultural stock taking of some societies to see what ‘ways of life’ are congenital to sustainable development and which ones are not. In the face of global financial and food crisis and the imminent climate change, the developing societies in Africa need to adopt or redefine certain values that will ensure the sustainability of their development efforts and restore hope for the future generation. Some African societies were far better than Japan after the end of World War II in 1945. Ghana and South Korea had similar economies in the 1960s; Nigeria had greater potential to develop that Malaysia in the end of 1960s. Today the reason why the Asian have developed and African undeveloped are rooted in the cultural values adopted by the two societies. Since our focus is on sustainability, this paper will generate discussion issues to understand the intricacies of culture in sustainable development.

A Brief of Profile:
Eniola Fabusoro is an agro-sociologist and presently a Visiting Associate Professor at the University of Tokyo. With an agricultural background, he is more interested in research on rural sociology and development issues and has good experience of rural situation and pastoral livelihoods in other parts of Africa, particularly countries of west, central and east Africa. He is a two times grantee of the International Foundation for Science (IFS) and a Fellow of Agriculture for Peace in Africa of the United Nations University Institute of Advanced Studies, Japan. He has special interest in issues relating to property rights, social dynamics and collective action, conflict management and transformation, development communication, spatial factors in livelihoods analysis, natural resource use, among others. He works permanently for the department of agricultural extension and rural development, University of Agriculture, Abeokuta, Nigeria.

Contact: YARIME Masaru

 

2009年3月13日:

1月初めから、スウェーデン・チャルマーズ工科大学の Mr. Hans Pohl が私の研究室で共同研究を行っています。

Mr. Hans Pohl, Department of Technology Management and Economics, Chalmers University of Technology, Goteborg, Sweden.

研究テーマは、電気自動車の研究開発に関する日本・米国・欧州の比較で、8月末まで滞在する予定です。

 

また、スウェーデン・ルント大学から、Dr. Barry Ness が3月いっぱい滞在しています。

Dr. Barry Ness, Center for Sustainability Studies, Lund University (LUCSUS), Lund, Sweden.

Sustainability Assessment and Systems Analysis に関する特別講義のほか、 Sustainability Science に関する教育・研究について、将来の共同活動へ向けた議論を行っています。

 

2月10日(火)に東京大学柏キャンパス・環境棟3階講義室3におきまして、Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 6 を開催しました。スピーカーは Dhaka University of Engineering and Technology (DUET) 准教授の Dr. S. M. Atiqul Islam で、バングラデシュにおける水のヒ素汚染の状況とその対策について、活発な議論を行いました。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 6

Date: Thursday, February 10, 10:00-11:30
Venue: Lecture Room 3, Third Floor, Environmental Building, Kashiwa Campus, University of Tokyo

Title: The Perspectives of Water Environment in Bangladesh

Speaker: Dr. S.M. Atiqul Islam, Associate Professor, Dhaka University of Engineering and Technology (DUET), Dhaka, Bangladesh

Abstract:

Safe water and sanitation are essential for the development of public health. The Government of Bangladesh has a goal to ensure that all people have access to safe water and sanitation services at an affordable cost. To achieve this goal and to ensure that development in the water supply and sanitation sector is equitable and sustainable, formulation of National Policy for Safe Water Supply and Sanitation is essential. GOB started initiative with the help of UNICEF in early 70s of past century and got success in water supply. GOB could able to cover more than 98% people with safe drinking water by supplying groundwater using simple technology hand tube-well within 20 years. This success became ruined when toxic arsenic was observed in ground water of Bangladesh almost all over the country.

Groundwater contamination by arsenic is a severe problem now in Bangladesh. Presently, 59 districts and 60% land are affected by arsenic contamination. It is estimated that more than 35 million people are consuming arsenic-polluted ground water alone in Bangladesh where underground water is used mainly for drinking and cooking (Das et al., 2004). The worst affected districts are Chandpur, Bagerhat, Comilla, Meherpur, Jessore, Chapai Nawabganj, Rajshahi and Rangpur (BGS, 2000). The World Health Organization (WHO) considers drinking water to be safe at arsenic concentrations below 0.01 mg/l.? According to Bangladesh national standards, the maximum permissible limit for Arsenic is 0.05 mg/l.? In 2002, the total number of arsenic- related patients in Bangladesh was estimated at approximately 13,000 people.

In Bangladesh, most attention has been given to the arsenic contamination of drinking water. Besides domestic use (drinking, cooking, washing, etc.), significant quantities of water from shallow aquifers are being used in the dry season especially for irrigating paddy and vegetables. In Bangladesh, both shallow tube-wells (STW) and deep tube-wells (DTW) are used in large numbers (approximately 2.6 million) to irrigate about 2.5 million ha of land, which contributes significantly to the country’s food grain production. Long-term use of arsenic contaminated water for irrigation purposes may result in elevated arsenic concentration in soils (Ullah, 1998; Alam and Satter, 2000; Huq et al., 2003; Ali et al., 2003; Islam et al., 2004; Islam et al., 2006; 2007). Use of arsenic contaminated irrigation water for growing crops in arsenic rich soil may lead to crop yield losses and elevated arsenic concentrations in cereals, vegetables and other agricultural products (Abedin et al., 2002; Meharg and Rahman, 2003; Hironaka? and Ahmed, 2003; Williams et al., 2003; Das et al., 2004; Islam et al., 2006). Rice is the staple food crop and production of rice is largely dependent on arsenic contaminated irrigation water, which explains the importance of arsenic issue in rice. Objective of this presentation is to provide a knowledge base on water environment of Bangladesh and associated activities that pose risk to sustainability human and eco-system as well.

Dr. S.M. Atiqul Islam, Associate Professor, DUET, Dhaka, Bangladesh
Sep 2005 - Mar 2006: Project Research Associate, Integrated Research System for Sustainability Science (IR3S), University of Tokyo
Ph.D. in Environmental Engineering, Department of Urban Engineering, University of Tokyo (2005)

Contact: YARIME Masaru

 

2009年2月27日:

以下の論文が、研究 技術 計画Vol. 23, No. 3 (2008) に掲載されました。

カレスタス・ジュマ、鎗目雅、「サステイナビリティに向けたイノベーションの創出における高等教育機関の役割」、研究 技術 計画23 (3), 186-193 (2008).

鎗目雅、「知識循環システムとしてのサステイナビリティ・イノベーション」、研究 技術 計画23 (3), 227-235 (2008).

 

2009年2月26日:

日本学術会議情報学委員会国際サイエンスデータ分科会の特任連携会員に任命されました。

 

2009年2月25日:

2月12日−16日に米国・シカゴで開催された American Association for the Advancement of Science (AAAS) Annual Meeting 2009 におきまして、Forum on Sustainability Science Programs に参加した際に Medill Reports Chicago から取材を受けましたが、その様子が掲載されました。

"Sustainability science pulls from all fields to take on climate change challenges," Medill Reports Chicago, February 24 (2009).

 

2009年2月24日:

1月23日(金)にスイス・チューリッヒにある Swiss Federal Institute of Aquatic Science and Technology (EAWAG) におきまして、Cirus Seminar を開催しました。

Yarime, Masaru, "Global Innovation Systems on Membrane Technologies," Cirus Seminar, Swiss Federal Institute of Aquatic Science and Technology (EAWAG), Dubendorf, Switzerland, January 23 (2009).

 

1月26日(月)−29日(木)にスイス・チューリッヒにある Swiss Federal Institute of Technology (ETH) で開催された Alliance for Global Sustainability (AGS) Annual Meeting 2009 に参加しました。 Poster Session では、以下のポスター発表を行いました。

Kajikawa, Yuya, Masaru Yarime, Yoshiyuki Takeda, Katsumori Matsushima, and Hiroshi Komiyama "Academic Landscape of Sustainability Science," Poster Presentation, Alliance for Global Sustainability (AGS) Annual Meeting 2009, Zurich, Switzerland, January, 26-29 (2009).

 

1月30日(金)−31日(土)に葉山・湘南国際村センターで総合研究大学院大学が主催して開催された「科学と社会シンポジウム−大学院総合教育としての科学史・科学社会論:社会に望まれる研究者の養成を目指して」 に参加しました。以下の発表を行いました。

鎗目雅、「科学と社会の相互作用の制度化」、総合研究大学院大学「科学と社会シンポジウム−大学院総合教育としての科学史・科学社会論:社会に望まれる研究者の養成を目指して」 、湘南国際村センター、葉山、1月30−31日 (2009).

 

2月5日(木)−7日(土)に東京大学で開催された International Conference on Sustainability Science (ICSS) 2009 に参加し、 Session 7 on the Development of Doctoral Programs on Sustainability ScienceSession Chair を務めました。その中で、以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Future Challenges in Sustainability Science," Presentation at Session 7 on the Development of Doctoral Programs on Sustainability Science, International Conference on Sustainability Science (ICSS) 2009, University of Tokyo, Tokyo, Japan, February 5-7 (2009).

 

2月10日(火)に東京大学におきまして、産学連携本部「人間の安全保障」プログラム (HSP)平和構築研究会大学院新領域創成科学研究科サステイナビリティ学教育プログラム (GPSS)Alliance for Global Sustainability (AGS) の共催により、第8回「平和構築とビジネス」研究会「昆虫媒介性疾病とオリセットネットについて」を開催しました。住友化学でマラリア防止用の蚊帳であるオリセット・ネットを開発した伊藤高明さんをお招きし、開発の経緯や今度の課題に関して講演をしていただきました。大学、政府機関、企業、NGOなどから多くの参加者があり、企業における研究開発、現地における流通機構、社会におけるステークホルダーとの連携などに関して、非常に活発な議論が行われました。その中で、以下の発表を行いました。

鎗目雅、「サステイナビリティに向けた社会レベルでのビジネス・モデルの創出」、第8回「平和構築とビジネス」研究会、東京大学、2月10日 (2009).

 

2月12日(木)−16日(月)にシカゴで開催された American Association for the Advancement of Science (AAAS) Annual Meeting 2009 に参加しました。 Symposium on Science, Technology, and Innovation for the Sustainability of Our Planet をオーガナイズし、以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "University-Industry Collaboration for Sustainability Innovation," Presentation at the Symposium on Science, Technology, and Innovation for the Sustainability of Our Planet, American Association for the Advancement of Science (AAAS) Annual Meeting 2009, Chicago, United States, February 13 (2009).

また、Sustainability Science に関連するプログラムに関わっている米国を中心とした大学・研究機関の人たちとともに、Forum on Science and Innovation for Sustainable Development が主催した Sustainability Science Programs のセッションに出席し、非常に活発な議論を行うことができました。2月5日−7日に東京大学で開催された International Conference on Sustainability Science 2009 でも議論されましたが、従来の分野においてサステイナビリティに関する教育・研究を行っている人たちとどのように連携し、サステイナビリティ・サイエンスとして学融合をどのように行っていくことができるか、研究者のキャリアパスやテニュア・システムを含めた制度化をどう進めていくか、産業を含めた社会のステークホルダーとの連携をどうすべきかなどが課題として指摘されました。

今回のミーティングに関しまして、Medill Reports Chicago からの取材も受けましたが、その記事が掲載されているようです。(記事の内容に関しましては、必ずしも正確ではないところもありますが。)

"'Sustainability science' seeks to preserve food, water and energy on a beleaguered planet," Medill Reports Chicago, February 13 (2009).

 

2009年1月19日:

1月19日(月)10:00-11:00 に東京大学柏キャンパス・環境棟2階講義室2におきまして、Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 5 を開催致します。スピーカーは JSPS Post Doctoral FellowDr. Espen Moe で、エネルギー産業の政治経済学の観点から、既得権益の機能とサステイナビリティへ向けた構造変化について、ノルウェーと日本を例に取りながら議論していただく予定です。ご関心がある方は、是非ご参加下さい。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 5

“Energy, Industry and Politics: Some Schumpeterian Perspectives on Vested Interests and Structural Economic Change for Long-Term Growth and Development”

Date: Monday, January 19, 10:00-11:00
Venue: Lecture Room 2, Second Floor, Environmental Building, Kashiwa Campus, University of Tokyo

Speaker: Dr. Espen Moe
JSPS Post Doctoral Fellow, Kwansei Gakuin University, School of Policy Studies
Post Doctoral Fellow, Norwegian University of Science and Technology, Trondheim (NTNU), Industrial Ecology Program
Ph.D., University of California at Los Angeles (UCLA), Department of Political Science, 2004.

Contact: YARIME Masaru

 

2008年12月20日:

12月11日(木)に東京・国立科学博物館で開催された、文部科学省科学研究費補助金特定領域研究 「日本の技術革新−経験蓄積と知識基盤化−」第4回国際シンポジウム「日本の技術革新−理工系における技術史研究−」 に参加し、以下の発表を行いました。

鎗目雅、「サステイナビリティへ向けたイノベーション・システムの国際比較分析」、第4回国際シンポジウム「日本の技術革新−理工系における技術史研究−」講演集・研究論文発表会論文集75-78 (2008).

 

12月8日(月)−12月15日(月)に横須賀・佐島マリーナで行われた Nissan Intensive Program on Sustainability (IPoS)に講師として参加しました。 Nissan IPoS には、世界中の大学で Sustainability に関心を持つ大学院生約40名が参加し、持続可能な交通システムの問題を中心に、活発な議論を行っていました。このセミナーでは、以下の Innovation and Sustainability に関するレクチャー及び演習を行いました。

Yarime, Masaru, "Module 5: Innovation and Sustainability," Nissan Intensive Program on Sustainability (IPoS) 2008, Sajima Marina, Yokosuka, Kanagawa, Japan, December 13 (2008).

 

12月18日(木)に開催された2008年度東京大学 Alliance for Global Sustainability (AGS) 研究プロジェクト年次報告会に出席し、以下の発表を行いました。

鎗目雅、「データ駆動型サステイナビリティ・イノベーションのデザイン」、2008年度東京大学AGS研究プロジェクト年次報告会、東京大学、12月18日 (2008).

 

2008年10月31日:

以下の論文が、情報知識学会誌, Vol. 18, No. 3 (2008) に掲載されました。

鎗目雅、「イノベーションへ向けたグローバル情報コモンズの構築:現状の課題と将来の可能性」、情報知識学会誌18 (3), 249-259 (2008).

 

2008年10月28日:

117日(金)16:30-18:00 に環境棟3階講義室3におきまして、Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 4 を開催致します。スピーカーは、イギリス・サセックス大学 SPRUDr. Ismael Rafols で、Royal Commission on Environmental Pollution に提出したレポートに基づいて、ナノマテリアルのイノベーションに関する最近の傾向・特徴と、環境的・社会的により望ましいイノベーションを創出するためのガバナンス・システムの構築に向けた政策・制度メカニズムについて議論していただく予定です。ご関心のある方は、是非ご参加いただけましたら幸いです。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 4

Title: "The Direction of Innovation in Nanomaterials"

Speaker: Ismael Rafols, Patrick van Zwanenberg, Molly Morgan and Paul Nightingale, SPRU - Science & Technology Policy Research, University of Sussex, Brighton, BN1 9QE, England
I.Rafols@sussex.ac.uk
http://www.sussex.ac.uk/spru/irafols

Date: Friday, November 7
Time: 16:30-18:00
Venue: Lecture Room 3, Third Floor, Environmental Building, Kashiwa Campus, University of Tokyo

This seminar is jointly organized with the Innovation and Institutionalization of Technology Assessment in Japan (I2TA).

Abstract:

A feature of both scholarly and policy debate on the governance of nanotechnologies is increasing attention to the role of human agency in the unfolding directions of technological futures. This is reflected, for example, in academic interest in how public engagement activities can be moved ‘upstream’ in the innovation process, and with official interest in whether, and how, socially legitimate and environmentally beneficial nanotechnology applications might be actively encouraged - alongside the more traditional regulatory concerns with minimising the adverse physical impacts of nanotechnology innovation.

In this paper we report one pilot research into the nature of innovation systems for one type of nanotechnology, namely nanomaterials, and the scope for its purposeful direction. Based on evolutionary assumptions about technology innovation and use, we first describe and examine the links between research, policy and economic actors in the innovation system. On the basis of this mapping we sketch some of the driving forces underlying the direction of current nanomaterials innovation and we identify potential points of policy intervention within those systems.

This empirical analysis is then linked to an assessment of potential regulatory mechanisms and governance strategies available to policy-makers. We describe how recent scholarship on precautionary regulatory appraisal and transition management highlights a suite of potentially useful policy mechanisms by which innovation could be purposefully directed and we describe where such mechanisms might be applied within the current nonmaterial innovation system.

Note: This presentation is based on a report we prepared for the Royal Commission on Environmental Pollution available at:
http://www.sussex.ac.uk/spru/documents/spru-rcep-nanomaterials.pdf

Biography:

Ismael Rafols is a research fellow at SPRU (Science and Technology Policy Research), University of Sussex (UK). He studies the emergence of new technologies, such as bionanotechnologies or synthetic biology, focusing on the (interdisciplinary) processes of translation/integration of knowledge among different epistemic cultures. He also contributes to broader studies on the mapping and the governance of nanotechnologies. Before his arrival to SPRU in 2004, Ismael had worked as a biophysicist in Tohoku Univ. (Japan) and Cornell Univ., as well as on international cooperation in Oxfam and the City Council of Barcelona.

For further information, please contact YARIME Masaru.

 

2008年10月17日:

先日、発展途上国を含めた運輸セクターにおける水素利用の可能性に関する書籍が出版されました。(ハイブリッド・燃料電池自動車に対する日本の自動車産業の戦略に関する私の論文も含まれています。) 書籍の内容は、カナダの International Development Research Centre (IDRC) のウェブ・ページからアクセス可能です。

Yarime, Masaru, Hideaki Shiroyama, and Yusuke Kuroki, "The Strategies of the Japanese Auto Industry in Developing Hybrid and Fuel Cell Vehicles," in Lynn K. Mytelka and Grand Boyle, eds., Making Choices about Hydrogen: Transport Issues for Developing Countries, Tokyo: United Nations University Press; and Ottawa: IDRC Press, 187-212 (2008).

 

2008年10月16日:

東京大学大学院新領域創成科学研究科人間環境学専攻の2008年9月修了生に関しまして、以下の修士論文の主査として、研究指導を行いました。

杜宇明、「中国各地域に関する定量データを活用した環境投資・産業の分析」、東京大学大学院新領域創成科学研究科人間環境学専攻修士論文(指導教員:鎗目雅)、2008年9月修了 (2008).

 

2008年10月15日:

9月11日(木)−13日(土)にフランス・ボルドー大学 GREThA において、EUの研究プロジェクト Dynamics of Institutions and Markets in Europe (DIME) が主催して、 DIME International Conference on Innovation, Sustainability and Policy が開催されました。日本におけるイノベーションの事例研究を発表しました。

Yarime, Masaru, "Effects of University-Industry Collaboration Networks on the Co-evolution of Technology and Institution: Innovation on Lead-Free Solders in Japan, Europe, and the United States," Paper presented at the DIME International Conference on Innovation, Sustainability and Policy, GREThA, University Montesquieu Bordeaux IV, Bordeaux, France, September 11-13, pp. 1-41 (2008).

サステイナビリティとイノベーションの関係については、欧州を含めて世界的に関心が非常に大きくなってきているようです。

 

その後、9月21(日)−23日(火)にインド・ニューデリーで開催された 14th Annual International Sustainable Development Research Conference に参加しました。 Track 1: Sustainability Science において、 Sustainability Science に関する制度分析に向けた計量書誌分析に関する発表を行いました。

Yarime, Masaru, Yoshiyuki Takeda, and Yuya Kajikawa, "Towards Institutional Analysis of Sustainability Science: An Examination of the Patterns of Research Collaboration," Paper presented at the 14th Annual International Sustainable Development Research Conference, New Delhi, India, September 21-23, pp. 1-26 (2008).

 

その後、9月23日(火)―25日(木)にドイツ連邦教育研究省 (BMBF) が主催して開かれた 5th BMBF Forum for Sustainability: Research for Sustainability - Driver for Innovation にスピーカーとして招待されたため、ベルリンに向かいました。 Session E1: Global Perspectives for Sustainability Science - Which Way for Europe? において、日本での Sustainability Science に関する教育・研究における取り組みに関して、発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Exploring Sustainability Science: Opportunities and Challenges for Innovation," Invited Speech, Session E1: Global Perspectives for Sustainability Science - Which Way for Europe?, 5th BMBF Forum for Sustainability: Research for Sustainability - Driver for Innovation, Berlin, Germany, September 23-25 (2008).

最近欧州ではドイツを中心として、サステイナビリティに関する研究をどのようにしてイノベーションにつなげていくかということが政策的に大きな課題となっていて、政治、科学、産業コミュニティーの間の協働をどのように構築し、実行していくか議論されるようです。サステイナビリティを如何にしてビジネスと共同して、社会レベルでのイノベーションにつなげていくか、真剣に議論を始めているようです。今回の会議においては、Film Project "Research for Sustainability" にも参加しました。

 

ベルリンでは、 European Sustainability Science Group (ESSG) の会合にも参加することができました。 Sustainability Science の学問的な確立(概念化、方法論、ツールなど)、制度化(組織、教育、キャリアパスなど)、社会のステークホールダーへのアウトリーチとネットワーキングなどの点について非常に有意義なディスカッションができたように思います。今回を機会として、ESSGAffiliate Member として参加することになりました。政策的な取り組みとはちょっと異なり、 欧米における Sustainability Science に対する学術的なアプローチでは、技術、産業に関する関心が比較的薄いような印象があります。日本では相対的に科学技術の役割を重視しており、この方面から教育・研究面でも独自性を出せるのはないかと思います。

 

10月5日(日)−8日(水)には、ウクライナ・キエフのキエフ工科大学で開催された 21th International CODATA Conference "Scientific Information for Society - From Today to the Future" に参加しました。この会議では、 Session G1: Structuring Data, Information, and Knowledge for Sustainability Science and Innovation をオーガナイズし、サステイナビリティに向けた Global Information Commons for Science Initiative (GICSI) の役割と意義に関する発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Global Information Commons for Science Initiative and Its Implications for Sustainability Science and Innovation," Session G1: Structuring Data, Information, and Knowledge for Sustainability Science and Innovation, 21th International CODATA Conference "Scientific Information for Society - From Today to the Future," Kyiv, Ukraine, October 5-8 (2008).

 

2008年8月6日:

8月1−3日に宮城県松島で開催された STS Network Japan 夏の学校 2008 におきまして、パネルセッション「イノベーションと科学技術政策」のパネリストとして参加しました。イントロダクションとして、以下の発表を行いました。

鎗目雅、「イノベーション研究における多様性:科学技術政策 (STP) コミュニティーと STS コミュニティーの対話へ向けて」、パネルセッション「イノベーションと科学技術政策」、STS Network Japan 夏の学校 2008 、松島、8月3日 (2008).

 

2008年7月20日:

サステイナビリティ学連携研究機構 (IR3S) 季刊誌「サステナ」に、以下の論文を執筆しました。

鎗目雅、「サステイナビリティ・サイエンスの可能性と課題 IR3SAAASGPSS 」、サステナ8, 92-98 (2008).

 

2008年7月15日:

内閣府経済社会総合研究所 「イノベーション政策及び政策分析手法に関する国際共同研究」の「政策及び政策分析手法研究」グループに委員として参加することになりました。イノベーションに関する政策策定のためのプロセスモデルを提示し、現状の策定プロセスにおける問題点、政策研究コミュニティーの政策策定プロセスへの貢献のための条件などを議論する予定です。

 

2008年7月14日:

発展途上国を含めて将来の運輸セクターにおける水素利用の可能性と課題を議論した書籍が、まもなく出版される予定です。

Lynn K. Mytelka and Grand Boyle, eds., Making Choices about Hydrogen: Transport Issues for Developing Countries, Tokyo: United Nations University Press; and Ottawa: IDRC Press (2008).

この本の中で、日本の自動車産業のハイブリッド自動車・燃料電池自動車の研究開発戦略を分析した論文を執筆しました。

Yarime, Masaru, Hideaki Shiroyama, and Yusuke Kuroki, "The Strategies of the Japanese Auto Industry in Developing Hybrid and Fuel Cell Vehicles," in Lynn K. Mytelka and Grand Boyle, eds., Making Choices about Hydrogen: Transport Issues for Developing Countries, Tokyo: United Nations University Press; and Ottawa: IDRC Press, 187-212 (2008).

 

2008年7月8日:

7月11日(金)16:30-18:00、環境棟3階講義室3におきまして、Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 3 を開催します。スピーカーは、スウェーデン・ルント大学 CIRCLE の北川文美助教授です。高等教育と地域イノベーション・システムに関する研究を専門とされており、そうした観点から欧州の事例も含めてサステイナビリティへのインプリケーションを議論していただく予定です。ご関心のある方は、是非ご参加下さい。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 3

"Sustainability from the Perspective of Regional Innovation Systems"

Date: Friday, July 11, 2008, 16:30-18:00
Venue: Lecture Room 3, Third Floor, Environmental Building, Kashiwa Campus, University of Tokyo

Speaker: Fumi Kitagawa, PhD (Urban and Regional Studies), Assistant Professor, Centre for Innovation, Research and Competence in the Learning Economy (CIRCLE), Lund University, Sweden

Abstract
The aim of the presentation is twofold. Firstly, I would like to introduce Centre for Innovation, Research and Competence in the Learning Economy (CIRCLE) at Lund University in Sweden, where I am based. CIRCLE was set up as an interdisciplinary research centre in 2004, as a research centre of excellence in innovation studies. I would like to tell you some of the works I am currently working on at CIRCLE (e.g. ESF funded project, Constructing Regional Advantage). Secondly, although I don’t have any expertise in the areas of sustainability studies myself, I would like to give a short presentation on ‘sustainability issues from regional innovation systems perspective’. This is based on some of the recent works conducted by Professor Phil Cooke at Cardiff University in the UK on Cleantech and platform policies (Cooke, 2008). The complex content of the clean tech platform will be identified - encompassing energy related agriculture, air and environment, materials, and healthcare biosciences. Some of the cases in Denmark, Sweden etc will be discussed. I will try to link this to recent theoretical discussion in the area of economic geography.

Short bio
Fumi Kitagawa joined CIRCLE as Assistant professor in January 2008. Previously, she worked as Research Fellow at Department of Higher Education, National Institute for Educational Policy Research (NIER) in Japan, conducting a wide range of research on higher education policy issues. Between 2006 and 2007, Fumi was involved in two international peer review teams for the OECD project "Supporting the Contribution of HEIs to Regional Development" (Metropolitan City of Pusan in South Korea, and the Atlantic Canada region in Canada). In 2005, she held Jean Monnet Fellowship at European University Institute as part of the European Forum “The role of universities in innovation systems” whilst she was a lecturer at Hitotsubashi University in Tokyo. She received her doctorate degree from the University of Birmingham in 2004, and her PhD thesis was entitled Universities and Regional Advantage in the Knowledge Economy: Markets, Governance and Networks as Developing in English Regions.

Organizer: YARIME Masaru

 

2008年6月23日:

6月17日(火)−20日(金)にコペンハーゲンで開催された 25th DRUID Celebration Conference 2008 on Entrepreneurship and Innovation に参加し、以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, Yoshiyuki Takeda, and Yuya Kajikawa, "Patterns of Collaboration in Emerging Fields of Trans-Disciplinary Science: The Case of Sustainability Science," Paper presented at the 25th DRUID Celebration Conference 2008 on Entrepreneurship and Innovation: Organizations, Institutions, Systems and Regions, Copenhagen, Denmark, June 17-20 (2008).

 

2008年5月31日:

6月4日(水)16:30−18:00に東京大学柏キャンパス・環境棟3階講義室3で、Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 2 を開催致します。スピーカーは、オランダ・デルフト工科大学で技術マネジメントを専攻している Ms. Marjan Prent さんで、現在はオランダ大使館・科学技術部の研究員として、太陽電池のイノベーション・システムに関する日本とオランダの比較研究をしています。今回のセミナーでは、特に日本における太陽電池開発の推進・阻害要因に関して発表していただく予定です。ご関心のある方は是非ご参加頂けましたら幸いです。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 2

"Learning from the Japanese PV Technology Specific Innovation Systems
What are the driving forces behind the development of PV technologies in Japan?"

Date: Wednesday, June 4 at 16:30-18:00
Venue: Lecture Room 3, Environmental Building 3F, Kashiwa Campus, University of Tokyo

Speaker: Ms. Marjan Prent, Researcher, Delft University of Technology, and The Netherlands Office for Science and Technology, Royal Netherlands Embassy (Webpage: http://www.twanetwerk.nl)

Seminar:
Between February and June 2008, Marjan Prent has investigated how the Innovation Systems of several PV (photo-voltaic) technologies in Japan are organized, and how they are performing. This seminar will discuss the initial conclusions from this research and will give insight into which factors promote and inhibit the development of PV in Japan. Though part of the research involves a comparison with the Netherlands, the focus of this seminar will lie on the Japanese analysis.

Introduction:
Japan is a frontrunner in the development and implementation of renewable energy technologies. One of the areas where Japan is highly proficient is in the field of PV technologies. Many countries, such as the Netherlands, are very keen to learn more about the innovations that are developed in Japan. However, they usually overlook the main problem with adopting new technologies, i.e. that the technology needs to be integrated into an existing social and technological system. Each technology has its own unique network of institutions that enables a technological breakthrough to diffuse successfully in the market. Such systems are often referred to as ‘Technology Specific Innovation Systems’ (TSIS) and include actors such as: universities, R&D institutes, manufacturers, users, branch organizations, government, interest groups and financial institutions. On the basis of Japan’s success rate in developing and implementing PV innovations, it is safe to assume that the Japanese PV TSIS are well organized. Countries such as the Netherlands might benefit from learning how Japanese TSIS function. Therefore, an in-depth study of these Japanese Systems of Innovation will be of value.

Research:
The research is part of a 6-month master thesis research to be completed in July 2008. The research will also fill in the Japanese part of the “Status rapport ‘Solar PV (Photovoltaic conversion of solar energy)” of SenterNovem, the funding agency of the Netherlands Ministry of Economic Affairs. The objective of the research is to investigate the organization and performance of several Japanese Energy Innovation Systems in Japan. After this analysis a comparison will be made between the Dutch and Japanese systems, which may lead to recommendations to the Netherlands energy sector how they can speed up the creation and diffusion of PV technologies. In total 7 PV technologies have been chosen: Solar grade silicon, crystalline silicon solar cells, thin-film silicon solar cells, stacked silicon solar cells, CIS solar cells, dye-sensitized solar cells and polymer solar cells. The TSIS were investigated through interviews with key actors within the Japanese PV branch, including: manufacturers, suppliers, government organizations and research institutes. With the completion of the investigation of the Japanese PV Innovation systems, Marjan Prent will return to the Netherlands in the beginning of June to complete the comparison between the Dutch and Japanese systems. To work on

Profile of Researcher:
Marjan Prent (BSc. Electrical Engineering) is currently finishing her Master’s Degree in Management of Technology at Delft University of Technology and is pursuing a Bachelor’s Degree in Languages and Cultures of Japan at Leiden University. The research in Japan was commissioned by the Netherlands Office of Science and Technology of the Royal Netherlands Embassy and is conducted in collaboration with SenterNovem, the Innovation Systems department of Delft University of Technology and the department of Innovation and Environmental Sciences of Utrecht University.

Organizer: YARIME Masaru

 

2008年5月27日:

5月24日(土)−26日(月)に中国・上海で International Workshop on Open Data and Knowledge Environments for Innovative Research and Development が開催されました。この会議は、国連の Global Alliance for Information and Communication Technologies and Development (UN GAID) のネットワーク Communities of Expertise (CoE) の一つである Global Alliance for Enhancing Access to and Application of Scientific Data in Developing Countries (e-SDDC) が主催したものです。 Session 2: International and National Level Programs in Open Data and Knowledge Environments (ODKE) では、Co-Chairs を務めました。また、以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Institutions for Knowledge and Information Sharing and Collaboration," Presentation at the International Workshop on Open Data and Knowledge Environments for Innovative Research and Development, Shanghai, China, May 24-26 (2008).

 

5月28日(水)―30日(金)に横浜で第4回アフリカ開発会議 (TICAD IV) が開催されます。その一環として、 "Capacity Development and Policy Needs for Environment Management Technology Development in Africa" が、5月29日(木)14:00-15:30 にパシフィコ横浜6階・国連大学高等研究所で開催されます。ご関心のある方は、是非ご参加ください。

United Nations University TICAD IV Side Event
“Capacity Development and Policy Needs for Environment Management Technology Development in Africa”

14:00-15:30, 29 May 2008
UNU-Institute of Advanced Studies, Pacifico-Yokohama 6F, Yokohama

Technology for environmental monitoring and management are pre-requisites for appropriate environmental governance for sustainable development. Improving local capacities to respond and meet these needs in a sustainable manner through higher educational opportunities and policies fostering development and application of such technologies are urgently needed. Rapidly changing environmental conditions under population and development pressures adds to the urgency of these needs.

African educational quality in the area of environmental technology and management policy has been improved to some extent in some countries through strong supportive educational policies assisted by international exposure opportunities. This seminar will identify and examine challenges and opportunities to harness and improve this potential toward developing environmental technologies and management policy capacities in a sustained manner in Africa. Innovative research and training opportunities, Public-Private Partnership activities, supported by global knowledge, expertise and goodwill should all come together to make best use of current opportunities and synergies in making development sustainable in a vibrant Africa.

14:00-14:40
Keynote 1: Environmental technology in Africa: Status and Needs
Prof. Stephen Simukanga, Vice-Chancellor, University of Zambia

14:40-15:00
Keynote 2: Knowledge, Institution, and Innovation: Opportunities and Challenges in Sustainability Science
Prof. Masaru Yarime, University of Tokyo

15:00-15:30
Panel Discussion: Opportunities and Challenges - Environmental technologies for making development sustainable in Africa
Prof. Stephen Simukanga
Prof. Masaru Yarime
Prof. Sanga-Ngoie Kazadi, Ritsumeikan Asia-Pacific University
Dr. Srikantha Herath, United Nations University

 

2008年5月8日:

5月16日(金)16:30-18:00 に東京大学・柏キャンパスの環境棟3階・講義室3におきまして、 Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 1 を開催する予定です。スピーカーは、米国・ミネソタ大学の Professor Jeffrey Broadbent で、テーマは、温暖化問題における政策ネットワークの形成が国による対応にどのような影響を及ぼしているのかを検証するというものです。ご関心のある方は、是非ご参加頂けましたら幸いです。

Kashiwa Sustainability Science Seminar Series 1

Title: "Social Learning and National Response to Global Climate Change: Hypotheses for a New Comparative Project using Policy Network Analysis"

Date: Friday, May 16 at 16:30-18:00
Venue: Lecture Room 3, Environmental Building 3F, Kashiwa Campus, University of Tokyo

Speaker: Jeffrey Broadbent, Associate Professor, Department of Sociology and Institute for Global Studies, University of Minnesota
Webpage: http://www.soc.umn.edu/faculty/broadbent.html

Abstract:
This paper reviews the construction and logic of an international comparative research project on the social factors bringing about differences in national responses to global climate change. The project, Comparing Climate Change Policy Networks (abbreviated COMPON) will use the policy network method to collect data on the national response processes in a large number of different countries and regions (at present count, 17 plus the international arena). The project will seek the causes of variation in national response by closely examining the processes of social learning about the problem, as it takes place through the diffusion of the dominant scientific consensus on global climate change (as represented by the IPCC), global norms about positive action on the problem by reducing greenhouse gas emissions (as represented by UNFCCC agreements), and the mobilization and success of advocacy coalitions for and against those claims and norms within the different national political systems. The main hypothesis is that the mobilization of an effective advocacy coalition bearing the scientific claims and global norms is the crucial intervening variable bringing about positive national response to the problem. The paper explains the benefits of the policy network method for this comparative analytical task, and presents network graphics from a previous policy network study on the same issue in Japan. The paper concludes with the presentation of 10 hypotheses on the social contexts that could affect the relative political success of different national advocacy coalitions concerning how to respond to the problem of global climate change.? The paper represents an introduction not only to the COMPON project but also to the wider field of comparative social science and its general utility in the study of variation in national behavior.

Organizer: YARIME Masaru

 

2008年4月22日:

4月23日(水)16:30−18:00、環境棟3階講義室3において、エネルギーに関するセミナーを開催する予定です。エネルギーに関心のある学生の組織 G-Enesis がオーガナイズし、MIT Energy Initiative などの米国におけるエネルギー関連の研究・教育活動に関する報告と、現在私の研究室に滞在しているスウェーデン・チャルマーズ工科大学の学生による太陽電池イノベーション・システムの日独比較研究の発表があります。ご関心のある方は、是非ご参加下さい。

G-Enesis, Tokyo University Energy Club

Energy Seminar
Presentations and Discussions at Kashiwa Campus

Wednesday 23rd April, 2008, 16:30-18:00
Environmental Studies Building, Level 3, Lecture Theatre 3, Kashiwa Campus

G-Enesis Energy Club at The University of Tokyo will hold a presentation and discussion session at Kashiwa Campus. Recently, G-Enesis represented The University of Tokyo energy community at the Massachusetts Institute of Technology Energy Conference and the inaugural meeting of the Collegiate Energy Association in Boston. Representatives also had a chance to see the nature of energy research and education at MIT, Harvard and Boston Universities. The research findings of a comparative study of the Japanese and German innovation systems of photovoltaics will be presented by two visiting students of the Chalmers University of Technology, Sweden.

Program

MIT Energy Initiative and Energy Education: 16:30-16:50

Christopher Lee, Department of International Studies, Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo

The MIT Energy Initiative (MITEI) was established in September 2006 in response to MIT President Susan Hockfield’s challenge for MIT to meet its “institutional responsibility” in tackling the global energy challenge. New initiatives in energy education strongly emphasize inter-disciplinary collaboration and hands-on learning experience, aiming to produce graduates who are literate in a wide range of technical, business and policy issues. Some of the successful activities of the MITEI will be discussed.

Boston Energy Community: 16:50-17:10

Takanori Tomozawa, Department of Technology Management for Innovation, Graduate School of Engineering, University of Tokyo

The main themes of the MIT Energy Conference, held on the 11th and 12th of April, will be outlined. Also, the role of student energy clubs in improving education and awareness in energy related issues in the United States will be discussed.

Changing an Energy System: A Comparison between the Japanese and German Innovation Systems of Photovoltaics: 17:10-18:00

Kristian Jelse and Hannes Johnson, Masters Course in Engineering Physics with International Programme in Industrial Ecology, Chalmers University of Technology, Sweden

In the current political debate, it is increasingly accepted that renewable energy sources will play an important role in the future energy system. One of the technologies that have the potential of supplying such energy is?photovoltaics (PV), but despite 30 years of research, it has not yet penetrated the global market on a large scale.

To create efficient policies to promote the diffusion of new energy technologies in the existing energy system, one cannot focus solely on the technological R&D since there are other blocking mechanisms than the price. There is an entire socio-technical system surrounding the technology that also affects its diffusion. To describe these mechanisms, one can investigate the innovation system of the technology, i.e. what actors, networks and institutions surround the technology, and what connections exist between them.

This study is carried out as a masters thesis for a M.Sc. in Engineering Physics and Industrial Ecology at Chalmers University of Technology in Gothenburg, Sweden.?It uses this innovation system framework to investigate the strengths and weaknesses of Japanese PV by doing a comparison with the German case, which has previously been studied at our department. Data is gathered through literature studies and a three month stay at the?Graduate School of Frontier Sciences of the University of Tokyo in order to perform interviews with key actors. At this time, we are more than halfway through our study, and would like to show what we have learned so far before going back to Sweden.

In this presentation, we will provide an outlook of Japanese PV history, how it has developed alongside governmental policies, and also highlight key differences between the Japan and Germany. The aim is to show what obstacles face new energy technologies and how to get around them.

Contact: YARIME Masaru


2008年3月12日:

2月28日−3月1日にハワイ・ホノルルで開催された The 10th International Workshop on Next Generation Climate Models for Advanced High Performance Computing Facilities, jointly organized with the 1st International Workshop on KAKUSHIN Program におきまして、以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Technology and Institution for Sustainability Science," Presentation at the 10th International Workshop on Next Generation Climate Models for Advanced High Performance Computing Facilities, jointly organized with the 1st International Workshop on KAKUSHIN Program, Honolulu, Hawaii, U.S.A., February 28 (2008).

 

2月末から3月始めにかけて、東京大学大学院新領域創成科学研究科 Master's Program in Sustainability Science が主催した Lecture Series in Sustainability Science におきまして、以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Exploring Sustainability Science: Knowledge, Institution, and Innovation," Lecture Series in Sustainability Science, Master's Program in Sustainability Science, Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, March 6 (2008).

 

3月14日(金)16:00から東京大学・柏キャンパス・環境棟235号室におきまして、太陽電池に関する日本・ドイツのイノベーション・システムに関する研究セミナーを開催する予定です。ご関心のある方は、是非ご参加下さい。

Research Seminar

Date: Friday, March 14, 2008, 16:00-17:00
Venue: Room 235, 2nd Floor, Environmental Building, Kashiwa Campus, University of Tokyo

Title: Functional Analysis of the Japanese Photovoltaics (PV) Innovation System - Half-Way Presentation

Speakers: Kristian Jelse and Hannes Johnson (Chalmers University of Technology, Gothenburg, Sweden)

Abstract:
In the current political debate, it is increasingly accepted that renewable energy sources will play an important role in the future energy system. One of the technologies that have the potential of supplying such energy is grid-connected photovoltaics (PV) ? electricity from the sun ??but despite 30 years of research, it has not yet penetrated the global market on a large scale.

To create efficient policies to promote the diffusion of PV in the existing energy system, one cannot focus solely on the technological R&D since there are other blocking mechanisms than the price. There is an entire socio-technical system surrounding the technology that also affects its diffusion. To describe these mechanisms, one can investigate the "innovation system" of the technology, i.e. what actors, networks and institutions surround the technology, and what connections exist between them.

This study uses the functional analysis framework to investigate the strengths and weaknesses of the Japanese PV innovation system by doing a comparison with the German case. It is carried out as a master thesis for two Swedish students of technology during spring 2008. As a part of the study, three months are spent at the University of Tokyo to gather data and perform interviews with key actors of PV in Japan.

This presentation will be about who we are, the university we come from, our preliminary findings and our plans for the remaining time in Japan.

Organizer: YARIME Masaru.

 

3月18日(火)13:00から、東京大学・本郷キャンパス・安田講堂において、Calestous Juma 教授 特別講演会「科学技術が支えるグローバル社会の持続性」が開催される予定です。

INNOVATION AND THE SUSTAINABILITY CHALLENGE - Rethinking the Role of Higher Education Institutions -

Calestous Juma, Professor of the Practice of International Development Belfer Center for Science and International Affairs, John F. Kennedy School of Government, Harvard University.

2月にボストンで開催された、American Association for the Advancement of Science (AAAS) Annual Meeting で私がオーガナイズしたセッションにスピーカーとして参加いただきましたが、Sustainability において Innovation が果たす役割に関して非常に造詣の深い方ですので、是非ご関心のある方はご参加下さい。


2008年2月22日:

1月23日(水)に東京大学人工物工学研究センター・価値創成イニシアチブ(住友商事)寄付研究部門・第7回学内連携研究会におきまして、以下の発表を行いました。

鎗目雅、「サステイナビリティ・イノベーション創成に向けたグローバル情報コモンズのデザイン」、東京大学人工物工学研究センター・価値創成イニシアチブ(住友商事)寄付研究部門・第7回学内連携研究会、東京大学、1月23日 (2008).

 

1月28日(月)−31日(木)にアメリカ・ケンブリッジにある Massachusetts Institute of Technology (MIT) において開催された Alliance for Global Sustainability (AGS) Annual Meeting 2008 の一環として、 Educational Pre-meeting "Early Achievements and Persistent Challenges: Comparing Notes on International Experiences in Institutionalizing Education for Sustainability" が開かれました。IR3S 参加の国内大学を始めとして、MIT, Harvard University, Swiss Federal Institute of Technology (ETH), Chalmers University of Technology など、世界各地で Sustainability Science に関する教育プログラムを実践している専門家の間で経験を共有し、貴重な意見交換をすることができました。

 

2月1日(金)から4月30日(水)までの予定で、スウェーデンの Chalmers University of Technology, MS Course in Engineering Physics with Industrial Ecology の修士学生が私の研究室に滞在することになりました。研究テーマは、 "Mapping of the Japanese Innovation System of Solar Cells" ということで、ドイツを中心とした欧州と日本における太陽電池の開発・普及に関するイノベーション・システムの比較研究を行っています。

 

2月7日(木)・8日(金)に東京大学大学院新領域創成科学研究科人間環境学専攻の修士論文最終・中間発表会が開催されました。以下の修士論文の主査として、研究指導を行いました。

野田直志、「原子間ポテンシャル整備のためのデータの品質管理に関する研究」、東京大学大学院新領域創成科学研究科人間環境学専攻修士論文(指導教員:鎗目雅)、2月19日 (2008).

 

2月14日(木)−2月19日(火)にアメリカ・ボストンで American Association for the Advancement of Science (AAAS) Annual Meeting 2008 が開催されました。2月16日(土) AAAS International Office が主催したセッション Forum for Sustainability Science Programs におきまして、International Cooperation for Sustainability Science Programs に関する発表を行いました。

Yarime, Masaru, "International Cooperation for Sustainability Science Programs," Presentation at the Session on Forum for Sustainability Science Programs, American Association for the Advancement of Science (AAAS) Annual Meeting 2008, Boston, U.S.A., February 16 (2008).

 

また、2月17日(日)には、セッション Global Knowledge and Information Commons for Sustainability Science and Innovation をオーガナイズし、Professor Lawrence E. Susskind of MIT, Professor Calestous Juma of Harvard University, and Dr. Irene Lorenzoni of the University of East Anglia in the U. K. をスピーカーとして参加いただきました。、Sustainability Science における知識・情報の役割と Innovation の可能性に関して、非常に有意義な議論をすることができました。

Yarime, Masaru, "Organizer's Remark," Presentation at the Session on Global Knowledge and Information Commons for Sustainability Science and Innovation, American Association for the Advancement of Science (AAAS) Annual Meeting 2008, Boston, U.S.A., February 17 (2008).

 

2007年12月28日:

12月14日(金)に国立科学博物館新宿分館で開催された第3回国際シンポジウム「日本の技術革新−経験蓄積と知識基盤化−」におきまして、以下の発表を行いました。

鎗目雅、「日本のイノベーション・システムにおける知識の創出・伝達・活用の構造分析」、第3回国際シンポジウム「日本の技術革新−経験蓄積と知識基盤化−」研究発表会論文集21-24 (2007).

 

東京大学の主催、IR3SAGS日産科学振興財団の支援によって、12月10日(月)から17日(月)まで横須賀・佐島マリーナにおいて Nissan Workshop in IPoS 2007 "Cars and Transportation in 2050" が開催されました。その中のモジュールの一つとして、以下の講義・演習を行いました。

Yarime, Masaru, “Innovation and Sustainability,” Nissan Workshop in Intensive Program on Sustainability (IPoS) 2007: Cars and Transportation in 2050, Sajima Marina, Yokosuka, December 15 (2007).

 

12月20日(木)−21日(金)に開催された東京大学AGS研究会年次報告会におきまして、以下の発表を行いました。

鎗目雅、「グローバル・サステイナビリティのための情報コモンズの創成」、平成19年度AGS研究会年次報告会、東京大学、12月21日 (2007).

 

2007年12月3日:

Journal of Industrial Ecology, Volume 11, No. 4 に、以下の論文が出版されました。

Yarime, Masaru, "Promoting Green Innovation or Prolonging the Existing Technology: Regulation and Technological Change in the Chlor-Alkali Industry in Japan and Europe," Journal of Industrial Ecology, 11 (4), 117-139 (2007).

 

2007年11月29日:

11月22日(木)に東京大学・総合図書館にて開催された東京大学AGSサステイナビリティ戦略セミナーにおきまして、以下の講演を行いました。

鎗目雅、「地球持続可能性へ向けたイノベーションの創成」、東京大学AGSサステイナビリティ戦略セミナー第8回、東京大学、11月22日 (2007).

 

2007年11月13日:

10月27日(土)−28日(日)に東京・亜細亜大学で開催された研究・技術計画学会第22回年次学術大会に参加し、以下の発表を行いました。

鎗目雅、「科学技術に関するグローバル情報コモンズの構築・活用に向けて」、研究・技術計画学会第22回年次学術大会講演要旨集490-493 (2007).

また、一般講演(ホットイシュー)知的資産経営Bの座長を務めました。

 

11月8日(木)−10日(土)にかけて、東京大学・柏キャンパスにおいて、日本学術会議・全米アカデミー (U.S. National Academies) の共催で、日本学術振興会 (JSPS) ・全米科学財団 (NSF) による二国間交流事業(セミナー)の支援により、International Workshop on Designing Global Information Commons for Innovation in Frontier Sciences を開催しました。オープニング・セッションで以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, “Introduction to the Workshop,” Presentation at the International Workshop on Designing Global Information Commons for Innovation in Frontier Sciences, University of Tokyo, Kashiwa, Chiba, Japan, November 8-10 (2007).

今回のワークショップでは、基本的に、情報技術の発展により、科学におけるデータ・情報のintensity が飛躍的に上昇している中で、如何にして情報・知識を生産・流通・共有し、イノベーションへ向けて活用していくことができるか、技術的・経済的・社会的などの条件について活発な議論を行いました。特に Biology, Materials Science, and Sustainability Science に関して、多様な領域・分野において細分化されている知識・情報をどのようにして共有し、長期的な観点から経済的・社会的な価値の創造に結びつけることができるのか、どのような情報・知識をオープンに公開し、またクローズに保持すべきか、私的領域と公的領域の境界をどのように考えたらよいのか、産学官を含めたアクター間の協働をそのようにして構築していくべきか、情報・知識を戦略的に活用して具体的なアクションにつなげていくため、今後の制度設計へ向けての提案も含めて議論しました。如何にして多様な組織が知識・情報を共有しながら、関連するアクターがお互いにプラスとなるような形で活用し、Global Sustainability に向けてイノベーションを促進していくことができるか、様々な視点が出されました。今回の議論を基に、これから研究アジェンダについてより具体的にターゲット・目標を明確にして、関係する人たち・組織と連携していきたいと思っています。

 

11月12日(月)には、サステイナビリティ学連携研究機構 (IR3S) 社会科学系研究会にて、以下の発表を行いました。

鎗目雅、「サステイナビリティ学における知識について」、サステイナビリティ学連携研究機構 (IR3S) 社会科学系研究会、東京大学、11月12日 (2007).


2007年10月26日:

10月 19日(金)−20日(土)にアメリカ・アトランタのジョージア工科大学で開催された Atlanta Conference on Science, Technology, and Innovation Policy 2007: Challenges and Opportunities for Innovation in the Changing Global Economy に参加しました。以下の論文の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Towards Sectoral Systems of Information Commons for Science and Innovation," Paper presented at the Atlanta Conference on Science, Technology, and Innovation Policy 2007, Georgia Institute of Technology, Atlanta, Georgia, U.S.A., October 19-20 (2007).

近年、アトランタ周辺では、ジョージア工科大学を始めとして科学技術・イノベーション政策に関する研究者が集まってきており、2004年12月に出されたレポート Innovate America にも関わるなど積極的に活動しているようです。この会議も、アメリカにとどまらず世界中から研究者が参加しており、科学技術政策、イノベーション研究、STS研究などの多分野にまたがる発表がありました。日本からの参加者が私一人だったこともあるかもしれませんが、米国、欧州、南米、中国、インドが注目を集める一方で、日本に関する関心がかなり低下していることが非常に印象的でした。

 

2007年10月10日:

6月30日(土)に開催された Global Innovation Ecosystem (GIES) 2007 Conference Workshop のレポートが出来ました。

 

10月7日(日)−8日(月)に彦根の滋賀大学経済学部で開催された、環境経済・政策学会2007年大会に参加し、以下の発表を行いました。

鎗目雅、「グローバル情報コモンズを通じたサステイナビリティ・イノベーションの創出:その可能性と課題」、環境経済・政策学会2007年大会報告要旨集318-319 (2007).

また、○Thomas Gonnermann (University of Koblenz-Landau)、飯田哲也(環境エネルギー政策研究所)、「The Political Framework for Renewable Energies in Japan and Germany - A Comparative Analysis」、および、○八木迪幸(横浜国立大学)、馬奈木俊介(横浜国立大学)、「日本の環境イノベーションと規制に関する実証分析」の発表の討論者を務めました。

 

10月9日(火)から、東京大学大学院新領域創成科学研究科で、Master's Program in Sustainability Science が始まりました。その中のコアとなる科目の一つとして、Innovation and Sustainability を開講しました。

 

2007年10月2日:

9月3日(月)につくば・国立環境研究所で開催された2007年度エネルギー・資源学会サマーワークショップにおきまして、以下の講演を行いました。

鎗目雅、「グローバル・サステイナビリティに向けたイノベーションの創成」、平成19年度エネルギー・資源学会サマーワークショップ「持続可能なエネルギーシステム構築に向けて、イノベーションの役割は何か」、つくば・独立行政法人国立環境研究所、9月3日 (2007).

 

9月7日(金)に大阪大学サステイナビリティ・サイエンス研究機構 (RISS) で開催されたサステイナビリティ知の構造化ワークショップにおきまして、以下の発表を行いました。

鎗目雅、「知識の構造化について:イノベーション研究からの考察」、知の構造化ワークショップ、大阪大学サステイナビリティ・サイエンス研究機構 (RISS) 、9月8日 (2007).

 

9月26日(水)から28日(土)にかけて、林原フォーラム「デザインの科学:創ることと分かることの本質を探る」−持続可能社会構築と新たな社会的価値創出へ−のワークショップが京都で開催されました。セッション3:経営と価値におきまして、以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Towards Sectoral Systems of Information Commons for Science and Innovation," Presentation at the International Conference on the Science of Design: Exploring the Essence of Creation and Understanding, Kyoto, September 26-28, (2007).

 

11月8日(木)−10日(土)にかけて、東京大学・柏キャンパスにおきまして、日本学術会議・全米アカデミーの共催で、日本学術振興会 (JSPS) ・全米科学財団 (NSF) による二国間交流事業(セミナー)の支援により、International Workshop on Designing Global Information Commons for Innovation in Frontier Sciences を開催する予定です。日米で活躍中の研究者・専門家・実務家を招いて、科学研究における知識・情報集約度が上昇している中で、どのようにして地球レベルで知識・情報を共有し、社会的価値のあるイノベーションを創出することができるか、バイオ、マテリアル、サステイナビリティ・サイエンスの分野に関して、技術・経済・制度など様々な側面から議論をしたいと考えています。

 

2007年8月3日:

先日開催された Global Innovation Ecosystem 2007 に関連して、月刊オプトロニクスに以下の論文が出版されました。

治部眞里、鎗目雅、原山優子、GIES事務局(福田佳也乃、三宅隆悟、中川尚志)、「グローバル・イノベーション・エコシステムの構築に向けて」、オプトロニクス26 (308), 134-138 (2007).

 

7月29日から8月2日まで、東京大学・柏キャンパスにて、東京大学、National Science Foundation (NSF) の主催、Combinatorial Sciences and Materials Informatics Collaboratory (CoSMIC) - International Materials Institute, CODATA, The Stanley Foundation, and Microsoft の共催で、Summer School on Data Science and Design Science on Materials が開催されました。日本、アメリカ、スイス、インド、中国、韓国、ウクライナ、フランス、ジャマイカから、40名以上の講師・大学院生・ポスドクが参加し、材料設計におけるデータ科学に関して活発な議論が行われました。

8月2日に開催された Open Public Forum on Data Science and Design Science では、Session 1: Open Lectures on Materials Frontiers Chair を務めました。

 

2007年7月21日:

6月17日(日)から20日(水)まで、カナダ・トロントの University of Toronto で開催された The 4th International Conference of the International Society for Industrial Ecology に参加し、ポスターセッションで以下の発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Possibilities and Challenges in Establishing Sustainability Informatics: Creation of Data and Information Commons," Poster presented at the 4th International Conference of the International Society for Industrial Ecology, University of Toronto, Toronto, Canada, June 17-20 (2007).

この学会では、Life Cycle Assessment (LCA), Material Flow Analysis (MFA) に関する研究発表が多かったように思います。その他に、Transaction Cost Economics (取引費用の経済学)の観点から、Industrial Symbiosis にアプローチした研究などもあり、非常に参考になりました。

 

7月9日(月)に、東京・政策研究大学院大学で第22回研究・技術計画学会シンポジウム「社会イノベーションとビジネスチャンス−持続可能な社会の構築へ向けて−」が開催されました。私は、パネル討論へのイントロダクションとして、以下の発表を行いました。

鎗目雅、「パネル討論:持続可能な社会へのイノベーションと新ビジネスモデル・イントロダクション」、第22回研究・技術計画学会シンポジウム「社会イノベーションとビジネスチャンス−持続可能な社会の構築へ向けて−」、東京・政策研究大学院大学、7月9日 (2007).

マクロな視点からシステム論的なアプローチを通じて社会イノベーションを進めることと、ミクロ・レベルでビジネス・モデルを確立し実践することの整合性を如何にして確保するかが重要になると思います。

 

7月11日(水)に、中国科学院院長・Lu Yongxiang、科学技術振興財団会長・有馬朗人氏、産業技術総合研究所理事長・吉川弘之氏を発起人として、「第2回持続可能な社会を目指した科学技術に関する日中円卓会議」が北海道・洞爺湖で開催されました。私もセッション4:産業経済(環境経済、持続可能型生産、イノベーション)にコメンテーターとして参加しました。

Yarime, Masaru, "Comments on Session 4: Industrial Economy (Environmental Economics, Sustainable Production, and Innovation), Presentation at the Second Japan-China Round-Table Meeting on Science and Technology for Sustainability, Toyako, Hokkaido, July 11 (2007).

特に中国側は、増大するエネルギー消費に対応するために、新たなエネルギー源の開発を進めるとともに、省エネルギー技術の導入へ非常に積極的に取り組もうとしていることが非常に印象的でした。

 

7月18日(水)には、 サステイナビリティ学連携研究機構 (IR3S) に参加する大学、研究機関の代表が東京大学に集まり、平成19年度第1回IR3S国内ワークショップが開かれました。私は、サステイナビリティ学の構造化の意義・方法論・想定される結果などに関しまして、以下の発表を行いました。

鎗目雅、「サステイナビリティ学の構造化」、平成19年度第1回 IR3S 国内ワークショップ、東京大学、7月18日 (2007).

サステイナビリティ学においては、知識内容の構造化、知識生産の構造化、および知識活用の構造化に関する概念化・モデル化と社会における学習・マネジメントへ向けた実践を進める必要があると思います。

 

2007年7月5日:

6月29日(金)、30日(土)に東京で Global Innovation Ecosystem (GIES) 2007 が開催されました。30日(土)に政策研究大学院大学で行われたワークショップでは、Session 1: How Can We Establish and Utilize Information and Knowledge Infrastructure for Collaboration and Innovation?Chair としてオーガナイズしました。 Professor W. Edward Steinmueller (SPRU, University of Sussex, U. K.), Dr. Rishab Aiyer Ghosh (Senior Researcher, UNU-MERIT, The Netherlands), Mr. Ellis Rubinstein (President, The New York Academy of Sciences, U.S.), 武田英明教授(国立情報学研究所)を招いて報告をしていただきました。

Yarime, Masaru, "Summary of Session 1: How Can We Establish and Utilize Information and Knowledge Infrastructure for Collaboration and Innovation?" Presentation at the Global Innovation Ecosystem 2007 Workshop, National Graduate Institute for Policy Studies (GRIPS), Tokyo, June 30 (2007).

イノベーションにおける科学データ・情報・知識の重要性が上昇しているなかで、どのようにして情報に関する私的領域とオープンな領域の間のバランスを取っていくことができるのか、非常に興味深い議論が行われました。「情報コモンズ」が様々な分野で現れつつあるが、その構築・維持のための条件や環境について慎重に検証する必要があることが明らかになったように思います。

 

財団法人社会経済生産性本部が発行している生産性新聞に、以下の論文が掲載されました。

鎗目雅、「グローバル・サステイナビリティに向けたイノベーション創出への課題」、生産性新聞2203 (7月5日), 6 (2007).

 

2007年6月7日:

Sustainability Science に関するウェブサイトである Forum: Science and Innovation for Sustainable DevelopmentExecutive Editors に加わることになりました。このウェブページは、もともとは Harvard UniversityJohn F. Kennedy School of GovernmentProfessor William Clark などが中心となって作成したのですが、最近になって、科学ジャーナルの Science を発行している American Association for the Advancement of Science (AAAS) が管理するようになり、より広い観点から構築されるようになっています。内容としては、Sustainability Science に関するプログラム、プロジェクト、研究者などについて、世界中から積極的にインプットするのを促すような作りになっており、いわゆる Web2.0的な側面を取り入れている感じです。おそらく、このページを基盤として、Sustainability Science に関するデータベースを構築し、教育・研究面とともに、政策の面からも効果的に活用していくのではないかと思われます。(ちなみに、このウェブページへのアクセス数が最も多いのは、日本からだそうです。)

 

2007年6月5日:

5月21日(月)に、日本学術会議(国際サイエンスデータ分科会)、 情報知識学会CODATA部会、国立科学博物館の共催で開催された第1回DS研究会において、Global Information Commons for Science Initiative (GICSI) に関して、報告を行いました。

 

6月29日(金)、30日(土)に東京で Global Innovation Ecosystem (GIES) 2007 が開催される予定です。昨年9月に京都で開催された GIES 2006 に引き続くものです。第2日目の30日(土)に政策研究大学院大学で行われるワークショップでは、Session 1: Information and Knowledge Infrastructure for Collaboration and InnovationChair を担当する予定です。

 

2007年5月25日:

4月27日に、国際プロジェクト・プログラムマネジメント学会(IAP2M)2007年度春季研究発表大会におきまして、以下の基調講演を行いました。

鎗目雅、「サステイナビリティ・イノベーションの創成:グローバル情報コモンズのデザイン」、基調講演、国際プロジェクト&プログラム・マネジメント学会2007年4月春季研究発表大会予稿集ix-xi (2007).

 

5月4日には、ニューヨークの国際連合本部で開催された United Nations Commission on Sustainable Development (UNCSD-15)Side Event の一環として開催された UNU-MERIT主催の会議 "Hydrogen Fuel Cells and Alternatives in the Transport and Energy Sectors: Issues for Developing Countries" に参加しました。これは、燃料電池を発展途上国の運輸・エネルギー部門において導入していく際の課題を検討する Hydrogen Fuel Cell Project を基盤としており、私も日本の自動車産業のハイブリッド・燃料電池自動車の開発戦略に関する研究を通じて参加しています。

 

5月7日−10日には、ブラジル・サンパウロで開催された CODATA 主催の会議 "Strategies for Open and Permanent Access to Scientific Information in Latin America: Focus on Health and Environmental Information for Sustainable Development" に参加しました。 この会議では、科学研究におけるデータ・情報の重要性が急激に上昇している中で、持続可能な開発に関わる保健・環境情報に対するオープンで継続的なアクセスを確保するための課題について議論を行いました。この中で私は、UN Global Alliance for ICT and Development (UN GAID) Community of Expertise: Education Global Alliance for Enhancing Access to and Application of Scientific Data in Developing Countries (e-SDDC) - Launch MeetingSession 4: e-SDDC Action LinesChair を務めました。

 

5月17−19日には、イギリス・マンチェスターで開催された 5th European Meeting on Applied Evolutionary Economics (EMAEE) に参加しました。 この会議の Session 2.1: Science Dynamics において、私は以下の論文発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Toward Disciplinary Systems of Information Commons for Science," Paper presented at the 5th European Meeting on Applied Evolutionary Economics (EMAEE), Manchester, United Kingdom, May 17-19 (2007).

ちょうどこのセッションには、イノベーション研究において著名な業績を上げている Professor Richard Nelson が来ており、私の研究に関しても非常に興味を示してくれて、いろいろと有益なサジェスチョンを頂きました。

 

また、5月に入ってから、以下の書籍が出版されました。

馬場靖憲、後藤晃編、産学連携の実証研究、東京大学出版会 (2007).

この本の中で、私は以下の章を執筆しました。

鎗目雅、馬場靖憲、「5章:地球環境問題の解決に向けた新しい産学官連携:技術変化と制度形成に関する日米欧比較分析」、129-162.

馬場靖憲、鎗目雅、「3章:緊密な産学連携によるイノベーションへの貢献:企業の人材形成に関する分析」、65-95.

 

2007年3月30日:

ホームページのURLが変わりました。

 

2006年7月から、日産科学振興財団が支援している Nissan Leadership Program for Innovative Engineers (LPIE) に参加しました。私が所属するチームAI (Academia & Industry) は、「アジアにおける新しい食環境の創造に向けて」というテーマのもとに、ベトナムにおけるエビの養殖を事例として取り上げ、ベトナムへの現地調査も踏まえて、食品安全と環境保全を両立できるような持続可能なエビ養殖システムを提案しました。3月17日に最終審査会が行われましたが、外部有識者を含めた審査委員会による審査の結果、Nissan Sustainability Award を頂くことができました。今後の活動に向けて、日本・ベトナムにおける様々なステークホールダーと議論を続けていきたいと思います。

 

3月19日ー21日にスペイン・バルセロナで開催された Alliance for Global Sustainability (AGS)Annual Meeting 2007 に参加し、 "Securing Food Safety and Environmental Protection: A Proposal for Sustainable Shrimp Farming in Vietnam" を発表しました。 多くの質問をいただき、発表後も何人かとディスカッションすることができ、関心の高さを感じることができました。質問としては、技術面などで具体的に詰める必要性、また、実際に Sustainability に貢献するのかの検討、「情報コモンズ」の内容とその機能、「拡大消費者責任」を問うことの是非などがありました。

 

以下の書籍が出版されました。

Saeed Parto and Brent Herbert-Copley eds., Industrial Innovation and Environmental Regulation: Developing Workable Solutions, Ottawa: International Development Research Centre; and Tokyo: United Nations University Press (2007).

この本の Chapter 7 に、以下の論文を執筆しました。

Yarime, Masaru, "Innovation on Clean Technology through Environmental Policy: Emergence of the Ion Exchange Membrane Process in the Japanese Chlor-Alkali Industry," 174-199.

 

2007年3月8日:

1月15日−19日にサンフランシスコで開催された American Association for the Advancement of Science (AAAS) Annual Meeting に参加しました。 今年のテーマは "Science and Technology for Sustainable Well-Being" ということで、Sustainability に関するセッションが多く開かれました。 Forum for Sustainability Science Programs Roundtable には、 AAAS が事前に Forum: Science and Innovation for Sustainable Development というウェブページにおいて行った Sustainability Science に関する研究・教育プログラムについてのサーベイに回答した大学を中心に、40人から50人程度の参加がありました。自然科学と社会科学を統合することの難しさ、カリキュラムをどうすればよいのか、学問の厳密性を保つことはできるのか、Public-Private Partnership をうまく行なうにはどうしたらよいのか、など共通していると思われる 課題について意見交換が行なわれました。私からは、日本での IR3S の取り組みに関して、複数の大学間でのプログラムであり、Sustainability Science というジャーナルが発行され、また教育プログラムも開始されることなどを参加者に紹介しました。


2007年2月11日:

1月29日−30日にワシントンDCの National Academies においてNSFなどが主催の会議 "Designing Cyberinfrastructure for Collaboration and Innovation" に参加してきました。科学研究におけるデータ強度の増大、オープンソース・ソフトウェアの進展など、Cyberinfrastructure をどのようにしてイノベーションにつなげていくかというテーマに関して、特許制度や標準化の問題も含めて議論が行われました。今年の11月8日−10日に柏キャンパスで開催予定の国際会議 "Designing Information Commons for Sustainability Science and Innovation" へ向けて、専門家・研究者と有意義な意見交換を行うことができました。

 

2006年12月29日:

12月18日から21日まで、東京大学、Asian Institute of Technology (AIT) が主催、日産科学振興財団Alliance for Global Sustainability (AGS) Integrated Research System for Sustainability Science (IR3S) が後援して開催されたNissan Workshop in Intensive Program on Sustainability (IPoS): Cars and Transportation in 2050 に参加しました。この中では、 "Innovation and Sustainability" というテーマで講義と演習を行いました。

 

2006年12月29日:

12月18日に、内閣府にて高市科学技術担当大臣との科学技術政策に関する意見交換会に参加しました。参加者からは研究現場における人材育成・予算配分・サポートスタッフなどに関して、率直な問題提起がありました。私からは、科学技術に関するグローバルなデータ・情報コモンズをどのようにしてイノベーションに結び付けていくかに関して、話題提供をしました。

 

2006年11月29日:

10月24日に東京大学で開催された国際開発学会・サステイナビリティ学連携研究機構 (IR3S)共催シンポジウム「サステイナビリティと格差」に、第二部司会として参加しました。Professor Dasguptaのグループの研究は、いろいろと議論すべき点はあると考えられるものの、 サステイナビリティを定量的に評価する指標の提案という点で、非常に重要な一歩を踏み出しているのではないかと思われます。

 

2006年10月29日:

10月23日−25日に中国・北京で開催の 20th International CODATA Conference: Scientific Data and Knowledge within the Information Society で以下の口頭発表を行いました。

Yarime, Masaru, "Information Commons for Global Sustainability: A Note on Empirical Research," Presentation at the 20th International CODATA Conference: Scientific Data and Knowledge within the Information Society, Beijing, China, October 23-25 (2006).

 

2006年9月14日:

経歴に、 Ph.D. Dissertation, MERIT-UNU/INTECH Ph.D. Program in the Economics and Policy Studies of Technological Change, University of Maastricht, Maastricht, The Netherlands へのリンクを張りました。

 

9月8日(金)・9日(土)に国立京都国際会館で開催された「持続可能な社会のための科学と技術に関する国際会議2006:グローバル・イノベーション・エコシステム」に、セッション1「ナショナル・イノベーション・システムの比較検討:多様性か共通課題か」のラポルトゥールとして参加しました。

 

2006年9月13日:

ホームページを新たに立ち上げました。これからどうぞよろしくお願いします。